知らなくていいコト あらすじ

知らなくていいコトあらすじ

 ドラマ「知らなくていいコト」は、脚本家の大石静さんが描くお仕事系ヒューマンドラマ。女優の吉高由里子さんが主演を務め、、世の真実を暴く立場でありながら、自身の真実に人生を狂わされる週刊誌記者を演じる。日本テレビで2020年1月8日スタート。

 ドラマは、「家売るオンナ」シリーズ(同局系)や「大恋愛~僕を忘れる君と」(TBS系)などで知られる大石さんのオリジナル脚本。週刊誌「週刊イースト」で日々スクープを狙う記者・真壁ケイト(吉高さん)は、自信家ながらも母譲りのウケの良さと人懐っこさで、仕事も恋も絶好調の毎日を送っていた。

 そんなある日、シングルマザーとして、ケイトを育てあげた母が急死してしまう。最期の言葉として、母は、今まで一度も話したことのなかったケイトの父の名前を告げる。それは、誰もが知るハリウッドスターの名前だった。自分の出生の謎と父の秘密に迫るとき、人生最大の「知らなくていいコト」にぶち当たり……というストーリーが展開する。

 吉高さん演じるケイトは、映画評論家で字幕翻訳の第一人者・真壁杏南の一人娘。戸籍に父の名前はなかったが、華やかに社会で活躍する母を、ケイトは誇りに思い、尊敬もしており、父がいなくてもコンプレックスを感じたことはなかった。ほどほどの私立大学に行き、大学の成績もほどほどだったが、卒業後、難関の東源出版に就職し、週刊誌の編集者として懸命に働いている……という設定。

 1話完結で、毎回、現代社会の時事性の高いトピックスを扱いながら、ケイトが記者としてだけではなく、人として成長する姿を描いていく。

ドラマ「知らなくていいコト」のあらすじ