伝説のお母さん あらすじ

伝説のお母さんあらすじ

 ドラマ「伝説のお母さん」は、待機児童を抱える母親の活躍や苦悩が描かれたかねもとさんの同名マンガが原作。NHK「よるドラ」(総合、土曜午後11時半)の第5弾として2020年2月1日にスタートする。女優の前田敦子さんが主演を務める、前田さんは今年3月の第1子出産後、初のドラマ主演で、家事に育児に冒険に奮闘する母親役に挑戦する。

 ドラマの主人公は、「ドラゴンクエスト」「ファイナルファンタジー」を彷彿(ほうふつ)とさせるロールプレイングゲーム(RPG)の世界に生きる「伝説の魔法使い」。かつて闇の力で世界を支配しようとした魔王を撃退し、世界の平和を取り戻した「伝説の勇者一行」。この聖戦に参加した魔法使いのメイ(前田さん)は、訪れた平穏な日々の中、めでたく第1子を出産。専業主婦としてワンオペ育児に奮闘する日々であった。

 そんなある日、魔王の封印が解かれ復活したという知らせが届く。国王は伝説の一行に魔王討伐の命を下す。しかし、彼女は言う。「無理です、だって、保育所が空いていないんです!!」。はたしてメイは数々の障壁を乗り越えて「育児」と「世界平和」の両立を実現することができるのか……という内容だ。

ドラマ「伝説のお母さん」のあらすじ

伝説のお母さんNHK「よるドラ」第5弾
2020年2月1日にスタート 総合、土曜午後11時半放送