ハケンの品格 あらすじ

ハケンの品格あらすじ

 ドラマ「ハケンの品格」は、女優の篠原涼子さん主演で、2007年に放送された連続ドラマ「ハケンの品格」(日本テレビ系)の13年ぶりの続編。タイトルは前作同様の「ハケンの品格」。同局の「水曜ドラマ」枠(水曜午後10時)で放送される。

 「ハケンの品格」は、篠原さん扮(ふん)する一匹狼の最強ハケン社員・大前春子の働き方を描いた作品。令和の時代となった今回は「働き方改革」「高齢化」「副業」「アウトソーシング」「AI 導入」「過労死」などをテーマに、新しい時代の働く人の品格を問う。

 前作同様、中園ミホさんが脚本を担当。佐藤東弥さんと丸谷俊平さんが演出を務める。

ドラマ「ハケンの品格」続編のあらすじ

ハケンの品格日本テレビ系「水曜ドラマ」枠(水曜午後10時)
2020年4月15日から毎週水曜午後10時に放送