絶対零度~未然犯罪潜入捜査~(シーズン4) ニュース

第7話に佐藤江梨子がゲスト出演 女社長「色気、だだ漏れで演じる」

連続ドラマ「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」第7話にゲスト出演する佐藤江梨子さん(C)フジテレビ
連続ドラマ「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」第7話にゲスト出演する佐藤江梨子さん(C)フジテレビ

 俳優の沢村一樹さん主演の連続ドラマ「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」(フジテレビ系、月曜午後9時)の第7話(2月17日放送)に、女優の佐藤江梨子さんがゲスト出演することが2月10日、分かった。2017年7月期に放送された連続ドラマ「セシルのもくろみ」以来、約2年半ぶりの同局ドラマ出演。佐藤さんは、「未然犯罪捜査システム」(=ミハンシステム)に危険人物として検知される大手フィットネスクラブ社長の仁科紗耶香を演じる。

 第7話で、危険人物として割り出された紗耶香は、5年前に起きた強盗殺人事件で夫の輝幸(青戸昭憲さん)を殺され、自身も瀕死の重傷を負った被害者だった。犯人が逮捕されないまま、夫の死後、会社を引き継いだ紗耶香は、業績を伸ばしていく一方で、ひそかに危険な毒物を入手。その後、井沢たちの潜入捜査により、紗耶香を脅迫するウインタースポーツの実業団チームでコーチを務める辰巳(阿部亮平さん)が捜査線上に浮上。そんな中、科学捜査研究所の研究員・真鍋(宮川一朗太さん)が紗耶香に接触してくる。真鍋はこれまでに数々の難事件を解決に導いてきた男で、輝幸と紗耶香が襲われた5年前の事件も担当していたことが分かるが……という展開。

 「絶対零度」シリーズのファンだったという佐藤さんは出演のオファーに「うれしかったです」と喜び、同作の印象については「犯罪を未然に防ぐということもあって、刑事ドラマというより探偵ドラマのような印象があります。変な例えかもしれませんが『名探偵コナン』のようだなと(笑い)。普通の刑事ドラマとは少し違って、事件を解決していくというよりは、皆さん事前に考えながら動いていくので、より役者さんのお芝居が試されるように思います」と語っている。

 演じる紗耶香には「もしかしたら、周りの空気を一変させてしまう女性なのかもしれません。子供と接していると、その素直さから周囲を凍りつかせてしまう瞬間をよく見ます。空気を壊せるのは子供の特権と思っていたので、自分がそんな役を演じられるのはうれしいです」といい、見どころについては「紗耶香は色気のある女性として台本に描かれていたので、『色気、だだ漏れ』で演じきりたいと思います(笑い)」とコメントしている。

第6話に清水尋也がゲスト出演 “主婦”足立梨花を殺害したエリート高校生役

連続ドラマ「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」第6話にゲスト出演する清水尋也さん(C)フジテレビ
連続ドラマ「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」第6話にゲスト出演する清水尋也さん(C)フジテレビ

 俳優の沢村一樹さん主演の連続ドラマ「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」(フジテレビ系、月曜午後9時)の第6話(2月10日放送)に、俳優の清水尋也さんと女優の足立梨花さんがゲスト出演することが2月3日、分かった。清水さんは超進学校に通う“エリート秀才高校生”の浅井航(わたる)、足立さんは26歳の専業主婦の松永由貴を演じる。

 第6話は、井沢をミハンチームから何としても追い出したい公安部部長の曽根崎(浜田学さん)が、すでに起こった殺人事件をミハンシステムが探知できなかったのかとミハンを問い詰めるところから始まる。その事件は、17歳の高校生・浅井が美術館で出会った26歳の松永を殺害した猟奇殺人で、香坂(水野美紀さん)は、航が逮捕されているにもかかわらず、メンバーに事件を調べ直すことを提案。すでに起きた事件を捜査することになった井沢は、精神科医に扮(ふん)し、浅井の精神鑑定を行うが……というストーリー。

 ◇清水尋也さんのコメント

 --オファーを受けた際の感想

 実は、兄(清水尚弥さん)が「絶対零度~未解決事件特命捜査~」(2010年4月期)にゲスト出演していたので、「絶対零度」シリーズは最初から見ていました。家族そろって「絶対零度」シリーズのファンなので、オファーをいただいたことを報告したら、「兄弟そろって、ご縁があるね」と喜んでくれました。

