大河ドラマ「鎌倉殿の13人」 あらすじ

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」あらすじ

 ドラマ「鎌倉殿の13人」は、2022年に放送されるNHKの大河ドラマ。脚本は三谷幸喜さんが務める。三谷さんが手がける大河ドラマは、2004年の「新選組!」、2016年の「真田丸」に続き3度目となる。俳優の小栗旬さんが北条義時役で主演する。

 タイトルの「鎌倉殿」とは鎌倉幕府将軍のこと。源頼朝の天下取りは13人の家臣団が支えていた。頼朝が絶頂のときに謎の死を遂げた後、13人は激しい内部抗争を繰り広げる。やがて、北条政子の弟で、13人中もっとも若かった北条義時が最後まで生き残り、権力を手中に収める姿を描く。

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」あらすじは

新納慎也が源頼朝の異母弟・阿野全成に 4年前の「真田丸」豊臣秀次役も話題に

2022年の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で阿野全成を演じる新納慎也さん
2022年の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で阿野全成を演じる新納慎也さん

 三谷幸喜さんが脚本を手掛け、小栗旬さんが北条義時役で主演を務める2022年のNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」の新キャストが、公式ツイッターで11月19日に発表され、俳優の新納慎也さんが阿野全成役で出演することが明らかになった。

 同じ三谷さん脚本の2016年の大河ドラマ「真田丸」で、豊臣秀次を演じて話題となった新納さんは、「鎌倉殿の13人」では、源頼朝の異母弟の阿野全成に扮(ふん)する。

第2回「佐殿の腹」のあらすじ 兵を挙げる気がない頼朝 義時はうんざり? 秘められた思惑とは

 俳優の小栗旬さんが北条義時役で主演を務める2022年のNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」(総合、日曜午後8時ほか)第2回「佐殿の腹」が1月16日に放送される。予告編には「北条家 時代の渦中へ!」といった文字や、「わしは兵など挙げん。戦は苦手じゃ」と明かす頼朝(大泉洋さん)に、義時(小栗さん)が「出てってください。北条から」と考えを伝えるシーンが文字が映し出され、「果たして、頼朝に秘められた思惑とは」とのナレーションも収められている。

 第2回では、罪人・源頼朝を処断しようと兵を率いて迫る伊東祐親(浅野和之さん)。しかし、義時の父・時政(坂東彌十郎さん)が頼朝をかばって対立。両勢力が一触即発の状態となる中、平清盛(松平健さん)を後ろ盾に、相模の武士団を束ねる大庭景親(國村隼さん)が現れる。

 一方、目まぐるしい展開に振り回される義時は、姉・政子(小池栄子さん)らの助けを受けて頼朝と富士の山すそにいた。だがそれもつかの間、弓矢が放たれ緊張が走る……。

第3回「挙兵は慎重に」のあらすじ 平家打倒へ 挙兵か、沈黙か 頼朝、選択の時

2022年のNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」第3回場面カット あることを決意した頼朝(大泉洋さん) (C)NHK
2022年のNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」第3回場面カット あることを決意した頼朝(大泉洋さん) (C)NHK

 俳優の小栗旬さんが北条義時役で主演を務める2022年のNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」(総合、日曜午後8時ほか)第3回「挙兵は慎重に」が1月23日に放送される。予告編には「平家打倒! 北条家・頼朝が動き出す!」「挙兵か―」「沈黙か―」といった文字が映し出され、「頼朝、選択の時」とのナレーションも収められている。

 第3回では、治承4(1180)年4月、源頼朝(大泉洋さん)と引き離された八重(新垣結衣さん)は、伊東祐親(浅野和之さん)の家人・江間次郎(芹澤興人さん)の元へ嫁がされていた。対岸の江間館を見つめる北条義時(小栗さん)。そんな折、頼朝の叔父・行家(杉本さん)が北条館を訪ねてくる。

 怪しがる政子(小池栄子さん)。しぶしぶ対面する頼朝だが、行家は平清盛(松平健さん)へ反旗を翻した後白河法皇(西田敏行さん)の御子・以仁王(木村昴さん)の令旨(りょうじ)を携えていた……。

