父と息子の地下アイドル あらすじ

父と息子の地下アイドルあらすじ

 ドラマ「ドラマW 父と息子の地下アイドル」は、優れたシナリオ作品を発掘し、新人脚本家の育成を目的に創設された「WOWOW新人シナリオ大賞」で、2018年度の大賞に輝いた光益義幸さんの原作を実写化。映画「こはく」を手掛けた横尾初喜監督がメガホンをとる。俳優の松重豊さんが主演を務める。交通事故で植物状態になってしまった息子に変わり、地下アイドルのプロデューサーをすることになった中年高校教師、千堂真澄を演じる。劇中のアイドルグループ「オトメがたり」のリーダー・椎奈を元「乃木坂46」の若月佑美さん、真澄の息子である勝喜を、井之脇海さんがそれぞれ演じる。

 ドラマは、優れたシナリオ作品を発掘し、新人脚本家の育成を目的に創設された「WOWOW新人シナリオ大賞」で、2018年度の大賞に輝いた光益義幸さんの原作を実写化。映画「こはく」を手掛けた横尾初喜監督がメガホンをとる。

 「オトメがたり」のメンバーを芋生悠さんと加藤小夏さんが演じるほか、今井悠貴さん、遠藤久美子さん、鶴田真由さん、瀧本美織さん、深水元基さんも出演する。

ドラマ「父と息子の地下アイドル」のあらすじ