やめるときも、すこやかなるときも ニュース

キスマイ藤ケ谷太輔、「あな番」で話題の奈緒とラブストーリー トラウマ抱える家具職人役でドラマ主演

2020年1月スタートの連続ドラマ「やめるときも、すこやかなるときも」に出演する藤ケ谷太輔さん(左)と奈緒さん=日本テレビ提供
2020年1月スタートの連続ドラマ「やめるときも、すこやかなるときも」に出演する藤ケ谷太輔さん(左)と奈緒さん=日本テレビ提供

 人気グループ「Kis-My-Ft2(キスマイフットツー)」の藤ケ谷太輔さんが、2020年1月スタートの連続ドラマ「やめるときも、すこやかなるときも」(日本テレビ)に主演することが11月17日、明らかになった。藤ケ谷さんは、トラウマを抱える家具職人・須藤壱晴役。また壱晴の運命の相手となる広告制作会社の女性会社員・本橋桜子役で、連続ドラマ「あなたの番です」(同局系)の“最恐”手作り女子“尾野ちゃん”として話題となった女優の奈緒さんが出演する。

 ドラマは、窪美澄さんの同名長編小説(集英社文庫)が原作。家具職人・須藤壱晴は、真摯(しんし)に仕事に取り組むも、師を越える新しい作品が作れず、職人として伸び悩んでいた。そんな須藤と出会ったのは、仕事面では自立しているものの、恋愛がからっきしうまくいかない広告制作会社勤務の本橋桜子。引かれ合い、心を通わせていくように見えた2人だが、互いにまだ打ち明けていない、心の傷を抱えていた。壱晴は大切な人の死が忘れられず、12月のある時期になると1週間ほど声が出なくなる「記念日反応」という症状を抱え、一方の桜子は、父の会社が倒産してからずっと家計を支えており、早くこの現実から解放されたいともがいていた。2人は相手を思う純粋な気持ちだけでなく、「自分のため」に恋愛を始めるが……というストーリー。

 ドラマは、同局の深夜ドラマ枠「シンドラ」で、1月20日深夜0時59分にスタート。また、同ドラマはシンドラとして初めて、香港、タイ、インドネシア、カンボジア、フィリピン、シンガポール、ミャンマー、モルディブの八つの国と地域で日本と同時放送する。海外版のタイトルは「Us Forever」。

やめるときも、すこやかなるときも日本テレビ 深夜ドラマ枠「シンドラ」
2019年1月20日深夜0時59分にスタート