浦安鉄筋家族 ニュース

ぺこぱ・シュウペイ、「浦安鉄筋家族」でドラマ初出演 公式ツイッターの出演者募集に自らメッセージ

連続ドラマ「浦安鉄筋家族」に出演するシュウペイさん(右)と演じるスーパーの店員(C)浜岡賢次(秋田書店) 1993・(C)「浦安鉄筋家族」製作委員会
連続ドラマ「浦安鉄筋家族」に出演するシュウペイさん(右)と演じるスーパーの店員(C)浜岡賢次(秋田書店) 1993・(C)「浦安鉄筋家族」製作委員会

 「ノリツッコまない漫才」で話題のお笑いコンビ「ぺこぱ」のシュウペイさんが、俳優の佐藤二朗さん主演の連続ドラマ「浦安鉄筋家族」(テレビ東京系、金曜深夜0時12分)でドラマに初出演することが4月22日、分かった。シュウペイさんは原作マンガの大ファンで、番組公式ツイッターの出演者募集にメッセージを送ったことから今回の出演が実現したといい、ドラマではスーパーの店員を演じる。

 また、小鉄(斎藤汰鷹さん)のクラスの副担任の長崎屋奈々子役で広瀬アリスさん、大沢木家の隣に引っ越してきた関西人一家・西川家のドケチ主婦であり、小鉄の同級生・西川のり子の母役でMEGUMIさん、西川のり子の父役でバッファロー吾郎Aさんが出演することも発表された。

 ◇広瀬アリスさんのコメント

 撮影をしてみて、最高の現場だなと思いました。何かアドリブすれば全部返ってくるので、衝撃的。原作は小学生の時に読んでいたのですが、その時マンガ自体に衝撃を受けて……。だからニュースになった時に「あれ? 出たいんだけど、聞いてないな話」って(笑い)。私が演じる奈々子先生は、どうしようもない小学生をまとめられる唯一の人です。でも今回は思った以上に、ちょっと大きくやっちゃいました(笑い)。何度もお世話になっている瑠東(東一郎)監督からも撮影前に「大人しめになると浮いてしまうかもしれないので」と言われたので、緩急を意識しつつ。

 いつか最終話あたりでちょろっとでいいので、どこかの後ろで春巻先生をめちゃくちゃ説教しているシーンがあったらいいなと思います(笑い)。あの先生は原作にも出てくる最高のキャラクターなんですけど……。実際に演じる大東(駿介)さんを見ていたら、本当に言い方悪いですけど、言葉選ばずに言うなら……。腹が立ちます(笑い)。

 ◇MEGUMIさんのコメント

 家族が大好きなマンガなのでうれしかったです。また笑いに貪欲がすぎる瑠東監督なので、肩温めていかなきゃなと思いました。今回、のり子の母役を演じてみて、私テレビで、このセリフ言っちゃうんだ……と若干凹みましたが、皆様にただただ笑っていただけたら幸せです。佐藤二朗先輩は素晴らしいです。この番組を見てる時は日常から離れて、底抜けに笑っていただけたらうれしいです!

 ◇バッファロー吾郎Aさんのコメント

 「コレはさすがに実写化は無理やろ」と思っていたマンガの実写化、さらに自分が出演させていただくという二重の驚きがありました。こんなおいしい役をいただいて申し訳ないです(笑い)。佐藤二朗さんは、常に周りに気を配ってらっしゃる紳士ですてきな方でした。佐藤さんのおかげでだいぶリラックスできました。ドタバタの中にしっかりと家族愛が描かれているすてきなドラマを私も皆さんと同じように毎週楽しみにしています!

