大河ドラマ「鎌倉殿の13人」 あらすじ

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」あらすじ

 ドラマ「鎌倉殿の13人」は、2022年に放送されるNHKの大河ドラマ。脚本は三谷幸喜さんが務める。三谷さんが手がける大河ドラマは、2004年の「新選組!」、2016年の「真田丸」に続き3度目となる。俳優の小栗旬さんが北条義時役で主演する。

 タイトルの「鎌倉殿」とは鎌倉幕府将軍のこと。源頼朝の天下取りは13人の家臣団が支えていた。頼朝が絶頂のときに謎の死を遂げた後、13人は激しい内部抗争を繰り広げる。やがて、北条政子の弟で、13人中もっとも若かった北条義時が最後まで生き残り、権力を手中に収める姿を描く。

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」あらすじは

新納慎也が源頼朝の異母弟・阿野全成に 4年前の「真田丸」豊臣秀次役も話題に

2022年の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で阿野全成を演じる新納慎也さん
2022年の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で阿野全成を演じる新納慎也さん

 三谷幸喜さんが脚本を手掛け、小栗旬さんが北条義時役で主演を務める2022年のNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」の新キャストが、公式ツイッターで11月19日に発表され、俳優の新納慎也さんが阿野全成役で出演することが明らかになった。

 同じ三谷さん脚本の2016年の大河ドラマ「真田丸」で、豊臣秀次を演じて話題となった新納さんは、「鎌倉殿の13人」では、源頼朝の異母弟の阿野全成に扮(ふん)する。