ハケンの品格 ニュース

最終話視聴率12.6% 篠原涼子主演13年ぶり続編

連続ドラマ「ハケンの品格」最終第8話のワンシーン(C)日本テレビ
連続ドラマ「ハケンの品格」最終第8話のワンシーン(C)日本テレビ

 女優の篠原涼子さん主演の連続ドラマ「ハケンの品格」(日本テレビ系、水曜午後10時)の最終第8話が8月5日に放送され、平均視聴率(世帯)は12.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。

 第8話は、里中(小泉さん)が人生を懸けたコンビニプロジェクトだったが、パイロット店舗での内覧会で、株主や投資家たちには評判が悪かった。本来のターゲットである働く女性や、子育てを頑張るお母さんたちと彼らとは客層が違ったのだ。さらに宮部社長(伊東さん)は、春子提案の、レジ横で売るアジフライを止めるよう命令する。AIによるとアジフライで成功する確率は0.001%。それでも春子の思いつきの方を信じるという里中に、宮部社長はAIと春子との勝負を提案し、決着を囲碁対決でつけることに。東海林(大泉さん)は汚い手を使っても勝てと春子に助言するが、春子の戦い方はみんなの想像をはるかに超えていて……と展開した。

篠原涼子、着物姿で「ハケンの品格」撮了 コロナ禍乗り越え… 最後は“初代メンバー”で笑顔の記念撮影

連続ドラマ「ハケンの品格」に出演する(左から)上地雄輔さん、大泉洋さん、篠原涼子さん、小泉孝太郎さん、勝地涼さん=日本テレビ提供
連続ドラマ「ハケンの品格」に出演する(左から)上地雄輔さん、大泉洋さん、篠原涼子さん、小泉孝太郎さん、勝地涼さん=日本テレビ提供

 女優の篠原涼子さん主演の連続ドラマ「ハケンの品格」(日本テレビ系、水曜午後10時)がクランクアップを迎えた。主人公・春子役の篠原さんは着物姿で、「コロナの影響で撮影の一時中断などがありましたが、約半年家族やスタッフ、キャスト、そして視聴者の皆さまに支えられてクランクアップを迎えることができました。本当にありがとうございました」と感謝を語った。最終話は8月5日に放送される。

 ドラマは、2007年に放送された同名ドラマの13年ぶりの続編。篠原さん扮(ふん)する一匹狼の最強ハケン社員・大前春子の働き方を描いた作品で、令和の時代となった今回は、「働き方改革」「高齢化」「副業」「アウトソーシング」「AI導入」「過労死」などをテーマに、新しい時代の働く人の品格を問う。前作同様、中園ミホさんが脚本を担当している。

 ラストシーンの撮影が終わると、最後は篠原さんのほか、小泉孝太郎さん、勝地涼さん、上地雄輔さん、大泉洋さんの“初代メンバー”がそろって笑顔の記念撮影も行われた。篠原さんは、「最終回にふさわしい内容になっておりますので、せひご覧いただけたらと思います」と視聴者に呼びかけた。

 最終話は、里中(小泉さん)が人生を懸けたコンビニプロジェクトだったが、パイロット店舗での内覧会で、株主や投資家たちには評判が悪かった。本来のターゲットである働く女性や、子育てを頑張るお母さんたちと彼らとは客層が違ったのだ。さらに宮部社長(伊東四朗さん)は、春子(篠原さん)提案の、レジ横で売るアジフライを止めるよう命令する。AIによるとアジフライで成功する確率は0.001%。それでも春子の思いつきの方を信じるという里中に、宮部社長はAIと春子との勝負を提案し、決着を囲碁対決でつけることに。東海林(大泉さん)は汚い手を使っても勝てと春子に助言するが、春子の戦い方はみんなの想像をはるかに超えていて……と展開する。

<テレビ試写室>「ハケンの品格」第5話 篠原涼子&大泉洋の掛け合い満載! “衝撃のひと言”も

女優の篠原涼子さんの主演ドラマ「ハケンの品格」の第5話のワンシーン(C)日本テレビ
女優の篠原涼子さんの主演ドラマ「ハケンの品格」の第5話のワンシーン(C)日本テレビ

 ドラマからドキュメンタリー、バラエティー、アニメまで、さまざまなジャンルのテレビ番組を放送前に確認した記者がレビューをつづる「テレビ試写室」。今回は7月15日午後10時から放送される、女優の篠原涼子さん主演のドラマ「ハケンの品格」(日本テレビ系)第5話だ。

 2007年に放送された同名ドラマの続編。篠原さん扮(ふん)する一匹狼の最強ハケン社員・大前春子の働き方を描く。13年ぶりの今回は「働き方改革」「高齢化」「副業」「アウトソーシング」「AI導入」「過労死」などをテーマに、新しい時代の働く人の品格を問う。前作同様、中園ミホさんが脚本を担当している。

 7月8日放送の第4話では、“とっくり”こと篠原さん演じる大前春子と、“くるくるパーマ”こと大泉洋さん演じる東海林武の掛け合いが登場し、視聴者を大きく盛り上げた。第5話でもそれは健在。冒頭から度々登場するので、たっぷりと堪能してほしい。

 13年ぶりに食品商社の東京本社へ戻った東海林を中心に物語が展開する。東海林は、北海道で美味しく痩せると評判のお菓子「黒豆ビスコッティ」を全国展開しようと、ダイエット効果を証明するデータと100人の女性達のアンケートを持って帰ってきていた。しかし、雑誌の取材をきっかけに、ダイエット効果のデータ改ざんが疑われ、ついには謝罪会見を開くことに……。

 いつもは明るくユーモアあふれる東海林だが、今回は落ち込む姿も描かれる。春子は「めずらしく殊勝ですね」と声を掛ける。

 笑顔で“衝撃のひと言”を伝える場面も。思わず、小泉孝太郎さん演じる里中が「大前さん、いくらなんでもこの状況でそれを言うのは……」ととがめるほどの表現で、記者は何度見てもこのシーンで笑ってしまった。ぜひオンエアで確認してほしい。

 脚本の中園さんは「やっぱりドラマを見ている時は、頭空っぽにして、笑って見てほしい。そして、次の日も『よしっ! 会社に行こう』って元気になってほしい。それだけの思いで書いています」と話していた。

 篠原さんと大泉さんの掛け合い満載な第5話を楽しんでほしい。

<インタビュー>「ハケンの品格」脚本家・中園ミホに聞く 篠原涼子“大前春子”の誕生秘話 モデルは…

脚本家の中園ミホさんが手がけた、女優の篠原涼子さんの主演ドラマ「ハケンの品格」のワンシーン(C)日本テレビ
脚本家の中園ミホさんが手がけた、女優の篠原涼子さんの主演ドラマ「ハケンの品格」のワンシーン(C)日本テレビ

 13年ぶりに復活した女優の篠原涼子さんの主演ドラマ「ハケンの品格」(日本テレビ系、水曜午後10時)。篠原さん演じる一匹狼の最強ハケン社員・大前春子が、数々の高いスキルを武器に、“お時給”の分はしっかり働きつつ、正社員に向かって「有給たっぷりの皆さんとは違うんです!」と言い放つ姿などが描かれ、視聴者からは「スカッとする」「めちゃめちゃ元気になる」など早くも支持を集めている。脚本を手がける中園ミホさんにとって、今作は初めて自らが発案し、企画した作品。ドラマ復活の背景や、春子のモデル、篠原さんの印象などを中園さんに聞いた。

 ◇延べ100人以上の派遣社員に取材

 「ハケンの品格」は、数々の資格を持つ時給3000円のスーパー派遣社員・大前春子の働き方を描く作品。「私を雇って後悔はさせません。3カ月間お時給の分はしっかり働かせていただきます」というせりふ通り、高いスキルでさまざまな問題を解決していく。令和の時代となった今回は、「働き方改革」「高齢化」「副業」「アウトソーシング」「AI導入」「過労死」などをテーマに、新しい時代の働く人の品格を問う。

 13年ぶりとなる今回の続編が放送されると、SNSでは「おかえり大前春子さん」「篠原涼子は本当に変わらない!」「フラメンコを踊る春子、変わらず」など歓迎の声が上がった。“とっくり”こと篠原さん演じる春子と、“くるくるパーマ”こと大泉洋さん演じる東海林武のやりと取には、「やっぱり名コンビ」「トックリとくるくるパーマのやり取りが面白くて最高!」などのコメントが並んだ。

 ドラマが始まる前に、「『ハケンの品格』は、実際の派遣社員の女性たちと取材という名の飲み会を何度も重ねて、生まれた作品です」とコメントしていた中園さん。13年ぶりに復活した背景を聞くと、「昨年1月に放送されたNHKの『クローズアップ現代プラス』のインタビューで、『今も(当時取材した)“派遣さん”と飲み会を続けていて、(派遣社員を取り巻く)状況はもっと厳しくなっているから、もう一回『ハケンの品格』は書かないといけないと思っているんです』って話をしたんです。そうしたら、すぐに日本テレビさんが『やりましょう』って言ってくださって」と明かす。

 続編が決まったときの思いを、「彼女たちに『ずっと続編やらないんですか?』と言われていたので、『ああ、みんなが喜んでくれる!』って」と話した中園さん。これまでに延べ100人以上の派遣社員を取材してきたといい、女性だけではなく、近年増えたという男性の派遣社員や、派遣会社で働く人、派遣社員の職場の管理職の人にも話を聞いたという。

