死にたい夜にかぎって あらすじ

死にたい夜にかぎってあらすじ

 ドラマ「死にたい夜にかぎって」は、俳優の賀来賢人が主演を務め、MBS・TBS深夜の「ドラマイズム」枠で2月下旬から放送される。ドラマは、ウェブサイト「日刊SPA!」で掲載された連載エッセーを「恋愛エピソード」を中心に再構築した爪切男(つめ・きりお)さんの同名小説(扶桑社)が原作。爪さんの実体験が基になっており、幼くして母に捨てられた男・小野浩史が、さまざまな女たちとの出会いを通じ、少しずつ笑顔を取り戻していく、もの悲しくもユーモアあふれる物語。

 監督は、ドラマ「アンナチュラル」「毒島ゆりこのせきらら日記」「リバース」(いずれもTBS系)などを演出した村尾嘉昭さん。賀来さんとはドラマ「Nのために」(TBS系)でもタッグを組んでおり、信頼関係があるという。脚本は「俺のスカート、どこ行った?」(日本テレビ系)などの加藤拓也さんが担当する。

 ドラマはMBSで2月23日から毎週日曜深夜0時50分、TBSで同月25日から毎週火曜深夜1時28分に放送

ドラマ「死にたい夜にかぎって」のあらすじ

死にたい夜にかぎってMBS・TBS深夜「ドラマイズム」枠
MBSで2月23日から毎週日曜深夜0時50分
TBSで同月25日から毎週火曜深夜1時28分に放送