 --演じる浅井航について

 芯が強くて、賢すぎる人物なのかなと感じています。若さや純粋な思いに突き動かされ、行動してしまうところもありますが、そこに航の人間らしさが出ているのかなと思います。

 --足立梨花さんとの共演について

 (NHKの連続ドラマ)「サギデカ」で共演させていただいた大好きな女優さんです。「サギデカ」の現場は先輩ばかりで緊張しましたが、木村文乃さんと足立さんが、僕のことをいじってくださって感謝していますし、本当に楽しい現場でした。今回の共演初日には、「サギデカ」の現場のこともあったので、2人で「なんか、笑っちゃうね」と話していました(笑い)。

 --出演を楽しみにされている方たちへのメッセージ

 大事な役をいただいたので、現場の雰囲気もすごく良いですし、しっかり演じていきたいと思います。個人的には、2020年初めてのテレビ出演になりますので、ぜひご覧いただけたらうれしいです。この出演を機に自分自身も成長できたらと思っています。

 ◇足立梨花さんのコメント

 --オファーを受けた際の感想

 「絶対零度」シリーズのゲストの方は、自分よりすごく年上か、すごく年下の学生というイメージがあったので、まずはどんな役なんだろうと思いましたが、26歳の専業主婦役と聞いて納得しました(笑い)。最近、子供がいる役をいただいたりもして、「あー、もうそういう年齢なんだな」と、しみじみと感じています(笑い)。そういう意味では、オファーをいただいたうれしさと、年齢に関するさみしさがありました(笑い)。

 --演じる由貴について

 つらい状況の中、突然現れたすごく年下の航に対してどう接するのか、監督とすごく話し合いました。バラエティー番組などでの表情とは全く違う役なので、難しい役どころですけど、頑張って演じたいと思います。

 --清水尋也さんとの共演について

 「サギデカ」でご一緒させていただいたんですが、現場で、木村文乃さんと一緒に、清水くんのことをめちゃくちゃいじっていたので、今回そんな清水くんと再び共演するということで笑いがこらえられないです(笑い)。2人でシリアスなシーンを演じるので、ダメだとは分かっているんですが、真剣に演じているからこそ、ふとした瞬間にお互い笑ってしまいますね(笑い)。

 --出演を楽しみにされている方たちへのメッセージ

 私が演じる由貴のような状況に置かれている女性がたくさんいらっしゃると思いますので、誰かが気付いて手助けしてあげられるようなきっかけになったらいいなと思いながら演じさせていただきました。ぜひご覧ください。

(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ

第5話に伊藤淳史“東堂定春”が登場 沢村一樹が「自然に迎え入れてくださった」

連続ドラマ「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」第5話にゲスト出演する伊藤淳史さん(C)フジテレビ
連続ドラマ「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」第5話にゲスト出演する伊藤淳史さん(C)フジテレビ

 俳優の沢村一樹さん主演の連続ドラマ「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」(フジテレビ系、月曜午後9時)の第5話(2月3日放送)に、2018年7月期放送のシーズン3(前作)で東堂定春を演じた伊藤淳史さんが同役でゲスト出演することが1月26日、分かった。伊藤さんは、主人公・井沢範人役の沢村さんと約1年半ぶりの共演に「沢村さんが本当に自然に迎え入れてくださったので、あまり久しぶりの感じがしなかったです。変に気負うこともなく撮影に臨むことができました」とメッセージを寄せている。

 東堂は、子供のころに無差別殺傷事件に巻き込まれ、父を亡くし、自身も大けがを負った過去を持つ。前作では、「未然犯罪捜査班」(通称・ミハン)の統括責任者として、犯罪を未然に防ぐ「未然犯罪捜査システム」(=ミハンシステム)の実用化に取り組むも、その思いが強すぎてミハンの初めてのテストケースで起きてしまった冤罪(えんざい)事件を隠ぺい、その罪で収監された。

 今作では、刑期を終え、医療関係の機密情報や個人情報を基に研究を行う民間のラボに勤務。前作で自分の犯した罪を悔いるあまり、自殺まで考えた東堂だったが、井沢からの「生きろ」という強い言葉で考えを改め、井沢に恥じない生き方をしたいと、現在の職に就いた。ミハンシステムが大学病院で働く医師を危険人物と判断し、病院内で潜入捜査を実行。医療関係の情報を扱う東堂が井沢らの捜査に協力する……という展開。また、東堂とミハンシステムを構築した過去を持つ加賀美聡介(柄本明さん)との過去も描かれるという。

