隕石家族 ニュース

<インタビュー>北香那 ドラマ「隕石家族」で元気な次女役 第6話は「ちょっと大人に…」 “母”羽田美智子との撮影秘話も

北香那さんが出演する連続ドラマ「隕石家族」のワンシーン=東海テレビ提供
北香那さんが出演する連続ドラマ「隕石家族」のワンシーン=東海テレビ提供

 2018年公開の劇場版アニメ「ペンギン・ハイウェイ」で主演声優を務め、昨年、NHKの大河ドラマ「いだてん」に出演した女優の北香那さんが出演する連続ドラマ「隕石(いんせき)家族」(東海テレビ・フジテレビ系、土曜午後11時40分)第6話が、5月16日に放送される。羽田美智子さん主演の同ドラマで、元気で明るい門倉家の次女・結月を演じている北さんが、役への思いや、「結月のイメージが変わる」「ちょっと大人になり始めている」という第6話の見どころを語った。

 NHK大河ドラマ「天地人」や「花燃ゆ」、連続テレビ小説「どんど晴れ」、帯ドラマ「花嫁のれん」(東海テレビ・フジテレビ系)などを手がけた小松江里子さんが脚本を担当するオリジナル作。半年後、地球に隕石が落ちてくるという世界を舞台に、夫の和彦(天野ひろゆきさん)、長女の美咲(泉里香さん)、次女の結月(北さん)、姑(しゅうとめ)の正子(松原智恵子さん)と一軒家で平凡な毎日を過ごす主婦の門倉久美子(羽田さん)ら家族の姿を描く。

 第6話は、リストラされたことも片瀬(中村俊介さん)に金を貸していることも家族に内緒の和彦は、自身の収集品を換金する日々。一方、片瀬は久美子と密会を重ねていた。

 そんな中、結月の彼氏・翔太(中尾暢樹さん)は資産家の息子と判明。翔太は結月と一緒に火星に移住したいと持ちかける。片瀬は門倉家に居候することに……。

 ーー次女の結月という役について。

 私自身は兄と妹がいます。長女だからか、周囲からはいつも私がお姉さんのように見られて育ち、妹は10歳年下の小学6年生。元気で何も考えていない能天気な妹は、みんなに可愛がられ、何をしたって許されて自由で「羨(うらや)ましいなぁ」と思っていたら、今回結月という妹役をいただけたので「この(妹の)感じを味わえるんだ!」とすごく楽しみにしていました。普段の自分と逆の立場の役を演じるのは新鮮ですね。

 結月と似ている点は、考えたらすぐ行動するところ。そこまで慎重にならない性格なので結月の大胆さはちょっと似ているかなと思います。それと「シスター・コンプレックス」という点も……。私の場合は、妹を好き過ぎるんです! 何でも買ってあげたくなって、私のお金はほぼ妹に行っちゃっています(笑い)。

 ーー撮影前「次女の時間を楽しみたい」と言っていましたね。

 普段から「自分がもっとしっかりしないと!」と思っているので、最初は次女役をつかむのが難しくて「どうしたらいいんだろう」とずっと考えていました。それが少しずつ砕けてくると何だかラクになって、お芝居をするのも楽しくて、どんどん結月を好きになって……。役を引きずっているのか、今ではプライベートで家にいる時もちょっとわがままになっています(笑い)。

 役を演じている時も、カメラが回っていない時も、ママ(羽田さん)は優しいし、パパ(天野さん)は笑わせてくれるし、お姉ちゃん(泉さん)はすごいきれいで。現場では本当に次女になった気分で身を任せて、次女の時間を十分に味わっています!

