パパがも一度恋をした あらすじ

パパがも一度恋をしたあらすじ

 ドラマ「パパがも一度恋をした」は、「週刊ビッグコミックスピリッツ」(小学館)で連載された阿部潤さんの同名マンガが原作。映像化されるのは今回が初。2020年2月1日から東海テレビ・フジテレビ系「オトナの土ドラ」枠で放送される。俳優の小澤征悦さんが約6年ぶりの連ドラ主演を務める。小澤さんは、最愛の妻・多恵子を亡くした引きこもりニートのパパ・山下吾郎を演じる。また、多恵子役を本上まなみさん、多恵子の生まれ変わりの“おっさん多恵子”をお笑いコンビ「ドランクドラゴン」の塚地武雅さんが演じることも発表された。塚地さんは、役者として初の“ヒロイン”役に挑む。

 愛する妻が亡くなって以来、ショックで丸3年間引きこもり中の山下吾郎が主人公。娘・トモですら手を焼くダメパパ・吾郎のもとに突如現れた不審な中年男。その正体は、吾郎を心配するあまり、けなげにもおっさん姿になって生まれ変わってきてくれた妻・多恵子だった……というストーリー。「オトナの土ドラ」シリーズでは、24作目にして初のコメディー作品となる。

 小澤さん演じる吾郎は、元々商社マンで仕事もでき、家族のことをこよなく愛するパパだったが、3年前に最愛の妻・多恵子を亡くして以来、引きこもり生活を送っている。妻の死を受け止められておらず、墓参りもまだできていない……。

 塚地さん演じる“おっさん多恵子”は、3年前にこの世を去った多恵子が、中年おっさんになってよみがえった姿。吾郎がふらふらと車に身を投げ出した時、突如この世に舞い戻ったという設定。天然で優しく可愛らしい性格はおっさん姿になっても変わらず、料理の腕前も全く衰えていない。毛深いすね毛を気にして脱毛したりと、乙女ゴコロも忘れていない……。

 山下家の一人娘・山下トモ役を福本莉子さん、吾郎のいとこでトラブルメーカーの加藤英太役を塚本高史さん、山下家のペット的存在・山下タロスケ役を麿赤兒さんが演じることも発表された。

ドラマ「パパがも一度恋をした」のあらすじ

<ドラマ紹介>「パパがも一度恋をした」 小澤征悦が6年ぶり連ドラ主演 塚地武雅が初の“ヒロイン” 第1話あらすじ

小澤征悦さんの主演ドラマ「パパがも一度恋をした」の第1話の1シーン=東海テレビ提供
小澤征悦さんの主演ドラマ「パパがも一度恋をした」の第1話の1シーン=東海テレビ提供

 東海テレビ・フジテレビ系「オトナの土ドラ」枠で放送される俳優の小澤征悦さんの主演ドラマ「パパがも一度恋をした」(土曜午後11時40分)が、2月1日にスタートする。「オトナの土ドラ」シリーズ初となるコメディーで、小澤さんは約6年ぶりの連ドラ主演となる。小澤さん演じる、最愛の妻・多恵子を亡くし絶望したパパ、山下吾郎のもとに、おっさんの姿になった多恵子が帰ってきて……という展開。お笑いコンビ「ドランクドラゴン」の塚地武雅さんが、“おっさん多恵子”を演じ、初の“ヒロイン”役に挑む。

 ドラマは、マンガ誌「週刊ビッグコミックスピリッツ」(小学館)で阿部潤さんが連載していた同名マンガが原作。映像化されるのは今回が初めてとなる。愛する妻が亡くなって以来、ショックで丸3年間引きこもり中の山下吾郎が主人公。娘のトモですら手を焼くダメパパ吾郎のもとに突然現れた不審な中年男。その正体は、吾郎を心配するあまり、けなげにもおっさん姿になって生まれ変わってきてくれた妻・多恵子だった……というストーリー。

