ホームルーム あらすじ

ホームルームあらすじ

 ドラマ「ホームルーム」は、2020年1月期に放送されるMBS深夜の「ドラマ特区」枠の学園サイコ・ラブコメ。俳優の山田裕貴さんが主演を務め、女子生徒を“狂愛”するストーカー教師を演じる。
 
 山田さん演じる愛田凛太郎は、「ラブリン」の愛称で親しまれている爽やかイケメン教師。担任するクラスでは、生徒の桜井幸子に対して、イジメが続いており、そのたびに愛田が手を差し伸べていた。しかし、幸子をいじめていたのは愛田本人だった。幸子を好きすぎるあまり、自分でいじめて自分で救う、自作自演の救出劇を繰り返し、幸子のヒーローを装うが……という展開。

 ドラマは、ウェブコミック配信サイト「コミックDAYS」で連載中の千代さんのマンガが原作。映画「全員死刑」や、ドラマ「スカム」「GIVER 復讐の贈与者」などの小林勇貴監督がメガホンをとる。MBSで20年1月23日から木曜深夜0時59分放送。

ドラマ「ホームルーム」のあらすじ

<ドラマ紹介>「ホームルーム」 山田裕貴が女子生徒を“狂愛”するストーカー教師を怪演 第1話あらすじも

連続ドラマ「ホームルーム」第1話の場面写真 (C)「ホームルーム」製作委員会・MBS (C)千代/講談社
連続ドラマ「ホームルーム」第1話の場面写真 (C)「ホームルーム」製作委員会・MBS (C)千代/講談社

 俳優の山田裕貴さん主演の連続ドラマ「ホームルーム」が、1月23日、MBS深夜の「ドラマ特区」枠で始まる。原作は、ウェブコミック配信サイト「コミックDAYS」で連載中の千代さんの同名マンガ。女子生徒を“狂愛”するストーカー教師という衝撃的な役を、山田さんが体当たりで演じる学園サイコ・ラブコメだ。

 「ラブリン」の愛称で親しまれている爽やかイケメン美術教師・愛田凛太郎が担任のクラスでは、優等生の桜井幸子へのイジメが続き、その度に愛田が手を差し伸べていた。しかし、幸子をいじめていたのは愛田本人だった。幸子を好き過ぎるあまり、自分でいじめて自分で救う、自作自演の救出劇を繰り返し、幸子のヒーローを装う……という衝撃的な展開だ。

 愛田から“狂愛”される桜井幸子を秋田汐梨さん、幸子の親友で「マル」が愛称の丸山のぶ代を富田望生さん、規律に厳しく「鉄の女」と呼ばれる生徒会長の白鳥奈々を大幡しえりさんが演じる。ほかに、横田真悠さん、若林拓也さん、前野朋哉さん、山下リオさんらも出演。映画「全員死刑」や、ドラマ「スカム」「GIVER 復讐の贈与者」などの小林勇貴監督がメガホンをとる。

 第1話は、優等生・桜井幸子が連続して悪質なイタズラ被害に遭い、担任の愛田は臨時ホームルームを開くが、犯人は見付からなかった。愛田は、落ち込む桜井をなぐさめ、カモミール・ティーをプレゼントする。

 家庭の事情で一人暮らしをする桜井は、かつて自分の境遇を聞いて泣いてくれた愛田に恋していた。だが、愛田には桜井の知らない秘密があった。その夜、熟睡する桜井のベッドの下から、謎の人影が現れる……。ドラマは木曜深夜0時59分放送。

(C)「ホームルーム」製作委員会・MBS (C)千代/講談社
(C)「ホームルーム」製作委員会・MBS (C)千代/講談社
(C)「ホームルーム」製作委員会・MBS (C)千代/講談社
(C)「ホームルーム」製作委員会・MBS (C)千代/講談社
(C)「ホームルーム」製作委員会・MBS (C)千代/講談社
(C)「ホームルーム」製作委員会・MBS (C)千代/講談社
(C)「ホームルーム」製作委員会・MBS (C)千代/講談社
(C)「ホームルーム」製作委員会・MBS (C)千代/講談社
出典:YouTube

第2話のあらすじ “ラブリン”山田裕貴が大ピンチ! 生徒会長・大幡しえりに証拠を握られ…

連続ドラマ「ホームルーム」第2話の場面写真 (C)「ホームルーム」製作委員会・MBS (C)千代/講談社
連続ドラマ「ホームルーム」第2話の場面写真 (C)「ホームルーム」製作委員会・MBS (C)千代/講談社