 ーー6話は結月にとっていろいろなことが起こる回ですね。

 6話は今までの元気な結月のイメージが変わる、すごく大事な切り替えの回。それを思えば思うほど緊張してきて、ママとの大事なシーンでは何度やっても思うようにできなかったんです。その時ママがカメラの回っていない部屋に私を呼んで「もう泣こうと思わなくていいよ」と抱きしめてくれて「私は結月に本当に生きてほしいっていう気持ちでせりふを言うから、それをまっすぐ受け止めて」と言ってくれて。ママの愛と優しさで胸がいっぱいになって自然に涙があふれました。

 ーー「最近、羽田さんに似てきた」と言われていますね。

 天野さんと松原さんから言われました。羽田さんから「親子で一緒にいると似てくるって言うから似てきたのかな」と言われ、あんなおきれいな方に似ているなんておこがましいと思ったのですが実はすごくうれしくて。今は本当の家族みたいな気持ちになっているので「ママに似てるって言われた~」と1人でにやにやしちゃいました(笑い)。

 “家族”の話で言えば、顔合わせの時に「隕石が接近しているとしたら?」と聞かれて「普段ちまちまお金を使っているので高い焼肉屋さんに行きたいです」と言ったら、羽田さんと天野さんが「今日行こう!」と言ってくれたんですけど、その日は行けなくて。お2人はその後も「番組が終わったら、みんなで絶対会おうね」「その時は結月が食べたいって言っていた焼肉にしようよ。絶対行こうね!」と言ってくれているんですが、撮影中もなかなか行けてなくて……。いつか行きたいなと思っています!

 ーードラマの中でナレーションも担当していますね。

 ドラマの中でいろいろなことが起きて、それを少し振り返ったような感じで冷静になって話すというナレーション作業は、以前やらせていただいた声優とは一味違うので、その点は監督さんがいろいろアドバイスをしてくださいました。自分がシーンを演じた上で、自分のことや家族のことを客観的に見て話すというのはすごく勉強になりました。

 ーー門倉家のとっておきのエピソード教えてください。

 先日、結月にとって大事なシーンの撮影があり、テストの段階でも家族みんながウルウルするような感動的な感じになって「よし、本番」とカメラを回したら、演じるうちに感情が高まったパパが「うっ、ぐっ」とおえつをし出して、それが「ぶひっ」ってなったんです。それを聞いたママが吹き出し、みんなも笑い出したから私も思わず「笑わないでよ~」と言ってしまい、みんなで泣き笑いのようになりました。実はそのシーンの前にママが「笑いながら泣くことってすごくいろんな人の心を動かせるすべなんだよ」と言っていて、それが意図せず本番で起きるというその感じが「なんか門倉家っぽいなぁ」と思いました。そのシーンは第7話ですので、ぜひ楽しみにしていてください!

 ーー視聴者の皆様へのメッセージをお願いします。

 相変わらずいろんな感情が行ったり来たりするような楽しいドラマになっています。結月にもいろんな心情の変化があり、ちょっと大人になり始めている時なので、注目して見ていただけたらうれしいです。残り3話、最後まで見てください!

<インタビュー>泉里香「隕石家族」美咲が「どんどん過激になっている!」 撮影では“大食い”

連続ドラマ「隕石家族」で門倉美咲を演じている泉里香さん=東海テレビ提供
連続ドラマ「隕石家族」で門倉美咲を演じている泉里香さん=東海テレビ提供

 女優の泉里香さんが、羽田美智子さん主演で「大人の土ドラ」枠(東海テレビ・フジテレビ系、土曜午後11時40分)で放送中の連続ドラマ「隕石家族」に出演している。泉さんは、巨大隕石(いんせき)の接近で地球滅亡まであと半年の運命にある東京の門倉家が舞台のドラマで、一流大学出身の中学の教師、門倉家の長女・美咲を演じている。美咲はストレートな物言いをするタイプで、大食いなのにスレンダー、モテるのに男性との恋愛経験なしという見た目と態度がクールな女性だ。台本を読んで「美咲がどんどん過激になっている!」と感じたという泉さんが、今作での演技や撮影の様子、見どころなどについて語った。