 伊藤さんは、今作の出演について「前作では、捕まっていますし、まさか出られるとは思っていませんでした。新シリーズを一視聴者として楽しもうかなと思っていたところだったので、オファーをいただいて驚いています(笑い)。また東堂を演じられるというのは、うれしいですし、ありがたいですし、本当に光栄です」とコメント。

 今作の東堂については「前作に比べて、今回は少し良い人になったように感じられるかもしれません。僕自身も演じていて、東堂が持っている根っこの部分には変化がないものの、ミハンを離れて、肩の荷が下りたといいますか、彼の心が穏やかになっているではないかと感じています」と話し、演技には「脚本上、本当に自然な形で再登場させてくださったので、東堂のその後の人生を納得して演じられました」と振り返っている。

 登場する第5話については「前作から、話が続いているということを懐かしんでいただけたら、より今作を魅力的に感じていただけると思いますので、出演させていただいた第5話が新シリーズにとって特別な回になってくれたらいいなと思っています」と語り、「久しぶりの東堂を僕自身も楽しんで演じましたので、ぜひご覧ください」とアピールしている。

(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ

第3話に山口まゆがゲスト出演 経験生かしバレリーナ役射止める「夢だった」

連続ドラマ「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」第3話にゲスト出演する山口まゆさん(C)フジテレビ
連続ドラマ「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」第3話にゲスト出演する山口まゆさん(C)フジテレビ

 俳優の沢村一樹さん主演のフジテレビ系“月9”枠(月曜午後9時)で放送中の連続ドラマ「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」の第3話(1月20日放送)に、女優の山口まゆさんがゲスト出演することが1月13日、分かった。山口さんは、名門バレエ団に所属するバレリーナで、「未然犯罪捜査システム」(=ミハンシステム)に危険人物として認定される八尋舞を演じる。

 第3話は、舞がインターネットを利用して致死量のヒ素を入手し、毒物による殺人を扱ったサイトを何度も閲覧していた……という展開。オーディションで舞役を射止めた山口さんは「純粋にうれしかったです。ずっと昔からやってきたバレエをお芝居の中で生かすことが夢だった」と喜びを語っている。舞を演じることには「バレリーナ役でとても親近感が湧きました。今まで、自分が経験したことのあることをしている役というのは、ほとんど演じたことがなかったのですが、今回は痛いほど気持ちが分かります。懸命に向き合ってきたバレエの情熱や、気の強さ、見えないところで背負うプライドの高さ、バレエが“舞”自身を形成しているのだなと思いました。そんな懸命な姿が伝わったらいいなと思います」とメッセージを寄せている。

(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ

<インタビュー>本田翼「絶対零度」アクションが話題「毎週ジムに」 自身の可能性への展望も

連続ドラマ「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」に出演している本田翼さん
連続ドラマ「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」に出演している本田翼さん

 俳優の沢村一樹さんが主演を務めるフジテレビ系“月9”枠(月曜午後9時)で放送中の連続ドラマ「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」の第1話が1月6日に放送され、平均視聴率が10.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と、2桁発進を切った。中でも、「未然犯罪捜査班」(通称・ミハン)の小田切唯を演じている本田さんのハイキックなどのアクションがSNSで話題となった。「毎週ジムに通っています」と語る本田さんに、2019年の活動、「絶対零度」への思い入れ、意気込みなどを聞いた。

 ◇2019年は「開拓」の1年

 2019年の本田さんは、連続ドラマでは、1、2月に放送された「ゆうべはお楽しみでしたね」(TBS・MBSほか)で強気なギャル系女子ゲーマー、4月期に放送された「ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~」(フジテレビ系)では医師役に初挑戦、10月期に放送された「チート~詐欺師の皆さん、ご注意ください~」(読売テレビ・日本テレビ系)では、人の心を見抜くことに天才的な能力を持つ主人公を演じた。さらに、映画「空母いぶき」「新聞記者」に出演し、劇場版アニメ「天気の子」では声優も務めた。

 本田さんは、「2019年はお仕事を本当に頑張った一年になりました。演じたことがないような役を演じさせていただく機会がすごく多かったのが特徴なのかなと思います。新しい役をいただけるというのは、それぐらい可能性があると思ってもらえたんだと思います。すごくうれしかった。自分自身を開拓できた年になったと思います」と充実した表情を見せる。

