鈍色の箱の中で ニュース

久保田紗友、萩原利久、神尾楓珠、岡本夏美、望月歩がそろってクランクアップ

連続ドラマ「鈍色の箱の中で」の最終回の場面写真(C) テレビ朝日
連続ドラマ「鈍色の箱の中で」の最終回の場面写真(C) テレビ朝日

 3月14日深夜に最終回が放送される連続ドラマ「鈍色(にびいろ)の箱の中で」(テレビ朝日、土曜深夜3時)がこのほど、クランクアップを迎えた。最後は、ドラマを象徴するマンションのエントランスで、久保田紗友さんと萩原利久さん、神尾楓珠さん、岡本夏美さん、望月歩さんの5人がそろっての撮影だった。

 監督から花束を受け取った久保田さんは、「毎日一緒にいて、本当の幼なじみのような存在でした!」とコメント。最年少で最初は緊張していたという望月さんは「あまり演じたことのない役で新鮮な毎日でした」と笑顔であいさつすると、岡本さんは「お芝居も待ち時間も楽しかったです!」と話した。

 また、萩原さんは「仲のいいチームでとても楽しかったです」と話し、最後に神尾さんが「このメンバーでできてよかったです!」とあいさつした。

 ドラマは、電子コミックサービス「LINEマンガ」で連載中の篠原知宏さんのマンガが原作。ヒロインの桜井美羽(久保田さん)を中心に、辻内基秋(萩原さん)、真田利津(神尾さん)、高鳥あおい(岡本さん)、庄司悟(望月さん)という幼なじみ5人による“全員片思い”の切なく危険なラブストーリー。筧美和子さんらも出演。

 最終回は、姿が見えなくなっていた利津を屋上で見つけた美羽は、思い詰めて自暴自棄になった彼にキスをする。屋上に駆けつけてきた基秋は、その瞬間を目撃してしまう。そのころ悟は、ある事実をあおいから追及される。一方、美羽と利津のキスに動揺を隠せない基秋は、綾芽(筧さん)に呼び止められ、土曜日に集会室で「抱いてほしい」と懇願される。そんな中、美羽の発案で5人は、季節外れの花火をすることになる……という展開。

 最終回放送直後から、地上波放送版に比べて1.5倍の長さの「ディレクターズカット版」を動画配信サービス「ビデオパス」で配信する。地上波放送版とは違う、“もうひとつの”エンディングになるという。

(C) テレビ朝日
(C) テレビ朝日
(C) テレビ朝日
(C) テレビ朝日
(C) テレビ朝日
(C) テレビ朝日
(C) テレビ朝日
(C) テレビ朝日
(C) テレビ朝日
(C) テレビ朝日
(C) テレビ朝日
(C) テレビ朝日
(C) テレビ朝日
(C) テレビ朝日
(C) テレビ朝日
(C) テレビ朝日
(C) テレビ朝日
(C) テレビ朝日
(C) テレビ朝日
(C) テレビ朝日
(C) テレビ朝日
(C) テレビ朝日
(C) テレビ朝日
(C) テレビ朝日
(C) テレビ朝日
(C) テレビ朝日
(C) テレビ朝日
(C) テレビ朝日

筧美和子「鈍色の箱の中で」男子高校生を誘惑するお姉さん役「かなりドキドキして…」 キスシーンも公開

2月8日スタートの連続ドラマ「鈍色の箱の中で」に出演する筧美和子さん(C) テレビ朝日
2月8日スタートの連続ドラマ「鈍色の箱の中で」に出演する筧美和子さん(C) テレビ朝日

 女優の筧美和子さんが、2月スタートの連続ドラマ「鈍色(にびいろ)の箱の中で」(テレビ朝日、土曜深夜3時)に出演することが1月17日、分かった。筧さんは、ヒロインの桜井美羽(みわ、久保田紗友さん)が思いを寄せる辻内基秋(萩原利久さん)の憧れの“バイオリンのお姉さん”で32歳の河野綾芽を演じる。筧さんのキスシーンの写真も公開された。

 音楽大学を卒業後、趣味でバイオリンの演奏を続けている綾芽は、美羽や基秋らが暮らすマンションに住んでいたバイオリンが得意なお姉さん。幼少期の基秋は、母親を亡くし、悲しみに暮れていたさなか、集会室から聴こえてくる綾芽のバイオリンの美しい音色と、包み込むような優しさに引き込まれ、憧れなのか恋なのか分からない思いを胸に抱きつつ育っていった。結婚を機にマンションを出た綾芽だったが、なぜか再びマンションに戻ってきて……という設定。

 ドラマの原作は、電子コミックサービス「LINEマンガ」で連載中の篠原知宏さんのマンガ。連載開始から3カ月連続で「LINEマンガ 無料連載 月間読者数ランキング」の1位になった人気作で、同じマンションに暮らす幼なじみの高校生たちの切なくも危険な偏愛ラブストーリーを描く。

 ドラマには、久保田さん、萩原さんのほか、神尾楓珠(ふうじゅ)さん、望月歩さん、岡本夏美さんも出演。“気持ちを押し付ける独りよがりのキス”“寂しさを埋めるだけのキス”“略奪のための強引なキス”“気持ちを試す駆け引きのキス”“慰めのキス”など、一方通行の“片思いのキス”が、毎話クライマックスに登場する。

 ドラマは2月8日からスタート。「360°(サンロクマル)ドラマ」と銘打ち、本編の一部分を切り出した見どころシーンや、ドラマ内では描かれない登場人物同士のやり取りなどが番組公式特設サイトやSNSで配信される。さらに、動画見放題サービス「ビデオパス」では、地上波放送で描き切れなかったストーリーも配信される。