 ◇実は心配性「日々ビビりながら生きています」

 「隕石家族」の脚本は、羽田さんと故・野際陽子さんがダブル主演した帯ドラマ「花嫁のれん」(東海テレビ・フジテレビ系)シリーズの小松江里子さんのオリジナル作。幸せに暮らしていた門倉家の主婦・久美子(羽田さん)が隕石の接近で自分の気持ちに正直になりたいと突然、主婦卒業と恋愛宣言から始まる“スペクタクルホームドラマ”だ。地球滅亡が迫る中、一軒家で平凡な毎日を過ごす門倉家の面々が抱える秘密が明かされる……という展開。美咲の父の和彦役は「キャイ~ン」の天野ひろゆきさん、妹の結月は北香那さん、祖母の正子は松原智恵子さんが演じている。

 泉さんは、演じる美咲について「最初から強めなキャラクターだとは思っていたのですが、話が進むにつれて、ちょっとドSっぽくパパをいじめるようになってきたので『美咲がどんどん過激になっている!』と思いつつ、台本を読み進めました」と振り返り、「パパの心にグイグイと踏み込んでいくところも美咲の可愛さでもあるので、そこを皆さんにも楽しんでいただけたらと思っています」と語る。

 美咲との共通点として、「しっかりしているし、強めの口調は思いやりと優しさの裏返しという、愛らしい性格の美咲なのですが、物事をストレートに言うところは似ていると思いますね(笑い)。でも、実際の私は心配性で、『心配』だから『ちゃんとする』の繰り返しで、日々ビビりながら生きています」と明かしつつ、「撮影で毎日のように顔を合わせ、シーンを重ねるうちに、門倉家がどんどん本当の家族のようになっていると感じています」と語っている。

 実際には兄と姉がいる末っ子の泉さんは、妹がいる長女を演じ、「結月が私の後ろをずっとついてくるシーンがあるのですが『ああ、こんな妹がいたら可愛いな』と感じました。けんかするシーンやベッドでじゃれているシーンも『楽しい!』と思いながら演じていました。実際、私と姉とは5歳離れているので、じゃれているという感じではなかったですね、ちょっと子供に見られていた気がします。門倉家では長女として、毎日新鮮に楽しく過ごさせていただきました」とコメントしている。

 ◇食べるフリなし 「ずっと食べている」

 撮影中、父親役の天野さんと「豚汁を作ってスタッフに振る舞おう」と盛り上がったといい、「近くのスーパーへ買い出しに行きました。『私も手伝う~』なんて言っておきながら、出来上がった豚汁を食べていました(笑い)。天野さんが、『デザートにフレンチトーストも作るから』と、フランスパンも買い、私は『料理上手の天野さんに教えてもらおう!』と意気込んでいたのですが……。私がお昼のお弁当を食べている間に天野さんがパパッと作られて、結局また出来上がりを食べていましたね。その後、ちゃんといただいたレシピ本で復習しています!」と語っている。

 さらに、「この作品はご飯を食べるシーンが多いのですが、家族も(結月の恋人の)翔太役の中尾暢樹くんもみんな現場で本当に食べているんです。出てくるご飯がおいしくて! 美咲は大食いでいっぱい食べるシーンがあるのですが、食べるフリとかではなく、ずっと食べていますね。だからか、この前スタッフさんに『珍しいです、女優さんで“消えモノ”(食べ物)を食べ続けるって』と言われました(笑い)」と明かした。

 ◇遼河はるひに「目がハート」

 4月25日放送の第3話では、美咲が、中学時代の恩師であり、現在は同じ中学の教師仲間として慕っている森山(遼河はるひさん)が疎開することを知る……というシーンが描かれる。「同性への憧れという描き方はよくあると思うのですが、一歩踏み込んだ感じが、『隕石家族』ならではと感じました。あと半年っていうリミットがあるときに、どれくらい心を開いて、どう生きていくのかというのを、美咲という役を通して描いていて、『すごいドラマだな』と感じながら演じています」と語る。

 遼河さんとの共演については、「以前バラエティーなどでご一緒したことがありますが、ドラマでは初めて。お相手役が『遼河はるひさんに決まりました』と聞いたときには『すてき!』と思いました。カメラが回っていないときには監督も交えていろいろお話させていただきました。遼河さんは普段から凜(りん)とされていて、撮影していないときも私は目がハートでした」と振り返っている。

