僕だけが17歳の世界で ニュース

<SNS反響>佐野勇斗&飯豊まりえ主演ドラマに「泣きすぎてやばい」 ネットで話題に

連続ドラマ「僕だけが17歳の世界で」初回の場面写真=AbemaTV提供
連続ドラマ「僕だけが17歳の世界で」初回の場面写真=AbemaTV提供

 ボーカル・ダンスユニット「M!LK(ミルク)」の佐野勇斗さん、女優の飯豊まりえさんダブル主演の連続ドラマ「僕だけが17歳の世界で」の第1話が、2月20日からインターネットテレビ局「AbemaTV(アベマティーヴィー)」で配信。佐野さん扮(ふん)する高校生の染谷航太と飯豊さん演じる航太の幼なじみの今野芽衣のもどかしい恋愛模様が描かれ、SNSなどには「1話から泣きすぎてやばい!」「こんな恋愛ドラマ初めてみた」「毎週見るの決定」という声が上がっていた。

 初回は、不倫で職場をクビになってしまった芽衣がその夜、地元で季節外れの桜が咲いたというニュースを目にする。桜の木は、“花が咲いている間に告白して結ばれたカップルはずっと一緒にいられる”というジンクスがあり、芽衣にとって思い出の場所。17歳の高校時代、幼なじみの航太は、桜の木の下で芽衣に思いを伝えようと呼び出したが、伝えられずこの世を去ってしまった……という展開だった。 

<特集>佐野勇斗&飯豊まりえの恋物語 元フジテレビ月9ドラマP語る狙い「10代にドラマ体験を」

連続ドラマ「僕だけが17歳の世界で」のワンシーン=AbemaTV提供
連続ドラマ「僕だけが17歳の世界で」のワンシーン=AbemaTV提供

 ボーカル・ダンスユニット「M!LK(ミルク)」の佐野勇斗さんと、女優の飯豊まりえさんがダブル主演を務める連続ドラマ「僕だけが17歳の世界で」が、2月20日からインターネットテレビ局「AbemaTV(アベマティーヴィー)」で配信される。ドラマは10代をターゲットにした“ファンタジー・ラブロマンス”で、「恋仲」「好きな人がいること」「グッド・ドクター」(いずれもフジテレビ系)などを手がけた元フジテレビの藤野良太さんがプロデューサーを務めている。「スターが生まれるのはラブストーリーしかない」と話す藤野さんに、今作への意気込みを聞いた。

 ◇「フィクションでしか味わえないものがある」

 ドラマはオリジナルストーリーで、佐野さん扮(ふん)する高校2年生の染谷航太と飯豊さん演じる、航太の幼なじみの今野芽衣が互いに好意を抱いていることに気付くも想いを伝えることなく航太が17歳で亡くなってしまう。7年後、24歳になった芽衣は、真冬に季節外れの桜が咲いたことを知り、7年ぶりにふるさとに戻り、美しく咲き誇る満開の桜を訪れる。そこには死んだはずの“あの日”の航太がいた……という展開。

 今回の企画誕生の背景について、「(昨年6月に)フジテレビを退社して、一番最初に連絡をくださったのがAbemaTVさんで。AbemaTVは『72時間ホンネテレビ』からインパクトの強い番組を次々と制作されているイメージでした。さらに日本で一番若年層が熱狂しているプラットフォームだと思っていたので、そこでコンテンツを制作することに魅力を感じ、参画させていただくことになりました」と話した藤野さん。

 今作を「いま、会いにゆきます」の“高校生版”と表現する藤野さんによると、ターゲットは10代だという。「今の10代って、YouTubeなどを楽しんでいて、あまりドラマ体験をしていないのではないかと思っていました。今の時代、(AbemaTVの人気恋愛リアリティーショー)『オオカミちゃんには騙(だま)されない』や、『今日、好きになりました。』を見てキュンキュンするし、憧れはいくらでも手に入れられる。でも、物語の高揚感、フィクションでしか味わえないものがあると思うので、この作品でドラマ体験をしてもらえたら」と思いを話す。また、「ブームや文化みたいなものって、下の世代から波及してくるものだと思う。日本のドラマ文化をつなぐためにもAbemaTVで10代に向けてドラマをつくることにとても意味がある」と続ける。

