金魚姫 ニュース

「金魚姫」3月29日放送 志尊淳が“金魚の化身”と奇妙な同居生活 青山真治監督が演出、ヒロインは…

3月29日放送のNHK・BSプレミアムのドラマ「金魚姫」 (C)NHK
3月29日放送のNHK・BSプレミアムのドラマ「金魚姫」 (C)NHK

 直木賞作家・荻原浩さんの長編小説を実写化したNHK・BSプレミアムのドラマ「金魚姫」が3月29日午後9時から放送される。主演は志尊淳さんで、付き合っていた恋人にフラれ、仕事もうまくいかず、人生どん詰まり状態だったが、金魚の化身である謎の美女と出会うことで生きる意味を再び見いだす主人公の青年・江沢潤を演じる。演出を青山真治監督が手がけた。

 ドラマでは、実は金魚の化身で、潤に伝説の金魚・黒らんちゅうを一緒に探すよう命じるヒロイン・リュウ役を瀧本美織さん、潤とリュウの運命に影響を及ぼす潤の義父・長坂常次郎役を國村隼さんが務め、唐田えりかさん、中村優子さん、テイ龍進さん、大鷹明良さん、中尾ミエさんも出演する。

 仕事も恋もうまくいかない潤(志尊さん)は絶望したある夜、橋の欄干から身を乗り出そうとした。そのとき、不思議な祭りばやしを耳にする。吸い寄せられるように行き着いたのは、金魚すくいの屋台。そこで1匹の美しい金魚・琉金(りゅうきん)を手に入れ、家で飼うことに。実はそれは、金魚に身をやつした美女で、突然人間の姿に変わり潤の目の前に現れる。

 リュウ(瀧本さん)と呼ばれることになった彼女は、伝説の黒らんちゅうを探し求めており、潤に一緒に探すよう協力を求める。奇妙な同居生活を通して距離を縮めていく2人。そこに、母・真由美(仙道敦子さん)の再婚相手で義父の長坂(國村さん)の思惑が絡み合い、彼らの運命は思わぬ方向に進んでいく……。

志尊淳、“熱望していた”青山真治監督とタッグ 荻原浩「金魚姫」実写ドラマ化で主演

NHK・BSプレミアムのドラマ「金魚姫」で主演を務める志尊淳さん
NHK・BSプレミアムのドラマ「金魚姫」で主演を務める志尊淳さん

  俳優の志尊淳さんが、直木賞作家・荻原浩さんの同名小説を実写化したNHK・BSプレミアムのドラマ「金魚姫」で主演を務める。演出は青山真治監督で、志尊さんは、仕事も恋もうまくいかないが、金魚の化身である謎の美女と出会うことで生きる意味を再び見いだす主人公の青年・潤を演じる。

 志尊さんは「ずっとお仕事をさせていただきたいと熱望していた青山監督と作品を作れることが感無量です。そして『金魚姫』という素晴らしい原作。潤という人物。不条理の世界からの言葉が美しく、はかなく、突き刺さります。今は楽しみすぎる気持ちと怖すぎる気持ちが共存していますが、ただただこの貴重な時間の中でもがいて、足掻いて楽しんで(役を)生きます」とコメントしている。

 ドラマには、ヒロインである金魚の化身・リュウ役で女優の瀧本美織さん。潤とリュウの運命に影響を及ぼす潤の義父・長坂役で俳優の國村隼さんらも出演する。

 仕事も恋もうまくいかない主人公・潤(志尊さん)がある日、祭りの金魚すくいで手に入れた1匹の琉金(りゅうきん)。実は、金魚に身をやつした美女で、突然人間の姿に変わり潤の目の前に現れる。リュウ(瀧本さん)と呼ばれることになった美女は、伝説の黒らんちゅうを探し求めていて、潤に協力を求める。奇妙な同居生活を通して距離を縮めていく2人。そこに、潤の元カノ・亜結(唐田えりかさん)や、母・真由美(仙道敦子さん)の再婚相手で義父の長坂(國村さん)の思惑がからみあい、彼らの運命は思わぬ方向に進んでいく……というストーリー。2020年3月29日午後9時~同10時29分に放送される。