行列の女神~らーめん才遊記~ ニュース

最終話に岡本健一、「ふぉ~ゆ~」福田悠太 “芹沢”鈴木京香に復讐

連続ドラマ「行列の女神~らーめん才遊記~」にゲスト出演する岡本健一さん(左)と 「ふぉ~ゆ~」の福田悠太さん(C)久部緑郎・河合単・小学館/テレビ東京
連続ドラマ「行列の女神~らーめん才遊記~」にゲスト出演する岡本健一さん(左)と 「ふぉ~ゆ~」の福田悠太さん(C)久部緑郎・河合単・小学館/テレビ東京

 女優の鈴木京香さん主演の連続ドラマ「行列の女神~らーめん才遊記~」(テレビ東京系、月曜午後10時)の最終話のゲストとして俳優の岡本健一さんとジャニーズの4人組グループ「ふぉ~ゆ~」の福田悠太さんが出演することが5月31日、分かった。岡本さんは、麺獄グループ代表の安本高治、福田さんは、安本の部下・下平をそれぞれ演じる。安本は、清流企画の社長・芹沢達美(鈴木さん)に復讐(ふくしゅう)するべく宣戦布告する。福田さんがテレビ東京系のドラマに出演するのは初めて。

 岡本さん演じる安本は、かつて優れた味覚と調理センスで芹沢をうならせ、料理人として高く評価されていた清流企画の元社員。あることが原因で、芹沢に恨みを持つようになった。最終話では、芹沢に復讐するため、清流企画が手掛けるラーメン店・らあめん清流房の近くに、同店の看板メニュー・濃口醤油らあめんと同じ味を低価格で提供する濃口醤油らあめん たかじを出店。清流企画のライバル会社・味惑コーポレーションにはメニュー開発を依頼する。同社の難波倫子(松井玲奈さん)からは“いろいろこじらせとる男”とも評される。

 岡本さんは「鈴木京香さんとは初共演でしたが、とても優しくて美しく、気遣いをさせずに物語に集中させてくれる、ナチュラルでキレイな女性なので、共演できて幸せな時間でした。(安本は)誰もが持っている欲によって今までの自分が変わり、挫折を味わい、人生の新しいステージで自分の思うままに行っている時は、気持ちが良かったのだと思います」とコメント。

 福田さんは「マネジャーさんに『ドラマにどんどん出ていきたい』という話をしたら、ドラマはなかなか出られるものじゃない、オファーが来たら奇跡だと思いなさいと言われました。その数日後にこのドラマの出演オファーをいただいたので、すごく驚いて、奇跡が起こったと思いました。感動をありがとうございました!」とコメント。「格好いい健一さん演じる安本の脇でちょこちょこやってるのが僕です。ぜひ、僕が出てるシーンも、少しだけでも注目して見てあげてください! よろしくお願いします!」と話した。

<SNS反響>松井玲奈「行列の女神」で“メガネ美女”に 「美人すぎる」から一転 関西弁で「消えろ!」

ドラマ「行列の女神~らーめん才遊記~」第3話の一場面=テレビ東京提供
ドラマ「行列の女神~らーめん才遊記~」第3話の一場面=テレビ東京提供

 女優の鈴木京香さんが主演を務める、連続ドラマ「行列の女神~らーめん才遊記~」(テレビ東京系)の第3話が5月4日、放送された。SNSでは、松井玲奈さん演じた“メガネ美女”が「美人すぎる」などと話題になった。

 人気ラーメン店のカリスマ店主でフードコンサルティング会社・清流企画の芹沢達美社長(鈴木さん)の活躍を描くドラマで、第3話は、味に自信はあるものの客が入らない、つけ麺店が舞台。清流企画とライバルの味惑コーポレーションのコンペが開催され、清流企画の汐見ゆとり(黒島結菜さん)と味惑コーポレーションの若手社員・難波倫子の対決が描かれた。