 前作で派遣社員を取材したときのことについて、「本当にもう最初はみんなガードが固かった」と明かした中園さんだが、回を重ねるにつれて、だんだん本音を言ってくれる関係性に変化。徹底的に取材を行うスタイルから“取材の中園”とも言われる中園さんは、「そこだけはどんな脚本家にも負けないくらい、時間をかけています。自腹で飲み会をやりますから、お金もかけるんですけど(笑い)」と明かす。

 一方で、「取材をしたのなら『もっとリアルなドラマになるだろう』と言われる」と明かしたが、「いくら取材したからって言って、それをそのまんまドラマで(再現して)、『夜疲れて帰ってきて見たいか?』って言ったら、私だったら見たくない」と作り手としての思いを明かす。「いろいろやりたいことはあったんですけど、派遣さんたちがメールで『私たち、元気になりたいんです』と言ってくれた。難しいことはやめて、とにかく元気が出る、スカッと明るく楽しい話にしたいなって」と話す。

 ◇大前春子が誕生するまで

 篠原さん演じる大前春子というキャラクターに、モデルがいるかどうかを尋ねてみると、「あんな人、いたら大変」と笑った中園さん。「(はじめの頃は)派遣さんたちの本音はなかなか聞けなかったけど、何カ月も取材をしたら、ダムが決壊するように皆さんいろいろな思いを話してくださって。つらいこともね、頭にくることもね。そのときに、『これをヒロインに言わせたい』ってまず思った」と振り返る。

 しかし、派遣という立場上、言いたい放題に本音を言ってしまうと、「明日から来なくていい」と言われる可能性が出てきてしまう。「次に、いろいろな会社を渡り歩く人の話にしようかなと思いましたが、そうすると連ドラの都合上、セットにお金がかかってしまう。じゃあどうしたらいいんだろうと思ったら、ものすごいスキルがある人にすれば、言いたいこと言っても、ヒューマンスキルゼロでもやめさせられない。彼女たちのリアルな本音を言わせるには、ああいうぶっ飛んだ人物にするしかなかった」と明かす。

 そんな逆算もあり、「ものすごい数の資格を持つ」という春子の設定が誕生。春子役の篠原さんからは、「『中園さん、私(春子)は何歳なんですか?って(笑い)。あの資格を全部取るとなると、100歳くらいになりますよね?」と聞かれたこともあったのだという。

 ◇大前春子は「篠原涼子と一緒に育てた」

 篠原さんの印象を「普段はキャピキャピしていて女子高生みたい」「菩薩みたいに、本当に愛情深い方」と表現する中園さんは、篠原さんのキャラクターに「ものすごい助けられた」と感謝する。ニコリともせず、「サイボーグみたいな感じ」で登場し、問題をあっという間に解決し、午後5時に帰っていくという春子について、当初、中園さんは「ロボット」のような印象を持っていたという。

 「それが、篠原さんが演じると、その中に愛情がたっぷりあることがにじみ出ちゃう。篠原さんがやると、ツンツンしているけれど、本当はあったかい人って感じになってきました。シリーズ1の1話と最終回では、全然印象が変わると思う。それは篠原さんの人間力ですね」と語る。

 そんな篠原さんからは、春子が始業前に行う“大前体操”などのアイデアが飛び出すという。「『今回はこれにしたいんですけど』と言って動画を送ってくれて(笑い)。あれは彼女が考えてやってくれています。バージョンアップしています」とアピール。

 「一番おかしかったのは、シリーズ1の最後のシーンで、(大泉さん演じる)東海林に『今度はあなたに社長賞を取っていただきます』という場面がある。ある意味ラブシーンなんですが、篠原さんが『眉毛はくるくるパーマじゃないんですね』と言いたいって言い出して(笑い)それをそのまんまセリフに使ったんです」と明かす。

 「そういう突拍子もない面白いことを思いつく方なので、一緒に大前春子を育てていっている感じがします」と話した中園さん。最後に、視聴者に向けて「やっぱりドラマを見ているときは、頭空っぽにして、笑って見てほしい。そして、次の日も『よしっ! 会社に行こう』って元気になってほしい。それだけの思いで書いています」と呼びかけた。

 ◇

 なかぞの・みほ 東京都生まれ。日本大学芸術学部卒業後、広告代理店勤務、コピーライターを経て、14歳から師事していた今村宇太子さんのもとで、占い師として活動を開始。1988年に脚本家としてデビュー。「やまとなでしこ」(フジテレビ系)、「anego」「ハケンの品格」(共に日本テレビ系)、「Doctor-X 外科医・大門未知子」(テレビ朝日系)、NHK連続テレビ小説「花子とアン」、NHK大河ドラマ「西郷どん」など数々のテレビドラマを手がける。「占いで強運をつかむ」(マガジンハウス)が発売中。

(C)日本テレビ
(C)日本テレビ
(C)日本テレビ
(C)日本テレビ
(C)日本テレビ
(C)日本テレビ

「ハケンの珍客」第4話の“珍客”は18年ぶり共演の久本雅美&柴田理恵 杉野遥亮は「何度見ても楽しめる」とアピール

スピンオフドラマ「ハケンの珍客」第4話に出演する(左から)杉野遥亮さん、久本雅美さん、中村海人さん(C)NTV
スピンオフドラマ「ハケンの珍客」第4話に出演する(左から)杉野遥亮さん、久本雅美さん、中村海人さん(C)NTV

 女優の篠原涼子さん主演の連続ドラマ「ハケンの品格」(日本テレビ系、水曜午後10時)のオリジナルスピンオフ「ハケンの珍客」第4話に、タレントの久本雅美さんと柴田理恵さんが出演する。久本さんが“スーパーなハケン”の二重橋直子、柴田さんが女性プロデューサー役として出演する第4話の見どころを、本作で新入社員を演じる杉野遥亮さん、人気グループ「Travis Japan」の中村海人さんが語った。

 中村さんは、久本さんと柴田さんについて「豪華でインパクトのあるお二人」だと印象を語り、「このお二人の共演が18年ぶりと聞いて、そんな貴重な機会を『ハケンの珍客』に使っていただいてとてもうれしかったですし、光栄でした」とコメント。「4話から撮り方、見え方も変わるので視聴者の皆さんもビックリすると思いますが、これまでとは違う楽しみ方ができるので、ぜひ見てほしいです」と話している。

 また、杉野さんは「かなり斬新な撮り方をしているので、僕もどんな仕上がりになっているのかとても楽しみですし、このような状況で新しいことにチャレンジできたことはすごくうれしかったです」と振り返り、「『これは何度見ても楽しめる映像になっているかも……』と思って演じていたので、皆さんもぜひ楽しみに待っていてください」とアピールしている。

 スピンオフでは、ドラマで新入社員を演じる杉野さん、中村さん、派遣社員を演じる吉谷彩子さん、山本舞香さんの4人をメインに、ドラマ本編と並行するもう一つの物語を描く。動画配信サービス「Hulu(フールー)」で独占配信中で、毎週ドラマの放送終了後に新エピソードが配信される。

 ◇杉野遥亮さんのコメント

 かなり斬新な撮り方をしているので、僕もどんな仕上がりになっているのかとても楽しみですし、このような状況で新しいことにチャレンジできたことはすごくうれしかったです。柴田さんとははじめましてだったんですが、たたずまいだとか雰囲気の作り方がすてきで、なるべく目に焼き付けておこうと思って見ていました。久本さんは、シーズンレギュラーで出演していた「ヒルナンデス!」でご一緒させていただいていましたが、お芝居の現場ははじめてでしたので、いつもと違った久本さんが見られてうれしかったです。「これは何度見ても楽しめる映像になっているかも……」と思って演じていたので、皆さんもぜひ楽しみに待っていてください!

 ◇中村海人さんのコメント

 4話から撮り方、見え方も変わるので視聴者の皆さんもビックリすると思いますが、これまでとは違う楽しみ方ができるので、ぜひ見てほしいです。さらに今回の珍客は柴田理恵さんと久本雅美さんというとても豪華でインパクトのあるお二人です。久本さんは以前僕の舞台を見に来てくださっていたみたいで……それでさえうれしかったのに、このお二人の共演が18年ぶりと聞いて、そんな貴重な機会を「ハケンの珍客」に使っていただいてとてもうれしかったですし、光栄でした。絶対に面白い仕上がりになっていると思いますので、ぜひお楽しみください!