 ◇佐野勇斗に一目ぼれ

 藤野さんが手がけた「グッド・ドクター」(2018年放送)に主演を務めた山崎賢人さんが、「東京ガールズコレクション」に出演した際、佐野さんを紹介してもらったという藤野さん。「佐野勇斗くんは、彼が『砂の党』というドラマに出演していた時、登場シーンで心奪われました。『誰だこれ!?』って。それこそワンカットで“一目ぼれ”したのは山崎賢人くん以来だったですね。AbemaTVから新しいスターを生み出したいというときに、20代前半(の俳優)で一緒に作品を作りたいなとまず思ったのが佐野勇斗くんだった」と振り返る。

 佐野さんの魅力について、「太陽みたいな人ですよね。いつの間にか場の中心にいて、人のことを暖かくすることができる。それも自然に。画面を通すとすごい華がありますしね。佐野くんにも宣言していますが、このドラマを通して佐野勇斗が“発見”されて、さらにブレークしてくれたらと思ってます。令和の新しいスターになってもらわないと(笑い)!」と力を込める。

 ◇佐野勇斗の魅力は「チャーミングさ」と「せつなさ」

 「M!LK(ミルク)」としても活動する佐野さんの魅力について、「天性のチャーミングさ」と、「せつなさ」の二つをあげた藤野さん。「あれだけ華がありながら、親しみやすいですよね。可愛げがある。飯豊さんはじめみんなにいじられてますしね(笑い)。佐野くんが持つ天性のチャーミングさを今回の作品では引き出したいなと思ってます。あと、一方で切なさを感じさせる影も持ち合わせている。航太はこの瞬間の佐野勇斗の魅力を全部詰め込んだキャラクターになってると思います」と狙いを明かす。

 「スターが生まれるのって、ラブストーリーしかないと思ってます。お客さんが求めるものが細分化しちゃっている傾向にあるから、領域を超えたスターっていま登場しにくい。佐野くんにはぜひそうなってほしい。そのためにもこの作品が羽ばたくきっかけとなれば」と話す。

 最後に視聴者に向けて、「人生100年時代と言われていて、明日も同じような毎日がくるといまの10代は思っているのではないかなと(笑い)。でも人生っていつ何時、何が起こるかわからない。だから月並みですが、毎日を大切に生きようということが伝わったらいいなと思います」と呼びかけた。

 ファンタジー・ラブロマンスドラマ「僕だけが17歳の世界で」は、2月20日午後11時から配信される。全8話。

AbemaTV提供
AbemaTV提供
AbemaTV提供
AbemaTV提供
AbemaTV提供
AbemaTV提供
AbemaTV提供
AbemaTV提供
AbemaTV提供
AbemaTV提供
AbemaTV提供
AbemaTV提供
AbemaTV提供
AbemaTV提供
ドラマ「僕だけが17歳の世界で」を手がける藤野良太プロデューサー
ドラマ「僕だけが17歳の世界で」を手がける藤野良太プロデューサー

<ドラマ紹介>「僕だけが17歳の世界で」 佐野勇斗&飯豊まりえのファンタジー・ラブロマンス 第1話あらすじも

連続ドラマ「僕だけが17歳の世界で」初回の場面写真=AbemaTV提供
連続ドラマ「僕だけが17歳の世界で」初回の場面写真=AbemaTV提供

 ボーカル・ダンスユニット「M!LK(ミルク)」の佐野勇斗さん、女優の飯豊まりえさんダブル主演の連続ドラマ「僕だけが17歳の世界で」が、2月20日午後11時からインターネットテレビ局「AbemaTV(アベマティーヴィー)」で配信される。

 オリジナルストーリーのファンタジー・ラブロマンス。佐野さん扮(ふん)する高校生の染谷航太と飯豊さん演じる航太の幼なじみの今野芽衣は互いに好意を抱いていることに気付くも、思いを伝えることはなく、航太は17歳で亡くなる。

 7年後、24歳になった芽衣は、真冬に季節外れの桜が咲いたことを知り、7年ぶりに帰郷。美しく咲き誇る満開の桜を訪ねる。そこには死んだはずの“あの日”の航太がいた……。

 結木滉星さんが航太の親友の石川伊織、大友花恋さんが芽衣の親友の野田はるか、渡辺佑太朗さんが航太と芽衣の同級生の吉村亮平を演じるほか、浜野謙太さん、YOSHIさん、古田愛理さん、袴田吉彦さん、石田ひかりさんらも出演する。