 倫子はメガネをかけた一見おしとやかな女性で、登場時はSNSで「美人すぎる」「ザ透明感」「なんでこんなにメガネが似合うんですか?」などと盛り上がった。依頼主のつけ麺店の夫妻に柔らかい物腰で接するが一転、ゆとりを「消えろ」「さっさと消え失せろ言うとんねん。このボケッ」とドスの利いた関西弁で脅すなど、本性を現すと「強烈キャラだった(笑い)」「原作キャラの完全再現で驚いた」「振り幅のある玲奈ちゃんの演技、本当に好き」と絶賛する声も見られた。

 松井さんは現在放送中の、NHK連続テレビ小説(朝ドラ)「エール」でヒロイン・音(二階堂ふみさん)の姉・吟役としても出演しており「朝ドラとの落差がすごい」という声も。黒島さんは朝ドラ「スカーレット」に出演していたことから「NHK朝ドラ女優対決!」という投稿も見られた。

音尾琢真「行列の女神~らーめん才遊記~」で謎の男に 鈴木京香と共演に「喜びに震えました」

連続ドラマ「行列の女神~らーめん才遊記~」にゲスト出演する音尾琢真さん(C)久部緑郎・河合単・小学館/テレビ東京
連続ドラマ「行列の女神~らーめん才遊記~」にゲスト出演する音尾琢真さん(C)久部緑郎・河合単・小学館/テレビ東京

 演劇ユニット「TEAM NACS(チーム・ナックス)」の音尾琢真さんが、女優の鈴木京香さん主演の連続ドラマ「行列の女神~らーめん才遊記~」(テレビ東京系)に出演することが5月4日、分かった。音尾さんは、謎の男、鷹野研次郎を演じる。フードコンサルティング会社の汐見ゆとり(黒島結菜さん)が、中華食堂の後継者探しに苦戦する中、鷹野が現れる。鷹野は、ただの“酔っぱらいのおじさん”だと思われたが、ある意外な行動に出る。5月18日放送の第5話に登場する。

 音尾さんは「出演のお話をいただいた時は、初めて鈴木京香さんと仕事ができる喜びに震えました。 原作を読んだことはなかったのですが、鷹野研次郎というキャラクターが物語的にとても格好よく、私自身もなかなか出会うことのない役柄でしたので楽しませてもらいました」とコメントを寄せている。

 音尾さんのほか、第5話のゲスト出演者も発表された。お笑い芸人の鳥居みゆきさん、お笑いコンビ「納言」の薄幸さん、「土佐兄弟」の土佐有輝さん、「まんじゅう大帝国」の竹内一希さん、元「ブリリアン」のコージ・トクダさん、俳優の佳久創さんが、「らあめん清流房」のアルバイトの面接に来る人物を演じる。

(C)久部緑郎・河合単・小学館/テレビ東京
(C)久部緑郎・河合単・小学館/テレビ東京

<SNS反響>“マダムキラー”小関裕太に「可愛い」「スーツ似合ってて最高」の声

連続ドラマ「行列の女神~らーめん才遊記~」第2話の一場面=テレビ東京提供
連続ドラマ「行列の女神~らーめん才遊記~」第2話の一場面=テレビ東京提供

 女優の鈴木京香さんが主演を務める、連続ドラマ「行列の女神~らーめん才遊記~」(テレビ東京系)の第2話が4月27日、放送された。鈴木さんは、ラーメン業界をけん引するカリスマ店主にして、フード・コンサルティング会社「清流企画」の社長・芹沢達美という役どころ。第2話では、俳優の小関裕太さんが演じる「清流企画」の社員で、端正なルックスで奥様方を魅了する“マダムキラー”白坂隼人に注目が集まった。

 第2話では、主婦事情やトレンドに詳しいという白坂が、街中で顔見知りの主婦に抱きつかれて結婚を迫られるシーンが描かれた。白坂の姿に、SNSでは「白坂くん可愛い」「マダムに捕まっちゃう白坂くんかわええ」「慌てる白坂くん笑った! 可愛い」「スーツ似合ってて最高だし、マダムキラーな白坂くんもついに見られた」「白坂くんマダムキラー役だけど、全然マダムじゃなくて私も落としているよ」などと盛り上がりをみせた。

 小関さんは、1月期の連続ドラマ「来世ではちゃんとします」(テレビ東京)では、“魔性のタラシ”で遊び人の松田健を演じていたが、「白坂くんは松田くんよりも相手にほだされていて、相手にもお人好しな感じがして可愛い」と別の作品と比較して小関さんの可愛らしさを表現する投稿も見られた。

