10の秘密 視聴率

初回視聴率は8.9% 登場人物の秘密続々 SNSは犯人予想で盛り上がる

連続ドラマ「10の秘密」主演の向井理さん
連続ドラマ「10の秘密」主演の向井理さん

 俳優の向井理さん主演の連続ドラマ「10の秘密」(カンテレ・フジテレビ系、火曜午後9時)の第1話が1月14日に放送され、平均視聴率は8.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。SNSでは、「全員怪しすぎてヤバイ」「登場人物全員目が怖い」「娘が主犯とか…」などと、犯人を予想する投稿が相次ぎ、盛り上がりを見せた。

 第1話は20分拡大版で放送された。9年前に弁護士で上昇志向の強い由貴子が出て行って以来、建築確認検査員の圭太はシングルファーザーとして瞳と仲良く暮らしていた。ある日、圭太の元に「娘は預かった。3日以内に由貴子を探せ」という電話がかかってくる。瞳と連絡が取れないことに不安を覚えた圭太はすぐに由貴子の所在を確認する。しかし、由貴子は、勤めていた大手弁護士事務所を数日前に突然辞めていた。そんな中、瞳が最近学校や部活を休みがちで、塾もやめていたことが明らかになる。瞳を救い出すカギは由貴子だと確信した圭太は、由貴子が暮らす高級マンションに向かうが……というストーリーだった。

第2話視聴率は7.9%

 俳優の向井理さん主演の連続ドラマ「10の秘密」(カンテレ・フジテレビ系、火曜午後9時)の第2話が1月21日に放送され、平均視聴率は7.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが、分かった。

 第2話は、瞳が以前、夜の繁華街にいたことが分かり、自分の知らない娘の顔をまた一つ知った圭太。さらに、幼なじみの石川菜七子(仲里依紗さん)から、誘拐された当日、瞳はピアニストの伊達翼(松村北斗さん)と会う約束をしていたと聞かされる。瞳の誘拐に翼が関係しているとにらんだ圭太は、翼を見つけ出すため、菜七子の証言をもとに繁華街で聞き込みを開始。ジャズバーでピアノを弾く翼を発見するが……という展開だった。

第3話は6.7% 「10年前の秘密」明らかに

 俳優の向井理さん主演の連続ドラマ「10の秘密」(カンテレ・フジテレビ系、火曜午後9時)の第3話が1月28日に放送され、平均視聴率は6.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが、分かった。

 第3話は、自殺した矢吹(中林大樹さん)が残した帝東建設の不正の証拠を手に入れた圭太は、由貴子にそのデータを渡す。そして、由貴子は瞳を誘拐した二本松(遠藤雄弥さん)の元へと向かう。瞳の帰りを待つ圭太と幼なじみの菜七子(仲里依紗さん)。そもそも、娘が誘拐された原因は「10年前に起きたある事件にあるのでは」という疑念が払拭(ふっしょく)できない圭太は、菜七子にひた隠しにしてきた10年前の秘密を語り始める……という展開だった。

第4話視聴率は6.2% “元妻”仲間由紀恵の恐るべき謀略…

 俳優の向井理さん主演の連続ドラマ「10の秘密」(カンテレ・フジテレビ系、火曜午後9時)の第4話が2月4日に放送され、平均視聴率は6.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。

 第4話は「新展開!恐るべき元妻の謀略…全て覆す仮面の下の微笑み」。会社を解雇された圭太は、帝東建設の不正の事実をつかみ、社長の長沼(佐野史郎さん)に取引を持ち掛けた。脅迫されたことに憤慨した長沼は、圭太が去った後、ある人物に電話をする。そんな中、圭太は、瞳を誘拐した犯人は由貴子とトラブルを起こした帝東建設の人間だと思っていたが、竜二(渡部篤郎さん)のある言葉をきっかけに、犯人が別にいるのではないかと疑う。ある日、由貴子が圭太の家に忍び込んだことが分かり……という展開だった。