第4回「矢のゆくえ」のあらすじ いざ鎌倉、源平合戦始まる!? 強気な宗時、後悔する義時

NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」第4回場面カット 戦いに赴く前に頼朝(大泉洋さん)の決意の言葉を聞く義時(小栗旬さん) (C)NHK
NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」第4回場面カット 戦いに赴く前に頼朝(大泉洋さん)の決意の言葉を聞く義時(小栗旬さん) (C)NHK

 俳優の小栗旬さんが北条義時役で主演を務める2022年のNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」(総合、日曜午後8時ほか)第4回「矢のゆくえ」が1月30日に放送される。予告編には「新しい世を求め平家打倒へ!」「坂東のため 愛する人のため」「源平合戦始まる」といった文字が映し出され、「いざ鎌倉」とのせりふも収められている。

 第4回では、治承4(1180)年8月、ついに挙兵を決断した源頼朝(大泉洋さん)の一党は、伊豆国の目代・山木兼隆を討って初戦を飾るべく戦支度を始める。しかし、頼朝の乳母子である山内首藤経俊(山口馬木也さん)に助力を断られるなど、強大な平家の威光の前に思うように兵が集まらない。

 強気な兄・宗時(片岡愛之助さん)とは対照的に、自身の浅慮を後悔する義時(小栗さん)。そんな中、対岸の江間館で暮らす八重(新垣結衣さん)が義時に声をかけ……。

第5回「兄との約束」のあらすじ 頼朝は鎌倉を目指すが、戦いは思いも寄らぬ方向へ

NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」第5回場面カット 夢枕に立った後白河法皇(西田敏行さん)にハッパをかけられる頼朝(大泉洋さん) (C)NHK
NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」第5回場面カット 夢枕に立った後白河法皇(西田敏行さん)にハッパをかけられる頼朝(大泉洋さん) (C)NHK

 俳優の小栗旬さんが北条義時役で主演を務める2022年のNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」(総合、日曜午後8時ほか)第5回「兄との約束」が2月6日に放送される。予告編には「源平合戦始まる!」「圧倒的大軍!」「大雨で援軍来ず!」「どうする!?義時」いった文字が映し出され、「戦いは思いも寄らぬ方向へ」とのナレーションも収められている。

 第5回では、闇夜にまぎれ、堤館と山木館を立て続けに襲撃した源頼朝(大泉洋さん)の一党。見事に首級を上げて勝利した頼朝は、北条義時(小栗さん)の知恵も借り、坂東での政の第一歩として土地の分配を始める。だが、これを知った平家方が激怒。相模では、奉行を務める大庭景親(國村隼さん)が梶原景時(中村獅童さん)ら3000の兵を率いて出陣。伊豆でも、頼朝討伐に燃える伊東祐親(浅野和之さん)が動き出す。

 これに対する頼朝は、全軍を率いて鎌倉を目指すが……。

第6回「悪い知らせ」のあらすじ 絶体絶命!平家包囲網 義時、宗時の熱い想い胸に甲斐・武田の元へ

NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」第6回場面カット (C)NHK
NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」第6回場面カット (C)NHK

 俳優の小栗旬さんが北条義時役で主演を務める2022年のNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」(総合、日曜午後8時ほか)第6回「悪い知らせ」が2月13日に放送される。予告編には「絶体絶命!平家包囲網」「戦いのゆくえは」「愛する人のゆくえは」といった文字が映し出され、義時(小栗さん)の「兄上は戻ってないのですか?」とのせりふも収められている。

 第6回では、大庭景親(國村隼さん)率いる平家方の前に大敗を喫した源頼朝(大泉洋さん)の一党。この合戦で、北条家を引っ張ってきた宗時(片岡愛之助さん)ら有力な坂東武者が戦死。敵の追撃から必死に逃れる頼朝は、信頼する従者・安達盛長(野添義弘さん)らとともに石橋山山中に身を潜める。

 一方、兄・宗時の熱い想(おも)いに決意を新たにした義時は、再起を図るべく父・時政(坂東彌十郎さん)とともに甲斐を治める武田信義(八嶋智人さん)のもとへ向かう……。