知らなくていいコト ニュース

吉高由里子の元カレ役で柄本佑、年下彼氏役にジャニーズWEST・重岡大毅ら出演

連続ドラマ「知らなくていいコト」出演する(左上から)柄本佑さん、重岡大毅さん、(左下から)秋吉久美子さん、佐々木蔵之介さん、小林薫さん=日本テレビ提供
連続ドラマ「知らなくていいコト」出演する(左上から)柄本佑さん、重岡大毅さん、(左下から)秋吉久美子さん、佐々木蔵之介さん、小林薫さん=日本テレビ提供

 女優の吉高由里子さん主演で、2020年1月8日スタートの日本テレビ系の新水曜ドラマ「知らなくていいコト」(水曜午後10時)に、柄本佑さん、「ジャニーズWEST」の重岡大毅さん、秋吉久美子さん、佐々木蔵之介さん、小林薫さんが出演することが12月8日、分かった。

 真壁ケイト(吉高さん)の元カレで動物カメラマン・尾高由一郎を柄本さん、「週刊イースト」編集部の連載班に所属するケイトの年下彼氏・野中春樹を重岡さん、映画評論家で字幕翻訳家でもあるケイトの母・真壁杏南を秋吉さん、「週刊イースト」の編集長・岩谷進を佐々木さん、ドラマの中盤から物語を大きく動かす謎の男を小林さんが演じる。

 そのほかに「週刊イースト」編集部の部員を山内圭哉さん、今井隆文さん、小林きな子さん、関水渚さん、和田聰宏さん、森田甘路さん、本多力さんが演じることも発表された。

 柄本さん、重岡さん、秋吉さん、佐々木さん、小林さんのコメントは以下の通り。

 ◇柄本佑さんのコメント

 この時代に週刊誌の人々をテーマにドラマを作るとはっ! なんともチャレンジングな企画の仲間入りができて光栄です。大石さんの脚本は初ですが若々しくエネルギッシュです。尾高という役を脚本以上に魅力的になるよう務めます。頑張ります。

 ◇重岡大毅さんのコメント

 水ドラに初出演することができてとてもうれしいです。お芝居では今まで、明るいキャラクターをいただくことが多かったのですが、今回これまでとは一味違ったキャラクターをいただけました。演じるのが楽しみです。物語の良いアクセントになれるように、撮影に挑んでいきたいと思います。週の真ん中の水曜日にこのドラマを見た人が、明日からまた頑張ろうと思えるドラマになるよう、全力で頑張ります!!

 ◇秋吉久美子さんのコメント

 「知らなくていいコト」は、とても良いタイトルですね。ツボにハマりました。今回、私は、吉高さん演じる主人公ケイトに、知らなくていいコトをドッサリと残して死んでいく杏南という母を演(や)らせてもらいます。品もよく、馬鹿じゃないのにとっぴなことを言う魅力的な役柄です。今回は暴き出す側の内幕が中心のドラマ。私自身は女優として普段は人前にさらされる立場にありますが、逆の立場から見るドキドキ、ハラハラ、スリリングな展開は楽しみです。吉高さんははかなさと強さの両面を見せるヒロイン「ケイト」にピッタリ。アクの強い週刊誌の記者を演ずるわけですが、彼女の透明感はより貴重だと思います。

 ◇佐々木蔵之介さんのコメント

 「知らなくていいコト」は、「知らなくても別に困らないコト」ではなく「知ってしまったら放って置けないコト」になり……なんか大変なコトになりそうですが、大石さんの脚本、吉高さんとの初共演、楽しみます!