 ◇シュウペイさんのコメント

 まさかドラマ化になると思っていなかったし、浦安の世界を実写で演じるとか想像するだけでニヤけますよね(笑い)! だってあの子供のころ見ていたギャグマンガに自分も携われるなんて思ってもないし、出演が決まった時は早く友達に話したいぐらいうれしかったです! バラエティーじゃなくてドラマの現場自体初めてだし、女優さんと共演もほぼない中で、近くで女優さんの演技のすごさに毎テーク魅了されました! 俳優のシュウペイも楽しみにしててください。

 佐藤二朗さんは、いろんな作品を見ているのでめちゃくちゃ好きな俳優さんですし、「こんな面白い人、芸人やればいいのに」と思うぐらい尊敬します。最近ではない想像を超えたドラマだと思います。浦安のくだらなさを存分に感じてほしいです。たぶん見た次の日は何かしら浦安のワードやシーンをマネする人がいると思います(笑い)! 絶対に見ておくんなましー!

(C)浜岡賢次(秋田書店) 1993・(C)「浦安鉄筋家族」製作委員会
(C)浜岡賢次(秋田書店) 1993・(C)「浦安鉄筋家族」製作委員会
(C)浜岡賢次(秋田書店) 1993・(C)「浦安鉄筋家族」製作委員会
(C)浜岡賢次(秋田書店) 1993・(C)「浦安鉄筋家族」製作委員会
(C)浜岡賢次(秋田書店) 1993・(C)「浦安鉄筋家族」製作委員会
(C)浜岡賢次(秋田書店) 1993・(C)「浦安鉄筋家族」製作委員会
(C)浜岡賢次(秋田書店) 1993・(C)「浦安鉄筋家族」製作委員会
(C)浜岡賢次(秋田書店) 1993・(C)「浦安鉄筋家族」製作委員会

<SNS反響>最高らむ~! “花丸木”染谷将太が話題「めっちゃ笑った」 「麒麟がくる」との“ギャップ”に驚きの声も

ドラマ「浦安鉄筋家族」に花丸木役で出演する俳優の染谷将太さん(C)「浦安鉄筋家族」製作委員会
ドラマ「浦安鉄筋家族」に花丸木役で出演する俳優の染谷将太さん(C)「浦安鉄筋家族」製作委員会

 俳優の佐藤二朗さんの主演ドラマ「浦安鉄筋家族」(テレビ東京系、金曜深夜0時12分)が4月10日深夜に放送された。桜(岸井ゆきのさん)の彼氏の花丸木役の染谷将太さんについて、視聴者から「花丸木くん役が染谷将太なの一番笑ったわ」「染谷将太の花丸木くんはいい」「最高らむ」などの声が上がるなど、話題を集めた。

 ドラマは、佐藤さん演じる千葉県浦安市に住むパワフルな一家、大沢木家の父・大鉄が主人公。大鉄の妻・順子を水野美紀さん、大沢木家の長女・桜を岸井さん、長男の晴郎を本多力さん、次男の小鉄を斎藤汰鷹(たいよう)君、祖父の金鉄を坂田利夫さんが演じる。また同局の“諸事情”で、スタッフの愛息キノスケ君が大沢木家の三男・裕太役で出演する。

 第1話「1発目 大鉄ノースモーキン」では、染谷さん演じる花丸木が、喫茶さくらで桜に「ボウリング楽しかったらむ~」などと話す場面が登場した。

 ドラマが始まる前に、染谷さんは「『浦安鉄筋家族』が大好きすぎて、子役時代、『浦鉄』が実写化した際は絶対に参加したいという思いから、ひたすらマンガを読み込み自分なりに演じてみて、熱演のあまり親にうるさいと言われたりなどしながら、出演する準備を勝手にしてきました。そんな日から約20年。まさか、実現するとは! しかも花丸木! あの神がかったキラキラボーイを体現するとは! 小指を正して演じさせていただいております」とコメントしていた。

 SNSには、「語尾がらむ~らむ~の染谷将太が頭から離れない」「動きが花丸木で笑った。さすがだわー」「花丸木の染谷将太がまるで本人(笑)」「染谷将太の花丸木ずるい」などの声が上がっていた。

 また、放送中のNHK大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」(総合、日曜午後8時ほか)では、染谷さんは信長役を演じていることから、「麒麟がくるから浦安鉄筋家族のドラマ見たら染谷将太の真逆さで笑った」「染谷将太も忙しいよね、信長やって、花丸木くんやって…振り幅がすごい」という声もあった。

 さらに、猫の家政婦が主人公の人気マンガを、俳優の松重豊さん主演で実写化したミニドラマ「きょうの猫村さん」(テレビ東京系)では、染谷さんが、不良中学生の尾仁子(池田エライザさん)が率いる暴走族のメンバーの強を担当することから、「染谷将太が猫村さんと浦安鉄筋家族と麒麟がくるに同時に出てんの笑う」「猫村さんの強も楽しみ」という声もあった。

<テレビ試写室>「浦安鉄筋家族」 さすがテレ東! 佐藤二朗&水野美紀ら、全力でハチャメチャ!