 俳優の山田裕貴さん主演の連続ドラマ「ホームルーム」の第2話が1月30日、MBSの深夜ドラマ枠「ドラマ特区」(木曜深夜0時59分)で放送される。「ラブリン」の愛称で親しまれている爽やかイケメン美術教師・愛田凛太郎(山田さん)は、担任のクラスの優等生・桜井幸子(秋田汐梨さん)を好き過ぎるあまり、自分でいじめて自分で救う、自作自演の救出劇を繰り返していたが、自分以外にも桜井を狙うイタズラ犯がいると知り、怒りに燃えて校内のいたるところに監視カメラを設置する。

 夜回り当番では、セクシーな保健教師・椎名(山下リオさん)が誘惑してくるが、興味のない愛田は冷たくあしらう。翌日、桜井が個室トイレでバケツの水をかけられる事件が発生し、愛田は犯人を特定しようとカメラの回収に走るが、一足先に生徒会長の白鳥奈々(大幡しえりさん)にカメラを発見され、回収されてしまう。

 学園の秩序を守る「鉄の女」といわれている白鳥は、イタズラ犯と盗撮犯は同一人物と断定し、調査を開始。盗撮カメラに設置中の自分の姿が記録されている愛田はピンチに陥ってしまう……という展開。予告映像には、愛田が盗撮カメラを設置し、「さあ、いつでも仕掛けてこい」と心の中でつぶやく様子や、白鳥から「ポケットの中、見せていただけますか?」と迫られて動揺する様子が公開されている。

第3話のあらすじ 生徒会長・大幡しえりが“ラブリン”山田裕貴にメロメロ? “桜井”秋田汐梨は監禁のピンチ

連続ドラマ「ホームルーム」第3話の場面写真 (C)「ホームルーム」製作委員会・MBS (C)千代/講談社
連続ドラマ「ホームルーム」第3話の場面写真 (C)「ホームルーム」製作委員会・MBS (C)千代/講談社

 俳優の山田裕貴さん主演の連続ドラマ「ホームルーム」第3話が2月6日、MBSの深夜ドラマ枠「ドラマ特区」(木曜深夜0時59分)で放送される。担任クラスの女子生徒・桜井幸子(秋田汐梨さん)を好き過ぎる“ラブリン”こと爽やかイケメン美術教師・愛田凛太郎(山田さん)は、自分以外に桜井を狙うイタズラ犯を見つけるため、監視カメラを設置する。しかし、生徒会長の白鳥奈々(大幡しえりさん)にカメラを発見され、回収されてしまう。愛田は奪還しようとするが、白鳥が何者かに襲われ、カメラの行方は分からなくなる。

 愛田は白鳥を誘惑して情報を聞き出そうとするが、手掛かりは無い。愛田の誘惑で骨抜きにされた白鳥は愛田に告白するが、愛田は「他に守りたい奴がいる」と突き放す。

 愛田のクラスの不良グループのリーダー・竹ノ内(若林拓也さん)は、敵対する愛田を陥れようと、偽の手紙で愛田を呼び出そうとするが、手違いで桜井が受け取ってしまう。愛田からのメッセージと思い込んだ桜井が待ち合わせ場所に現れ、竹ノ内たちは戸惑いつつも、計画を変更して桜井を監禁し、愛田とのスキャンダルをねつ造しようとする。愛田は桜井の親友・マル(富田望生さん)と共に桜井の行方を捜す……。

 予告映像には、桜井が偽の手紙を愛田からのメッセージと勘違いして浮かれる様子や、怒りに震え「私は、あなたを許しません」と宣言する白鳥、マルと共に桜井を捜し回る愛田の様子などが公開されている。

第4話のあらすじ “ラブリン”山田裕貴、“桜井”秋田汐梨に正体がばれる?

連続ドラマ「ホームルーム」第4話の場面写真 (C)「ホームルーム」製作委員会・MBS (C)千代/講談社
連続ドラマ「ホームルーム」第4話の場面写真 (C)「ホームルーム」製作委員会・MBS (C)千代/講談社

 俳優の山田裕貴さん主演の連続ドラマ「ホームルーム」第4話が2月13日、MBSの深夜ドラマ枠「ドラマ特区」(木曜深夜0時59分)で放送される。“ラブリン”こと爽やかイケメン美術教師・愛田凛太郎(山田さん)が狂愛する担任クラスの女子生徒・桜井幸子(秋田汐梨さん)は、イジメ被害を警察に届けるよう図書委員長の矢作(綱啓永さん)に説得され、混乱する。

