僕だけが17歳の世界で あらすじ

僕だけが17歳の世界であらすじ

 ドラマは「僕だけが17歳の世界で」は、2020年2月20日からインターネットテレビ局「AbemaTV(アベマティーヴィー)」で放送される連続ドラマ。ボーカル・ダンスユニット「M!LK(ミルク)」の佐野勇斗さんと女優の飯豊まりえさんがダブル主演を務める。佐野さんと飯豊さんの共演は初めて。

 ドラマはオリジナルストーリーで、佐野さん扮(ふん)する高校3年生の染谷航太と飯豊さん演じる、航太の幼なじみの芽衣が互いに好意を抱いていることに気付くも、思いを伝えることなく航太が亡くなってしまう。7年後、24歳になった芽衣は、真冬に季節外れの桜が咲いたことを知り、7年ぶりにふるさとに戻り、美しく咲き誇る満開の桜を訪れる。そこには死んだはずの“あの日”の航太がいた……という展開で、2人の恋愛を描く“ファンタジー・ラブロマンス”。プロデューサーは「恋仲」「好きな人がいること」「グッド・ドクター」(いずれもフジテレビ系)などの藤野良太さんが務める。全8話。

ドラマ「僕だけが17歳の世界で」のあらすじ

<ドラマ紹介>「僕だけが17歳の世界で」 佐野勇斗&飯豊まりえのファンタジー・ラブロマンス 第1話あらすじも

連続ドラマ「僕だけが17歳の世界で」初回の場面写真=AbemaTV提供
連続ドラマ「僕だけが17歳の世界で」初回の場面写真=AbemaTV提供

 ボーカル・ダンスユニット「M!LK(ミルク)」の佐野勇斗さん、女優の飯豊まりえさんダブル主演の連続ドラマ「僕だけが17歳の世界で」が、2月20日午後11時からインターネットテレビ局「AbemaTV(アベマティーヴィー)」で配信される。

 オリジナルストーリーのファンタジー・ラブロマンス。佐野さん扮(ふん)する高校生の染谷航太と飯豊さん演じる航太の幼なじみの今野芽衣は互いに好意を抱いていることに気付くも、思いを伝えることはなく、航太は17歳で亡くなる。

 7年後、24歳になった芽衣は、真冬に季節外れの桜が咲いたことを知り、7年ぶりに帰郷。美しく咲き誇る満開の桜を訪ねる。そこには死んだはずの“あの日”の航太がいた……。

 結木滉星さんが航太の親友の石川伊織、大友花恋さんが芽衣の親友の野田はるか、渡辺佑太朗さんが航太と芽衣の同級生の吉村亮平を演じるほか、浜野謙太さん、YOSHIさん、古田愛理さん、袴田吉彦さん、石田ひかりさんらも出演する。

第2話のあらすじ 飯豊まりえが再び桜の丘へ 見覚えのある姿を発見するが…

連続ドラマ「僕だけが17歳の世界で」第2話の場面写真=AbemaTV提供
連続ドラマ「僕だけが17歳の世界で」第2話の場面写真=AbemaTV提供

 ボーカル・ダンスユニット「M!LK(ミルク)」の佐野勇斗さん、女優の飯豊まりえさんダブル主演の連続ドラマ「僕だけが17歳の世界で」第2話が、2月27日からインターネットテレビ局「AbemaTV」で配信される。満開の桜の丘に現れたのは、7年前にこの世を去ったはずの航太(佐野さん)だった。驚いた芽衣(飯豊さん)は思わずその場から逃げ出し、亮平(渡辺佑太朗さん)に報告する。

 その場にはるか(大友花恋さん)も現れ、航太が走っている姿を見かけたという。もう一度航太に会いたいと思った芽衣は再び桜の丘を訪れるが、いない。神社で「もう一度航太に会わせて」と手を合わせると、そこに見覚えのある姿を発見する……。