ドラマ「浦安鉄筋家族」の第1話のワンシーン(C)「浦安鉄筋家族」製作委員会
ドラマ「浦安鉄筋家族」の第1話のワンシーン(C)「浦安鉄筋家族」製作委員会

 ドラマからドキュメンタリー、バラエティー、アニメまで、さまざまなジャンルのテレビ番組を放送前に確認した記者がレビューをつづる「テレビ試写室」。今回は4月10日深夜から放送される連続ドラマ「浦安鉄筋家族」(テレビ東京、金曜深夜0時12分)だ。浜岡賢次さんの同名ギャグマンガを、俳優の佐藤二朗さん主演で実写化した。

 実を言うと、原作マンガを読んだことのなかった記者。諸事情で「あっぱれ!浦安鉄筋家族」1巻から読み始めたのだが、ハチャメチャな世界観に、一気に魅了された。「この世界観を一体どう表現するの!?」との疑問を持ちつつ、視聴を始めた。

 さすがテレ東。オープニングから“猛スピード”で飛ばしていた。千葉県浦安市に住むパワフルな一家、大沢木家を演じる佐藤さん(大鉄)、水野美紀さん(大鉄の妻・順子)、岸井ゆきのさん(長女・桜)、本多力さん(長男・晴郎)ら演技派役者陣が、全力でハチャメチャをやっている感じが最高だった。坂田利夫さん演じる祖父の金鉄も、いい味を出している。

 映画「人魚の眠る家」(堤幸彦監督、2018年)で篠原涼子さんと西島秀俊さんの息子役を演じた子役の斎藤汰鷹くん演じる次男の小鉄は可愛かった!

 この止まることのない勢いが最大の魅力かと思いきや……ウイルス禍の今だからこそ、家族で食卓を囲む場面や「ああでもない、こうでもない」と言い合う場面が心に残った。ラストも良かった。とにかく何も考えずに見てほしい!

<ドラマ紹介>「浦安鉄筋家族」 人気ギャグマンガを佐藤二朗主演で実写ドラマ化 第1話あらすじも

ドラマ「浦安鉄筋家族」の第1話のワンシーン(C)「浦安鉄筋家族」製作委員会
ドラマ「浦安鉄筋家族」の第1話のワンシーン(C)「浦安鉄筋家族」製作委員会

 俳優の佐藤二朗さん主演のドラマ「浦安鉄筋家族」が、4月10日からテレビ東京の深夜ドラマ枠「ドラマ24」(金曜深夜0時12分)でスタートする。佐藤さんは千葉県浦安市に住むパワフルな一家、大沢木家の父・大沢木大鉄を演じる。水野美紀さん、岸井ゆきのさん、本多力さんらが出演する。

 第1話「1発目 大鉄ノースモーキン」は、タバコ大好きなタクシー運転手・大鉄(佐藤さん)はある日、妻・順子(水野さん)による家族裁判で「禁煙刑」を言い渡されてしまう。彼氏・花丸木(染谷将太さん)とのデート代が欲しい長女・桜(岸井さん)をはじめとして、家族総出で父の禁煙作戦に協力しようとするが、まさかの監禁・チェイスと、とんでもない大波乱の展開に。果たして、大鉄の禁煙作戦は成功するのか……。