 矢作の元から逃げ出した桜井は、帰宅する愛田を発見し、衝動的に自転車で尾行してしまう。愛田は気付かずに帰宅し、酔って待ち伏せしていた保健室の椎名先生(山下リオさん)を追い返す。

 愛田宅は、桜井の肖像画や写真、盗んだ私物で埋め尽くされていた。全裸になっていつもの“愛の儀式”をする愛田だが、クライマックス直前、窓を開けた桜井に見られる。愛田は、ショックで逃げだす桜井を、パンツ一丁で必死に追いかけるが、巡回中の警察官に見つかる……。予告映像には、「あんなもの見てしまったら、私……」という桜井の声や、パンツ一丁で桜井を追いかける愛田など、衝撃的なシーンの数々が公開されている。

第6話のあらすじ “ラブリン”山田裕貴、今度は横田真悠を魅了 “桜井”秋田汐梨は思い詰めた顔で…

連続ドラマ「ホームルーム」第6話の場面写真 (C)「ホームルーム」製作委員会・MBS (C)千代/講談社
連続ドラマ「ホームルーム」第6話の場面写真 (C)「ホームルーム」製作委員会・MBS (C)千代/講談社

 俳優の山田裕貴さん主演の連続ドラマ「ホームルーム」第6話が2月27日、MBSの深夜ドラマ枠「ドラマ特区」(木曜深夜0時59分)で放送される。担任クラスの女子生徒・桜井幸子(秋田汐梨さん)を狂愛する“ラブリン”こと爽やかイケメン美術教師・愛田凛太郎(山田さん)は、問題児・夏目ゆあ(横田真悠さん)に弱みを握られてしまう。

 一方、桜井の親友・マル(富田望生さん)は、桜井に告白するが、桜井は受け入れられなかった。マルは潔くあきらめて、愛田との仲を応援すると約束する。同じ頃、ゆあは愛田に自分の“しもべ”になるよう命じ、足の指をなめさせていた。愛田はその舌使いで逆にゆあを魅了するが、その現場をマルに見られてしまう。

 マルが桜井に告げ口するのではと恐れた愛田は、桜井との仲を邪魔するマル、ゆあ、自分を誘惑してくる保健室の椎名先生(山下リオさん)を一斉に“駆除”しようと計画する……という急展開。予告映像には「椎名先生さえ、この人さえいなくなれば」と思い詰めた顔の桜井の姿も公開されている。

第7話のあらすじ “ラブリン”山田裕貴、“桜井”秋田汐梨の思いを知り動揺

連続ドラマ「ホームルーム」第7話の場面写真 (C)「ホームルーム」製作委員会・MBS (C)千代/講談社
連続ドラマ「ホームルーム」第7話の場面写真 (C)「ホームルーム」製作委員会・MBS (C)千代/講談社

 俳優の山田裕貴さん主演の連続ドラマ「ホームルーム」第7話が3月5日、MBSの深夜ドラマ枠「ドラマ特区」(木曜深夜0時59分)で放送される。“ラブリン”こと爽やかイケメン美術教師・愛田凛太郎(山田さん)が狂愛する担任クラスの女子生徒・桜井幸子(秋田汐梨さん)は、保健室の椎名先生(山下リオさん)に挑発され、愛田への思いを吐露するが、軽くあしらわれてしまう。近くに隠れていた愛田は、偶然その会話を聞き、激しく動揺する。

 思い詰めた桜井は、カッターナイフで椎名先生に切りつけようとするが、桜井の親友・マル(富田望生さん)が制止。愛田への恋を諦めるよう説得するが、桜井は耳を傾けず、2人の友情に亀裂が生じてしまう。その直後、不良グループのリーダー・竹ノ内(若林拓也さん)がマルに突然告白し、事態はさらに混乱する。

 翌日、桜井の上履きが片方なくなり、愛田は犯人捜しをする。クラス全員のかばんをチェックし、最後に残ったマルの分を開くと……。予告映像では、カッターナイフを握りしめる桜井や、「桜井、俺はどうしたらいい?」と頭を抱えて崩れ落ちる愛田の様子が公開されている。

第8話のあらすじ “マル”富田望生が“ラブリン”山田裕貴の正体を暴こうと奮闘 “桜井”秋田汐梨は…

連続ドラマ「ホームルーム」第8話の場面写真 (C)「ホームルーム」製作委員会・MBS (C)千代/講談社
連続ドラマ「ホームルーム」第8話の場面写真 (C)「ホームルーム」製作委員会・MBS (C)千代/講談社

