ハケンの品格 視聴率

「特別編」視聴率は10.5% 名シーン、大前春子の歴史振り返る

2007年版「ハケンの品格」の場面写真(C)日本テレビ
2007年版「ハケンの品格」の場面写真(C)日本テレビ

 2007年に放送された女優の篠原涼子さん主演の連続ドラマ「ハケンの品格」(日本テレビ系)の特別編「春子の物語 ハケンの品格 2007 特別編 第一夜」が、4月15日午後10時に放送され、平均視聴率(世帯)は10.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。

 約13年ぶりに復活する続編の放送を前に、前作を振り返る特別編は、時給が3000円の特Aランクの派遣社員で、看護師、助産師、ふぐ調理師、理容師、危険物取扱者、核燃料取扱主任者、車両系建設機械運転者など数々の資格を所持し、スペイン語、ロシア語が堪能、オフはスペインで過ごしフラメンコで男性を魅了する“スーパーハケン”大前春子(篠原さん)の歴史に迫る。

 謎だらけの大前春子の歴史を振り返りながら、大泉洋さん演じる東海林武、小泉孝太郎さん演じる里中賢介との三角関係、丁々発止のやり取りなど、懐かしい場面も紹介。4月15日放送の「第一夜」では、放送当時に話題となった大前春子と東海林武による「ホチキス対決」も放送された。「第二夜」は4月22日午後10時から放送。

初回視聴率14.2%で2桁好発進! “最強ハケン”篠原涼子に「相変わらずかっこいい」の声

女優の篠原涼子さんの主演ドラマ「ハケンの品格」の第1話のワンシーン(C)日本テレビ
女優の篠原涼子さんの主演ドラマ「ハケンの品格」の第1話のワンシーン(C)日本テレビ

 女優の篠原涼子さん主演の連続ドラマ「ハケンの品格」(日本テレビ系、水曜午後10時)の第1話が6月17日に放送され、平均視聴率は14.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と2桁を記録し、好スタートを切った。

 第1話は、かつての勢いを失った食品商社S&Fで、営業企画課の課長になった里中(小泉さん)が、「今、彼女が来てくれたら……」とつぶやく。こうして、伝説の“スーパーハケン”大前春子(篠原さん)が戻ってきた。「とっくりが舞い戻ったって本当か!」と旭川支社・支社長補佐の東海林(大泉さん)は春子との再会に感激するが、完全に無視されるのだった。

 そんな中、停泊するクルーザー上での社運をかけた商談で、通訳を任される春子。しかし、商談は破談寸前。すると、里中の携帯に、新人ハケンの小夏(山本さん)から「助けてください。人事部の人たちに監禁されて……」と連絡が入り……という展開だった。SNSでは、「大前春子相変わらずかっこいい」「おかえり大前春子さん」「篠原涼子は本当に変わらない!」などの声が上がるなど、注目を集めていた。

第2話視聴率11.9% 2週連続で2桁キープ 篠原涼子のプレゼンに「最高」の声も

女優の篠原涼子さんの主演ドラマ「ハケンの品格」の第2話のワンシーン(C)日本テレビ
女優の篠原涼子さんの主演ドラマ「ハケンの品格」の第2話のワンシーン(C)日本テレビ

 女優の篠原涼子さん主演の連続ドラマ「ハケンの品格」(日本テレビ系、水曜午後10時)の第2話が6月24日に放送され、平均視聴率は11.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。初回は14.2%で、2週連続で2桁をキープした。

 第2話は、S&F社が老舗の人気そば店「京橋庵」とコラボ商品を開発することになった。新人ハケンの小夏(山本さん)は、斬新な企画を考えようと張り切る。そんな中、大前春子(篠原さん)が「京橋庵」の実情にやたらと詳しいことに疑問を持つ里中(小泉さん)。浅野(勝地さん)が「もしかして以前『京橋庵』で働いていたとか?」と尋ねると、春子は「はい、ハケンとして働いてましたが、何か?」と答える。浅野は、断る春子を無理に「京橋庵」での会議につれていくが、裏目に出てしまい……という展開だった。