 ◇小田切を通して「可能性を広げる」

 2018年7月期に放送された「絶対零度」シリーズの第3弾から、本田さんは小田切を演じている。作品については「アクションに初めて挑戦させていただいたり、小田切というクールな役も初めて演じさせていただきました。そういう意味では、自分にとって新しい可能性を見つけてくれた作品」と、思い入れを語る。今作への出演には「意義とか意味を考えてやらないといけない、と思いました。前作より悪くはしたくありません」と言葉に力を込めた。

 第1話では、劇中で頭突きや組み手などのアクションも披露した。「今回は鍛えています。毎週ジムに行っていて」と明かしつつ、「1年半で得た経験をどういうふうに出せるのか、うまく出てきてくれたらうれしい。小田切のいろいろな面を見せたいと思いますし、そして自分の可能性をもっと広げることができたら」と、期待も口にした。

 小田切と同じミハンに所属する井沢役の沢村さん、山内徹役の「関ジャニ∞」の横山裕さんとの共演には「二人とも優しいんです(笑い)。お二人とは食事に2回行って、心から楽しめました。ある種、ファミリーみたいな感じです」と仲の良さも語った。

 13日放送の第2話で、井沢は遺体となって発見された元警察庁次長・町田(中村育二さん)の件で事情聴取を受ける。その後、山内は井沢への監視を強める。そんな中、ミハンシステムが、女子高生の時田明日香(竹内愛紗さん)をストーキングしている馬場智樹(影山徹さん)を新たな危険人物として割り出すという展開だ。ミハンチーム、そして小田切がどのような活躍で、未然に犯罪を食い止めていくのか、今後も期待だ。

<SNS反響>“小田切”本田翼のキレキレハイキックに視聴者「見惚れる!」

連続ドラマ「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」で小田切唯を演じている本田翼さん
連続ドラマ「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」で小田切唯を演じている本田翼さん

 俳優の沢村一樹さん主演のフジテレビ系“月9”ドラマ「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」(月曜午後9時)の第1話が1月6日に30分拡大版で放送された。「未然犯罪捜査班」(通称・ミハン)の小田切唯役の本田翼さんが見せた、ハイキックや頭突きといったアクションシーンにSNSでは「見惚(ほ)れる!」「華やか」「キレキレ!」といった声が上がった。

 「絶対零度」シリーズは、シーズン1(2010年)とシーズン2(2011年)で、新米女性刑事、桜木泉(上戸彩さん)の活躍と成長を描いた。2018年7月期放送のシーズン3からは、井沢範人(沢村さん)、山内徹(横山裕さん)、小田切ら「未然犯罪捜査班」(通称・ミハン)のメンバーが「未然犯罪捜査システム」(=ミハンシステム)を駆使して危険人物を割り出し、“未来の犯罪を予測して捜査をし、さまざまな事件を解決する姿を描いている。今作から、ミハンの統括責任者に法務省の香坂朱里(あかり、水野美紀さん)が就任し、新メンバーとして伝説のハッカー・加賀美聡介(柄本明さん)、キャリア刑事の吉岡拓海(森永悠希さん)も加わった。

 第1話では、沢村さんと横山さんも、鮮やかな手さばきで犯人から拳銃を奪い取ったり、組み手、パンチやキックなどの華麗なアクションを披露。さらに、水野さんも沢村さんを相手にしたアクションを見せ、視聴者からは「アクション多めで最高!」「大迫力!」「絶対零度が帰ってきた」といった声も上がっていた。

<ドラマ紹介>「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」沢村一樹主演“月9”の新シーズン開幕 横山裕、本田翼らに新メンバーも 第1話あらすじも

連続ドラマ「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」第1話のワンシーン(C)フジテレビ
連続ドラマ「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」第1話のワンシーン(C)フジテレビ

 俳優の沢村一樹さん主演の連続ドラマ「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」(フジテレビ系、月曜午後9時)の新作が1月6日、スタートする。2018年7月期に“月9”枠で放送された前作に続き、沢村さんや「関ジャニ∞」の横山裕さん、本田翼さんらが演じる「未然犯罪捜査班」(通称・ミハン)のメンバーの活躍を描く。水野美紀さんや柄本明さんら新たな顔ぶれも加入する。

 「絶対零度」シリーズは、シーズン1(2010年)とシーズン2(2011年)で、新米女性刑事、桜木泉(上戸彩さん)の活躍と成長を描いたが、シーズン3となった前作では、井沢範人(沢村さん)らミハンのメンバーがあらゆるビッグデータから予測された犯罪を未然に阻止する「未然犯罪捜査システム」(=ミハンシステム)を駆使して危険人物を割り出し、“未来の犯罪を予測して捜査をし、さまざまな事件を解決する姿を描いた。また、前作で沢村さんらのアクションも話題となったが、今作でも多彩なアクションが登場するという。