(C)「浦安鉄筋家族」製作委員会
(C)「浦安鉄筋家族」製作委員会
(C)「浦安鉄筋家族」製作委員会
(C)「浦安鉄筋家族」製作委員会
(C)「浦安鉄筋家族」製作委員会
(C)「浦安鉄筋家族」製作委員会
(C)「浦安鉄筋家族」製作委員会
(C)「浦安鉄筋家族」製作委員会
(C)「浦安鉄筋家族」製作委員会
(C)「浦安鉄筋家族」製作委員会
(C)「浦安鉄筋家族」製作委員会
(C)「浦安鉄筋家族」製作委員会
(C)「浦安鉄筋家族」製作委員会
(C)「浦安鉄筋家族」製作委員会
(C)「浦安鉄筋家族」製作委員会
(C)「浦安鉄筋家族」製作委員会

大仁田厚、本人降臨? まさかの大谷暑司役でドラマ「浦安鉄筋家族」に出演決定 アジャコング、真壁刀義も

大仁田厚さん(右)と大仁田さんが演じる大谷暑司(C)浜岡賢次(秋田書店) 1993・(C)「浦安鉄筋家族」製作委員会
大仁田厚さん(右)と大仁田さんが演じる大谷暑司(C)浜岡賢次(秋田書店) 1993・(C)「浦安鉄筋家族」製作委員会

 プロレスラーの大仁田厚さんが4月10日から放送される連続ドラマ「浦安鉄筋家族」(テレビ東京、金曜深夜0時12分)に出演することが同日、明らかになった。大仁田さんが演じるのは、大仁田さんそっくりで、原作マンガにも登場した熱血警察官の大谷暑司(おおたに・あつし)で、「原作読んだら『なんじゃこら~!(笑い)』。出演オファーもらって『よし、ファイヤーでいくぞ!』と気合が入りました。とにもかくにも『ファイヤー!』です!」と、熱く意気込みを語っている。

 さらに、日本一凶暴な女性警察官、江戸紫桃代(通称・ボボヨ)役で、アジャコングさんが出演するほか、真壁刀義さんも本人役での出演が決定。“パワー系”のキャスト陣の演技派が話題を集めそうだ。

 ドラマは、佐藤さん演じる千葉県浦安市に住むパワフルな一家、大沢木家の父・大鉄が主人公。大鉄の妻・順子を水野美紀さん、大沢木家の長女・桜を岸井ゆきのさん、長男の晴郎を本多力さん、次男の小鉄を斎藤さん、祖父の金鉄を坂田利夫さんが演じる。また同局の“諸事情”で、スタッフの愛息キノスケくんが大沢木家の三男・裕太役で出演する。

 ◇大仁田厚さんのコメント

 原作読んだら「なんじゃこら~!(笑い)」。出演オファーもらって「よし、ファイヤーでいくぞ!」と気合が入りました。とにもかくにも「ファイヤー!」です! そして佐藤二朗さんは面白い。個性的で好きな俳優さんです。俺は年間300本以上映画やドラマを観るけど、他にない印象に残る俳優さんが好きなんです。おい! おい! おい! 俺の出番は短い! 絶対に! 絶対に! 絶対に! 見逃すなよ! ファイヤー!

 ◇アジャコングさんのコメント

 昔、マンガを読んでて、無茶苦茶だけど楽しくて、でも本気でこの人たちが周りにいたら迷惑だろうな(笑い)とか思いつつも大好きな作品でした。ボボヨを演じられるのは、世界中どこを探しても自分以外にいるわけない! 他の役者さんには大変申し訳ないですが、これだけは誰にも譲れない(笑い)と思いました。佐藤二朗さんに現場でお会いした時、非常に気さくで優しい方で、お茶目な感じもあって、ある意味大鉄感も満載で(笑い)おかげさまで、リラックスして撮影にのぞめました。一に笑って、二に笑い。三四に笑って五に笑い。とにかく、笑って笑って笑いまくれる、嫌なこと全部吹き飛ばしてくれる楽しいドラマです。もちろん、ボボヨのはちゃめちゃな活躍も(笑い)楽しんでください。

 ◇真壁刀義さんのコメント

 俺が新日本プロレスの寮にいた若手の頃、コミックを買って選手たちで回し読みしていたから、まさか自分がその超絶面白いマンガの実写ドラマに出演できるとは思ってもいなかった! だから、俺が出演するからには豪快さと抜けた感じを表現しようと心に誓っていた! 主演の佐藤二朗さんは今回初めてお会いしたけど、とても丁寧な方だった。ソノ人がアノ抜けた役をやるんだから面白いに決まってんだろって! 見どころは、ヤッパリ配役の方々が原作以上に面白ヤバい感じを演じてるわけだから間違いねぇだろ! とにかく面白おかしいドラマだから、ストレス溜まったりなんだか行き詰まったりした時にはコレ見て大笑いしてもらいたいね!!