松井玲奈、「行列の女神~らーめん才遊記~」で少しトリッキーなメガネ美女 黒島結菜のライバルに

連続ドラマ「行列の女神~らーめん才遊記~」に出演する松井玲奈さん(C)テレビ東京
連続ドラマ「行列の女神~らーめん才遊記~」に出演する松井玲奈さん(C)テレビ東京

 女優の松井玲奈さんが、女優の鈴木京香さんが主演の連続ドラマ「行列の女神~らーめん才遊記~」(テレビ東京系)に出演することが4月27日、分かった。松井さんは、鈴木さんが演じる芹沢達美が社長を務めるフード・コンサルティング会社・清流企画のライバル・味惑コーポレーションの期待の若手社員・難波倫子を演じる。倫子はメガネをかけた少しトリッキーな女性で、黒島結菜さんが演じる清流企画の汐見ゆとりとライバル関係になる。倫子は、5月4日放送の第3話から登場する。

 松井さんは「私自身、食べ物が出てくる作品が好きなので、ラーメンを扱うドラマと聞いて、出演できることがうれしく、現場でどんなふうにラーメンが出てくるのかワクワクしていました。ちなみに私は、バリカタの細麺豚骨ラーメンが好きです。(台本を読んでみて)食を扱い食べ歩く作品は今までたくさん触れてきましたが、フードコンサルタントとして、ラーメンを描くという設定がとても奥が深く、面白いなと思いました」とコメント。

 役柄について「倫子は少しトリッキーなキャラクターとして登場します。彼女の中にあるスイッチのオンオフを楽しく、時にコミカルに演じさせてもらいました」と話し、「(初共演の)黒島さんとはガンを飛ばし合う場面も多かったのですが、ゆとりの真っすぐで自信満々のまなざしにとても刺激を受けていました。ゆとりVSライバルとして現れる倫子の対決を楽しんでいただきつつ、シンプルにラーメンおいしそう!とも思っていただきながらご覧ください!」と呼びかけている。

 俳優の夙川アトムさんが、倫子の上司で味惑コーポレーションの社長・福花康男を演じるほか、第3話のゲストに窪塚俊介さんと林田岬優さん、5月11日放送の第4話のゲストに堀井新太さんと大友康平さんが出演することも発表された。

(C)テレビ東京
(C)テレビ東京
(C)テレビ東京
(C)テレビ東京
(C)テレビ東京
(C)テレビ東京
(C)テレビ東京
(C)テレビ東京
(C)テレビ東京
(C)テレビ東京

<ドラマ紹介>「行列の女神~らーめん才遊記~」 ラーメンマンガ実写化 鈴木京香&黒島結菜がタッグ 第1話あらすじも

連続ドラマ「行列の女神~らーめん才遊記~」第1話の一場面=テレビ東京提供
連続ドラマ「行列の女神~らーめん才遊記~」第1話の一場面=テレビ東京提供

 女優の鈴木京香さんが主演を務める連続ドラマ「行列の女神~らーめん才遊記~」(テレビ東京系、月曜午後10時)が4月20日にスタートする。働く人をテーマに現代社会を描く「ドラマBiz」枠の新作で、鈴木さんは同局の連ドラ初出演かつ初主演。人気ラーメン店のカリスマ店主で、フード・コンサルティング会社社長の芹沢達美を演じる。原作の芹沢(名前は達也)はスキンヘッドの男性だが、ドラマでは設定を女性に変更した。

 ドラマは、マンガ誌「ビッグコミックスペリオール」(小学館)で2009~14年に連載された久部緑郎さん作、河合単さん画のマンガ「らーめん才遊記」が原作。ラーメンに関しては全くの素人だが、ズバ抜けた料理センスを持ち、芹沢(鈴木さん)も驚く新作ラーメンを作り出す汐見ゆとりを黒島結菜さんが演じ、芹沢と汐見がラーメン業界に革命を起こすべく奮闘する姿が描かれる。

