絶対零度~未然犯罪潜入捜査~(シーズン4) キャスト

絶対零度~未然犯罪潜入捜査~(シーズン4)キャスト

沢村一樹
横山裕
本田翼

霜降り明星・粗品、「絶対零度」で俳優デビュー「標準語に戸惑っています」 野心が強いキャリア刑事役

2020年1月6日から放送される「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」に出演する「霜降り明星」の粗品さん(C)フジテレビ
2020年1月6日から放送される「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」に出演する「霜降り明星」の粗品さん(C)フジテレビ

 俳優の沢村一樹さん主演で2020年1月期フジテレビ系“月9”枠(月曜午後9時)で放送される連続ドラマ「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」に、お笑いコンビ「霜降り明星」の粗品さんがレギュラー出演する。粗品さんがドラマに出演するのは初めてで、今回が俳優デビューとなる。

 粗品さんは、ドラマのオファーに「めちゃくちゃうれしかったです」と喜び、演技については「漫才では、ドスの効いた関西弁で短い単語しか言っていないので標準語に戸惑っています。あとは表情の演技が本当に難しいので、監督に今後もっと教えていただきたいです」とコメント。さらに、「普段、“スプーンに映った小栗旬”として活動させていただいていますが、今回のドラマでは“スプーンなしの粗品”として頑張りたいと思います(笑い)」と意気込んでいる。

 粗品さんは、上昇志向と野心の強いキャリアの刑事・門田駿を演じる。門田は、未然犯罪捜査班(通称・ミハン)で研修中の吉岡拓海(森永悠希さん)と同期で、警視庁の“花形部署”捜査1課で研修しており、先輩刑事の早川誠二(マギーさん)と行動を共にすることが多い。キャリアでエリートという自負が強く、同期ながらいわくつきのミハンで研修している吉岡や、先輩ながらノンキャリアの早川のことを少し見下している……という設定。

 粗品さんは「オファーをいただいてから、改めて『絶対零度』シリーズを見返したのですが、『すごい作品に参加するんだな』と逆に緊張してしまいました」と語り、撮影については「沢村さん、マギーさんとご一緒だったのですが、『絶対零度』という大人気シリーズに途中からやってきた僕みたいな“浪速のチンピラ芸人”に対して、お二人は本当に優しく接してくださって、僕を“よそ者”にしないといいますか、温かく迎えていただいて感動しました」とコメント。

 また、見どころについて、「『絶対零度』ファンの皆様、“月9ドラマ”ファンの皆様、ドラマ好きの皆様には初めましてとなりますが、真剣にこのドラマに向き合っていきますのでふつつか者ですが、応援よろしくお願いいたします。逆に、僕のことを知ってくださっている方々には、『粗品、演技下手だな』と笑ってもらって結構ですが、普段のテレビ番組では一度も見せたことのない顔や表情が見られますので、そのあたりを楽しんでもらえたらと思います」と語っている。

(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ

“南”柄本時生が初回ゲスト 柄本明と民放ドラマ10年ぶり親子共演も

連続ドラマ「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」初回にゲスト出演する柄本時生さん(C)フジテレビ
連続ドラマ「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」初回にゲスト出演する柄本時生さん(C)フジテレビ

 俳優の沢村一樹さん主演のフジテレビ系“月9”枠(月曜午後9時)で放送される連続ドラマ「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」の初回(1月6日放送)に、俳優の柄本時生さんがゲスト出演する。同ドラマには父親の柄本明さんが出演しており、2010年10月期の「Q10」(日本テレビ系)以来、民放ドラマで約10年ぶりの親子共演を果たす。

 柄本時生さんは、前作で資料課所属の南彦太郎役でレギュラー出演しており、今回は同役でゲスト出演。南は、入庁以来ずっと資料課に所属し、人付き合いが苦手。パソコンには精通しており、勤務中もパソコンに向かって引きこもり状態という人物。ミハンシステムの割り出した危険人物の捜索のため、井沢らと共にクルーズ船での潜入捜査を行う。南はこの捜査を最後に結婚退職し、主夫になるという設定。さらに、劇中で南は新たにミハンメンバーとなる、柄本明さんが演じる加賀美聡介とも遭遇するという。

 ◇柄本時生さんのコメント

 ――オファーを受けた際の気持ち

 レギュラーとして出演できないのは残念でしたが、脚本の中でゲストとして生かしていただいて、ありがたかったです。

 ――本田翼さんと、久しぶりの共演となりますが?