<SNS反響>“とっくり”篠原涼子&“くるくるパーマ”大泉洋に「名コンビ」「最高」の声

女優の篠原涼子さんの主演ドラマ「ハケンの品格」の第1話のワンシーン(C)日本テレビ
女優の篠原涼子さんの主演ドラマ「ハケンの品格」の第1話のワンシーン(C)日本テレビ

 女優の篠原涼子さんの主演ドラマ「ハケンの品格」(日本テレビ系、水曜午後10時)の第1話が、6月17日に放送された。2007年に放送された同名ドラマの約13年ぶりの続編で、篠原さん演じる一匹狼の最強ハケン社員・大前春子と、大泉洋さん演じる東海林武が、前作同様に「とっくり!」「くるくるパーマ!」とやりあう場面が登場した。視聴者からは、「やっぱり名コンビ」「トックリとくるくるパーマのやり取りが面白くて最高!」などの声が上がるなど、注目を集めた。

 ドラマは、一匹狼の最強ハケン社員・大前春子の働き方を描いた作品。令和の時代となった今回は、「働き方改革」「高齢化」「副業」「アウトソーシング」「AI 導入」「過労死」などをテーマに、新しい時代の働く人の品格を問う。前作同様、中園ミホさんが脚本を担当。佐藤東弥さんと丸谷俊平さんが演出を務める。

 続編には篠原さん、大泉さん、小泉孝太郎さん、勝地涼さん、上地雄輔さんが続投するほか、新キャストとして杉野遥亮さん、吉谷彩子さん、山本舞香さん、人気グループ「Travis Japan」の中村海人さん、お笑いコンビ「ドランクドラゴン」の塚地武雅さん、伊東四朗さんも出演する。

 第1話は、かつての勢いを失った食品商社S&Fで、営業企画課の課長になった里中(小泉さん)が、「今、彼女が来てくれたら……」とつぶやく。こうして、伝説の“スーパーハケン”大前春子が戻ってきて……というストーリーで、「私を雇って後悔はさせません。3カ月間お時給の分はしっかり働かせていただきます」などと話す春子の姿が描かれた。

 SNSには、「大前春子相変わらずかっこいい」「おかえり大前春子さん」「篠原涼子は本当に変わらない!」などのコメントが並んだ。

 また、東海林との再会や、東海林とやりあう春子のシーンについては、「とっくりとくるくるパーマの再会きたあ」「大泉洋さんとの掛け合いも13年ぶりとか思えないくらいいつも通りで最高でした」など話題を集めていた。

初回視聴率14.2%で2桁好発進! “最強ハケン”篠原涼子に「相変わらずかっこいい」の声

女優の篠原涼子さんの主演ドラマ「ハケンの品格」の第1話のワンシーン(C)日本テレビ
女優の篠原涼子さんの主演ドラマ「ハケンの品格」の第1話のワンシーン(C)日本テレビ

 女優の篠原涼子さん主演の連続ドラマ「ハケンの品格」(日本テレビ系、水曜午後10時)の第1話が6月17日に放送され、平均視聴率は14.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と2桁を記録し、好スタートを切った。

 第1話は、かつての勢いを失った食品商社S&Fで、営業企画課の課長になった里中(小泉さん)が、「今、彼女が来てくれたら……」とつぶやく。こうして、伝説の“スーパーハケン”大前春子(篠原さん)が戻ってきた。「とっくりが舞い戻ったって本当か!」と旭川支社・支社長補佐の東海林(大泉さん)は春子との再会に感激するが、完全に無視されるのだった。

 そんな中、停泊するクルーザー上での社運をかけた商談で、通訳を任される春子。しかし、商談は破談寸前。すると、里中の携帯に、新人ハケンの小夏(山本さん)から「助けてください。人事部の人たちに監禁されて……」と連絡が入り……という展開だった。SNSでは、「大前春子相変わらずかっこいい」「おかえり大前春子さん」「篠原涼子は本当に変わらない!」などの声が上がるなど、注目を集めていた。

<SNS反響>13年ぶりに復活 “最強ハケン”篠原涼子に「おかえり」「全く変わらない」と大盛り上がり

女優の篠原涼子さんの主演ドラマ「ハケンの品格」の第1話のワンシーン(C)日本テレビ
女優の篠原涼子さんの主演ドラマ「ハケンの品格」の第1話のワンシーン(C)日本テレビ

 女優の篠原涼子さんの主演ドラマ「ハケンの品格」(日本テレビ系、水曜午後10時)の第1話が、6月17日に放送された。2007年に放送された同名ドラマの約13年ぶりの続編で、再び一匹狼の最強ハケン社員・大前春子を演じる篠原さんについて、SNSでは「おかえり大前春子さん」「篠原涼子は本当に変わらない!」「13年前から全く変わってない…」などの声が飛び交っていた。

 SNSでは、「久しぶりの春子さん」「篠原涼子さん 待ってましたー」「ハケンキター」など大盛り上がり。冒頭では、篠原さんがフラメンコを踊る場面も登場し、「フラメンコを踊る春子、変わらず」「綺麗すぎる」と絶賛の声もあがっていた。

<ドラマ紹介>「ハケンの品格」 13年ぶりに復活! 篠原涼子が再び最強ハケンに 第1話あらすじも

女優の篠原涼子さんの主演ドラマ「ハケンの品格」の第1話のワンシーン(C)日本テレビ(C)日本テレビ
女優の篠原涼子さんの主演ドラマ「ハケンの品格」の第1話のワンシーン(C)日本テレビ(C)日本テレビ

 女優の篠原涼子さんの主演ドラマ「ハケンの品格」(日本テレビ系、水曜午後10時)が、6月17日にスタートする。2007年に放送された同名ドラマの約13年ぶりの続編で、篠原さんは再び一匹狼の最強ハケン社員・大前春子を演じる。前作に出演した小泉孝太郎さん、大泉洋さん、勝地涼さん、上地雄輔さんも続投する。

 ドラマは、一匹狼の最強ハケン社員・大前春子の働き方を描いた作品。令和の時代となった今回は、「働き方改革」「高齢化」「副業」「アウトソーシング」「AI 導入」「過労死」などをテーマに、新しい時代の働く人の品格を問う。前作同様、中園ミホさんが脚本を担当。佐藤東弥さんと丸谷俊平さんが演出を務める。

 新キャストとして、杉野遥亮さん、吉谷彩子さん、山本舞香さん、アイドルグループ「Travis Japan」の中村海人さん、お笑いコンビ「ドランクドラゴン」の塚地武雅さん、伊東四朗さんが出演する。

 第1話は、かつての勢いを失った食品商社S&Fで、営業企画課の課長になった里中(小泉さん)が、「今、彼女が来てくれたら……」とつぶやくと、それを聞いていた当時を知る浅野(勝地さん)が「まさかあの人呼ぶんですか」と話し……。こうして、伝説の“スーパーハケン”大前春子が戻ってきた。「とっくりが舞い戻ったって本当か!」と旭川支社・支社長補佐の東海林(大泉さん)は春子との再会に感激するが、完全に無視されるのだった。

 そんな中、停泊するクルーザー上での社運を懸けた商談で、通訳を任される春子。しかし、商談は破談寸前。すると、里中の携帯に、新人ハケンの小夏(山本さん)から「助けてください。人事部の人たちに監禁されて……」と連絡が入る。

 ハケンの亜紀(吉谷さん)が社員からセクハラされているのを、小夏が匿名で告発したら、軟禁されてしまったという。クルーザー上の春子と里中、保養所に監禁された小夏ら、研修中の東海林。この後、春子の決断で彼らの身にとんでもない出来事が同時に起ころうとしていて……というストーリー。

Travis Japan中村海人、出演は「夢なのかなって」 杉野遥亮、吉谷彩子、山本舞香ら新キャストコメント

連続ドラマ「ハケンの品格」キャスト陣=日本テレビ提供
連続ドラマ「ハケンの品格」キャスト陣=日本テレビ提供

 女優の篠原涼子さん主演の連続ドラマ「ハケンの品格」(日本テレビ系、水曜午後10時)が、6月17日にスタートする。本作は約13年ぶりの新作で、新キャストの杉野遥亮さん、吉谷彩子さん、山本舞香さん、人気グループ「Travis Japan」の中村海人さん、お笑いコンビ「ドランクドラゴン」の塚地武雅さん、伊東四朗さんのコメントが公開された。

 ◇井手裕太郎役の杉野遥亮さんのコメント

 ついに! 「ハケンの品格」が放送されます! 新しい働き方とは。それをS&Fの社員はどう感じ、どう変わっていくのか。そして、大前春子さんの愛をどう受け取るのか。全話を通して一緒に学んでいけたら幸いです。どうか井手を温かく見守り、彼の意志を強く感じてください。ぜひ、お楽しみに!

 ◇福岡亜紀役の吉谷彩子さんのコメント

 改めまして福岡亜紀役を演じさせていただきます、吉谷彩子です。亜紀は、この作品の中で最も視聴者の方に共感していただける役どころだと思っています。第1話から亜紀が少しずつ強く成長する姿を最後まで見守っていただけるとうれしいです。撮影も再開し、皆様に無事第1話をお届けできる喜びと共に最後まで身を引き締めてチーム一丸となって頑張っていきたいと思います。

 ◇千葉小夏役の山本舞香さんのコメント

 やっと皆様にお届けできる日が来ました! このチームに参加させていただいて、先輩たちのお芝居を見させていただきながら日々勉強させていただいています。すごく明るくて楽しくてそれでいて緊張感のある現場です。スタッフの方々もいつも笑顔で座長の篠原さんが現場を盛り上げてくださっています! ぜひお楽しみに!!

 ◇三田貴士役の中村海人さんのコメント

 今回三田貴士役で出させていただきますTravis Japanの中村海人です。ハケンの品格に出させていただけると聞いた時は夢なのかなって思いました。ただ、その感覚は撮影初日に向かうにつれてどんどん現実味を増してきて自分の中で緊張感や色々な思いの中優しいキャストやスタッフさんの皆さんに助けられて日々勉強しています。少しでも、この子いい演技するなっ、て三田貴士がいてよかったなって思ってもらえるように頑張りますので毎週楽しみに見てもらいたいです! 僕も、日々精進して走り抜けて三田貴士をもっと演じます! ぜひ、Huluでもハケンの珍客もあるので見てもらえるとうれしいです。長くなってすみません! これから、毎週楽しみにしていてください!

