死にたい夜にかぎって ニュース

堀田真由 賀来賢人主演ドラマで“1分間だけの恋人”に BiSHアイナ・ジ・エンドがED主題歌担当

連続ドラマ「死にたい夜にかぎって」に出演する堀田真由さん (C)2020「死にたい夜にかぎって」製作委員会・MBS (C)爪切男/扶桑社
連続ドラマ「死にたい夜にかぎって」に出演する堀田真由さん (C)2020「死にたい夜にかぎって」製作委員会・MBS (C)爪切男/扶桑社

 女優の堀田真由さんが、賀来賢人さん主演で2月下旬から放送される連続ドラマ「死にたい夜にかぎって」(MBS・TBS)に出演することが2月12日、分かった。賀来さん演じる主人公の小野浩史が、“1分間だけの恋人”と名付け、ひそかに思いを寄せる新聞配達員の紺野さんを演じる。

 またエンディング主題歌は、楽器を持たないパンクバンド”とも呼ばれる人気グループ「BiSH」のアイナ・ジ・エンドさんが担当することも発表された。タイトルは「死にたい夜にかぎって」。アイナ・ジ・エンドさんは、原作(扶桑社)の文庫本に、解説文を寄稿しているほど愛読者だという。

 さらに特別編「あとがき」が、「TSUTAYA プレミアム」で独占配信されることも発表された。浩史(賀来さん)とアスカ(山本舞香さん)が別れた半年後が舞台で、アスカの新しい彼氏であるDJの西井役で浅香航大さん、浩史の初体験の相手であるミキ役で安達祐実さんが出演する。テレビ放送最終回終了後の3月31日深夜から配信される。

(C)2020「死にたい夜にかぎって」製作委員会・MBS (C)爪切男/扶桑社
(C)2020「死にたい夜にかぎって」製作委員会・MBS (C)爪切男/扶桑社
(C)2020「死にたい夜にかぎって」製作委員会・MBS (C)爪切男/扶桑社
(C)2020「死にたい夜にかぎって」製作委員会・MBS (C)爪切男/扶桑社

山本舞香、ドラマで賀来賢人を振り回す過激な女性役 高校で一番かわいい女子生徒に玉城ティナ

連続ドラマ「死にたい夜にかぎって」に出演する山本舞香さん(C)2020「死にたい夜にかぎって」製作委員会・MBS (C)爪切男/扶桑社
連続ドラマ「死にたい夜にかぎって」に出演する山本舞香さん(C)2020「死にたい夜にかぎって」製作委員会・MBS (C)爪切男/扶桑社

 女優の山本舞香さんが、賀来賢人さん主演で2月下旬から放送される連続ドラマ「死にたい夜にかぎって」で、ヒロインを務めることが1月24日、分かった。山本さんは、賀来さん演じる主人公・小野浩史の人生最愛の彼女であり、浩史を振り回す過激な女性・橋本アスカを演じる。

 また浩史を振り回す女性陣として、「君の笑った顔、虫の裏側に似てるよね」と言い放った、高校で一番かわいい女子生徒・山村を玉城ティナさん、浩史に思いを寄せ続ける部下でラッパーの岡田を小西桜子さん、初恋の相手で自転車泥棒の吉野を中村里帆さん、浩史の初体験の相手で出会い系サイトに生きる車椅子のミキを安達祐実さんが演じる。ほかに戸塚純貴さん、今井隆文さん、櫻井健人さん、青木柚さん、光石研さんが出演する。

 さらにドラマのオープニング主題歌に、ましのみさんが書き下ろした楽曲「7(ナナ)」が採用されたことも発表された。

 ◇山本舞香さんのコメント

 今回演じるアスカはすごく可愛らしさもあるけど心の病を持っている子です。このような役は初めてなので気合い入ってます! 村尾監督とは9年ぶりにご一緒するのですごく楽しみです。監督はじめ、スタッフの方々もとてもいい方ばかりなので楽しく撮影できそうです。しっかりと台本を読み込んで自分なりに役を作り演じていけたらと思っています。