 控え室でずっとしゃべっていました(笑い)。会うのも前作の撮影以来、本当に久しぶりですので、共演が楽しみです。

 ――今回、柄本明さんと親子共演となりますが?

 この前まで、「BS笑点ドラマスペシャル 初代 林家木久蔵」(BS日テレ、1月11日放送)で一緒に撮影をしていたので、取り立てて感想などはありませんが、本音を言えば親子共演は嫌ですね(笑い)。家族で一緒というのは恥ずかしいですから(笑い)。

 ――放送を楽しみにされている方々へのメッセージ。

 卒業します(笑い)。卒業させていただきますが、1話にちょびっと出演しますので、“柄本時生も、いたな~”と思い出していただけたら(笑い)。

第3話に山口まゆがゲスト出演 経験生かしバレリーナ役射止める「夢だった」

連続ドラマ「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」第3話にゲスト出演する山口まゆさん(C)フジテレビ
連続ドラマ「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」第3話にゲスト出演する山口まゆさん(C)フジテレビ

 俳優の沢村一樹さん主演のフジテレビ系“月9”枠(月曜午後9時)で放送中の連続ドラマ「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」の第3話(1月20日放送)に、女優の山口まゆさんがゲスト出演することが1月13日、分かった。山口さんは、名門バレエ団に所属するバレリーナで、「未然犯罪捜査システム」(=ミハンシステム)に危険人物として認定される八尋舞を演じる。

 第3話は、舞がインターネットを利用して致死量のヒ素を入手し、毒物による殺人を扱ったサイトを何度も閲覧していた……という展開。オーディションで舞役を射止めた山口さんは「純粋にうれしかったです。ずっと昔からやってきたバレエをお芝居の中で生かすことが夢だった」と喜びを語っている。舞を演じることには「バレリーナ役でとても親近感が湧きました。今まで、自分が経験したことのあることをしている役というのは、ほとんど演じたことがなかったのですが、今回は痛いほど気持ちが分かります。懸命に向き合ってきたバレエの情熱や、気の強さ、見えないところで背負うプライドの高さ、バレエが“舞”自身を形成しているのだなと思いました。そんな懸命な姿が伝わったらいいなと思います」とメッセージを寄せている。

(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ

第5話に伊藤淳史“東堂定春”が登場 沢村一樹が「自然に迎え入れてくださった」

連続ドラマ「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」第5話にゲスト出演する伊藤淳史さん(C)フジテレビ
連続ドラマ「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」第5話にゲスト出演する伊藤淳史さん(C)フジテレビ

 俳優の沢村一樹さん主演の連続ドラマ「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」(フジテレビ系、月曜午後9時)の第5話(2月3日放送)に、2018年7月期放送のシーズン3(前作)で東堂定春を演じた伊藤淳史さんが同役でゲスト出演することが1月26日、分かった。伊藤さんは、主人公・井沢範人役の沢村さんと約1年半ぶりの共演に「沢村さんが本当に自然に迎え入れてくださったので、あまり久しぶりの感じがしなかったです。変に気負うこともなく撮影に臨むことができました」とメッセージを寄せている。

 東堂は、子供のころに無差別殺傷事件に巻き込まれ、父を亡くし、自身も大けがを負った過去を持つ。前作では、「未然犯罪捜査班」(通称・ミハン)の統括責任者として、犯罪を未然に防ぐ「未然犯罪捜査システム」(=ミハンシステム)の実用化に取り組むも、その思いが強すぎてミハンの初めてのテストケースで起きてしまった冤罪(えんざい)事件を隠ぺい、その罪で収監された。