 ◇宇野一平役の塚地武雅さんのコメント

 今回から参加させていただく宇野部長役の塚地です。人気の作品ですのでプレッシャーもありますが携われるなんて光栄なことなので全力で挑みたいと思います! 大前春子を知らない人物なので前作から見ている人は宇野、分かってないなー!と、今作から見る人は僕と同じ立場で見てもらえたらなと。このご時世、この作品を見てスカッとしてもらえたら幸いです! 僕自身お笑いからのハケンみたいなところもありますので皆さんに負けないよう頑張ります! ここをこうこうこう!

 ◇宮部蓮三役の伊東四朗さんのコメント

 新社長として乗り込んできます。さて、スーパーハケンの大前春子との関係は……? 実に楽しみです。

小泉孝太郎、続編出演「喜びをかみ締めています」 大泉洋は篠原涼子と13年ぶり熱いバトル?

連続ドラマ「ハケンの品格」キャスト陣=日本テレビ提供
連続ドラマ「ハケンの品格」キャスト陣=日本テレビ提供

 女優の篠原涼子さん主演の連続ドラマ「ハケンの品格」(日本テレビ系、水曜午後10時)が、6月17日にスタートする。本作は約13年ぶりの新作で、前作から出演している里中賢介役の小泉孝太郎さんは「13年の時を経て、ハケンの品格という作品の中で里中を演じられる喜びをかみ締めています」と明かし、東海林武役の大泉洋さんは「あれから13年がたち、僕演じる東海林武はどのような変貌を遂げているのか? 遂げていないのか!? そして13年ぶりの大前春子さんとの熱いバトルも(笑い)。大変な今だからこそ、元気が出る痛快なドラマになっております!」とコメントを寄せている。

 ◇小泉孝太郎さんのコメント

 13年の時を経て、ハケンの品格という作品の中で里中を演じられる喜びをかみ締めています。そして、何よりもこの連続ドラマは大前春子物語です。13年前を知っている方、知らない方も大前春子ここにあり、という強烈な存在感を放つスーパー派遣の大前春子が2020年も君臨します。第1話では、彼女との再会が僕らに何をもたらすのか、そして、大前春子が見据えている日本の未来とはどういうものなのか? きっと第1話から大前春子ワールドに引きずり込まれると思います。大前春子とは何者なのか、日本の未来はどうなるのだろうか? 大前春子の生きざまと共にこのドラマが持っているエネルギーを楽しく感じてもらえたらうれしく思います。

 ◇浅野務役の勝地涼さんのコメント

 2カ月もの間、撮影中止になっていたので、再開初日は正直、不安もありました。感染予防対策をしながらの撮影でしたが、以前と変わらず、笑いのある明るい現場の雰囲気をすぐに取り戻せました。自粛期間中に、前作の「ハケンの品格」が再放送されていましたが、大前春子の活躍を見て、自分自身も前向きな気持ちになれたので、今回、さらにパワーアップした大前春子は、皆様にきっと元気を与えられると思います。楽しみにしていてください。

 ◇近耕作役の上地雄輔さんのコメント

 13年以上たっても変わらない大前春子の力強さと可愛らしさと、スカッとする爽快な物語になっていると思います。日本や世界中がスカッとしたい気持ちがある今だからこそ、見ている方が見終わった後さらに前に進めるようになってくれたらうれしいと思っています!

 ◇大泉洋さんのコメント

 皆様、大変長らくお待たせいたしました! 13年ぶりの「ハケンの品格」がついに放送開始となります! あれから13年がたち、僕演じる東海林武はどのような変貌を遂げているのか? 遂げていないのか!? そして13年ぶりの大前春子さんとの熱いバトルも(笑い)。大変な今だからこそ、元気が出る痛快なドラマになっております! 今日夜10時! ぜひご覧ください!

篠原涼子「ハケンの品格」初回迎え「とてもうれしい」 13年ぶり続編きょうスタート

連続ドラマ「ハケンの品格」キャスト陣=日本テレビ提供
連続ドラマ「ハケンの品格」キャスト陣=日本テレビ提供

 女優の篠原涼子さん主演の連続ドラマ「ハケンの品格」(日本テレビ系、水曜午後10時)が、6月17日にスタートする。本作は約13年ぶりの続編で、4月スタートの予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大の影響でスタートが延期されていた。篠原さんは「本日ついに初回の放送日を迎えられたことをとてもうれしく思っています。楽しみに待っていてくれた皆様どうもありがとうございます」とコメントしている。

 ◇篠原涼子さんのコメント

 本日ついに初回の放送日を迎えられたことをとてもうれしく思っています。楽しみに待っていてくれた皆様どうもありがとうございます。そして経験したことがないこのような状況の中、作品をお届けさせていただけるということに感謝しております。

 大前春子をはじめ、個性豊かな面々が登場するパワフルで爽快なこの作品が、日々のモチベーションを上げてくれること間違いなしです! パワーアップした「ハケンの品格」をぜひお楽しみください!

YouTube企画スタート 杉野遥亮、中村海人、吉谷彩子、山本舞香が紙芝居対決

連続ドラマ「ハケンの品格」のYouTube企画に出演する中村海人さん(左)と杉野遥亮さん=日本テレビ提供
連続ドラマ「ハケンの品格」のYouTube企画に出演する中村海人さん(左)と杉野遥亮さん=日本テレビ提供

  女優の篠原涼子さん主演の連続ドラマ「ハケンの品格」(日本テレビ系、水曜午後10時)に出演する俳優の杉野遥亮さんと人気グループ「Travis Japan」の中村海人さん、女優の吉谷彩子さん、山本舞香さんが登場するドラマのPR動画が6月13日、YouTubeの日本テレビ公式チャンネルで配信された。

 杉野さんと中村さんの「社員チーム」、吉谷さんと山本さんの「派遣チーム」に分かれ、スタッフからの難題に挑む動画で、第1回の企画では罰ゲームをかけて、ドラマ第1話の見どころを5枚の紙芝居で紹介する企画が行われている。

日本テレビ提供
日本テレビ提供

Huluでオリジナルスピンオフ「ハケンの珍客」配信 杉野遥亮、中村海人、吉谷彩子、山本舞香メインの物語

スピンオフドラマ「ハケンの珍客」に出演する(左後ろから)中村海人さん、杉野遥亮さん、(左手前から)山本舞香さん、吉谷彩子さん(C)NTV
スピンオフドラマ「ハケンの珍客」に出演する(左後ろから)中村海人さん、杉野遥亮さん、(左手前から)山本舞香さん、吉谷彩子さん(C)NTV

 女優の篠原涼子さん主演の連続ドラマ「ハケンの品格」(日本テレビ系、水曜午後10時)のオリジナルスピンオフが、「ハケンの珍客」として動画配信サービス「Hulu」で配信されることが5月10日、分かった。新入社員を演じる杉野遥亮さん、人気グループ「Travis Japan」の中村海人さん、派遣社員を演じる吉谷彩子さん、山本舞香さんの4人をメインに、ドラマ本編と平行するもう一つの物語を描く。

 食品商社「S&F」に入社した井手裕太郎(杉野さん)と三田貴士(中村さん)は、人事部の五輪薫(ふせえりさん)の手違いで、研修を終えた営業事業部を再び訪れる。そこにいたのは、ハケンの福岡亜紀(吉谷さん)と千葉小夏(山本さん)、派遣会社ワークゼアの田無元(永野宗典さん)。五輪から電話番を命じられた裕太郎と三田は、電話がかかってきただけで慌てふためく。そんな彼らの前に、スーパーハケン・大前春子(篠原さん)ほどではないが“スーパーなハケン”一ノ江和美(八嶋智人さん)が現れる……という内容。

 「ハケンの珍客」は、「ハケンの品格」地上波初回放送終了後から配信される。

13年ぶり続編6月17日スタート 篠原涼子「愛を込めてお届けしたい」

連続ドラマ「ハケンの品格」のポスター=日本テレビ提供
連続ドラマ「ハケンの品格」のポスター=日本テレビ提供

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響で初回放送が延期となっていた篠原涼子さん主演の連続ドラマ「ハケンの品格」(日本テレビ系、水曜午後10時)が、6月17日からスタートすることが9日、分かった。

 このたび撮影が再開され、密を避けるため最小人数のスタッフで撮影し、マスク着用や飛沫(ひまつ)防止のため、出演者はリハーサルやカメラテストはフェースガードを装着。篠原さんらは久々の再会に笑顔がこぼれながらも、緊張感のある現場になっているという。

 篠原さんは、「いつもと違った形での撮影で、普段にはない緊張感、乗り越えなければいけないことも多くありますが、こういった環境だからこそ、スタッフ、キャストがより一層一丸となっていると感じていますし、ファンの方々のエールに勇気をもらいながら、1秒1秒大切に撮影に臨んでいます。お待たせしてしまった皆様方に、愛を込めてお届けしたいと思っておりますので、6月17日夜10時スタート『ハケンの品格』、ぜひ楽しみに待っていてください!」とアピールしている。