第5話視聴率は5.4% “元妻”仲間由紀恵と対決

 俳優の向井理さん主演の連続ドラマ「10の秘密」(カンテレ・フジテレビ系、火曜午後9時)の第5話が2月11日に放送され、平均視聴率は5.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。

 第5話は、帝東建設に偽装建築の証拠を突きつけるには、自殺した矢吹(中林大樹さん)が残した手帳とデータの両方が不可欠。しかし、手帳は由貴子がすでに手にしていた。そんな中、圭太は、瞳との生活を取り戻すために金を工面しようと帝東建設の竜二(渡部篤郎さん)を訪ねるが、良い返事をもらうどころか、由貴子が盗み出したデータに3億円の売り値をつけて取引に成功し、さらに手帳を使ってもう3億円を手に入れようとしていることを知る。後がなくなった圭太は、由貴子への宣戦布告ともいえる大胆な行動に出る。

第6話は6.4% “娘”山田杏奈の涙の演技、視聴者絶賛

 俳優の向井理さん主演の連続ドラマ「10の秘密」(カンテレ・フジテレビ系、火曜午後9時)の第6話が2月18日に放送され、平均視聴率は6.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。

 第6話は、手駒の一つだったはずの圭太(向井さん)に3億円を奪われた元妻の由貴子は金を取り戻そうと躍起になっていた。金の隠し場所を突き止めたい由貴子は、母親を求める瞳の気持ちを巧みに利用し、圭太への反撃を試みる。たとえ実の娘だろうと、手荒なまねも辞さない元妻の胸中を察した圭太は、これ以上、娘を危険にさらすわけにいかないと意を決する……という展開だった。

 同話では、圭太が瞳に「お前を誘拐したのはお母さんなんだ」と告げるシーンが登場。その場にいた由貴子が冷めた表情で瞳に「大嫌い。お母さんって呼ばれるの」「母親になれない女もいるの」と突き放した。すると瞳は「安心して。もう二度とお母さんとは呼ばない」と激怒。その場を去った瞳が大粒の涙を流す……という場面が描かれ、SNSには「メンタル、ボロボロになるわ」「瞳ちゃんと一緒に泣いた」「信頼していた親に裏切られ、グレないか心配」といった声が上がっていた。

 さらに、瞳を演じた山田さんの演技には「半端ない!」「お見事の一言に尽きる」「目の演技すごかった」といった感想も書き込まれていた。

第7話は6.0% “菜七子”仲里依紗の裏の顔に視聴者「怖え!」

 俳優の向井理さん主演の連続ドラマ「10の秘密」(カンテレ・フジテレビ系、火曜午後9時)の第7話が2月25日に放送され、平均視聴率は6.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。

 第7話は、圭太が隠していたはずの3億円がこつ然と消えた。由貴子が持っていったと考えた圭太は帝東建設の竜二(渡部篤郎さん)に接触。帝東建設の不正を露呈させ、社長の長沼(佐野史郎さん)の失脚を狙う竜二に手を貸すそぶりを見せ、由貴子の隠れ家を聞き出す。隠れ家にたどり着いた圭太だったが背後から何者かに襲われる。一方、翼(松村北斗さん)は10年前に火事が起きた別荘の建設プロジェクトに、竜二が関わっていたことを突き止める。翼から話を聞いた圭太は、10年前の真実を突き止め、さらに由貴子を捕まえるために竜二に迫るが……という展開だった。

 同話のラストでは、圭太の幼なじみの菜七子(仲里依紗さん)が、竜二とつながっていたという場面が描かれ、SNSには「菜七子信じていたのに…」「菜七子の裏の顔が!怖え!」「菜七子の秘密って…」「黒幕か?」「そそのかされただけで、裏切っていないのでは…」といった声が上がっていた。

10の秘密関西テレビ・フジテレビ系
2020年1月スタート 火曜午後9時放送