 第3話については「美咲の秘密や意外な一面が3話からじわじわと出てくるので『あれ?美咲って、もしかして?』と気づいてもらえるところがあると思います。美咲と森山先生の関係が今後どうなっていくのかを気にして見ていただきつつ、3話のメインとなる『パパの反抗期』を楽しんでいただけるとうれしいです!」とアピールしている。
 
 「隕石家族」第3話は4月25日深夜0時から放送。

<ドラマ紹介>「隕石家族」 羽田美智子×脚本・小松江里子「花嫁のれん」タッグ新作 キャイ~ン天野、泉里香ら出演のホームドラマ 第1話あらすじも

連続ドラマ「隕石家族」第1話のワンシーン=東海テレビ提供
連続ドラマ「隕石家族」第1話のワンシーン=東海テレビ提供

 女優の羽田美智子さん主演で「大人の土ドラ」枠(東海テレビ・フジテレビ系、土曜午後11時40分)で放送される連続ドラマ「隕石家族」が4月11日、スタートする。脚本は、羽田さんと故・野際陽子さんがダブル主演した帯ドラマ「花嫁のれん」(東海テレビ・フジテレビ系)シリーズの小松江里子さんのオリジナル作。「キャイ~ン」の天野ひろゆきさん、泉里香さん、北香那さん、松原智恵子さんらが出演する。

 巨大隕石(いんせき)の接近で地球滅亡まであと半年の運命にある東京が舞台で、幸せに暮らしていた門倉家の主婦・久美子(羽田さん)が自分の気持ちに正直になりたいと突然、主婦卒業と恋愛宣言から始まる“スペクタクルホームドラマ”。地球滅亡が迫る中、一軒家で平凡な毎日を過ごす門倉家の面々が抱える秘密が明かされる……。

 天野さんは久美子の夫の和彦、泉さんは長女の美咲、北さんは次女の結月、松原さんは姑(しゅうとめ)の正子を演じ、中尾暢樹さん、中村俊介さん、ブラザートムさんらも出演する。

 第1話は、ある日、久美子、和彦、美咲、結月、正子の家族5人がリビングに集まっていた。結月は、和彦に、暴徒によってアパートを焼かれ宿なしとなった森本翔太(中尾さん)を同居させてほしいと頼み込む。「家族で隠し事はなし」と普段から言っていたにもかかわらず、彼氏の存在を知らされていなかった和彦は不満を漏らすものの、多数決で翔太を納戸に住まわせることになる。

 和彦が「うちの家族と一緒に最後の時をこの家で迎えようじゃないか? それがオレの夢なんだよ」と語る中、久美子が「好きな人がいます。その人と一緒に暮らしたいの」と告白。久美子は、高校時代の同級生でテニス部のキャプテン・片瀬清人(中村さん)に思いを打ち明けなかったことを悔やみ、「自分の気持ちに正直になりたい。自分らしく生きるの!」と言い放ち、家を飛び出す。

 しかし、数日後、久々に会ったら理想と現実が違ったと、久美子が家に帰ってくる。強くショックを受けた和彦だったが久美子と和解し、いつもの生活に戻ったかに見えたが、結月があるものを発見する。さらに、和彦は家族が知らないある秘密を抱えていて……というストーリー。

東海テレビ提供
東海テレビ提供

羽田美智子 主演ドラマ「隕石家族」への思い 「目の離せない展開が最終話まで続く」

女優の羽田美智子さんの主演ドラマ「隕石家族」のワンシーン=東海テレビ提供
女優の羽田美智子さんの主演ドラマ「隕石家族」のワンシーン=東海テレビ提供

 女優の羽田美智子さんが主演を務め、東海テレビ・フジテレビ系の「大人の土ドラ」枠(土曜午後11時40分)で4月11日にスタートする連続ドラマ「隕石家族」。ドラマは、巨大隕石(いんせき)の接近で地球滅亡まであと半年の運命にある東京が舞台。幸せに暮らしていた門倉家で、主婦・久美子(羽田さん)の突然の主婦卒業と恋愛宣言から始まる“スペクタクルホームドラマ”だ。「目の離せない展開が最終話まで続く」と話す羽田さんが、ドラマの見どころを語った。

