伝説のお母さん キャスト

伝説のお母さんキャスト

前田敦子、第1子出産後初のドラマ主演 家事と育児と冒険に奮闘する母親役

NHKの連続ドラマ「伝説のお母さん」で主演を務める前田敦子さん
NHKの連続ドラマ「伝説のお母さん」で主演を務める前田敦子さん

 女優の前田敦子さんが、NHK「よるドラ」(総合、土曜午後11時半)の第5弾として2020年2月1日にスタートする連続ドラマ「伝説のお母さん」に主演する。前田さんは今年3月の第1子出産後、初のドラマ主演で、家事に育児に冒険に奮闘する母親役に挑戦する。

 前田さんは「魔法が使える役は初めてです!」と笑顔でコメント。「こんな非現実的な設定の中で、今、現実に起きている社会問題を扱っていて、小さなお子さんがいるお母さんたちの代弁をしつつ、前向きにコミカルに描かれているのがすてきだなと思いました。幸せな毎日の中で、育児とお仕事の両立は大変だということを体感しているので、メイの奮闘ぶりは人ごとだとは思えません。今だからこそ挑戦したいです。皆さんにもぜひ楽しみにしていただければうれしいです!」と話している。

杉浦太陽、愛妻家で子煩悩な“派遣勇者”に

NHKの連続ドラマ「伝説のお母さん」で勇者派遣会社所属の派遣勇者タカギを演じる杉浦太陽さん (C)NHK
NHKの連続ドラマ「伝説のお母さん」で勇者派遣会社所属の派遣勇者タカギを演じる杉浦太陽さん (C)NHK

  俳優の杉浦太陽さんが、女優の前田敦子さん主演の連続ドラマ「伝説のお母さん」(NHK総合、土曜午後11時半)に出演することが2月3日、分かった。勇者派遣会社所属の派遣勇者タカギを演じ、2月22日放送予定の第4回に登場する。

 タカギは愛妻家で、子煩悩だが、勇者としての実力は未知数というキャラクター。RPG好きの杉浦さんは、「昔から勇者をやってみたかった」といい、「お話をいただき適役かなあと自分でも思いました。少ししか登場しませんが、それがまた味として面白かったです! ステキな役柄をありがとうございました!」とコメントしている。

(C)NHK
(C)NHK

大塚明夫が僧侶・クウカイの父役

NHKの連続ドラマ「伝説のお母さん」でクウカイの父・アキラを演じる大塚明夫さん (C)NHK
NHKの連続ドラマ「伝説のお母さん」でクウカイの父・アキラを演じる大塚明夫さん (C)NHK

 声優の大塚明夫さんが、女優の前田敦子さん主演のNHK連続ドラマ「伝説のお母さん」(総合、土曜午後11時半)に出演することが2月10日、分かった。僧侶・クウカイ(前原瑞樹さん)の父・アキラを演じる。またクウカイの母・アツコ役で仙道敦子さん、主人公の“伝説の魔法使い”メイ(前田さん)の後輩魔法使い・メルル役で林田岬優さんの出演も発表された。

 大塚さん演じるアキラは生真面目な性格で、代々続く僧侶の家柄を大切に守ってきた。ダンボールの中など狭いところが大好き……というキャラクター。大塚さんは「真冬の撮影でしたので祈祷のシーンがかなりハードでした(苦笑い)。無事に我が息子が幸せな家庭を築きますことを、父親としても、一視聴者としても願っております」と話している。

 また、仙道さんは「この度、クウカイ君のお母さんを演じさせていただきました。ゲームの世界と現実の世界が交ざっている不思議な世界観ですが、内容はとてもリアル! 独特な世界観に参加できて少しでしたが楽しかったです。世の中のお母さん!! 頑張れーっ!!」とコメントを寄せている。

 一方、林田さんは「私が演じるメルルは、自分の感情に対し、素直に行動する女の子です。その素直さから誤解を受けることもありますが、一生懸命で純粋な心を持っています。かといって、考えなしな行動ではなく、あざとさのようなものもしっかり持っている。そんなメルルの多面性を出すことができたらいいな、と思いながら演じました。嵐のように登場する役ですが、ぜひご覧いただけたらと思います」と語っていた。

伝説のお母さんNHK「よるドラ」第5弾
2020年2月1日にスタート 総合、土曜午後11時半放送