隕石家族 あらすじ

隕石家族あらすじ

 ドラマ「隕石家族」(東海テレビ・フジテレビ系)は、NHK大河ドラマ「天地人」「花燃ゆ」、連続テレビ小説(朝ドラ)「どんど晴れ」シリーズ、2010年から平日昼の帯ドラマとして放送された「花嫁のれん」(東海テレビ・フジテレビ系)シリーズなどを手がけた小松江里子さんが脚本を担当するオリジナルドラマ。女優の羽田美智子さんが主演を務め、泉里香さん、北香那さん、松原智恵子さん、「キャイ~ン」の天野ひろゆきさんが出演する。

 ドラマは、半年後、地球に隕石(いんせき)が落ちてくるという世界を舞台に、夫、2人の娘、姑と一軒家で平凡な毎日を過ごす主婦の門倉久美子の姿を描く。

 土曜午後の連続ドラマ枠「大人の土ドラ」(毎週土曜午後11時40分)で4月11日から放送。全8話を予定。

ドラマ「隕石家族」のあらすじ

<ドラマ紹介>「隕石家族」 羽田美智子×脚本・小松江里子「花嫁のれん」タッグ新作 キャイ~ン天野、泉里香ら出演のホームドラマ 第1話あらすじも

連続ドラマ「隕石家族」第1話のワンシーン=東海テレビ提供
連続ドラマ「隕石家族」第1話のワンシーン=東海テレビ提供

 女優の羽田美智子さん主演で「大人の土ドラ」枠(東海テレビ・フジテレビ系、土曜午後11時40分)で放送される連続ドラマ「隕石家族」が4月11日、スタートする。脚本は、羽田さんと故・野際陽子さんがダブル主演した帯ドラマ「花嫁のれん」(東海テレビ・フジテレビ系)シリーズの小松江里子さんのオリジナル作。「キャイ~ン」の天野ひろゆきさん、泉里香さん、北香那さん、松原智恵子さんらが出演する。

 巨大隕石(いんせき)の接近で地球滅亡まであと半年の運命にある東京が舞台で、幸せに暮らしていた門倉家の主婦・久美子(羽田さん)が自分の気持ちに正直になりたいと突然、主婦卒業と恋愛宣言から始まる“スペクタクルホームドラマ”。地球滅亡が迫る中、一軒家で平凡な毎日を過ごす門倉家の面々が抱える秘密が明かされる……。

 天野さんは久美子の夫の和彦、泉さんは長女の美咲、北さんは次女の結月、松原さんは姑(しゅうとめ)の正子を演じ、中尾暢樹さん、中村俊介さん、ブラザートムさんらも出演する。

 第1話は、ある日、久美子、和彦、美咲、結月、正子の家族5人がリビングに集まっていた。結月は、和彦に、暴徒によってアパートを焼かれ宿なしとなった森本翔太(中尾さん)を同居させてほしいと頼み込む。「家族で隠し事はなし」と普段から言っていたにもかかわらず、彼氏の存在を知らされていなかった和彦は不満を漏らすものの、多数決で翔太を納戸に住まわせることになる。

 和彦が「うちの家族と一緒に最後の時をこの家で迎えようじゃないか? それがオレの夢なんだよ」と語る中、久美子が「好きな人がいます。その人と一緒に暮らしたいの」と告白。久美子は、高校時代の同級生でテニス部のキャプテン・片瀬清人(中村さん)に思いを打ち明けなかったことを悔やみ、「自分の気持ちに正直になりたい。自分らしく生きるの!」と言い放ち、家を飛び出す。

 しかし、数日後、久々に会ったら理想と現実が違ったと、久美子が家に帰ってくる。強くショックを受けた和彦だったが久美子と和解し、いつもの生活に戻ったかに見えたが、結月があるものを発見する。さらに、和彦は家族が知らないある秘密を抱えていて……というストーリー。

東海テレビ提供
東海テレビ提供

隕石家族東海テレビ・フジテレビ系
連続ドラマ枠「大人の土ドラ」(毎週土曜午後11時40分)
2020年4月11日から放送。全8話を予定。