(C)「浦安鉄筋家族」製作委員会
(C)「浦安鉄筋家族」製作委員会
(C)浜岡賢次(秋田書店) 1993・(C)「浦安鉄筋家族」製作委員会
(C)浜岡賢次(秋田書店) 1993・(C)「浦安鉄筋家族」製作委員会
(C)「浦安鉄筋家族」製作委員会
(C)「浦安鉄筋家族」製作委員会
(C)「浦安鉄筋家族」製作委員会
(C)「浦安鉄筋家族」製作委員会

佐藤二朗主演ドラマに水野美紀、岸井ゆきの、本多力ら出演決定 諸事情でスタッフの愛息子も

4月スタートの連続ドラマ「浦安鉄筋家族」の出演者たち (C)浜岡賢次(秋田書店) 1993
4月スタートの連続ドラマ「浦安鉄筋家族」の出演者たち (C)浜岡賢次(秋田書店) 1993

 浜岡賢次さんのギャグマンガを俳優の佐藤二朗さん主演で実写化する2020年4月期にテレビ東京の深夜ドラマ枠「ドラマ24」(金曜深夜0時12分)放送のドラマ「浦安鉄筋家族」の追加キャストが発表され、水野美紀さん、岸井ゆきのさん、本多力さん、斎藤汰鷹(たいよう)くん、坂田利夫さん、キノスケくんが出演することが2月14日、分かった。

 ドラマは、佐藤さん演じる千葉県浦安市に住むパワフルな一家、大沢木家の父・大沢木大鉄が主人公。大鉄の妻・順子を水野さん、大沢木家の長女・桜を岸井さん、長男の晴郎を本多さん、次男の小鉄を汰鷹くん、祖父の金鉄を坂田さんが演じる。また同局の“諸事情”で、スタッフの愛息子キノスケくんが大沢木家の三男・裕太役で出演する。

 ◇水野美紀さんコメント

 順子を演じるにあたって、逆に意気込みだけしかありません。それ以外はどうすれば良いのか分かりません。こんなむちゃぶりはダチョウ倶楽部さんと同じ芸歴である、私の女優人生の中でも初めてのことです。意気込みはあります。どうすれば良いか誰か教えてください。そして大鉄役の佐藤二朗さんの印象はクレージー。とにかくクレージーな印象です。恐ろしいです。このドラマはコンプライアンスに抵触していそうなところが見どころ。岸井ちゃんの入浴シーンもあるかもしれません。ないかもしれません。

 ◇岸井ゆきのさんコメント

 数多くのファンの方がいるこの作品に関わることはプレッシャーが大きく、マンガを読み返しては悩んだりもしました。ですが、台本が届き、読みはじめた瞬間に文字から飛び出す楽しげな大騒ぎとそのハチャメチャさに、今はただワクワクしています。周りにどう思われようと、なにが起きようと、なんだかんだ家族を愛している大沢木家同様、私もこのチームを愛し、最終回まで突き進んでいきたいと思います!