第3話のあらすじ 佐野勇斗、飯豊まりえの不倫にショック この世界に戻ってきた理由を考え…

連続ドラマ「僕だけが17歳の世界で」第3話の場面写真=AbemaTV提供
連続ドラマ「僕だけが17歳の世界で」第3話の場面写真=AbemaTV提供

 ボーカル・ダンスユニット「M!LK(ミルク)」の佐野勇斗さんと女優の飯豊まりえさんダブル主演の連続ドラマ「僕だけが17歳の世界で」第3話が、3月5日からインターネットテレビ局「AbemaTV」で配信される。今野芽衣(飯豊さん)が職場で不倫していたことを知り、ショックを受けた染谷航太(佐野さん)。神藤直輝(YOSHIさん)に諭されるも、7年の歳月にいらだちを隠せない。

 不倫を野田はるか(大友花恋さん)に打ち明けた芽衣は、東京に戻ることを決める。一方、7年前に航太がいなくなり、ふさぎ込んだという芽衣の様子を吉村亮平(渡辺佑太朗さん)から聞いた航太は、やりきれない気持ちになる。そんな中、神主の神藤大輝(浜野謙太さん)の「この世に偶然なんて存在しないんだ。取るに足らない出来事にも必ず意味がある。それが運命というものだ」という言葉を聞き、自分がこの世界に戻ってきた理由を考えた航太は……。

第4話のあらすじ 佐野勇斗、母を訪ねて東京へ… 飯豊まりえは地元滞在を決意し

連続ドラマ「僕だけが17歳の世界で」第4話の場面写真=AbemaTV提供
連続ドラマ「僕だけが17歳の世界で」第4話の場面写真=AbemaTV提供

 ボーカル・ダンスユニット「M!LK(ミルク)」の佐野勇斗さんと女優の飯豊まりえさんダブル主演の連続ドラマ「僕だけが17歳の世界で」第4話が、3月12日からインターネットテレビ局「AbemaTV」で配信される。神社で働く航太(佐野さん)を訪ねた芽衣(飯豊さん)は、しばらく東京に戻らないことを告げる。

 はるか(大友花恋さん)は「俺が航太を殺した」という伊織(結木滉星さん)の言葉が気になっていた。行方がわからなかった母・志乃(石田ひかりさん)が気がかりだった航太は、神社に集まった桜の署名帳の中から偶然母の名前と現在の住所を見つけ、東京に向かう。しかし、そこでは……。

第5、6話のあらすじ “伊織”結木滉星が7年前を語る “航太”佐野勇斗の事故の真実とは?

連続ドラマ「僕だけが17歳の世界で」第5話、第6話の場面写真=AbemaTV提供
連続ドラマ「僕だけが17歳の世界で」第5話、第6話の場面写真=AbemaTV提供

 ボーカル・ダンスユニット「M!LK(ミルク)」の佐野勇斗さんと女優の飯豊まりえさんダブル主演の連続ドラマ「僕だけが17歳の世界で」第5話と第6話が、2話一挙放送スペシャルとして、3月19日からインターネットテレビ局「AbemaTV」で配信される。伊織(結木滉星さん)と再会した芽衣(飯豊まりえさん)は、航太(佐野勇斗さん)との鍋パーティーに誘うが、結局姿を現さなかった。はるか(大友花恋さん)は、7年前に航太が事故に遭った日、伊織が航太を待ち伏せしていたこと、「航太は俺が殺した」と言っていたことを、芽衣に告げる。

 そんな中、伊織は神社で航太の姿を目にし、あぜんとする。7年ぶりの再会を果たした2人だが、航太は事故当時のことをまったく覚えていなかった。「お前らに、ずっと黙っていたことがある」と皆を集めた伊織が、7年前の”あの日"の真実を語る。

僕だけが17歳の世界でAbemaTV(アベマティーヴィー)
2020年2月20日午後11時から配信。