 第1話は、3年前に最愛の妻・多恵子(本上まなみさん)を亡くした山下吾郎(小澤さん)はショックを引きずり、自分の部屋に引きこもり続けている。一人娘のトモ(福本莉子)は心配していた。そんなある日、2人の前に“多恵子”だと名乗る全裸のおっさん(塚地さん)が現れる。「そんな訳あるか!」と認めない吾郎とトモだったが、吾郎の父・タロスケ(麿赤兒さん)まで「多恵子さんが生き返ったんじゃ!」と騒ぎ出す始末。

 そんな中、多恵子の父・十郎(山田明郷さん)が吾郎の家にやってくる。この3年、ろくに働きもせず、家事もトモ任せの吾郎に堪忍袋の緒が切れたのだった。元プロレスラーの十郎から「1週間以内に再就職して見せろ。さもなければトモはうちで引き取る!」と言われ、トモまで失うわけにはいかないと、いとこのトカレフ(塚本高史さん)を巻き込んで就職活動を始める吾郎だったが、おっさんは吾郎をつけ回しており……という展開となる。

=東海テレビ提供
=東海テレビ提供

第2話のあらすじ 小澤征悦、“ヒロイン”塚地武雅を愛せるか? “トモ”福本莉子、一抹の寂しさを感じ…

小澤征悦さんの主演ドラマ「パパがも一度恋をした」の第2話の1シーン=東海テレビ提供
小澤征悦さんの主演ドラマ「パパがも一度恋をした」の第2話の1シーン=東海テレビ提供

 東海テレビ・フジテレビ系「オトナの土ドラ」枠で放送される俳優の小澤征悦さん主演ドラマ「パパがも一度恋をした」(土曜午後11時40分)第2話が2月8日に放送される。死んだはずの妻・多恵子(本上まなみさん)がおっさん(塚地武雅さん)の姿で生き返り、戸惑うばかりの夫・吾郎(小澤さん)。見た目はおっさんでも、仕草や料理の味は、最愛の妻のもの。そんなおっさんを、自分は愛せるのか。

 もだえ苦しむ吾郎に、破天荒な従兄弟のトカレフ(塚本高史さん)がとんでもない助言をする。

 娘のトモ(福本莉子さん)はおっさんがママだなんて受け入れられるはずもなかった。一抹の寂しさも感じる。おっさんが家に来て以来、家事などをおっさんが全部やってくれる。それ自体はありがたいものの、それまで3年間、家族のために自分がやってきたことを取られたような気持になっていた。自分なんて、この家に必要ないんじゃないかと思い悩む。そんなトモの様子におっさんが気付くが……。

第3話のあらすじ “ヒロイン”塚地武雅、故郷へ帰るが…

小澤征悦さんの主演ドラマ「パパがも一度恋をした」の第3話の1シーン=東海テレビ提供
小澤征悦さんの主演ドラマ「パパがも一度恋をした」の第3話の1シーン=東海テレビ提供

 東海テレビ・フジテレビ系「オトナの土ドラ」枠で放送される俳優の小澤征悦さん主演ドラマ「パパがも一度恋をした」(土曜午後11時40分)第3話が2月15日に放送される。山下吾郎(小澤さん)とトモ(福本莉子さん)は、おっさん姿の多恵子、通称おっさん多恵子(塚地武雅さん)にようやく慣れ始める。そんな中、多恵子(本上まなみさん)の父、十郎(山田明郷さん)が突然、家にやってきて……。

 謎のおっさんと暮らす吾郎に怒りを爆発させる十郎。昭和のプロレスラーらしく吾郎をコブラツイストで締め上げるが、吾郎は、おっさんが生き返った多恵子であることを叫んでしまい……。十郎に拒絶され、意気消沈のおっさん多恵子。そんな様子を見ていた吾郎は、「十郎の家に行く!」と強引におっさん多恵子を連れ出してしまう。トモは、その様子に不安を覚える。

 一方、破天荒ないとこのトカレフ(塚本高史さん)は、吾郎の無鉄砲さを面白がって田舎までついてきてしまう。だが、当然、十郎は吾郎たちを受け入れず……。

第4話のあらすじ 橋本マナミがゲスト “ヒロイン”塚地武雅、子供を預かることになり…

小澤征悦さんの主演ドラマ「パパがも一度恋をした」の第4話の1シーン=東海テレビ提供
小澤征悦さんの主演ドラマ「パパがも一度恋をした」の第4話の1シーン=東海テレビ提供