 俳優の山田裕貴さん主演の連続ドラマ「ホームルーム」第8話が3月12日、MBSの深夜ドラマ枠「ドラマ特区」(木曜深夜0時59分)で放送される。担任クラスの女子生徒・桜井幸子(秋田汐梨さん)を狂愛する“ラブリン”こと爽やかイケメン美術教師・愛田凛太郎(山田さん)のせいで親友・桜井との仲を引き裂かれたマル(富田望生さん)は、愛田の正体を暴くために調査を始める。

 不良グループのリーダー・竹ノ内(若林拓也さん)はマルを心配するが、マルは、成功したらつきあうことを条件に、竹ノ内を仲間に引き入れてしまう。2人は生徒会長の白鳥奈々(大幡しえりさん)らに聞き込みをするが、白鳥は、告白してフラれたショックからまだ立ち直っておらず、マルの言葉をはねのけ、愛田をかばおうとする。

 愛田は赴任当初までを回想し、桜井への思いを再確認する。桜井も自分に思いを寄せているという事実が、逆に愛田を苦しめていた。同じ頃、桜井もまた迷いを感じ始めていた……。予告映像では、「信じていいですか?」とつぶやく桜井や、「お前らに決して俺の邪魔はさせない」と、何かを決意する愛田の様子が公開されている。

第9話のあらすじ “桜井”秋田汐梨、とうとうベッド下の“ラブリン”山田裕貴と対面…!

連続ドラマ「ホームルーム」第9話の場面写真 (C)「ホームルーム」製作委員会・MBS (C)千代/講談社
連続ドラマ「ホームルーム」第9話の場面写真 (C)「ホームルーム」製作委員会・MBS (C)千代/講談社

 俳優の山田裕貴さん主演の連続ドラマ「ホームルーム」第9話が3月19日、MBSの深夜ドラマ枠「ドラマ特区」(木曜深夜0時59分)で放送される。“ラブリン”こと爽やかイケメン美術教師・愛田凛太郎(山田さん)に狂愛されている担任クラスの女子生徒・桜井幸子(秋田汐梨さん)は、愛田が夜ごと自分の部屋に忍び込んでいることに気付いてしまう。

 桜井は、どうしたらいいかわからず混乱し、愛田は桜井に思いを告白するべきかどうか迷い、口に出せない2人の本心はすれ違っていく。愛田は悩んだ末に、いつものように桜井のベッドの下に隠れるが、帰宅した桜井は、意を決して愛田を見付け出し、説明を求める。

 愛田の正体を暴くために調査を続けていたマル(富田望生さん)と不良グループのリーダー・竹ノ内(若林拓也さん)は、問題児・夏目ゆあ(横田真悠さん)の証言を聞き出し、愛田宅へ侵入。桜井の写真やワナの設計図など、犯行の証拠を大量に発見する……。予告映像では、桜井に「説明させてくれ!」と訴える愛田や、「私は一体どうしたらいいんですか?」とつぶやく桜井の様子が公開されている。

最終回第10話のあらすじ “ラブリン”山田裕貴の狂愛は“桜井”秋田汐梨に届く?

連続ドラマ「ホームルーム」第10話の場面写真 (C)「ホームルーム」製作委員会・MBS (C)千代/講談社
連続ドラマ「ホームルーム」第10話の場面写真 (C)「ホームルーム」製作委員会・MBS (C)千代/講談社

 俳優の山田裕貴さん主演の連続ドラマ「ホームルーム」最終第10話が3月26日、MBSの深夜ドラマ枠「ドラマ特区」(木曜深夜0時59分)で放送される。担任クラスの女子生徒・桜井幸子(秋田汐梨さん)を狂愛する“ラブリン”こと爽やかイケメン美術教師・愛田凛太郎(山田さん)。桜井に拒絶され、マル(富田望生さん)たちに秘密を暴かれ、最後のホームルームを決行する。

 愛田は、桜井の欠席した教室で、桜井への“犯行”を全て告白。怒り狂った生徒たちから激しい制裁を受ける。しかしそこへ、自宅に閉じこもっていたはずの桜井が現れる。愛田が逃げもせずにホームルームを開いたのは、もう一度だけ桜井と会いたいがためだった……。予告映像では、愛田が「大事なお知らせがあります」と、ホームルームを開始するシーン、「悔しかったら、俺ぐらい愛してみろ!」と叫ぶ声が公開されている。