 第4シーズンとなる今作では、ミハンに所属する主人公・井沢役の沢村さんをはじめ、山内徹役の横山さん、小田切唯役の本田さんが続投し、水野さんはミハンの統括責任者・香坂朱里(あかり)役、柄本さんは伝説の天才ハッカー・加賀美聡介役で出演。新人研修でミハンに配属されるキャリア警察官・吉岡拓海役で森永悠希さんも加わる。なお、今作に上戸さんは出演しないという。

 また、前作で捜査1課刑事の早川誠二を演じた俳優のマギーさんのほか、高杉真宙さん、上杉柊平さん、お笑いコンビ「霜降り明星」の粗品さんも出演。高杉さんは男性恐怖症の小田切が初めて心を開くことになるスポーツカメラマン・篠田浩輝(ひろき)、上杉さんは香坂とともに法務省から派遣されてきた官僚・北見俊哉、今作がドラマ初挑戦の粗品さんはキャリア刑事の門田駿を、それぞれ演じる。

 初回は30分拡大スペシャル。ある日、井沢は、ミハンが割り出した麻薬組織同士の争いを抑止するため、山内や小田切唯らと東京と香港を結ぶクルーズ船に潜入。新たに加わった伝説のハッカー・加賀美の支援もあり、事前に犯行を防ぐことに成功する。別の日、井沢は、山内や小田切、新メンバーの吉岡と共に、ミハンの新たな拠点となる施設に集まる。そこは、移転が決まっている公営卸売市場の地下。そこで井沢たちを待っていたのは、法務省の官僚の北見と、自ら統括責任者を志願した香坂だった。

 香坂は、メンバーの前で井沢の過去とその危険性に言及し、改めて人員の見直しをするとしながらも、さっそく捜査の指示を出す。それは、ミハンが同時に2人の危険人物を探知するという、初めてのケースだった。井沢たちは、その危険人物とされる弁護士の田代智之(中林大樹さん)と、刑務所から出所したばかりの風俗店店員の藤村尚也(篠原篤さん)を探るが、2人に接点はなく……というストーリー。

“南”柄本時生が初回ゲスト 柄本明と民放ドラマ10年ぶり親子共演も

連続ドラマ「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」初回にゲスト出演する柄本時生さん(C)フジテレビ
連続ドラマ「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」初回にゲスト出演する柄本時生さん(C)フジテレビ

 俳優の沢村一樹さん主演のフジテレビ系“月9”枠(月曜午後9時)で放送される連続ドラマ「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」の初回(1月6日放送)に、俳優の柄本時生さんがゲスト出演する。同ドラマには父親の柄本明さんが出演しており、2010年10月期の「Q10」(日本テレビ系)以来、民放ドラマで約10年ぶりの親子共演を果たす。

 柄本時生さんは、前作で資料課所属の南彦太郎役でレギュラー出演しており、今回は同役でゲスト出演。南は、入庁以来ずっと資料課に所属し、人付き合いが苦手。パソコンには精通しており、勤務中もパソコンに向かって引きこもり状態という人物。ミハンシステムの割り出した危険人物の捜索のため、井沢らと共にクルーズ船での潜入捜査を行う。南はこの捜査を最後に結婚退職し、主夫になるという設定。さらに、劇中で南は新たにミハンメンバーとなる、柄本明さんが演じる加賀美聡介とも遭遇するという。

 ◇柄本時生さんのコメント

 ――オファーを受けた際の気持ち

 レギュラーとして出演できないのは残念でしたが、脚本の中でゲストとして生かしていただいて、ありがたかったです。

 ――本田翼さんと、久しぶりの共演となりますが?

 控え室でずっとしゃべっていました(笑い)。会うのも前作の撮影以来、本当に久しぶりですので、共演が楽しみです。

 ――今回、柄本明さんと親子共演となりますが?