 篠原さん演じる春子がプレゼンする場面もあり、SNSでは「めっちゃ笑えたw」「プレゼンのシーン最高(笑) 」などと注目を集めていた。

第3話視聴率11.9% 新入社員の副業で炎上

女優の篠原涼子さんの主演ドラマ「ハケンの品格」の第3話のワンシーン(C)日本テレビ
女優の篠原涼子さんの主演ドラマ「ハケンの品格」の第3話のワンシーン(C)日本テレビ

 女優の篠原涼子さん主演の連続ドラマ「ハケンの品格」(日本テレビ系、水曜午後10時)の第3話が7月1日に放送され、平均視聴率(世帯)は11.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。

 第3話は、新入社員の井手(杉野さん)は、社内で撮った動画を勝手にネットに投稿していた。社員食堂で亜紀(吉谷さん)に撮影してもらった動画が騒ぎに。井手の背後に映りこんでいたのはその日、経費節減で社食をクビになったアルバイトの牟田(六角精児さん)の怪しい姿だった。牟田の姿は、食品会社の社食でわざと行われた「バイトテロ」だと騒ぎになり大炎上。

 その頃、S&F社では評判のいいカレーを売りにして社食を一般客にも営業しようとしていたが、バイトテロ騒ぎで当然ガラガラ。さらに売りのカレーは牟田が担当していたため、途端にまずくなっていた。里中(小泉さん)は、社食のカレーが再び評判になれば、炎上を挽回できるはずと、大前春子(篠原さん)に以前の味の再現を業務命令するが……という展開だった。

第4話視聴率12.7% “東海林”大泉洋とのやりとりも話題

女優の篠原涼子さんの主演ドラマ「ハケンの品格」の第4話のワンシーン(C)日本テレビ
女優の篠原涼子さんの主演ドラマ「ハケンの品格」の第4話のワンシーン(C)日本テレビ

 女優の篠原涼子さん主演の連続ドラマ「ハケンの品格」(日本テレビ系、水曜午後10時)の第4話が7月8日に放送され、平均視聴率(世帯)は12.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。第1話14.2%、第2話11.9%、第3話11.9%で4週連続で2桁を記録。前回より0.8ポイントアップした。

 第4話は、自宅のゴミを会社でこっそり捨てようとする井手(杉野さん)の世間知らずぶりに、困惑する一同。大前春子(篠原さん)は注意するが、宇野部長(塚地さん)から「新入社員の教育は社員の役目」だと釘を刺される。

 そんな中、井手と三田(中村海人さん)は初めての営業で、配ってはいけない回収品のサンプルを持って回ってしまう。その失態を知った井手は姿を消してしまう。春子が井手を見つけるが、そこは冷蔵倉庫。井手は責任を感じて回収品の整理をしていた。ところが、突然停電が起き、極寒の中、2人揃って冷蔵倉庫に閉じ込められてしまい、大ピンチに……という展開だった。

 SNSでは、篠原さん演じる大前春子と、大泉洋さん演じる東海林武のやりとりに「大泉洋が帰って来た」「やっぱり大泉洋との掛け合いが笑える」などの声があがっていた。

第5話視聴率13.1% 篠原涼子&大泉洋の掛け合いに歓喜の声

女優の篠原涼子さんの主演ドラマ「ハケンの品格」の第5話のワンシーン(C)日本テレビ
女優の篠原涼子さんの主演ドラマ「ハケンの品格」の第5話のワンシーン(C)日本テレビ

 女優の篠原涼子さん主演の連続ドラマ「ハケンの品格」(日本テレビ系、水曜午後10時)の第5話が7月15日に放送され、平均視聴率(世帯)は13.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。7月8日放送の第4話は12.7%で、前回よりも0.4ポイントアップした。

 第5話は、東海林(大泉さん)が13年ぶりに東京本社に戻る。大前春子が気になる東海林だったが、春子は彼をハエ呼ばわり。東海林は、北海道でおいしく痩せると評判のお菓子「黒豆ビスコッティ」を全国展開しようと、ダイエット効果を証明するデータと、100人の女性たちのアンケートを持って帰ってきていた。

 しかし、雑誌の取材をきっかけに、ダイエット効果のデータ改ざんが疑われ、栄養学の教授のお墨付きも怪しくなる。検査分析士の資格を持つ春子が検査することになり、そんな中、東海林は、謝罪会見にまで追い込まれる……という展開だった。

