女子高生の無駄づかい キャスト

女子高生の無駄づかいキャスト

岡田結実
恒松祐里
中村ゆりか
町田啓太
井本彩花
福地桃子

岡田結実が主演 恒松祐里、中村ゆりか、町田啓太も

2020年1月にスタートする連続ドラマ「女子高生の無駄づかい」のビジュアル=テレビ朝日提供
2020年1月にスタートする連続ドラマ「女子高生の無駄づかい」のビジュアル=テレビ朝日提供

 タレントで女優の岡田結実さんが主演を務める。女子校が舞台で、岡田さんが問題児の田中望(通称バカ)を演じ、女優の恒松祐里さんがアニメやマンガを愛する菊池茜(通称ヲタ)役、中村ゆりかさんが頭は良いが感情が“死滅”している鷺宮しおり(通称ロボ)役、町田啓太さんがクラス担任の佐渡正敬(通称ワセダ)役で出演する。

 主演の岡田さんは、役作りで長かった髪をバッサリ切ったといい、演じる田中望の印象を「『バカ』は本当にバカだなー!っていうのが第一印象でした(笑い)。でも高校時代、『私もこんなことやってたな』って懐かしくなりましたし、それを演じさせていただけることはめちゃめちゃうれしくて『よし、ぶっ壊れよう!』と思いました。でも周りのみんなには『役作りしないでもいけるじゃん』って言われたので、『なにくそ!』って思いながら今、ここにいます(笑い)」と語っている。

井本彩花がオカルト好きの「マジョ」に

2020年1月スタートの連続ドラマ「女子高生の無駄づかい」に出演する井本彩花さん
2020年1月スタートの連続ドラマ「女子高生の無駄づかい」に出演する井本彩花さん

 2017年に開催された「第15回全日本国民的美少女コンテスト」でグランプリに輝いた井本彩花さんが、タレントで女優の岡田結実さんが主演する連続ドラマ「女子高生の無駄づかい」(テレビ朝日系、金曜午後11時15分)に出演する。井本さんは、学園ドラマに出演するのは初めてで、「マジョ」があだ名の九条翡翠(くじょう・ひすい)を演じる。

 原作は、2015年にマンガサイト「ComicWalker」(KADOKAWA)で連載がスタートし、現在はマンガサイト「コミックNewtype」(同)で連載中のビーノさんの同名コメディーマンガ。今年7~9月にテレビアニメも放送された。さいのたま女子高等学校(通称さいじょ)を舞台に、個性的な女子高生たちの日常を描く。岡田さんが問題児の田中望(通称バカ)、恒松祐里さんがアニメやマンガを愛する菊池茜(通称ヲタ)、中村ゆりかさんが頭脳明晰(めいせき)だが感情が“死滅”している鷺宮しおり(通称ロボ)、町田啓太さんはクラス担任の佐渡正敬(通称ワセダ)を演じる。

 マジョは、ホラーやオカルトを好む内気な性格で、人見知りなコミュ障。双子姉妹の姉で、根は優しく、自分のコミュ障を改善し友達を作ろうとする一面もある……というキャラクター。井本さんは演じるマジョについて「普通の人が聞いたら『えっ?』ってなるようなことが好きで静かな子。マジョにとってはそれが趣味であり、没頭できる場所なので、その独特な世界観をうまく表現していけたらいいなと思いますし、マジョを演じるのがすごく楽しみです!」と意気込んでいる。

 井本さんの所属事務所の先輩でドラマの主演を務める岡田さんは、「今回共演することが決まって今から楽しみです。演技レッスンを何回か一緒にしましたが、演技のアイデアもたくさん持っていますし 、負けず嫌いなところもありつつ、素直に演技をしていたので、今から本当に楽しみです!」とメッセージを寄せている。

福地桃子「なつぞら」後初のドラマ出演 茶髪で“重度の中二病患者”に 連ドラ「女子高生の無駄づかい」

2020年1月スタートの連続ドラマ「女子高生の無駄づかい」に山本美波役で出演する福地桃子さん
2020年1月スタートの連続ドラマ「女子高生の無駄づかい」に山本美波役で出演する福地桃子さん

 女優の広瀬すずさん主演のNHKの連続テレビ小説(朝ドラ)「なつぞら」の夕見子役で話題になった福地桃子さんが、2020年1月にスタートする連続ドラマ「女子高生の無駄づかい」(テレビ朝日系、金曜午後11時15分)に出演する。福地さんは「なつぞら」後初のドラマ出演で、重度な“中二病”を患う山本美波(通称ヤマイ)を演じる。福地さんは「髪色も原作のイメージに変えて、気持ちも引き締まりました」と話し、茶髪にツインテールのヤマイのビジュアルも公開された。

 福地さんが演じるヤマイは、重度な中二病ゆえに、いつも頬にばんそうこう、右腕に包帯をしているというキャラクター。群れるのが嫌いと言って距離を取っているがそんな自分を責めており、実は寂しがり屋だという。

 福地さんは出演について「『なつぞら』をきっかけに知ってくださった方がたくさんいるということはとてもありがたいことで、これからだなと思っています。マンガ原作のものに携わらせていただくのは今回が初めてということでまた新たな挑戦になるなという気持ちです。役柄もこれまでの役に比べるとかなりギャップがあるのでそういった意味では、違った一面を感じてもらえる機会になればなと思っています」と語っている。

 「女子高生の無駄づかい」は2020年1月24日から毎週金曜午後11時15分に放送。

 ◇福地桃子さんのコメント全文

 ――福地さんにとって今作が朝ドラ後初のドラマ出演となります。今の心境は?

 「なつぞら」をきっかけに知ってくださった方がたくさんいるということはとてもありがたいことで、これからだなと思っています。マンガ原作のものに携わらせていただくのは今回がはじめてということでまた新たな挑戦になるなという気持ちです。役柄もこれまでの役に比べるとかなりギャップがあるのでそういった意味では、違った一面を感じてもらえる機会になればなと思っています。

 ――重度の中二病患者ヤマイを演じると知ってどう感じましたか?

 個性の強い登場人物が多い中で、なぜこの役を私がいただけたのか……とてもトリッキーな役に驚きましたが、ありがたいなという気持ちです。ヤマイのせりふは普段使わない言葉ばかりだけれど、このせりふを言えるのが待ち遠しいな……と思っている自分がいるほど、異世界にいるようなヤマイの独特な存在感にときめきます。

 ある時は百葉箱の上、ある時は木の上からと驚く展開ばかりですが、いろんなところから眺める景色が今からとても楽しみです。髪色も原作のイメージに変えて、気持ちも引き締まりました。岡田結実さん演じるバカをはじめとする同級生の皆さんとのやり取りで、それぞれのキャラクターの魅力を引き出すことができたらうれしいですし、ヤマイの素直で可愛らしい部分もお見せできたらいいなと思います。

 ――ドラマに対する意気込みコメントをお願いします。

 女子高生の学園ものなのにキラキラとした輝きゼロ、という新鮮味がとてもあり、ある意味そこに一番の楽しみを感じています。ドラマを見てくださる方の毎週金曜日が、いつもよりも明るい気持ちになりますようにとそんな気持ちを込めてお届けしたいです。皆さんと力を合わせて、頑張ります!