絶メシロード ニュース

<ドラマ紹介>「絶メシロード」 “カメ止めの監督”濱津隆之が地上波連ドラ主演 テレ東グルメドラマ 第1話あらすじも

俳優の濱津隆之さんが主演を務めるドラマ「絶メシロード」の第1話の1シーン(C)「絶メシRoad」製作委員会
俳優の濱津隆之さんが主演を務めるドラマ「絶メシロード」の第1話の1シーン(C)「絶メシRoad」製作委員会

 インディーズ作品として異例の大ヒットを記録した映画「カメラを止めるな!」(上田慎一郎監督)で、監督の日暮隆之を演じた俳優の濱津隆之さんが主演を務めるドラマ「絶メシロード」(テレビ東京系)が、1月24日深夜にスタートする。濱津さん扮(ふん)する主人公の須田民生が車中泊をしながら“絶メシ”に出会うまでの週末1泊2日の“小さな大冒険”を描く作品で、絶滅してしまいそうな絶品メシ“絶メシ”が多数登場する。濱津さんが地上波の連続ドラマで主演を務めるのは初めて。

 ドラマは、どこにでもいるごく普通のサラリーマン・須田民生が主人公。民生は、日々の生活の中でさまざまなストレスを感じていたが、唯一の楽しみは、絶滅しそうなメシ“絶メシ”を求めて旅に出ること。期限は金曜の帰宅後から、妻と娘が好きなアイドルグループのライブ遠征から帰ってくる土曜日の夕方まで。“誰も誘わない・誰も巻き込まない・予算はお小遣いの範囲内で!”をモットーに “絶メシ”を求め日本全国を車一つで駆け回る……というストーリーが展開する。

 第1話のタイトルは「たかちゃんうどん」。須田民生は、妻・佳苗(酒井若菜さん)と娘・紬(西村瑠香さん)が家にいない週末、民生は一人だけの時間を満喫するため車で旅に出る。小遣いの範囲内で納めるため、欠かせないのは車中泊。誰にも邪魔されず好きな時間を過ごせる民生は、快適なひと時を過ごしていた。翌日、昼食をとるためスマホで調べたうどん屋へ向かう。しかし、たどり着いたのは、うどん屋とは思えないプレハブの建物。困惑しつつも入店した民生は……というストーリー。

(C)「絶メシRoad」製作委員会
(C)「絶メシRoad」製作委員会
(C)「絶メシRoad」製作委員会
(C)「絶メシRoad」製作委員会
(C)「絶メシRoad」製作委員会
(C)「絶メシRoad」製作委員会
(C)「絶メシRoad」製作委員会
(C)「絶メシRoad」製作委員会
(C)「絶メシRoad」製作委員会
(C)「絶メシRoad」製作委員会
(C)「絶メシRoad」製作委員会
(C)「絶メシRoad」製作委員会

濱津隆之、“カメ止めの監督”が地上波連ドラ主演に大抜てき

連続ドラマ「絶メシロード」のメインビジュアル(C)「絶メシ Road」製作委員会
連続ドラマ「絶メシロード」のメインビジュアル(C)「絶メシ Road」製作委員会

 インディーズ作品として異例の大ヒットを記録した映画「カメラを止めるな!」(上田慎一郎監督)で、監督の日暮隆之を演じた俳優の濱津隆之さんが、来年1月スタートのテレビ東京の連続ドラマ「絶メシロード」の主演に抜てきされたことが11月19日、分かった。濱津さんが地上波の連続ドラマで主演を務めるのは初めて。ドラマには絶滅してしまいそうな絶品メシ“絶メシ”が多数登場し、濱津さん扮(ふん)する主人公の須田民生が車中泊をしながら“絶メシ”に出会うまでの週末1泊2日の“小さな大冒険”を描く。

 濱津さんのほか、酒井若菜さん、山本耕史さん、長村航希さん、野間口徹さん、同局で放送中のバラエティー番組「青春高校3年C組」に出演する西村瑠香さんも出演。酒井さんは民生の妻・須田佳苗、山本さんは民生が旅先で出会うベテラン車中泊マスター・鏑木勉を演じる。ローカルグルメサイト「絶メシリスト」が原案で、主題歌はミュージシャン・澤部渡さんのソロプロジェクト「スカート」の新曲「標識の影・鉄塔の影」。

 ドラマのメインビジュアルと番組予告動画も公開された。1月24日から毎週金曜深夜0時52分放送。

 ◇寺原洋平プロデューサーのコメント

 濱津さん演じる真面目で気の優しい主人公の民生が密に楽しむ金曜深夜から土曜の夕方までの1泊2日小さな大冒険。ちゃんとした仕事も家庭もあるのに、少しだけ一人になりたいと感じている多くの中年サラリーマンの方にドラマを見ていただくことで、共感してもらい、自分もやってみたいと思ってもらえたらうれしいです。限られた時間内で車中泊と絶メシ食堂を堪能する民生の冒険は家庭にも家計にも優しいありそうでなかったライフスタイルになっており、きっと男の小さなロマンをくすぐるはずです。仕事が終わった金曜深夜、ハリウッドとはほど遠い、日本のサラリーマンサイズのワイルドじゃないロードムービー的ドラマをぜひお楽しみください!

 ◇博報堂ケトルの畑中翔太さんのコメント

 “絶やしたくない絶品グルメ”「絶メシ」は、時代の流れととも次々となくなってしまっている、町の古い個人飲食店にもう一度光を当てる地域創生プロジェクトとして、2年前に群馬県高崎市からスタートしました。現在ではほかの都道府県にも絶メシが展開されている中、この取り組みをより全国に広げたいという思いから、今回テレビ東京さんとタッグを組み、念願のテレビドラマ化が決定しました。今回ドラマのために全国にある絶メシをリサーチし、全12話毎回異なるエリアの“絶メシ店”が登場します。ストーリーも実際の店主さんたちの取材をもとに構成しており、味わい深いお店のエピソードもドラマの魅力の一つです。このドラマを見た方々が、民生さんのように車中泊をしたり、知らない町のお店に行ったりしてくれる、そんな「地域創生ドラマ」になれることを期待しています。