 この前まで、「BS笑点ドラマスペシャル 初代 林家木久蔵」(BS日テレ、1月11日放送)で一緒に撮影をしていたので、取り立てて感想などはありませんが、本音を言えば親子共演は嫌ですね(笑い)。家族で一緒というのは恥ずかしいですから(笑い)。

 ――放送を楽しみにされている方々へのメッセージ。

 卒業します(笑い)。卒業させていただきますが、1話にちょびっと出演しますので、“柄本時生も、いたな~”と思い出していただけたら(笑い)。

<インタビュー>沢村一樹「絶対零度」新シリーズ 横山裕&本田翼との共演「部屋にいるよう」 新作アクションは「楽しみ」

1月6日スタートの連続ドラマ「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」で主演を務める沢村一樹さん
1月6日スタートの連続ドラマ「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」で主演を務める沢村一樹さん

 俳優の沢村一樹さん主演で、2018年7月期にフジテレビ系“月9”枠(月曜午後9時)で放送された連続ドラマ「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」の新シリーズが1月6日、スタートする。ドラマは、沢村さん扮(ふん)する元公安エリート刑事の井沢範人、「関ジャニ∞」の横山裕さん演じる山内徹、本田翼さん演じる小田切唯ら「未然犯罪捜査班」(通称・ミハン)の活躍を描く。前作に続き、横山さん、本田さんとの共演に「部屋にいるような感覚」と語る沢村さんに、ドラマの見どころなどについて聞いた。

 ◇横山裕&本田翼とのチーム感は高まっている

 「絶対零度」シリーズは、シーズン1(2010年)とシーズン2(2011年)で、新米女性刑事、桜木泉の活躍と成長を描いた。シーズン3となった前作は、井沢らミハンのメンバーが「未然犯罪捜査システム」(=ミハンシステム)を駆使して危険人物を割り出し、“未来の犯罪を予測して捜査をし、さまざまな事件を解決した。

 沢村さんは、横山さんと本田さんとの共演に「全然、気を使わせない。部屋にいるような感覚」と明かしつつ「芝居が始まったら一生懸命」と語る。さらに、前作より「仲良くなっている」とチーム感の高まりを実感しているという。

 新シリーズからは、ミハンチームに統括責任者・香坂朱里(あかり)役の水野美紀さん、伝説の天才ハッカー・加賀美聡介(そうすけ)役の柄本明さん、新人研修でミハンに配属されたキャリア警察官・吉岡拓海役の森永悠希さんが加わる。沢村さんは「パワーアップしたと思います。皆さんの期待に応えられるようなものがお届けできると思います」と自信たっぷりに語る。

 ◇話題のハードアクション 前回よりも「良いものを作る」

 劇中で、沢村さん、横山さん、本田さんが披露するアクション演技も見どころの一つとなっている。今作でもハードなアクション演技に挑戦するという沢村さんは「52歳なので、けがなどには気をつけないといけない」と真剣な表情で語りつつ「前回の空気は大事だけど、もっと良いものを作りたい」と意気込む。

 沢村さんは前作で、向けられた拳銃をあざやかな手さばきで奪い取ったり、華麗に危険人物を取り押さえるなどのアクションを披露。アクション指導は、沢村さんが出演した特撮映画「劇場版 仮面ライダーゴースト 100の眼魂(アイコン)とゴースト運命の瞬間」のスタッフが務めていたが、今回も同じスタッフが担当。「気が合うんですよね。好きな映画のアクションシーンを伝えると、それ以上のアクションの振りを用意してくれる。今回もどういう殺陣を持ってきてくれるのか、すごく楽しみにしています」と目を輝かせていた。

 前作の台本では「走る井沢、走る井沢」というト書きが多かったと語る沢村さん。「自宅の近所に70~80メートル走れる道があって、8割ぐらいの力で何往復も走り込んでいました」と振り返る。インタビュー時には「まだ始めてません」と言っていたが「(体の)準備をしなきゃってなったらやると思う」と心の準備は整っていると、笑顔で語っていた。

 新シリーズは、大規模なテロが今まさに起きようとしている数カ月後の未来から始まる。何者かによって、東京都内数カ所に警戒最大レベルの爆発物が仕掛けられ、官邸から非常事態宣言が発動。SATや爆発物処理班が出動し、ミハンの山内(横山さん)と小田切(本田さん)も捜査に参加。爆発物の捜索をする小田切は、ある部屋で、銃殺された女性とその横で拳銃を手にし、涙を浮かべながら立ち尽くす井沢(沢村さん)を発見する……という展開。1月6日から毎週月曜午後9時放送。初回は30分拡大版で放送される。

霜降り明星・粗品、「絶対零度」で俳優デビュー「標準語に戸惑っています」 野心が強いキャリア刑事役

2020年1月6日から放送される「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」に出演する「霜降り明星」の粗品さん(C)フジテレビ
2020年1月6日から放送される「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」に出演する「霜降り明星」の粗品さん(C)フジテレビ

