きのう何食べた? 正月スペシャル 2020 あらすじ

きのう何食べた? 正月スペシャル 2020あらすじ

ドラマ「きのう何食べた? 正月スペシャル 2020」は、俳優の西島秀俊さん、内野聖陽さんのダブル主演で今年4月期に放送されたテレビ東京の連続ドラマ「きのう何食べた?」のスペシャルドラマ。

 「きのう何食べた?」は、マンガ誌「モーニング」(講談社)で連載中のよしながふみさんの同名人気マンガが原作。2LDKのアパートで同居する料理上手できちょうめん、倹約家の弁護士の筧史朗(通称シロさん、西島さん)と、シロさんの恋人で人当たりのいい美容師の矢吹賢二(通称ケンジ、内野さん)の食卓を通して浮かび上がる男2人暮らしの機微を描いている。

 スペシャルドラマは3章立てで、宮沢さん演じる三谷まみが登場するのは第1章。第1章では、シロさんとケンジが小日向大策(山本耕史さん)に、芸能人御用達の超高級焼肉店へ呼び出される。そこには井上航(磯村勇斗さん)の姿も。店のあまりに場違いな空気にうろたえる2人の前に、なんとシロさんが長年憧れ続けた女優、三谷まみ(宮沢りえさん)が現れて……と展開する。

 「きのう何食べた? 正月スペシャル 2020」は2020年1月1日午後10時に放送。またスペシャルドラマの放送に先駆け、「『きのう何食べた?』新作前にイッキ見スペシャル」と題して、今年4月期に放送されたレギュラー放送全12話が、1月1日午前9時~午後4時に放送される。

ドラマ「きのう何食べた? 正月スペシャル 2020」のあらすじ