 ◇本多力さんコメント

 原作のパワーがすごすぎるので、「果たしてどんなドラマになるんだ!!」という興味とドキドキを抱えながら脚本読みましたら、「あ! こういうふうなお話になるのか!?」「あ! あのエピソードがこんな使われ方してる!?」ってキャッキャなって、あっという間に読み終わりました。その後、冷静になって読み返しましたら、読めば読むほどに、「どんな撮影になるんだ!!」とさらなるドキドキがやってきました。

 晴郎を演じるにあたって、見た目はオタクっぽいと言われることが多々ありますが、自分にはそんなにオタク的な部分はないんです。でも小さいころに、いろんなマンガの登場人物をごちゃごちゃに混ぜた世界に自分を主人公として登場させて、悪者をやっつけていくという空想遊びをしてたので、そういう自分の中の晴郎的なる部分を総動員して膨らませて、撮影入ってからはとにかく個性的な家族の皆さんともみくちゃになりながら生活したいと思います。

 (佐藤)二朗さんとは飲み屋さんで何回かばったりお会いして一緒に飲ませてもらったことがあるのですが、そのときに、いい感じのダメな大人だなあと憧れに近い感情を抱いておりました。あと、手や顔など各パーツがすごい大きいなと驚いた記憶があります。あの大きな手でビンタしてもらえるようにアグレッシブに立ち向かっていきたいです。

 ほんとにどんなドラマになるか想像できないですが、とにかくうるさい、いや、騒がしいドラマになるはずです。脚本が同じヨーロッパ企画の上田くん、諏訪さん、酒井くんなので、3人の内に秘めたる騒がしさも現場に伝えられるように大きい声で臨みたいです。毎週金曜日の夜中を楽しみにしていただけるように頑張りますので、どうぞよろしくお願いします。

 ◇斎藤汰鷹くんコメント

 今回小鉄役を演じる事になりました斎藤汰鷹です。ママが昔、原作のマンガを読んでいたと聞いて気になって読んでみたら、面白すぎて一気に読んじゃいました!! キャラクターが自分とそっくりだったので絶対やりたいと思ってたから小鉄の役が決まったときは「っしゃぁぁぁ!!」って喜んじゃいました!! 大鉄役の佐藤二朗さんの息子として暴れまわるのが楽しみです!! 僕たち以上に見てる人たちに笑ってもらえるように演じたいです!! 小鉄の役は僕で間違いなかったと絶対言わせたいです!! 楽しみにしていてください。

 ◇坂田利夫さんコメント

 このたび、金鉄役をさせていただくにあたり、こんなにも自分に似ているキャラクターがいるのかと驚きました。今までさまざまな役を経験しましたが本当に似ています(笑い)。佐藤二朗さんをはじめ、共演させていただく方たちと楽しく、明るく、にぎやかに撮影ができたらと思っています。大沢木家一丸となって視聴者に喜んでもらえるように頑張ります。

 ◇キノスケくんコメント

 あーーーうーあーやー、てっとー、だぁーーーー!(お初にお目にかかります。キノスケです。今回、裕太という大役をおおせつかり、感謝の極みです。至らぬところあるかと思いますが、ドラマ 24「浦安鉄筋家族」、果ては制作スタッフ共々、どうか温かい目で見ていただき、ご指導ごべんたつのほどよろしくお願い致します。)

(C)浜岡賢次(秋田書店) 1993
(C)浜岡賢次(秋田書店) 1993
(C)浜岡賢次(秋田書店) 1993
(C)浜岡賢次(秋田書店) 1993
(C)浜岡賢次(秋田書店) 1993
(C)浜岡賢次(秋田書店) 1993
(C)浜岡賢次(秋田書店) 1993
(C)浜岡賢次(秋田書店) 1993
(C)浜岡賢次(秋田書店) 1993
(C)浜岡賢次(秋田書店) 1993
(C)浜岡賢次(秋田書店) 1993
(C)浜岡賢次(秋田書店) 1993

実写ドラマ「浦安鉄筋家族」の主演に佐藤二朗 大沢木家の父・大鉄が主人公 2020年4月にテレ東で放送

2020年4月にスタートする連続ドラマ「浦安鉄筋家族」の主演を務める佐藤二朗さん(左)と佐藤さんが演じる大沢木大鉄 (C)浜岡賢次(秋田書店) 1993
2020年4月にスタートする連続ドラマ「浦安鉄筋家族」の主演を務める佐藤二朗さん(左)と佐藤さんが演じる大沢木大鉄 (C)浜岡賢次(秋田書店) 1993