2007年版の特別編「第七夜」 “春子”篠原涼子が契約終了 最終回を放送

2007年版「ハケンの品格」の場面写真(C)日本テレビ
2007年版「ハケンの品格」の場面写真(C)日本テレビ

 2007年に放送された女優の篠原涼子さん主演の連続ドラマ「ハケンの品格」(日本テレビ系)の特別編「春子の物語 ハケンの品格 2007 特別編 第七夜」が、5月27日午後10時から放送される。今回は、最終回「契約終了!…スーパー派遣最後のスキル」が放送される。

 約13年ぶりに復活する続編の放送を前に、前作を振り返る特別編。篠原さん演じる、時給が3000円の特Aランクの派遣社員で、看護師、助産師、ふぐ調理師、理容師、危険物取扱者、核燃料取扱主任者、車両系建設機械運転者など数々の資格を所持し、スペイン語、ロシア語が堪能、オフはスペインで過ごしフラメンコで男性を魅了する“スーパーハケン”大前春子の歴史に迫る。

 「第七夜」は、「ハケン弁当」の発売日が迫る中、春子は当初の宣言通り3カ月で会社を去ることを決めていた。賢介(小泉孝太郎さん)は美雪(加藤あいさん)から、契約更新を辞退させてほしいと告げられる。ある日、賢介のパソコンを開くことになった春子は、東海林(大泉洋さん)のメールから東海林が耐え難い疎外感を味わっていることを知る。「ハケン弁当」発売を2日後に控え、春子と美雪の契約終了の日がやってきた……というストーリー。

2007年版の特別編「第六夜」 “東海林”大泉洋が辞表提出

2007年版「ハケンの品格」の場面写真(C)日本テレビ
2007年版「ハケンの品格」の場面写真(C)日本テレビ

 2007年に放送された女優の篠原涼子さん主演の連続ドラマ「ハケンの品格」(日本テレビ系)の特別編「春子の物語 ハケンの品格 2007 特別編 第六夜」が、5月20日午後10時から放送される。今回は、第9話「スーパーハケンの過去」が放送される。

 賢介(小泉孝太郎さん)は、桐島(松方弘樹さん)から命じられた最終プレゼンを見事に成功させ、「ハケン弁当特別販売フェア」 の開催が決定。そんな中、桐島から東海林(大泉洋さん)が突然辞表を提出し、姿を消したと告げられ驚く。特別販売フェア当日、ウグイス嬢を務めることになった春子(篠原さん)が、控室でアナウンス原稿を直しているとファクスが流れてきて……というストーリー。

2007年版の特別編「第五夜」 “東海林”大泉洋が“春子”篠原涼子にプロポーズ

2007年版「ハケンの品格」の場面写真(C)日本テレビ
2007年版「ハケンの品格」の場面写真(C)日本テレビ

 2007年に放送された女優の篠原涼子さん主演の連続ドラマ「ハケンの品格」(日本テレビ系)の特別編「春子の物語 ハケンの品格 2007 特別編 第五夜」が、5月13日午後10時から放送される。今回は、第8話「派遣にプロポーズ」が放送される。

 約13年ぶりに復活する続編の放送を前に、前作を振り返る特別編で、時給が3000円の特Aランクの派遣社員で、看護師、助産師、ふぐ調理師、理容師、危険物取扱者、核燃料取扱主任者、車両系建設機械運転者など数々の資格を所持し、スペイン語、ロシア語が堪能、オフはスペインで過ごしフラメンコで男性を魅了する、“スーパーハケン”大前春子(篠原さん)の歴史に迫っていく。

 6日放送の「第五夜」は、「ハケン弁当」 の企画推進プロジェクトを東海林(大泉洋さん)が仕切ることになった。「S&F」の取引銀行の頭取令嬢との縁談も持ち上がり、東海林はますますやる気満々。しかし、春子のことが気になる東海林は、見合いの後、春子を訪ねてプロポーズをする……という内容。

2007年版の特別編「第四夜」5月6日放送 社内企画「ハケン弁当」が始動

2007年版「ハケンの品格」の場面写真(C)日本テレビ
2007年版「ハケンの品格」の場面写真(C)日本テレビ

 2007年に放送された女優の篠原涼子さん主演の連続ドラマ「ハケンの品格」(日本テレビ系)の特別編「春子の物語 ハケンの品格 2007 特別編 第四夜」が、5月6日午後10時から放送される。今回は、第7話が放送される。

 約13年ぶりに復活する続編の放送を前に、前作を振り返る特別編で、時給が3000円の特Aランクの派遣社員で、看護師、助産師、ふぐ調理師、理容師、危険物取扱者、核燃料取扱主任者、車両系建設機械運転者など数々の資格を所持し、スペイン語、ロシア語が堪能、オフはスペインで過ごしフラメンコで男性を魅了する、“スーパーハケン”大前春子(篠原さん)の歴史に迫っていく。

 6日放送の「第四夜」は、S&Fの創立80周年記念の社内企画募集で、美雪(加藤あいさん)が考えた「ハケン弁当」を、マーケティング課を挙げて提案する……というストーリー。

前作最終回まで放送へ 特別編第七夜まで 大泉洋が篠原涼子にプロポーズ

「春子の物語 ハケンの品格 2007 特別編」に登場するワンシーン=日本テレビ提供
「春子の物語 ハケンの品格 2007 特別編」に登場するワンシーン=日本テレビ提供

 篠原涼子さん主演の連続ドラマ「ハケンの品格」(日本テレビ系)の放送を前に、約13年前に放送された前作を振り返る特別編「春子の物語 ハケンの品格 2007 特別編」がこれまでの4月15、22、29日、5月6日に加え、5月13、20、27日も放送されることが5月6日、明らかになった。

 「ハケンの品格」は、一匹狼のスーパー派遣社員、春子の働き方を描いた作品で、2007年に放送。特別編は、時給が3000円の特Aランクの派遣社員で、看護師、助産師、ふぐ調理師、理容師、危険物取扱者、核燃料取扱主任者、車両系建設機械運転者など数々の資格を所持し、スペイン語、ロシア語が堪能、オフはスペインで過ごしフラメンコで男性を魅了する、“スーパーハケン”大前春子(篠原さん)の歴史に迫っていく。

 5月6日に第四夜を放送。13日放送の第五夜は第8話「派遣にプロポーズ」、20日放送の第六夜は第9話「スーパーハケンの過去」、27日放送の第七夜は最終回「契約終了!…スーパー派遣最後のスキル」を放送する。東海林武(大泉洋さん)が春子にプロポーズ。さらに、春子の契約終了の日が迫ってくる……。

2007年版の特別編「第三夜」 篠原涼子のかぶり物に注目 新シリーズのメーキングも

2007年版「ハケンの品格」の場面写真(C)日本テレビ
2007年版「ハケンの品格」の場面写真(C)日本テレビ

 2007年に放送された女優の篠原涼子さん主演の連続ドラマ「ハケンの品格」(日本テレビ系)の特別編「春子の物語 ハケンの品格 2007 特別編 第三夜」が、4月29日午後10時から放送される。今回は、第6話のバレンタインのストーリーに加え、続編である新シリーズのメーキング映像も放送される。

 約13年ぶりに復活する続編の放送を前に、前作を振り返る特別編で、時給が3000円の特Aランクの派遣社員で、看護師、助産師、ふぐ調理師、理容師、危険物取扱者、核燃料取扱主任者、車両系建設機械運転者など数々の資格を所持し、スペイン語、ロシア語が堪能、オフはスペインで過ごしフラメンコで男性を魅了する、“スーパーハケン”大前春子(篠原さん)の歴史に迫っていく。

 29日放送の「第三夜」は、当時も話題を呼んだ篠原さんのかぶり物が見どころ。大前春子が涙を流し、人間らしさを見せるラストシーンにも注目だ。

<SNS反響>マグロの解体ショー、脱出、ロシア語… 篠原涼子の“無双状態”に大盛り上がり SNS「どれくらい資格持ってるんだろ」

2007年版「ハケンの品格」の場面写真(C)日本テレビ
2007年版「ハケンの品格」の場面写真(C)日本テレビ

 2007年に放送された女優の篠原涼子さん主演の連続ドラマ「ハケンの品格」(日本テレビ系)の特別編「春子の物語 ハケンの品格 2007 特別編 第二夜」が、4月22日午後10時に放送された。“スーパーハケン”大前春子(篠原さん)がマグロの解体ショーをしたり、ロープを使ってエレベーターから脱出したり、ロシア語で商談をまとめるなど、“無双状態”で大活躍する姿が描かれ、SNSで反響を呼んだ。

 約13年ぶりに復活する続編の放送を前に、前作を振り返る特別編。時給が3000円の特Aランクの派遣社員で、看護師、助産師、ふぐ調理師、理容師、危険物取扱者、核燃料取扱主任者、車両系建設機械運転者など数々の資格を所持し、スペイン語、ロシア語が堪能、オフはスペインで過ごしフラメンコで男性を魅了する、“スーパーハケン”大前春子の歴史に迫っていく。4月29日に「第三夜」、5月6日に「第四夜」が放送される。

 「特別編 第二夜」は、第3、4、5話をまとめたストーリー。SNSでは「マグロ解体までできる大前春子、恐るべし……ww」「ロープのくだり覚えてるわw」「マグロ解体ショーとロシアの交渉は流石だった。すごすぎるわ」「大前さんはどれくらい資格持ってるんだろ」と大盛り上がりだった。

