知らなくていいコト あらすじ

知らなくていいコトあらすじ

 ドラマ「知らなくていいコト」は、脚本家の大石静さんが描くお仕事系ヒューマンドラマ。女優の吉高由里子さんが主演を務め、、世の真実を暴く立場でありながら、自身の真実に人生を狂わされる週刊誌記者を演じる。日本テレビで2020年1月8日スタート。

 ドラマは、「家売るオンナ」シリーズ(同局系)や「大恋愛~僕を忘れる君と」(TBS系)などで知られる大石さんのオリジナル脚本。週刊誌「週刊イースト」で日々スクープを狙う記者・真壁ケイト(吉高さん)は、自信家ながらも母譲りのウケの良さと人懐っこさで、仕事も恋も絶好調の毎日を送っていた。

 そんなある日、シングルマザーとして、ケイトを育てあげた母が急死してしまう。最期の言葉として、母は、今まで一度も話したことのなかったケイトの父の名前を告げる。それは、誰もが知るハリウッドスターの名前だった。自分の出生の謎と父の秘密に迫るとき、人生最大の「知らなくていいコト」にぶち当たり……というストーリーが展開する。

 吉高さん演じるケイトは、映画評論家で字幕翻訳の第一人者・真壁杏南の一人娘。戸籍に父の名前はなかったが、華やかに社会で活躍する母を、ケイトは誇りに思い、尊敬もしており、父がいなくてもコンプレックスを感じたことはなかった。ほどほどの私立大学に行き、大学の成績もほどほどだったが、卒業後、難関の東源出版に就職し、週刊誌の編集者として懸命に働いている……という設定。

 1話完結で、毎回、現代社会の時事性の高いトピックスを扱いながら、ケイトが記者としてだけではなく、人として成長する姿を描いていく。

ドラマ「知らなくていいコト」のあらすじ

<ドラマ紹介>「知らなくていいコト」 吉高由里子が大石静とタッグ 週刊誌記者役に 第1話あらすじも

女優の吉高由里子さんの主演ドラマ「知らなくていいコト」の1シーン(C)日本テレビ
女優の吉高由里子さんの主演ドラマ「知らなくていいコト」の1シーン(C)日本テレビ

 女優の吉高由里子さんの主演ドラマ「知らなくていいコト」(日本テレビ系、水曜午後10時)が、1月8日からスタートする。脚本家の大石静さんが描くお仕事系ヒューマンドラマで、吉高さんは、世の真実を暴く立場でありながら、自身の真実に人生を狂わされる週刊誌記者を演じる。柄本佑さん、「ジャニーズWEST」の重岡大毅さん、秋吉久美子さん、佐々木蔵之介さん、小林薫さんらも出演する。

 ドラマは、「家売るオンナ」シリーズ(日本テレビ系)や「大恋愛~僕を忘れる君と」(TBS系)などで知られる大石さんが描く“お仕事系ヒューマンドラマ”。週刊誌「週刊イースト」で日々スクープを狙う記者、真壁ケイト(吉高さん)はある日、自身の父がハリウッドスターだと聞く。自分の出生の謎と父の秘密に迫ると、人生最大の「知らなくていいコト」にぶち当たり……というストーリー。

 第1話では、「週刊イースト」の特集班記者・真壁ケイト(吉高さん)は、仕事に恋に充実した日々を送っていたある日、同居する映画翻訳家の母・杏南(あんな=秋吉さん)が倒れたと連絡を受ける。未婚のままケイトを育て上げた杏南は、病床でケイトの父があの“キアヌ・リーブス”だと言い残し、あっさり亡くなってしまう。連載班の後輩で恋人の野中春樹(重岡さん)に相談するもジョークでは、と取り合われない中、母の書斎から若き日の母とキアヌ・リーブスの写真が出てきて……。

 数日後、仕事に復帰したケイトは、ずっと追っていた詐欺のネタを編集長の岩谷(佐々木さん)に直談判する。ネット上の架空の人物に恋をして大金を貢ぎながら、自分はだまされていないと信じる高齢女性・多賀笑子(たがえみこ=倍賞美津子さん)に取材をするべく、笑子が営む茶道教室に入門するケイト。

 しかし、ガードの固い笑子を前に取材は難航。そんな中、海外出張から戻った動物カメラマンでケイトの元カレの尾高由一郎(柄本さん)が線香をあげにケイトの家を訪れる。杏南の最期の言葉を聞き「ステキじゃないか」と“父親キアヌ説”を否定しない尾高に元気をもらうケイト。尾高はその帰り、ケイトには言えない3年前のある出来事を思い出していた……。翌日、詐欺取材に行き詰まるケイトは、母の遺品からある物を見つける。その先には自分のルーツに関わる衝撃の事実が隠されていて……。

第2話のあらすじ “ケイト”吉高由里子、“元カレ”柄本佑に迫るが…

女優の吉高由里子さんの主演ドラマ「知らなくていいコト」の第2話の1シーン(C)日本テレビ
女優の吉高由里子さんの主演ドラマ「知らなくていいコト」の第2話の1シーン(C)日本テレビ

 女優の吉高由里子さんの主演ドラマ「知らなくていいコト」(日本テレビ系、水曜午後10時)の第2話が、1月15日に放送される。母・杏南(秋吉久美子さん)の遺品から、 自分の父親がかつて世間を騒がせた殺人犯・乃十阿徹(小林薫さん)かもしれないことを知ったケイト(吉高さん)。そのことで春樹(重岡大毅さん)からプロポーズを取り消されてどん底の気分の中、次週のネタとして“DNA婚活”について調べるよう振られる。

 事前にDNAを調べた上で相性のいい相手を紹介してくれるという結婚相談所についてうさん臭く感じるものの、早速ケイトは実際のDNA婚活イベントの取材へ。見た目や収入に関係なくDNAのマッチング率だけを頼りにしたグループ見合いが始まる中、司会者のテンションに洗脳めいたものを感じるケイト。

 しかし、10組中9組のカップルが一番DNAの相性のいい相手を選ぶという結果に……。イベント終了後、ケイトは1組だけカップル成立しなかった男性参加者・山際(えなりかずきさん)が結婚相談所事務局の女性・笹野(市川由衣さん)と訳ありな様子を目にするが……。

 一方、編集部ではケイトとの関係が気まずくなった春樹が編集長の岩谷(佐々木蔵之介さん)に異動の相談をしていて……。 その夜、遺伝学の教授から「親の経験が子供に遺伝する」というマウス実験について聞いたケイトは、殺人犯・乃十阿のDNAが自分の中に生きているかもしれないと陰鬱な気分で家路につく。撮影に向かう尾高(柄本佑さん)と鉢合わせたケイトは、かつて出所時の乃十阿の写真を撮った尾高が自分に何かを隠していることを確信し、尾高に迫るが……。