 東海テレビ・フジテレビ系「オトナの土ドラ」枠で放送される俳優の小澤征悦さん主演ドラマ「パパがも一度恋をした」(土曜午後11時40分)第4話が2月22日に放送される。

 おっさん多恵子(塚地武雅さん)を、帰ってきた妻・多恵子(本上まなみさん)としてすっかり受け入れた吾郎(小澤さん)。娘のトモ(福本莉子さん)と共に夕食を作るおっさん多恵子にウットリとほうけるが、トモが未だに「おじさん」と呼んでいることにはモヤモヤが募るばかり。

 ある日、タロスケ(麿赤兒さん)が浅草で焼鳥屋を営むいとこ・菊三(大久保鷹さん)の孫・片瀬りの(粟野咲莉ちゃん)を連れてきた。りのの母でシングルマザーのナナ(橋本マナミさん)が海外出張の間、りのを山下家で預かることにしたというのだ。

 「トモおねえちゃんは、何でたえこさんをママって呼ばないの? 中身はママなんでしょ?」というりのの言葉にヒントを得た吾郎。トモにおっさん多恵子をママと呼ばせるため、おっさん多恵子の見た目を変身させる作戦に出た。山下家は、りのの突然のいたずらで大騒動に。りのの心にナナとの親子関係の影が射していると知った吾郎は……。

第5話のあらすじ “多恵子”本上まなみのそっくりさん現る!? “ヒロイン”塚地武雅、不倫疑惑!?

小澤征悦さんの主演ドラマ「パパがも一度恋をした」の第5話の1シーン=東海テレビ提供
小澤征悦さんの主演ドラマ「パパがも一度恋をした」の第5話の1シーン=東海テレビ提供

 東海テレビ・フジテレビ系「オトナの土ドラ」枠で放送される俳優の小澤征悦さん主演ドラマ「パパがも一度恋をした」(土曜午後11時40分)第5話が2月29日に放送される。

 吾郎(小澤さん)が道ですれ違った女性は、多恵子(本上まなみさん)にうり二つ。実は、トモ(福本莉子さん)のクラスの臨時担任・佐々木ミク(本上まなみさん)だった。そんな中、ミクが突然山下家を訪問してくる。おっさん多恵子(塚地武雅さん)も動揺を隠せない中、吾郎はミクの話を聞くうちに生前の美しかった時の多恵子を想い出し、涙があふれる。

 翌日、吾郎は「多恵子に会いたい」と、トモの学校に行ってしまう。不審者と間違われ取り囲まれた吾郎をミクが助け出す。そんなミクに、多恵子とのなれそめを話す吾郎だったが、次第に興奮してミクと多恵子を混同。おっさん多恵子にも不倫疑惑が!?

第6話のあらすじ “ヒロイン”塚地武雅、親友と再会

小澤征悦さんの主演ドラマ「パパがも一度恋をした」の第6話の1シーン=東海テレビ提供
小澤征悦さんの主演ドラマ「パパがも一度恋をした」の第6話の1シーン=東海テレビ提供

 東海テレビ・フジテレビ系「オトナの土ドラ」枠で放送される俳優の小澤征悦さん主演ドラマ「パパがも一度恋をした」(土曜午後11時40分)の第6話が3月7日に放送される。

 多恵子(本上まなみさん)の実家から、タイムカプセルに入っていた中学時代の多恵子の写真と手紙が送られてきた。吾郎(小澤さん)は、制服姿の多恵子の可愛さに瞬殺される。その手紙をトモ(福本莉子さん)が読むと、写真に一緒に写っていた親友のえみこ(紺野まひるさん)との友情について書かれていた。

 懐かしむおっさん多恵子(塚地武雅さん)に、もう一度、えみこと会わせてあげたいと思った吾郎。えみこは既に離婚し、実家を出て、今は東京で働いているという情報をもとにトカレフ(塚本高史さん)に行方を捜してもらう。