2007年版の特別編「第二夜」 マグロの解体ショー、エレベーターから脱出… 大前春子が無双状態に

2007年版「ハケンの品格」の場面写真(C)日本テレビ
2007年版「ハケンの品格」の場面写真(C)日本テレビ

 2007年に放送された女優の篠原涼子さん主演の連続ドラマ「ハケンの品格」(日本テレビ系)の特別編「春子の物語 ハケンの品格 2007 特別編 第二夜」が、4月22日午後10時から放送される。今回は、第3話、4話、5話をまとめた話となる。

 約13年ぶりに復活する続編の放送を前に、前作を振り返る特別編で、時給が3000円の特Aランクの派遣社員で、看護師、助産師、ふぐ調理師、理容師、危険物取扱者、核燃料取扱主任者、車両系建設機械運転者など数々の資格を所持し、スペイン語、ロシア語が堪能、オフはスペインで過ごしフラメンコで男性を魅了する、“スーパーハケン”大前春子(篠原さん)の歴史に迫っていく。

 22日放送の「第二夜」では、春子がマグロの解体ショーをしたり、エレベーターから脱出したりと“無双状態”に。さらに春子、東海林武(大泉洋さん)、里中賢介(小泉孝太郎さん)の三角関係が動き出す……。

(C)日本テレビ
(C)日本テレビ

2007年版の特別編、第三、第四夜放送へ 篠原涼子&大泉洋&小泉孝太郎の三角関係が進展

「春子の物語 ハケンの品格 2007 特別編」=日本テレビ提供
「春子の物語 ハケンの品格 2007 特別編」=日本テレビ提供

 篠原涼子さん主演の連続ドラマ「ハケンの品格」(日本テレビ系)の放送を前に、約13年前に放送された前作を振り返る特別編「春子の物語 ハケンの品格 2007 特別編」がこれまでの4月15、22日に加え、4月29日、5月6日にも放送されることが4月22日、明らかになった。

 「ハケンの品格」は、一匹狼のスーパー派遣社員、春子の働き方を描いた作品で、2007年に放送。特別編は、時給が3000円の特Aランクの派遣社員で、看護師、助産師、ふぐ調理師、理容師、危険物取扱者、核燃料取扱主任者、車両系建設機械運転者など数々の資格を所持し、スペイン語、ロシア語が堪能、オフはスペインで過ごしフラメンコで男性を魅了する、“スーパーハケン”大前春子(篠原さん)の歴史に迫っていく。

 15日に放送された「第一夜」では、重機を運転する大前春子の“スーパーハケン”ぶりや、当時も話題になった「ホチキス対決」など、懐かしくもスカッとする映像が話題を呼んでいた。4月29日、5月6日に放送される第三、四夜では、春子(篠原さん)&東海林武(大泉洋さん)&里中賢介(小泉孝太郎さん)の三角関係が進展。東海林と里中の男同士の殴り合いや、そしてプロポーズのシーンも描かれている。

「特別編」視聴率は10.5% 名シーン、大前春子の歴史振り返る

2007年版「ハケンの品格」の場面写真(C)日本テレビ
2007年版「ハケンの品格」の場面写真(C)日本テレビ

 2007年に放送された女優の篠原涼子さん主演の連続ドラマ「ハケンの品格」(日本テレビ系)の特別編「春子の物語 ハケンの品格 2007 特別編 第一夜」が、4月15日午後10時に放送され、平均視聴率(世帯)は10.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。

 約13年ぶりに復活する続編の放送を前に、前作を振り返る特別編は、時給が3000円の特Aランクの派遣社員で、看護師、助産師、ふぐ調理師、理容師、危険物取扱者、核燃料取扱主任者、車両系建設機械運転者など数々の資格を所持し、スペイン語、ロシア語が堪能、オフはスペインで過ごしフラメンコで男性を魅了する“スーパーハケン”大前春子(篠原さん)の歴史に迫る。

 謎だらけの大前春子の歴史を振り返りながら、大泉洋さん演じる東海林武、小泉孝太郎さん演じる里中賢介との三角関係、丁々発止のやり取りなど、懐かしい場面も紹介。4月15日放送の「第一夜」では、放送当時に話題となった大前春子と東海林武による「ホチキス対決」も放送された。「第二夜」は4月22日午後10時から放送。

「ハケンの品格」特別編放送決定 “大前春子”の歴史振り返る 4月15、22日に

ドラマ「ハケンの品格」主演の篠原涼子さん(C)日本テレビ
ドラマ「ハケンの品格」主演の篠原涼子さん(C)日本テレビ

 約13年ぶりの続編となる篠原涼子さん主演の連続ドラマ「ハケンの品格」(日本テレビ系)の放送を前に、前作を振り返る特別編「春子の物語 ハケンの品格 2007 特別編」が4月15日、22日に放送されることが10日、分かった。

 特別編では、篠原さん演じる“スーパーハケン”大前春子の歴史に迫っていく。特Aランクの派遣社員で、時給が3000円。看護師、助産師、ふぐ調理師、理容師、危険物取扱者、核燃料取扱主任者、車両系建設機械運転者など数々の資格を所持し、スペイン語、ロシア語が堪能。オフはスペインで過ごしフラメンコで男性を魅了する……。そんな謎だらけの大前春子の歴史を振り返りながら、大泉洋さん演じる東海林武、小泉孝太郎さん演じる里中賢介との三角関係、丁々発止など、懐かしい場面も紹介する。

 「ハケンの品格」は、一匹狼のスーパー派遣社員、春子の働き方を描いた作品で、2007年に放送。令和時代となった今回の続編は、「働き方改革」「高齢化」「副業」「アウトソーシング」「AI導入」「過労死」などをテーマに、新しい時代の働く人の品格を問う。前作同様、中園ミホさんが脚本を担当。佐藤東弥さんと丸谷俊平さんが演出を務める。

 続編には篠原さん、大泉さん、小泉さん、勝地涼さん、上地雄輔さんが続投するほか、新キャストとして杉野遥亮さん、吉谷彩子さん、山本舞香さん、人気グループ「Travis Japan」の中村海人さん、お笑いコンビ「ドランクドラゴン」の塚地武雅さん、伊東四朗さんも出演する。放送日は未定。

営業企画課メンバー集合! 新たな登場人物も 新場面カット公開

連続ドラマ「ハケンの品格」の営業企画課の顔ぶれ=日本テレビ提供
連続ドラマ「ハケンの品格」の営業企画課の顔ぶれ=日本テレビ提供

 約13年ぶりの続編となる篠原涼子さん主演の連続ドラマ「ハケンの品格」(日本テレビ系、水曜午後10時)で、舞台となる食品商社「S&F」営業事業部営業企画課のメンバーが集合したカットが4月5日、公開された。

 今作の営業企画課は、前作では主任だった里中賢介(小泉孝太郎さん)が課長、前作では平社員だった浅野務(勝地涼さん)が主任を務めている。写真には、今作から登場する営業企画課課長・宇野一平(塚地武雅さん)、新入社員の井手裕太郎(杉野遥亮さん)、三田貴士(中村海人さん、Travis Japan/ジャニーズJr.)、派遣社員の福岡亜紀(吉谷彩子さん)や千葉小夏(山本舞香さん)らの姿も写し出されている。また同課の社員役として、お笑い芸人が多数出演する。

13年ぶりの続編の本編映像&主題歌が解禁 「このくるくるパーマ」のやり取りも

連続ドラマ「ハケンの品格」の場面写真=日本テレビ提供
連続ドラマ「ハケンの品格」の場面写真=日本テレビ提供

 約13年ぶりの続編となる篠原涼子さん主演の連続ドラマ「ハケンの品格」(日本テレビ系)の本編映像が4月2日、解禁された。「このくるくるパーマ……」という大前春子(篠原さん)と東海林武(大泉洋さん)のやり取りや、新メンバーの姿などが映し出されているほか、鈴木雅之さんが歌う主題歌「Motivation」も、同時に解禁された。映像はテレビ地上波のほか、同局の公式YouTubeチャンネルでも公開されている。

 「ハケンの品格」は、一匹狼のスーパー派遣社員、春子の働き方を描いた作品で、2007年に放送。令和時代となった今回の続編は、「働き方改革」「高齢化」「副業」「アウトソーシング」「AI導入」「過労死」などをテーマに、新しい時代の働く人の品格を問う。前作同様、中園ミホさんが脚本を担当。佐藤東弥さんと丸谷俊平さんが演出を務める。

 続編には篠原さん、大泉さん、小泉孝太郎さん、勝地涼さん、上地雄輔さんが続投するほか、新キャストとして杉野遥亮さん、吉谷彩子さん、山本舞香さん、人気グループ「Travis Japan」の中村海人さん、お笑いコンビ「ドランクドラゴン」の塚地武雅さん、伊東四朗さんも出演する。

 第1話は、かつての勢いを失った食品商社S&Fで、営業戦略課の課長になった里中(小泉さん)が「今、彼女が来てくれたら……」とつぶやいたことがきっかけで、伝説の“スーパーハケン”春子が戻ってくる。「とっくりが舞い戻ったって本当か!」と旭川支社長補佐の東海林は春子との再会に感激するが、完全に無視されてしまう……。