 ◇小林薫さんのコメント

 この年になっても初めてご一緒する人って結構いるもんで、編集部の若い人たちはもちろんかもしれませんが、主演の吉高さんや実は脚本家の大石さんも初めてなんであります。顔合わせの時、ワタシより若いと思っていた大石さんから同い年と聞き、老人力の出てきたワタシですがこれは一つ頑張らなくてはと思っている次第です。

吉高由里子、日テレ新水曜ドラマ「知らなくていいコト」で大石静とタッグ 週刊誌記者役に

2020年1月8日スタートの日本テレビの新水曜ドラマ「知らなくていいコト」で主演を務める女優の吉高由里子さん(C)日本テレビ
2020年1月8日スタートの日本テレビの新水曜ドラマ「知らなくていいコト」で主演を務める女優の吉高由里子さん(C)日本テレビ

 女優の吉高由里子さんが、2020年1月8日スタートの日本テレビの新水曜ドラマ「知らなくていいコト」(水曜午後10時)に主演する。脚本家の大石静さんが描くお仕事系ヒューマンドラマで、吉高さんは、世の真実を暴く立場でありながら、自身の真実に人生を狂わされる週刊誌記者を演じる。吉高さんは、「これまでの水曜10時のドラマとは、またひと味違った作品になりそうな予感がしています。ぜひ楽しみにしていてください」とコメントしている。

 ドラマは、「家売るオンナ」シリーズ(同局系)や「大恋愛~僕を忘れる君と」(TBS系)などで知られる大石さんのオリジナル脚本。週刊誌「週刊イースト」で日々スクープを狙う記者・真壁ケイト(吉高さん)は、自信家ながらも母譲りのウケの良さと人懐っこさで、仕事も恋も絶好調の毎日を送っていた。

 そんなある日、シングルマザーとして、ケイトを育てあげた母が急死してしまう。最期の言葉として、母は、今まで一度も話したことのなかったケイトの父の名前を告げる。それは、誰もが知るハリウッドスターの名前だった。自分の出生の謎と父の秘密に迫るとき、人生最大の「知らなくていいコト」にぶち当たり……というストーリーが展開する。

 吉高さん演じるケイトは、映画評論家で字幕翻訳の第一人者・真壁杏南の一人娘。戸籍に父の名前はなかったが、華やかに社会で活躍する母を、ケイトは誇りに思い、尊敬もしており、父がいなくてもコンプレックスを感じたことはなかった。ほどほどの私立大学に行き、大学の成績もほどほどだったが、卒業後、難関の東源出版に就職し、週刊誌の編集者として懸命に働いている……という設定。

 1話完結で、毎回、現代社会の時事性の高いトピックスを扱いながら、ケイトが記者としてだけではなく、人として成長する姿を描いていく。

 脚本の大石さん、ドラマを手がける小田玲奈プロデューサーのコメントは以下の通り。

 ◇大石静さん

 政治家のスキャンダルや不倫を次々と暴く週刊イーストの編集部で働く辣腕(らつわん)記者のヒロイン。時にトリッキーにさえ見えるヒロインではありますが、その猪突猛進力、絶望からの回復力、想い全開力が、視聴者の皆様の日頃の憂さを、爽快に吹き飛ばしてくれることを願って書いています。またヒロインと共に、週刊誌の使命、マスコミの使命とは何かを考えてみたいとも思っています。

 ◇小田玲奈プロデューサー

 主人公の真壁ケイトは、仕事も恋も順風満帆、自信家で図々しくて、ちょっと鼻につくような女性です。キャリアウーマンとしてのリアリティーはあるけれど、正直、愛されヒロインになるのか心配だった部分もあります。

 でも吉高由里子さんご本人にお会いした瞬間、その不安は吹き飛びました。人の懐に入るのがなんてウマいんでしょう! 初対面の我々スタッフに的確にツッコんだり、ちょっと甘えてみたり……、驚異の“人懐っこさ”に魅了されたと同時に、「ケイトって、こんな感じ」と逆に教えられたような気がしました。

 「家売るオンナ」シリーズでご一緒した大石静先生には全幅の信頼を寄せています。勢いのあるストーリー展開、ドキッとするような鋭い台詞たち。さすがの一言です。スタッフ一同“今やるべき意味のあるドラマ”を作る喜びを日々味わっています。

 何はともあれ、1話を見てください。テレビの前のお客さんがどんな気持ちになるのか……今からドキドキしています。