 俳優の沢村一樹さん主演で2020年1月期フジテレビ系“月9”枠(月曜午後9時)で放送される連続ドラマ「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」に、お笑いコンビ「霜降り明星」の粗品さんがレギュラー出演する。粗品さんがドラマに出演するのは初めてで、今回が俳優デビューとなる。

 粗品さんは、ドラマのオファーに「めちゃくちゃうれしかったです」と喜び、演技については「漫才では、ドスの効いた関西弁で短い単語しか言っていないので標準語に戸惑っています。あとは表情の演技が本当に難しいので、監督に今後もっと教えていただきたいです」とコメント。さらに、「普段、“スプーンに映った小栗旬”として活動させていただいていますが、今回のドラマでは“スプーンなしの粗品”として頑張りたいと思います(笑い)」と意気込んでいる。

 粗品さんは、上昇志向と野心の強いキャリアの刑事・門田駿を演じる。門田は、未然犯罪捜査班(通称・ミハン)で研修中の吉岡拓海(森永悠希さん)と同期で、警視庁の“花形部署”捜査1課で研修しており、先輩刑事の早川誠二(マギーさん)と行動を共にすることが多い。キャリアでエリートという自負が強く、同期ながらいわくつきのミハンで研修している吉岡や、先輩ながらノンキャリアの早川のことを少し見下している……という設定。

 粗品さんは「オファーをいただいてから、改めて『絶対零度』シリーズを見返したのですが、『すごい作品に参加するんだな』と逆に緊張してしまいました」と語り、撮影については「沢村さん、マギーさんとご一緒だったのですが、『絶対零度』という大人気シリーズに途中からやってきた僕みたいな“浪速のチンピラ芸人”に対して、お二人は本当に優しく接してくださって、僕を“よそ者”にしないといいますか、温かく迎えていただいて感動しました」とコメント。

 また、見どころについて、「『絶対零度』ファンの皆様、“月9ドラマ”ファンの皆様、ドラマ好きの皆様には初めましてとなりますが、真剣にこのドラマに向き合っていきますのでふつつか者ですが、応援よろしくお願いいたします。逆に、僕のことを知ってくださっている方々には、『粗品、演技下手だな』と笑ってもらって結構ですが、普段のテレビ番組では一度も見せたことのない顔や表情が見られますので、そのあたりを楽しんでもらえたらと思います」と語っている。

(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ

家入レオ「絶対零度」で4度目の“月9”主題歌担当 「未完成な私だからこそ作れた曲」

来年1月から放送される連続ドラマ「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」の主題歌を担当する家入レオさん
来年1月から放送される連続ドラマ「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」の主題歌を担当する家入レオさん

 俳優の沢村一樹さんで主演で2020年1月期フジテレビ系“月9”枠(月曜午後9時)で放送される連続ドラマ「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」の主題歌を歌手の家入レオさんが担当することが12月13日、明らかになった。家入さんは、2018年7月期に放送された前作の主題歌も担当していた。また“月9”ドラマの主題歌を担当するのは今回が4回目で、同枠の主題歌担当回数は女性歴代1位タイとなった。

 主題歌の「未完成」は、作詞にミュージシャンの岡嶋かな多さんを迎え、家入さんも作詞に参加し、ドラマチームとの綿密なやりとりを経て、約5カ月かけて書き下ろしたという。家入さんは「『絶対零度』の脚本を読み終わった後、『完璧な人間なんていないよね』とつぶやいた自分がいました。主題歌として書き下ろした『未完成』では、信じていた愛や正義が、時を経てただの執着になっていく様を描きました。人が人を思うときに生まれる大きなパワーを、持て余してしまう未完成な私だからこそ作れた曲です」とコメントを寄せている。

 主演の沢村さんは「2018年の前作に続き、今作でも主題歌を担当していただき、大変うれしく思います。組織の矛盾やトラウマに悩み苦しむ登場人物たちに寄り添う、切なくも力強い歌詞と歌声に心を揺さぶられました。『未完成』というタイトルが『絶対零度』というドラマそのもの。この曲と共に新しいミハンチームを皆さんの元へお届けするのが、ますます楽しみになりました」とコメントしている。

「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」新作が2020年1月から“月9”で 沢村一樹“井沢”が殺人? 横山裕“山内”は監察官に

2020年1月から放送される連続ドラマ「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」に出演する(左から)本田翼さん、沢村一樹さん、「関ジャニ∞」横山裕さん
2020年1月から放送される連続ドラマ「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」に出演する(左から)本田翼さん、沢村一樹さん、「関ジャニ∞」横山裕さん