 そんな中、停泊するクルーザー上での社運を懸けた商談で、春子は通訳を任される。しかし、商談は破談寸前。すると里中の携帯が鳴り、新人ハケンの小夏(山本さん)から「助けてください。人事部の人たちに監禁されて……」と連絡が入る。ハケンの亜紀(吉谷さん)が社員からセクハラされているのを、小夏が匿名で告発したら、軟禁されてしまったらしい。この後の春子の決断で、彼らにとんでもない出来事が起きる……という内容。

出典:YouTube

13年前と“変わらない”ポスター 篠原涼子が同じ髪形、衣装、ポーズで…

2007年の「ハケンの品格」ポスター(左)と今回の続編のポスター=日本テレビ提供
2007年の「ハケンの品格」ポスター(左)と今回の続編のポスター=日本テレビ提供

 約13年ぶりの続編となる篠原涼子さん主演の連続ドラマ「ハケンの品格」(日本テレビ系、水曜午後10時)のポスタービジュアルが3月29日、公開された。「“スーパーハケン”大前春子は髪形、スタイル、衣装など、13年もの時がたとうと、社会を取り巻く環境がどう変化しようと、『変わらない』!」というメッセージを込めて制作されたポスターで、春子を演じる篠原さんが前作のポスタービジュアルと同じ髪形、同じ衣装を着て、ポーズを決めている。また、篠原さんの周りにいる外国人キャストのうち3人は、前回と同じ人だという。

日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供

篠原涼子、小泉孝太郎、大泉洋の3ショットが初公開 「とっくり!」「くるくるパーマ!」は健在

連続ドラマ「ハケンの品格」の場面写真=日本テレビ提供
連続ドラマ「ハケンの品格」の場面写真=日本テレビ提供

 約13年ぶりの続編となる篠原涼子さん主演の連続ドラマ「ハケンの品格」(日本テレビ系、4月15日スタート)で、前作でも話題になっていた三角関係(?)の大前春子(篠原さん)、里中賢介(小泉孝太郎さん)、東海林武(大泉洋さん)の3人が写った場面写真が3月22日、公開された。約13年ぶりの再会を果たした3人だが、「とっくり!」「くるくるパーマ!」という言葉が飛び交う春子と東海林、それをなだめる里中の構図は、今作でも健在だという。

 第1話は、かつての勢いを失った食品商社S&Fで、営業戦略課の課長になった里中が「今、彼女が来てくれたら……」とつぶやいたことがきっかけで、伝説の“スーパーハケン”春子が戻ってきた。「とっくりが舞い戻ったって本当か!」と旭川支社長補佐の東海林は春子との再会に感激するが、完全に無視される。停泊するクルーズ上で行われた商談で、通訳を任される春子。しかし、商談が破談寸前となると、新人ハケンの小夏(山本さん)から「助けてください。人事部の人たちに監禁されて……」と連絡が入る。この後の春子の決断で、彼らにとんでもない出来事が起きる……という展開。

 ドラマは4月15日から毎週水曜午後10時に放送。

大泉洋、「ハケンの品格」続編に緊急参戦 東海林武を続投 大前春子と「またやり合うことになりそう」

4月から放送される連続ドラマ「ハケンの品格」に出演する大泉洋さん=日本テレビ提供
4月から放送される連続ドラマ「ハケンの品格」に出演する大泉洋さん=日本テレビ提供

 俳優の大泉洋さんが、約13年ぶりの続編となる篠原涼子さん主演の連続ドラマ「ハケンの品格」(日本テレビ系)に、前作と同じ東海林武役で続投することが3月18日、明らかになった。大泉さんはオファーを受けた際、すでに舞台の出演が決まっていたというが、「何としても出たい、とスケジュールなどいろいろ調整し、何とか出演できる」ことになったといい、「また篠原さん演じる大前春子とやり合うことになりそうですので、ぜひ楽しみにお待ちください」とアピールしている。

 大泉さん演じる東海林は、前作ラストで名古屋支店へ異動になった販売2課の主任で、春子との恋の行方も不透明なまま……という役どころ。前作での東海林と春子の「とっくり!」「くるくるパーマ!」といった掛け合いに続き、今作でも新たなやり取りを繰り広げているといい、13年たった関係の変化にも注目が集まる。

 ◇大泉洋さんのコメント

 続編のお話をいただいたときにはすでに舞台の出演が決まっていまして……。しかし「ハケンの品格」は私にとって非常に思い出深い作品ですので何としても出たい、とスケジュールなどいろいろ調整し、何とか出演できることになりました。確か前作のときも舞台とスケジュールがかぶっていたような気がします。不思議な話ですが、なんであれまた出演させていただけるのは光栄ですし、13年ぶりにまた皆さんにお会いできると思うと今からとても楽しみです。台本を見る限り、また篠原さん演じる大前春子とやり合うことになりそうですので、ぜひ楽しみにお待ちください。

篠原涼子・大前春子が13年ぶりにフラメンコ披露 スペイン人から歓声と拍手

4月15日スタートの連続ドラマ「ハケンの品格」のワンシーン=日本テレビ提供
4月15日スタートの連続ドラマ「ハケンの品格」のワンシーン=日本テレビ提供

 2007年に放送された連続ドラマの続編を描く「ハケンの品格」(日本テレビ系)で、篠原涼子さん演じる主人公の大前春子がフラメンコを踊る場面写真が3月15日、公開された。

 春子はいくつもの資格を持ち、どんな業務でも淡々と、かつ最速でこなし、残業や会社の空気を一切読まず、派遣期間が過ぎるとさっそうと姿を消す特Aクラスの“スーパー派遣”だが、オフにはフラメンコを踊るという一面も持つ。今回、篠原さんは約13年前と変わらないスタイルで情熱的な踊りを披露すると、撮影で集まったスペイン人のエキストラから大きな歓声と拍手が起こったという。

 4月15日から毎週水曜午後10時に放送。

“オリジナルメンバー”勝地涼&上地雄輔が続投 「まさか13年を経て復活するとは…」

4月から放送される連続ドラマ「ハケンの品格」に出演する上地雄輔さん(左)と勝地涼さん=日本テレビ提供
4月から放送される連続ドラマ「ハケンの品格」に出演する上地雄輔さん(左)と勝地涼さん=日本テレビ提供

 約13年ぶりの続編となる篠原涼子さん主演の連続ドラマ「ハケンの品格」(日本テレビ系)に、俳優の勝地涼さんと上地雄輔さんが前作と同役で続投することが3月11日、分かった。オリジナルメンバーとなる勝地さんが演じる浅野務は、前作で「S&F」の新入社員だったが続編では主任に昇進、同じくオリジナルメンバーの上地さんが演じる近(こん)耕作は、派遣社員だったが派遣元の会社「ハケンライフ」に正社員として就職したという設定となる。

 浅野は主任に昇進したものの、思い込みや前のめりゆえの失敗が多い性格は昔と変わらないまま。一方、近はハケンライフに正社員として就職したが、仕事に振り回される日々を過ごしている……という役どころ。

 出演にあたり、勝地さんは「先日、上地さんともお会いして、『あのころは……』など懐かし話で盛り上がりました」とコメント。上地さんは「13年前は僕もまだ20代で、足らないところもあったと思うので……。ぜひ今回は皆さんに恩返しできたらと思っています」と意気込みを語っている。

 ◇勝地涼さんのコメント

 前作の撮影中に「パート2やれたらいいね」と話していましたが、まさか13年の時を経て復活するとは思っていませんでしたし、続編をできることは役者にとってとても光栄なことです! 先日上地さんともお会いして、「あのころは……」など懐かし話で盛り上がりましたが、篠原さんをはじめとするキャストの方々とご一緒させていただくのも久しぶりなので、また皆さんにお会いできるのが楽しみです。13年の時を経て、生活も、働き方も変化してはいますが、時代にブレない大前春子がどのような活躍を見せてスカッとさせてくれるのか、僕も楽しみにしています。

 ◇上地雄輔さんのコメント

 「13年」もの時がたってのパート2はあまり聞かない話なので、少し不思議な感覚でもありますが、出演者、スタッフの皆さんとまたご一緒できるのはとてもうれしいです。13年前は僕もまだ20代で、足らないところもあったと思うので……。ぜひ今回は皆さんに恩返しできたらと思っています。僕が演じる近耕作は前作の派遣社員から、ハケン元のハケンライフに就職しています。世の中の環境も変わるタイミングですし、近の働く姿を通して、世間の状況への理解、共感をしていただけるよう、精いっぱい演じさせていただきます。

=日本テレビ提供
=日本テレビ提供

篠原涼子、「ハケンの品格」クランクインで再び大前春子に 13年前と同じ馬車で“走り出す”!

4月から放送される連続ドラマ「ハケンの品格」に出演する篠原涼子さん(上段左)=日本テレビ提供
4月から放送される連続ドラマ「ハケンの品格」に出演する篠原涼子さん(上段左)=日本テレビ提供

 約13年ぶりの続編となる篠原涼子さん主演の連続ドラマ「ハケンの品格」(日本テレビ系)の撮影が、このほどスタートした。篠原さんは、「スタッフみんなの作品への愛とこだわりをいろんなところで感じています。チーム一丸となり新たな気持ちで頑張ります!」とコメントを寄せている。

 撮影は、篠原さん演じる大前春子がオフで過ごしているスペインのとある村から馬車で去る……というシーンからスタート。使用された馬車は、約13年前、同様のシーンで使われたものと同じで、さらに馬車を引くのは13年前に出演した馬の子供と孫だと知った篠原さんは、スタッフと一緒に盛り上がり、馬と一緒に記念撮影も楽しんでいたという。

 ◇篠原涼子さんのコメント

 ついに13年ぶりのハケンの品格の幕が上がりました。当時着ていた衣装が出てきたり、同じ馬車が出てきたり、スタッフみんなの作品への愛とこだわりをいろんなところで感じています。チーム一丸となり新たな気持ちで頑張ります!

