僕だけが17歳の世界で あらすじ

僕だけが17歳の世界であらすじ

 ドラマは「僕だけが17歳の世界で」は、2020年2月20日からインターネットテレビ局「AbemaTV(アベマティーヴィー)」で放送される連続ドラマ。ボーカル・ダンスユニット「M!LK(ミルク)」の佐野勇斗さんと女優の飯豊まりえさんがダブル主演を務める。佐野さんと飯豊さんの共演は初めて。

 ドラマはオリジナルストーリーで、佐野さん扮(ふん)する高校3年生の染谷航太と飯豊さん演じる、航太の幼なじみの芽衣が互いに好意を抱いていることに気付くも、思いを伝えることなく航太が亡くなってしまう。7年後、24歳になった芽衣は、真冬に季節外れの桜が咲いたことを知り、7年ぶりにふるさとに戻り、美しく咲き誇る満開の桜を訪れる。そこには死んだはずの“あの日”の航太がいた……という展開で、2人の恋愛を描く“ファンタジー・ラブロマンス”。プロデューサーは「恋仲」「好きな人がいること」「グッド・ドクター」(いずれもフジテレビ系)などの藤野良太さんが務める。全8話。

ドラマ「僕だけが17歳の世界で」のあらすじ

僕だけが17歳の世界でAbemaTV(アベマティーヴィー)
2020年2月20日午後11時から配信。