 筧さんは、ドラマの出演について「高校生のラブストーリーと聞いていたので、『自分は何役なんだろう?』と思っていたら、年上の“お姉さん”役で、もはや『ババア』呼ばわりされていたのでびっくりしました(笑い)。年下の方が多い現場も初めてなので、こういう立ち位置で演じられることは私にとって新しい挑戦でした」と振り返り、演じる綾芽役については「今まで年下を誘惑する役は演じたことがなかったので、かなりドキドキして……。でも台本だけでは分からない部分は、萩原さんが想像以上にリードしてくれたので、相手が萩原さんでよかったです」とコメント。

 また、バイオリンを一度も弾いたことがなかった筧さんは、撮影前の短期間に何度もレッスンを受け、構え方、弓の弾き方を猛特訓したといい、「初挑戦だったので、苦戦しましたね(笑い)。もちろん完璧にはならなかったけど、必死にやれば少しはできるようになるんだ、と思いました。いろんな出来事が重なって、綾芽という役柄が完成していると感じたので、話を重ねるごとにその変化を出せるよう意識して演じました」と回顧し、「親には見せられないような、でもリアルな恋愛模様が描かれています。綾芽と一緒にチラッとのぞき見してください!!」とメッセージを寄せている。

(C) テレビ朝日
(C) テレビ朝日
(C) テレビ朝日
(C) テレビ朝日

「3年A組」萩原利久、神尾楓珠、望月歩が幼なじみ役

2月8日スタートの連続ドラマ「鈍色の箱の中で」に出演する(左から)望月歩さん、神尾楓珠さん、久保田紗友さん、萩原利久さん、岡本夏美さん(C)テレビ朝日
2月8日スタートの連続ドラマ「鈍色の箱の中で」に出演する(左から)望月歩さん、神尾楓珠さん、久保田紗友さん、萩原利久さん、岡本夏美さん(C)テレビ朝日

 2月スタートの連続ドラマ「鈍色(にびいろ)の箱の中で」(テレビ朝日、毎週土曜深夜3時)に、2019年冬に放送されたドラマ「3年A組-今から皆さんは、人質です-」(日本テレビ系)の生徒を演じた俳優の萩原利久さん、神尾楓珠(ふうじゅ)さん、望月歩さんが、出演することが1月12日、明らかになった。同日、実施されたライブ配信番組の中で発表され、久保田紗友さん、岡本夏美さんが出演することも、分かった。

 5人は同じマンションに住む、幼なじみ同士の高校生を演じる。久保田さんはヒロインの桜井美羽(みわ)、萩原さんは美羽が思いを寄せる辻内基秋、神尾さんは美羽に思いを寄せるも伝えられない真田利津(りつ)、岡本さんは美羽の良き相談相手だが、美羽に対して強いコンプレックスを抱いている高鳥あおい、望月さんはあおいと交際している庄司悟という役どころ。

 原作は、電子コミックサービス「LINEマンガ」で連載中の篠原知宏さんのマンガ。連載開始から3カ月連続で「LINEマンガ 無料連載 月間読者数ランキング」の1位になった人気作で、高校生たちの切なくも危険な偏愛ラブストーリーを描く。“気持ちを押し付ける独りよがりのキス”“寂しさを埋めるだけのキス”“略奪のための強引なキス”“気持ちを試す駆け引きのキス”“慰めのキス”など、一方通行の“片想いのキス”が、毎話クライマックスに登場する。

 ドラマは2月8日からスタート。「360°(サンロクマル)ドラマ」と銘打ち、本編の一部分を切り出した見どころシーンや、ドラマ内では描かれない登場人物同士のやり取りなどが番組公式特設サイトやSNSで配信される。さらに、動画見放題サービス「ビデオパス」では、地上波放送で描き切れなかったストーリーも配信される。

LINEマンガの人気作「鈍色の箱の中で」がドラマ化 高校生5人の複雑で危険な関係描く 毎話クライマックスには“片想いのキス”

ドラマ化が決まったマンガ「鈍色の箱の中で」の書影(C) Tomohiro Shinohara / LINE
ドラマ化が決まったマンガ「鈍色の箱の中で」の書影(C) Tomohiro Shinohara / LINE

 電子コミックサービス「LINEマンガ」で連載されている、篠原知宏さんのマンガ「鈍色(にびいろ)の箱の中で」が、2020年1月期にテレビ朝日でドラマ化されることが12月3日、分かった。連載開始から3カ月連続で「LINEマンガ 無料連載 月間読者数ランキング」の1位になった人気作。ドラマには、人気急上昇中の“最旬キャスト”が出演するという。

 原作は、“鈍色の箱”(分譲マンション)を舞台に、初恋の思いを抱いたまま高校生になった5人の男女の複雑で危険な関係を描く。“気持ちを押し付ける独りよがりのキス”“寂しさを埋めるだけのキス”“略奪のための強引なキス”“気持ちを試す駆け引きのキス”“慰めのキス”など、一方通行の“片想いのキス”が、毎話クライマックスに登場する。

 篠原さんは、ドラマ化について「お話をいただいた時はちょうど妊娠中で、どこからどこまでが現実かよく分からずとりあえずたくさん甘いものを食べたのを覚えています(笑い)。すてきなキャストさんやスタッフさんたちによって、美羽たちがどんなふうにしゃべって笑って泣いて物語を紡いでいくのか、本当に楽しみです!」とコメントしている。