山本舞香、杉野遥亮、吉谷彩子らが出演 Travis Japan中村海人が連ドラ初レギュラー

4月スタートの連続ドラマ「ハケンの品格」の出演者たち=日本テレビ提供
4月スタートの連続ドラマ「ハケンの品格」の出演者たち=日本テレビ提供

 約13年ぶりの続編となる篠原涼子さん主演の連続ドラマ「ハケンの品格」(日本テレビ系)に、杉野遥亮さん、吉谷彩子さん、山本舞香さん、ジャニーズJr.のグループ「Travis Japan(トラビス・ジャパン)」の中村海人さん、「ドランクドラゴン」の塚地武雅さん、伊東四朗さんが出演することが3月4日、分かった。中村さんが連続ドラマにレギュラー出演するのは初めて。

 杉野さんは、親戚のつてを使って「S&F」にコネ入社した新入社員の井手裕太郎、中村さんはSNSと株式投資が趣味で起業家セミナーなどにも通う同社新入社員の三田貴士、塚地さんは営業事業部部長の宇野一平、伊東さんは一見人当たりがいいが、実は「社員ファースト」の“ハケン嫌い”なS&F新社長・宮部蓮三を演じ、吉谷さんはつらい過去の体験がトラウマで契約更新ごとにおびえる“中堅ハケン”の福岡亜紀、山本さんは就活で大手企業を受けたが全て不合格で派遣の道を選んだ新卒の派遣社員の千葉小夏を演じる。

 ◇杉野遥亮さんのコメント

 井手裕太郎を演じます。杉野遥亮です。「ハケンの品格」は母親が目を輝かせながら見ていたドラマ。その横でちょこんと座っていた僕が、その世界に入ること。憧れの上司、大前春子さんと一緒に働けるかもしれないことに胸の高鳴りが止まりません。と、同時に僕と同世代の社会人の方が考え、今感じていることを「伝えたい」と強く思っています。このドラマにより心が動いて行動する、ほんの少しのキッカケになれるよう頑張ります。

 ◇吉谷彩子さんのコメント

 高校生の頃に見ていたドラマでしたし、私にとって「強くて」「憧れる」スーパーウーマンとの初めての出会いが大前春子だったので、出演できること、共演できることが、言葉で絶対に伝わらないくらいにうれしく、光栄なことです。一方で、とても話題な作品だからこそ、視聴者の方々の期待に応えられるか……という緊張感もあります。私が演じる亜紀はなかなか自分のことをうまく口に出せない子で、きっと共感してくれる人も多いと思うので、できる限り精いっぱい演じさせていただきたいです。

 ◇山本舞香さんのコメント

 13年ぶりに復活する、期待が高い作品に出演できることはとても光栄です。ドラマのテーマでもあり、私が演じさせていただく小夏の「派遣社員」という仕事、立場は分からないことも多いですが、演じながら学び、理解を深めていけたらと思っています。多くの先輩方との現場で不安や緊張もありますが、視聴者の方に共感してもらえるような目線で、一生懸命演じさせていただきたいです。

 ◇Travis Japanの中村海人さんのコメント

 まさか、こんな大きな作品に出演させていただけるなんて、喜びはもちろんですが何より驚きが大きいです。「ハケンの品格」は知ってはいましたが改めて見させていただきました。とにかく面白いドラマで、どの世代が見ても楽しめるドラマだと思います。ドラマのレギュラー出演が初めてで、分からないことだらけですが、新入社員の三田貴士という役に等身大でぶつかっていきたいです。一回りも二回りも成長できる作品にしたいと思っていますので、応援のほどよろしくお願いします。

 ◇ドランクドラゴンの塚地武雅さんのコメント

 視聴者として楽しんでいた作品に参加できるのはとてもうれしいですが、その半面プレッシャーもあります……。ただ、僕が演じる宇野は「大前春子がスーパーハケンだと知らない」役なので、気負わず新鮮な気持ちで演じたいです。前作を知っている視聴者には、僕の大前さんに対する態度に、「おい、宇野! 相手を誰だと思っている!」と突っ込んでもらいつつ、初めて見る方々にとっては一番視聴者に近い視点の存在でいられればと思っています。

 ◇伊東四朗さんのコメント

 続編もののドラマに出演させていただくのは初めての経験なので、出演が決まった時はうれしかったですし、純粋に楽しみです。篠原さんや小泉さんなどお久しぶりの方もいれば、初めましての方もいらっしゃいますが、楽しみながら演じられたらと思っています。私が演じる宮部は大胆な発言が多い社長役なので、視聴者の方々には、嫌われたり、時には共感したりしながら見ていただきたいです。

小泉孝太郎、「ハケンの品格」続編に里中賢介役で続投 営業局営業企画課長に出世、大前春子と恋も?

13年ぶりの新作「ハケンの品格」に出演する小泉孝太郎さん=日本テレビ提供
13年ぶりの新作「ハケンの品格」に出演する小泉孝太郎さん=日本テレビ提供

 俳優の小泉孝太郎さんが、篠原涼子さん主演で4月からスタートする13年ぶりの続編「ハケンの品格」(日本テレビ系)に前作と同役で続投することが2月27日、明らかになった。小泉さん演じる里中賢介は、前作ではマーケティング課の主任だったが、今作では営業局営業企画課長に昇進している。

 今作で里中は、近年の働き方の複雑化やそれぞれの立場によっての矛盾や対立が増え、それでもいい管理職であろうと毎日を過ごしているという役どころ。会社の未来に漠然とした不安を抱き、右肩下がりの会社とその社員たちにいい刺激を与えようと、一大決心で、“スーパーハケン”大前春子(篠原さん)を呼び出す。里中と春子の恋の行方にも注目だ。

 続投について小泉さんは「復活を聞いた時は、もちろんうれしかったですが、『本当に……?』とちょっと信じられない思いの方が強かったです。ただ、今日衣装合わせをして、スタッフさんと会って、役柄・共演者の話をしていく中で、徐々に実感が湧いてきました。また大前春子に会えると思うと……。視聴者の皆さんと同じくらい楽しみです」とコメントしている。

 ◇小泉孝太郎さんのコメント

 復活を聞いたときは、もちろんうれしかったですが、「本当に……?」とちょっと信じられない思いの方が強かったです。ただ、今日衣装合わせをして、スタッフさんと会って、役柄・共演者の話をしてく中で、徐々に実感が湧いてきました。また大前春子に会えると思うと……。視聴者の皆さんと同じくらい楽しみです。

 13年という時がたっていますが、それぞれがそれぞれの場で活躍、成長して、また集まってお芝居ができることは何よりの喜びですし、一度一緒に作品を作ったことのあるチームだからこその阿吽(あうん)の呼吸、チームワークが発揮できるのではと思っています。

 僕が演じる里中は、主任から課長に昇進してはいますが、彼の持つ人柄は変わっておらず、立場が変わったからこその悩みや目線は、きっと視聴者に近いものだと思うので、里中を通していろんなことを感じていただけたらうれしいです。当時も「チーム ハケンの品格」の熱量には特別なエネルギーを感じていましたので、それをさらにパワーアップして皆さんにお伝えしたいです。初めて見る方にも、そして前作から引き続き見てくださる方にも、一緒にワクワクできるような作品にできたらと思っています。

日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供

篠原涼子主演ドラマ「ハケンの品格」13年ぶり続編放送へ 令和の時代に働く人の品格問う

2007年放送の連続ドラマ「ハケンの品格」の場面写真=日本テレビ提供
2007年放送の連続ドラマ「ハケンの品格」の場面写真=日本テレビ提供

 女優の篠原涼子さん主演で、2007年に放送された連続ドラマ「ハケンの品格」(日本テレビ系)の13年ぶりの続編が、4月から放送されることが1月20日、分かった。タイトルは前作同様の「ハケンの品格」。同局の「水曜ドラマ」枠(水曜午後10時)で放送される。

 「ハケンの品格」は、篠原さん扮(ふん)する一匹狼の最強ハケン社員・大前春子の働き方を描いた作品。令和の時代となった今回は「働き方改革」「高齢化」「副業」「アウトソーシング」「AI 導入」「過労死」などをテーマに、新しい時代の働く人の品格を問う。

 前作同様、中園ミホさんが脚本を担当。佐藤東弥さんと丸谷俊平さんが演出を務める。

 ◇中園ミホさんのコメント

 ハケンの品格は、実際の派遣社員の女性たちと取材という名の飲み会を何度も重ねて、生まれた作品です。13年たった今も彼女たちとの飲み会は続いていますが、ハケンの皆さんを取り巻く環境は改善されず、むしろ厳しくなっていると感じます。

 それでも笑顔で働き続ける彼女たちこそ、日本の宝!と私は思います。

 すべての働く女性たちにエールを送れるよう、新たな「ハケンの品格」に取り組んでいます。ご期待ください!

ハケンの品格日本テレビ系「水曜ドラマ」枠(水曜午後10時)
2020年4月スタート※調整中 毎週水曜午後10時に放送