 俳優の沢村一樹さんが主演し、2018年7月期にフジテレビ系“月9”枠(月曜午後9時)で放送された連続ドラマ「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」の新作が放送される。来年1月6日から同枠で放送される。主人公・井沢範人役の沢村さん、山内徹役の「関ジャニ∞」横山裕さん、小田切唯役の本田翼さんが続投。同シリーズに登場した刑事、桜木泉役の上戸彩さんは今回出演しないという。

 「絶対零度」シリーズは、シーズン1(2010年)とシーズン2(2011年)で、新米女性刑事、桜木の活躍と成長を描いた。シーズン3となる前作の「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」では、元公安エリート刑事の井沢が「未然犯罪捜査システム」(=ミハンシステム)を駆使して危険人物を割り出し、“未来の犯罪を予測して捜査する”チームの活躍を描いた。前作の期間平均視聴率は10.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。今年4月には、国際メディアコンクール「ニューヨーク・フェスティバル」のエンターテインメント・ドラマ部門で銅賞を受賞した。

 新作は、大規模なテロが今まさに起きようとしている数カ月後の未来から始まる。何者かによって、東京都内数カ所に警戒最大レベルの爆発物が仕掛けられ、官邸から非常事態宣言が発動。SATや爆発物処理班が出動し、ミハンの山内と小田切も捜査に参加する。爆発物の捜索をする小田切は、ある部屋で、銃殺された女性とその横で拳銃を手にし、涙を浮かべながら立ち尽くす井沢を発見する……という展開。山内はミハンのメンバーとして捜査に当たるが、上層部からの辞令で井沢を監視するように命じられている監察官という設定で描かれる。

 ◇沢村一樹さんのコメント

 いつかまた「ミハンチーム」で集まれたらいいな、集まりたいなという思いと、ひょっとしたら続編があるかもという期待を持っていたので、今回の決定は本当にうれしいです。応援してくださった、視聴者の皆さまのお陰だと感謝しています。豪華な新メンバーを迎え、刷新された「ミハンシステム」に、メンバーそれぞれが心の闇や葛藤を抱えながらも前向きに取り組む姿勢を、前作を上回るアクション、スケールで、お届けしたいと思います! ご期待ください!

 ◇横山裕さんのコメント

 前回から約1年半という時を経て、再び絶対零度をやらせていただけるということで本当にありがたいですし、自分自身とてもうれしく思います。今回は新しい仲間がミハンに加わると聞いていますし、僕自身にも新たな任務ができるようですので、期待してください。そしてこの作品は、アクションシーンも見どころの一つなので、今回は一体どんな激しいアクションシーンが出てくるのか、僕も今から楽しみです! 視聴者の皆さんには前作以上にパワーアップしたエンターテインメントをお届けできるように僕も全力で挑みますので、ぜひ楽しみにしていてください。

 ◇本田翼さんのコメント

 今回、ミハンチームが復活すると聞いて素直にうれしかったです。そして新たなミハンメンバーの登場や新事実の発覚など、前作からさらに複雑で面白い物語になっているので、私自身も楽しみです。前回は暑い夏、今回は寒い冬と厳しい季節での撮影ですが、小田切として潜入捜査やアクションにも引き続き挑戦させていただきますので、よろしくお願いします。

 ◇企画・稲葉直人さんのコメント

 前作の放送終了から1年。日々報じられるニュースを見ていると、防犯カメラの分析によって犯人を検挙したというニュースが増えたように思います。ミハンのような捜査がいよいよ現実味を帯びてきたのではないでしょうか。また、悲しい、陰惨な事件を見聞きするたびに「ミハンのメンバーだったら未然に防ぐことができたんじゃないか」と考えたりもしました。ミハンがいれば、尊い命を救い出し、遺族が悲しみの底に落ちぬよう手を差し伸べ、人が人を憎む闇から解き放つことができたのに、と。そんなことを考えていたら、「ミハンのメンバーたちはその後どうなったのだろう?」と思うようになりました。あれからずっと心のどこかで会いたかったのだと思います。

 そんな中、今回続編を制作するチャンスをいただけました。やるからには前作以上にワクワクするドラマをお届けしたいと思います。半世紀ぶりにオリンピックが開催される2020年の首都・東京を舞台に、存分に暴れまわるミハンのメンバーに再会できること、その活躍が見られること、今から楽しみでなりません。