 ドラマは、NHKの大河ドラマ「天地人」や「花燃ゆ」、連続テレビ小説「どんど晴れ」、帯ドラマ「花嫁のれん」(東海テレビ・フジテレビ系)などを手がけた小松江里子さんが脚本を担当するオリジナル作。半年後、地球に隕石が落ちてくるという世界を舞台に、夫の和彦(天野ひろゆきさん)、長女の美咲(泉里香さん)、次女の結月(北香那さん)、姑(しゅうとめ)の正子(松原智恵子さん)と一軒家で平凡な毎日を過ごす主婦の門倉久美子(羽田さん)ら家族の姿を描く。

 --久美子という役について。

 脚本家の小松江里子さんの書かれるキャラクターは、以前ご一緒させていただいた「花嫁のれん」シリーズの時もそうだったのですが、いつの間にか自分と一体化しちゃう不思議な傾向があるんです。小松さんが考える「私(羽田さん)にやらせたら面白いだろうな」という役と、私自身がすごく共振し合っちゃって、いつしか自分なのか役なのか分からなくなるくらい似ちゃうんですよね。

 すごく自分に近い役なので、役作りという意味では特に苦労はなく、地のまま演じている感じです。ただ、自分よりはるかに久美子さんのほうが、ぶっ飛んでいますけどね(笑い)。

 --片瀬(中村俊介さん)との恋愛について。

 ドラマでは、ごく普通に主婦として生活してきた久美子が、突然自分の気持ちに正直になりたいと衝撃の告白をして家出をするんです。芸能界においても不倫はご法度ですが、実世界ではそういう話を聞くこともありますよね。家族の秩序を守りながらも、個人の幸せを優先する人が増えているんじゃないかなあ……。

 だから、久美子だけが特別ぶっ飛んだことをやっているわけではないと思うんです。もしかしたら視聴者の中にも久美子の言動にドキッとする方や、気持ちを乗せて見られる方もいるかもしれませんね。

 --門倉家の皆さんについて。

 門倉家の次女・結月役の北香那ちゃんと私のシーンをモニターで見ていた天野ひろゆきさんが「なんかこの2人似てきたなあ」と仰っていて。実はその前にも、松原智恵子さんに「本当の親子みたい!」って言われたんです。香那ちゃんと私はそもそも似ている顔じゃないのに似てきたり、長女役の美咲(泉さん)とおばあちゃん(松原さん)が似てきたり……。最後まで似てこないのは天野さんだけですね(笑い)。

 でも門倉家のパパ・和彦役の天野さんの栄養素はいっぱいもらっていて、あの陽だまりみたいな、温かい空気はサプリメントみたい。パパが来ると楽屋も華やぐし、キャンドルみたいにみんながぱあ~っと明るくなる。すごく良いエネルギーを持っているから会うと元気になるんです。役として心から愛せるし、心から馬鹿にもできるし。「も~!」とか言ってケチョンケチョンにもできるし(笑い)。遠慮なく過ごさせていただいて、すごくありがたいですね。

 --パート仲間の岡田役・真瀬樹里さんについて。

 これまで何度も共演しています。今回(主なスタッフが)「花嫁のれん」メンバーでご縁を感じているのですが、真瀬さんは「花嫁のれん」で姑役の野際陽子さんのお嬢さん。シーンは少ないけど2人でお芝居をするのは感慨深いものがありますね。

 真瀬さんの面影の奥に野際さんを感じますし、現場には野際さんが来てくださっている気もしていて。きっと今回の共演は野際さんも喜んでくれて、あの世で「ありがとう」って言ってくれていると思います。

 --現場で時々アロマをシュッシュッとされてましたが。

 アロマは20代からずっと使っていたんですけど、数年前に本格的に学びたいと試験を受けて資格を取ったんです。アロマはただ良い香りというだけじゃなく、ホームケアとして使えたり、メディカル的な要素もあるのでいろいろと効能を調べたりして。良い香りで現場の空気がなごやかになればいいなと思って、オリジナルで「隕石アロマミスト」を作りました!