結木滉星、「僕だけが17歳の世界で」に出演 「甘酸っぱくて心にグサッとくる!」

連続ドラマ「僕だけが17歳の世界で」に出演する結木滉星さん(C)AbemaTV
連続ドラマ「僕だけが17歳の世界で」に出演する結木滉星さん(C)AbemaTV

 今年2月まで放送された特撮ドラマ「快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー」で朝加圭一郎(パトレン1号)を演じた俳優の結木滉星さんが、ボーカル・ダンスユニット「M!LK(ミルク)」の佐野勇斗さんと女優の飯豊まりえさんがダブル主演するインターネットテレビ局「AbemaTV(アベマティーヴィー)」の連続ドラマ「僕だけが17歳の世界で」に出演する。

 本作で結木さんは、航太の親友で、頭も容姿もよく周囲からの憧れの存在である石川伊織を演じる。伊織は、高校3年生の時に起きたとある出来事をきっかけに、芽衣たち幼なじみメンバーとは疎遠になってしまう……。

 本作への出演について、結木さんは「昔から“THE青春もの”な作品が大好きだったので、出演が決まった時は素直にうれしかったです。脚本を読んだ感想としては、面白い! 甘酸っぱくて心にグサッとくる! とにかく早く演じたいと思いました」とコメントしている。

 ◇結木滉星さんのコメント

 今回、石川伊織役を演じさせていただきます結木滉星です。昔から“THE青春もの”な作品が大好きだったので、出演が決まった時は素直にうれしかったです。脚本を読んだ感想としては、面白い! 甘酸っぱくて心にグサッとくる! とにかく早く演じたいと思いました。

 伊織はこのドラマにおいてキーパーソンになる重要な役柄なので、しっかりと準備して臨みたいと思います。ただ作りすぎずに自然に演じていきたいとも考えています。また、伊織にとっていろいろな感情が生まれる「航太に対する想い」というところを大切にしていきたいです。

 ――今の自分だからこそ言える17歳の自分へのメッセージを。

 二十歳を超えると本当に1年があっという間です。今を全力で楽しんでください。悔いのないように今を生きてください。

 ――視聴者に向けて見どころ、メッセージを。

 キュンとする甘酸っぱい恋愛はもちろん、大人になった今、僕たちは自分に正直に生きているのか僕自身台本を読んでとても考えさせられました。航太の真っすぐな言葉、行動が、24歳になった芽衣や伊織たちにどう影響を与えるか注目して見ていただきたいです。

佐野勇斗、飯豊まりえとファンタジーラブロマンス「僕だけが17歳の世界で」にダブル主演 高校生役に AbemaTVで

佐野勇斗さんと飯豊まりえさんがダブル主演を務める「僕だけが17歳の世界で」のキービジュアル(C)AbemaTV
佐野勇斗さんと飯豊まりえさんがダブル主演を務める「僕だけが17歳の世界で」のキービジュアル(C)AbemaTV

 ボーカル・ダンスユニット「M!LK(ミルク)」の佐野勇斗さんと女優の飯豊まりえさんが、2020年2月20日からインターネットテレビ局「AbemaTV(アベマティーヴィー)」で放送される連続ドラマ「僕だけが17歳の世界で」でダブル主演を務める。佐野さんと飯豊さんの共演は初めて。

 ドラマはオリジナルストーリーで、佐野さん扮(ふん)する高校3年生の染谷航太と飯豊さん演じる、航太の幼なじみの芽衣が互いに好意を抱いていることに気付くも、思いを伝えることなく航太が亡くなってしまう。7年後、24歳になった芽衣は、真冬に季節外れの桜が咲いたことを知り、7年ぶりにふるさとに戻り、美しく咲き誇る満開の桜を訪れる。そこには死んだはずの“あの日”の航太がいた……という展開で、2人の恋愛を描く“ファンタジー・ラブロマンス”。プロデューサーは「恋仲」「好きな人がいること」「グッド・ドクター」(いずれもフジテレビ系)などの藤野良太さんが務める。全8話。

(C)AbemaTV
(C)AbemaTV
(C)AbemaTV
(C)AbemaTV

僕だけが17歳の世界でAbemaTV(アベマティーヴィー)
2020年2月20日午後11時から配信。