 今作では、刑期を終え、医療関係の機密情報や個人情報を基に研究を行う民間のラボに勤務。前作で自分の犯した罪を悔いるあまり、自殺まで考えた東堂だったが、井沢からの「生きろ」という強い言葉で考えを改め、井沢に恥じない生き方をしたいと、現在の職に就いた。ミハンシステムが大学病院で働く医師を危険人物と判断し、病院内で潜入捜査を実行。医療関係の情報を扱う東堂が井沢らの捜査に協力する……という展開。また、東堂とミハンシステムを構築した過去を持つ加賀美聡介(柄本明さん)との過去も描かれるという。

 伊藤さんは、今作の出演について「前作では、捕まっていますし、まさか出られるとは思っていませんでした。新シリーズを一視聴者として楽しもうかなと思っていたところだったので、オファーをいただいて驚いています(笑い)。また東堂を演じられるというのは、うれしいですし、ありがたいですし、本当に光栄です」とコメント。

 今作の東堂については「前作に比べて、今回は少し良い人になったように感じられるかもしれません。僕自身も演じていて、東堂が持っている根っこの部分には変化がないものの、ミハンを離れて、肩の荷が下りたといいますか、彼の心が穏やかになっているではないかと感じています」と話し、演技には「脚本上、本当に自然な形で再登場させてくださったので、東堂のその後の人生を納得して演じられました」と振り返っている。

 登場する第5話については「前作から、話が続いているということを懐かしんでいただけたら、より今作を魅力的に感じていただけると思いますので、出演させていただいた第5話が新シリーズにとって特別な回になってくれたらいいなと思っています」と語り、「久しぶりの東堂を僕自身も楽しんで演じましたので、ぜひご覧ください」とアピールしている。

(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ

第7話に佐藤江梨子がゲスト出演 女社長「色気、だだ漏れで演じる」

連続ドラマ「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」第7話にゲスト出演する佐藤江梨子さん(C)フジテレビ
連続ドラマ「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」第7話にゲスト出演する佐藤江梨子さん(C)フジテレビ

 俳優の沢村一樹さん主演の連続ドラマ「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」(フジテレビ系、月曜午後9時)の第7話(2月17日放送)に、女優の佐藤江梨子さんがゲスト出演することが2月10日、分かった。2017年7月期に放送された連続ドラマ「セシルのもくろみ」以来、約2年半ぶりの同局ドラマ出演。佐藤さんは、「未然犯罪捜査システム」(=ミハンシステム)に危険人物として検知される大手フィットネスクラブ社長の仁科紗耶香を演じる。

 第7話で、危険人物として割り出された紗耶香は、5年前に起きた強盗殺人事件で夫の輝幸(青戸昭憲さん)を殺され、自身も瀕死の重傷を負った被害者だった。犯人が逮捕されないまま、夫の死後、会社を引き継いだ紗耶香は、業績を伸ばしていく一方で、ひそかに危険な毒物を入手。その後、井沢たちの潜入捜査により、紗耶香を脅迫するウインタースポーツの実業団チームでコーチを務める辰巳(阿部亮平さん)が捜査線上に浮上。そんな中、科学捜査研究所の研究員・真鍋(宮川一朗太さん)が紗耶香に接触してくる。真鍋はこれまでに数々の難事件を解決に導いてきた男で、輝幸と紗耶香が襲われた5年前の事件も担当していたことが分かるが……という展開。

 「絶対零度」シリーズのファンだったという佐藤さんは出演のオファーに「うれしかったです」と喜び、同作の印象については「犯罪を未然に防ぐということもあって、刑事ドラマというより探偵ドラマのような印象があります。変な例えかもしれませんが『名探偵コナン』のようだなと(笑い)。普通の刑事ドラマとは少し違って、事件を解決していくというよりは、皆さん事前に考えながら動いていくので、より役者さんのお芝居が試されるように思います」と語っている。

 演じる紗耶香には「もしかしたら、周りの空気を一変させてしまう女性なのかもしれません。子供と接していると、その素直さから周囲を凍りつかせてしまう瞬間をよく見ます。空気を壊せるのは子供の特権と思っていたので、自分がそんな役を演じられるのはうれしいです」といい、見どころについては「紗耶香は色気のある女性として台本に描かれていたので、『色気、だだ漏れ』で演じきりたいと思います(笑い)」とコメントしている。

絶対零度~未然犯罪潜入捜査~(シーズン4)フジテレビ系“月9”枠
2020年1月スタート