 “とっくり”こと篠原さん演じる大前春子と、“くるくるパーマ”こと大泉さん演じる東海林武の掛け合いが満載で、SNSでは「二人の掛け合いが、絶妙です」「大泉洋と篠原涼子の掛け合いはマスト」「やっぱり面白い最高」などの声があがっていた。

第6話視聴率12.1% 次回予告に「三角関係きたー」と盛り上がり

女優の篠原涼子さんの主演ドラマ「ハケンの品格」の第6話のワンシーン(C)日本テレビ
女優の篠原涼子さんの主演ドラマ「ハケンの品格」の第6話のワンシーン(C)日本テレビ

 女優の篠原涼子さん主演の連続ドラマ「ハケンの品格」(日本テレビ系、水曜午後10時)の第6話が7月22日に放送され、平均視聴率(世帯)は12.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。

 第6話は、宮部社長(伊東さん)からの命令で、会社の立て直しを任され張り切る東海林(大泉さん)。大前春子(篠原さん)にも立て直しに協力してもらいたいのだが、素直に言えなかった。そんな中、里中(小泉さん)は、自社ブランドの弁当を作る隅田フーズに、浅野(勝地さん)たちを勉強のために連れていく。一方、東海林は、S&F社がAIを導入し、利益率に基づき会社のムダを徹底的に排除するつもりだと知る。隅田フーズは利益率が低く、コストカットされる運命だと知る東海林。里中に告げるが意外な抵抗にあい……という展開だった。

 次回予告では、小泉さん演じる里中が、東海林の前で、春子に「公私ともに僕のパートナーになってください」と伝える場面があり、視聴者からは「えっ!小泉孝太郎からプロポーズ」「三角関係きたーー」などの驚きの声が上がった。

第7話視聴率13.1%と高視聴率キープ 里中が春子にプロポーズ!

篠原涼子さんの主演ドラマ「ハケンの品格」の第7話のワンシーン(C)日本テレビ
篠原涼子さんの主演ドラマ「ハケンの品格」の第7話のワンシーン(C)日本テレビ

 女優の篠原涼子さん主演の連続ドラマ「ハケンの品格」(日本テレビ系、水曜午後10時)の第7話が7月29日に放送され、平均視聴率(世帯)は13.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と高視聴率をキープした。

 第7話では、AIが打ち出したリストラ候補に東海林(大泉さん)が入っていたことがショックの里中(小泉さん)だったが、そのことを東海林には言えないでいた。そんな中、宮部社長(伊東四朗さん)は、会社挽回の一手だと以前里中が提出したS&F社直営のコンビニを作る企画書を差し出し、里中は、春子ら営業企画課の仲間たちと、プロジェクトに没頭。しかし、里中のPCにあったリストラ候補名簿が流出してしまう……。

 物語の終盤では、里中が春子に「僕のパートナーになってください」とプロポーズを敢行。SNS上では、「里中課長ようやくプロポーズ! どうなるんだろ」「東海林さんの前でプロポーズは…」と驚きの感想が寄せられていた。

最終話視聴率12.6% 篠原涼子主演13年ぶり続編

連続ドラマ「ハケンの品格」最終第8話のワンシーン(C)日本テレビ
連続ドラマ「ハケンの品格」最終第8話のワンシーン(C)日本テレビ

 女優の篠原涼子さん主演の連続ドラマ「ハケンの品格」(日本テレビ系、水曜午後10時)の最終第8話が8月5日に放送され、平均視聴率(世帯)は12.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。

 第8話は、里中(小泉さん)が人生を懸けたコンビニプロジェクトだったが、パイロット店舗での内覧会で、株主や投資家たちには評判が悪かった。本来のターゲットである働く女性や、子育てを頑張るお母さんたちと彼らとは客層が違ったのだ。さらに宮部社長(伊東さん)は、春子提案の、レジ横で売るアジフライを止めるよう命令する。AIによるとアジフライで成功する確率は0.001%。それでも春子の思いつきの方を信じるという里中に、宮部社長はAIと春子との勝負を提案し、決着を囲碁対決でつけることに。東海林(大泉さん)は汚い手を使っても勝てと春子に助言するが、春子の戦い方はみんなの想像をはるかに超えていて……と展開した。

ハケンの品格日本テレビ系「水曜ドラマ」枠(水曜午後10時)
2020年4月スタート※調整中 毎週水曜午後10時に放送