 あと毎朝の習慣で、いただいた観音様の像にお花とお香をあげるのですが、その際「隕石家族のスタッフ・キャストが今日も無事に撮影できますように」って必ず言っていたんです。やっぱり座長という責任もありますし、何かあったら全体に影響が来ちゃうのでね。そのおかげなのか誰一人倒れることなく、何とかここまで走り切って来れました。

 もちろん皆さん日々の体調管理は努力なさっているからそんなに問題なかったとは思うんですけど、長丁場で、いろんな年代の方がいらっしゃる現場でしたので無事に終わってほっとしています。

--視聴者の皆様へメッセージをお願いします。

 壮大なメッセージがあるけれど、それをコミカルに軽快にテンポ良く描いています。きっと「ありえないよー!」なんてツッコミがありながらも、「こんな現実かもしれない」っていう変なリアル感があるドラマ。誰の気持ちに照準を合わせるかっていうことで見ると、どんな世代の人にも共感が得られるストーリーがあると思います。

 ですが放送は「オトナの土ドラ」枠という、土曜日の深夜の時間帯なので、どこかハチャメチャで、どこか痛快で。笑って泣けて考えさせられて、明日元気になる、笑顔になるっていう要素が盛りだくさんなので、これを見て生きる活力につながってくれたらうれしいです。

 第1話の最後に「えー!」ってなって、第2話の最後にも「はあ?」ってなって、第3話では「うそ!?」、第4話には「マジで!?」って。目の離せない展開が最終話まで続くので、眠くなっちゃった方は録画していただいて(笑い)、最後まで見ていただければうれしいです!

東海テレビ提供
東海テレビ提供
東海テレビ提供
東海テレビ提供
東海テレビ提供
東海テレビ提供
東海テレビ提供
東海テレビ提供
東海テレビ提供
東海テレビ提供
東海テレビ提供
東海テレビ提供
東海テレビ提供
東海テレビ提供

羽田美智子、4月連ドラ「隕石家族」で主演 半年後に隕石が落ちる世界描く 泉里香、北香那も出演

4月11日スタートの連続ドラマ「隕石家族」に出演する(上段左から時計回りに)羽田美智子さん、「キャイ~ン」の天野ひろゆきさん、松原智恵子さん、北香那さん、泉里香さん
4月11日スタートの連続ドラマ「隕石家族」に出演する(上段左から時計回りに)羽田美智子さん、「キャイ~ン」の天野ひろゆきさん、松原智恵子さん、北香那さん、泉里香さん

 女優の羽田美智子さんが、4月スタートの連続ドラマ「隕石家族」(東海テレビ・フジテレビ系)で主演を務めることが1月20日、分かった。羽田さんのほか、泉里香さん、北香那さん、松原智恵子さん、「キャイ~ン」の天野ひろゆきさんも出演する。

 ドラマは、NHK大河ドラマ「天地人」「花燃ゆ」、連続テレビ小説(朝ドラ)「どんど晴れ」シリーズ、2010年から平日昼の帯ドラマとして放送された「花嫁のれん」(東海テレビ・フジテレビ系)シリーズなどを手がけた小松江里子さんが脚本を担当するオリジナルドラマ。半年後、地球に隕石(いんせき)が落ちてくるという世界を舞台に、夫、2人の娘、姑と一軒家で平凡な毎日を過ごす主婦の門倉久美子の姿を描く。

 土曜午後の連続ドラマ枠「大人の土ドラ」(毎週土曜午後11時40分)で4月11日から放送。全8話を予定。

隕石家族東海テレビ・フジテレビ系
連続ドラマ枠「大人の土ドラ」(毎週土曜午後11時40分)
2020年4月11日から放送。全8話を予定。