 後日、トカレフが開いた合コンに現れたえみこに、吾郎はおっさん多恵子のことを親戚のガンスケと紹介した。えみことの再会にうれしさをかみ締めているおっさん多恵子。吾郎はえみこに、ガンスケが多恵子だと分かるように一計を案じるが……。

 そんな中、えみこを付け狙うストーカー(矢野聖人さん)が現れる。一方、トモは山下家のキッチンに貼られたカレンダーのとある日付に書かれている丸印を発見し……。

第7話のあらすじ “ヒロイン”塚地武雅、あと8日で天国へ?

小澤征悦さんの主演ドラマ「パパがも一度恋をした」の第7話のワンシーン=東海テレビ提供
小澤征悦さんの主演ドラマ「パパがも一度恋をした」の第7話のワンシーン=東海テレビ提供

 東海テレビ・フジテレビ系「オトナの土ドラ」枠で放送される俳優の小澤征悦さん主演ドラマ「パパがも一度恋をした」(土曜午後11時40分)の第7話が3月14日に放送される。

 多恵子(本上まなみさん)があと8日で天国に帰らなければいけない!? 突然の告白に衝撃を受ける吾郎(小澤さん)とトモ(福本莉子さん)。おっさん多恵子(塚地武雅さん)は、多恵子の死後、落ち込んでいた吾郎に元気を取り戻してもらうために天国の神様に頼んでここにやってきたという経緯を皆に話す。

 そんな中、トカレフ(塚本高史さん)から「好きな子ができた」と協力を求められる2人。吾郎は「それどころではない」と拒否し、部屋に引きこもってしまう。仕方なくおっさん多恵子がついていくと、トカレフの恋のお相手は、おっさん多恵子のパート先の同僚、姫乃樹ティアラ(綾乃彩さん)だった。

 トカレフは周囲から促され、意を決して思いを伝えようとするが撃沈。ショックで橋から飛び降りようとしたところを、傷心で家を飛び出した吾郎に助けられる。トカレフは吾郎に、「吾郎と多恵子が憧れの夫婦だった」と告白。おっさん多恵子がこの世にいるうちに、ティアラと吾郎と多恵子のような最高の2人になりたかったと話し……。

最終回のあらすじ “ヒロイン”塚地武雅、再び天国へ

小澤征悦さんの主演ドラマ「パパがも一度恋をした」の最終回のワンシーン=東海テレビ提供
小澤征悦さんの主演ドラマ「パパがも一度恋をした」の最終回のワンシーン=東海テレビ提供

 俳優の小澤征悦さん主演のドラマ「パパがも一度恋をした」(東海テレビ・フジテレビ系、土曜午後11時40分)の最終回が3月21日に放送される。おっさん多恵子(塚地武雅さん)の中にいる多恵子(本上まなみさん)が天国へ戻るまであとわずか。突然、おっさん多恵子が警察に追われる。実は、おっさん多恵子の外身は詐欺容疑で指名手配中の川上辰夫(塚地さん・二役)という実在の男だった。警察を振り切り何とか山下家へ戻った吾郎(小澤さん)とおっさん多恵子。すると、ふいに辰夫の人格が現れて……。

 ただでさえ時間がない中、問題山積の山下家。しかし吾郎は、急にハローワークへ通い始める。ママとの時間を大切にしてほしいトモ(福本莉子さん)は吾郎を責めるが、おっさん多恵子はいつもと変わらぬ生活を送る。二人の意図が分からないトモ。

 そんな中、吾郎はやっと見付けた工事現場の交通整理の仕事中に、ヤクザが辰夫の娘のことを話しているのを聞いてしまう。警察の目をかいくぐり、辰夫の娘・ユカリ(阿部純子さん)に会いに行く吾郎とおっさん多恵子。しかし、ユカリはやくざ稼業だった父に憎しみに近い感情を抱いていて……。

パパがも一度恋をした東海テレビ・フジテレビ系「オトナの土ドラ」枠
2020年2月1日午後11時40分スタート。全8回。