 浜岡賢次さんのギャグマンガが原作の連続ドラマ「浦安鉄筋家族」が、2020年4月期にテレビ東京の深夜ドラマ枠「ドラマ24」(金曜深夜0時12分)で放送される。ドラマの主人公は、千葉県浦安市に住むパワフルな一家・大沢木家の父、大沢木大鉄で、俳優の佐藤二朗さんが演じる。「おっさんずラブ」シリーズの瑠東東一郎さんが監督を務め、演劇集団「ヨーロッパ企画」の上田誠さんが脚本を手がける。

 佐藤さんは「25年以上も連載が続く大人気マンガが原作ということで、『俺が主演でエエんかいな』というのが正直な感想です」と話し、「しかし僕が演じる大鉄は『とにかく超テキトーでだらしがない』人。これは、もう、役作りは不要。なんなら演じることも不要。なにせ『精神年齢8歳の50歳児』の僕です。たまに、というか常時『ふにゃふにゃ』してる僕です。テレ東さんと手を携え、地上波のギリギリに、ふにゃふにゃしながら挑みたいと思っています」と語っている。

 「浦安鉄筋家族」は1993年に「週刊少年チャンピオン」(秋田書店)で連載が始まり、2002年に「元祖!浦安鉄筋家族」、2010年には「毎度!浦安鉄筋家族」にタイトルを変更。現在は「あっぱれ!浦安鉄筋家族」が連載されている。千葉県浦安市を舞台に、元気な小学2年生の少年・小鉄やクラスメートらの愉快な日常を描いている。1998年、2014年にテレビアニメ化された。

 テレビ東京は、ドラマについて「『出演したい!』というお心当たりのある俳優・タレントの皆様はぜひ、テレビ東京へお問い合わせを!! 自薦・他薦問わずお待ちしております!」と呼びかけている。

 ◇原作者・浜岡賢次さんのコメント

 ――「浦安鉄筋家族」ドラマ化の話を聞いた時の気持ちは?

 問題が多くて絶対無理だよ~。

 ――大鉄に対しての気持ちや思い入れを教えてください。また、大鉄役の佐藤二朗さんにどんなことを期待していますか?

 初期は全然思い入れがなかったんですが、自分が父親になって180度変わりました。今では自分と重ね合わせて楽しく描いています。佐藤二朗さんはイメージ通り!! カートンごとタバコ吸ってもらえるのかな~?

 ――視聴者の方に一言お願いします。

 汚いドラマになったらゴメンなさい。

 ◇瑠東東一郎監督のコメント

 「テレ東史上最大の問題作にしてください」 プロデューサーからの第一声がこれです。「そんなオーダーのパターンある?」と思いつつ、非常に熱く燃えております。「浦安鉄筋家族」は僕らの世代にとっては伝説のマンガです。この最高にぶっ飛んだ世界観に共に挑むのは、十年来の盟友であるヨーロッパ企画の上田さん。これで楽しくないワケがありません。座長である佐藤二朗さんとお仕事するのは初めてですが、ずっと憧れていたモンスターです。その魅力の全てを作品に詰め込んで、前代未聞の問題作に昇華できればと思います。“笑い”のその奥に。家族ならではの“やわらかいもの”を描ければと思います。ぜひご期待ください!

 ◇脚本・上田誠さんのコメント

 「浦安鉄筋家族」31巻を繰り返し読む日々です。ドラマ化の仕方がなかなか分からないから。ドラマ化できないギャグや、できるけど数億円かかるシーンが山ほど出てくる原作なんです。彼らはこのマンガの浦安の中で徹底して「生活」をしています。ところが鉄筋家族なので、彼らにかかると禁煙が、家庭訪問が、孫を抱くことが、なんでだと思うほどエクストリームなことになるんです。そういうエクストリームなホームコメディーにできたら。1話の1シーン目から、撮影できるのかなこれ、という場面になりましたけど、瑠東監督と佐藤二朗さん、そしてキャストの皆様の家族愛にも似たチームワークで乗り越えてくださるでしょう。生活! 生活!! 生活!!!

浦安鉄筋家族テレビ東京 深夜ドラマ枠「ドラマ24」
2020年4月10日スタート 金曜深夜0時12分放送