(C)2020「死にたい夜にかぎって」製作委員会・MBS (C)爪切男/扶桑社
(C)2020「死にたい夜にかぎって」製作委員会・MBS (C)爪切男/扶桑社
(C)2020「死にたい夜にかぎって」製作委員会・MBS (C)爪切男/扶桑社
(C)2020「死にたい夜にかぎって」製作委員会・MBS (C)爪切男/扶桑社
(C)2020「死にたい夜にかぎって」製作委員会・MBS (C)爪切男/扶桑社
(C)2020「死にたい夜にかぎって」製作委員会・MBS (C)爪切男/扶桑社
(C)2020「死にたい夜にかぎって」製作委員会・MBS (C)爪切男/扶桑社
(C)2020「死にたい夜にかぎって」製作委員会・MBS (C)爪切男/扶桑社

賀来賢人が女性に振り回されるどうしようもない男に 連ドラ「死にたい夜にかぎって」で主演

連続ドラマ「死にたい夜にかぎって」で主演を務める賀来賢人さん(C)2020「死にたい夜にかぎって」製作委員会・MBS (C)爪切男/扶桑社
連続ドラマ「死にたい夜にかぎって」で主演を務める賀来賢人さん(C)2020「死にたい夜にかぎって」製作委員会・MBS (C)爪切男/扶桑社

 俳優の賀来賢人さんが、MBS・TBS深夜の「ドラマイズム」枠で2月下旬から放送される連続ドラマ「死にたい夜にかぎって」で主演を務める。ドラマは、女性に振り回され続けたどうしようもない男の半生を描く。

 ドラマは、ウェブサイト「日刊SPA!」で掲載された連載エッセーを「恋愛エピソード」を中心に再構築した爪切男(つめ・きりお)さんの同名小説(扶桑社)が原作。爪さんの実体験が基になっており、幼くして母に捨てられた男・小野浩史が、さまざまな女たちとの出会いを通じ、少しずつ笑顔を取り戻していく、もの悲しくもユーモアあふれる物語。

 監督は、ドラマ「アンナチュラル」「毒島ゆりこのせきらら日記」「リバース」(いずれもTBS系)などを演出した村尾嘉昭さん。賀来さんとはドラマ「Nのために」(TBS系)でもタッグを組んでおり、信頼関係があるという。脚本は「俺のスカート、どこ行った?」(日本テレビ系)などの加藤拓也さんが担当する。

 ドラマはMBSで2月23日から毎週日曜深夜0時50分、TBSで同月25日から毎週火曜深夜1時28分に放送。

 ◇村尾嘉昭監督のコメント

 この面白かなしい物語を、どうしようもなく愛してしまいました。主人公には悲惨な出来事ばかり起こるのに、つらいことの中にも楽しいことを見つけて笑っています。もしかしたら主人公は新しいタイプのヒーローなのかもしれません。カッコよくもないし、すぐ裏切るし、弱いし、悲惨でかわいそう。なのにちゃんと笑って生きる姿が、もしかしたら誰かを救うかもしれない。そう思いながらこの物語の主人公を想像したとき、多彩な表情と特に笑顔がとてもすてきな賀来賢人さん以外にはあり得ませんでした。一緒にたくさん笑って最高のドラマにしたいと思います。死にたい夜に、笑いと感動をお届けします!

 ◇爪切男さんのコメント

 原作を忠実になぞるだけの映像化は嫌です。ドラマでしかできない表現方法を存分に使って、原作無視で好き勝手にやってください。どれだけメチャクチャしても、私が作品の中に込めた一番大切なテーマは村尾監督が守ってくれるはずです。そして今、好き勝手やらせたら日本で一番面白いであろう賀来賢人さんが主演です。もう期待しかないです。

死にたい夜にかぎってMBS・TBS深夜「ドラマイズム」枠
MBSで2月23日から毎週日曜深夜0時50分
TBSで同月25日から毎週火曜深夜1時28分に放送