 そのほか、フード・コンサルティング会社「清流企画」の職人志望の社員・夏川彩を高橋メアリージュンさん、マダムキラーな社員・白坂隼人を小関裕太さん、ラーメンオタクの社員・須田正史を前野朋哉さん、ラーメン評論家・有栖涼を石塚英彦さん、部長・河上堅吾を杉本哲太さんがそれぞれ演じる。

 第1話となる“1杯目”では、ラーメン業界をけん引する日本一の職人であり、フード・コンサルティング会社「清流企画」の社長・芹沢達美(鈴木さん)の店に女性客(黒島さん)がやってくる。しかし、一向に女性客の箸が進まない。見かねた社員の夏川(高橋さん)は、その理由を問うと「フムフムって感じ」という返答が。それは「味がイマイチ」という意味らしく、夏川は会社に戻って憤慨する。

 しかし、そこに就職の面接でやってきたのは、例の女性客・汐見ゆとりだった。話を聞けば、半年前に初めてラーメンを食べて感動し、入社を希望したという。そんなラーメンのド素人が、カリスマ・芹沢の前で「このラーメンをおいしくすることができる」と言い放つ……。

苦境にあえぐラーメン店主役に泉谷しげる、浅利陽介 第1、2話ゲスト発表

連続ドラマ「行列の女神~らーめん才遊記~」にゲスト出演する(左から)泉谷しげるさん、川俣しのぶさん、浅利陽介さん、金澤美穂さん(C)テレビ東京
連続ドラマ「行列の女神~らーめん才遊記~」にゲスト出演する(左から)泉谷しげるさん、川俣しのぶさん、浅利陽介さん、金澤美穂さん(C)テレビ東京

 テレビ東京系ドラマ枠「ドラマBiz」(月曜午後10時)で4月20日から放送される鈴木京香さん主演の連続ドラマ「行列の女神~らーめん才遊記~」の第1話に、泉谷しげるさんと川俣しのぶさんがゲスト出演することが同日、分かった。また、27日放送の第2話に浅利陽介さんと金澤美穂さんがゲスト出演することも発表された。4人は、芹沢達美(鈴木さん)率いる清流企画のコンサルティングを受ける、苦境にあえぐラーメン店の店主夫婦を演じる。

 第1話で登場する薄汚れた中華料理店「京来軒」の店主・郷田正一を泉谷さん、その妻・秋江を川俣さん、第2話で登場するカフェ風のおしゃれなとんこつラーメン店「noodleCafe TMY」の店主・坂口琢磨を浅利さん、その妻・恵を金澤さんが演じる。

 泉谷さんは「ラーメンにはそんなに興味がないんだけど、食い物(の話)だってことと、鈴木京香ちゃんと久しぶりに会いたいなーというのと、周防(正行)さんの映画『カツベン!』でヒロインやっていた黒島の姉ちゃんにも会いたかったんで、よかったな」と撮影を振り返り、川俣さんは「ストーリーは弱者救済と思いきや、芹沢さんのかなりキツイ言葉も正論ゆえに刺さります。第2話以降も楽しみです!」とアピール。

 また、浅利さんは「改めて、ラーメン一杯って奥が深いなと、坂口店主を通して思いましたね。初めて行く店でチャーシュー抜きとか、口が裂けても言えなくなりました(笑い)」と語り、金澤さんは「普段からよくラーメンを食べるので、ラーメンの開発過程やお店の雰囲気作りなどを、役を通して体験できることがとてもうれしかったです」と振り返った。

鈴木京香、主人公役「ヒゲ生えているおじさんのつもりで」演じる 実写ドラマ「行列の女神」で主演

連続ドラマ「行列の女神~らーめん才遊記~」に出演する(左から)前野朋哉さん、杉本哲太さん、鈴木京香さん、黒島結菜さん、高橋メアリージュンさん、小関裕太さん(C)テレビ東京
連続ドラマ「行列の女神~らーめん才遊記~」に出演する(左から)前野朋哉さん、杉本哲太さん、鈴木京香さん、黒島結菜さん、高橋メアリージュンさん、小関裕太さん(C)テレビ東京

 テレビ東京系のドラマ枠「ドラマBiz」(月曜午後10時)で放送される女優の鈴木京香さんの主演ドラマ「行列の女神~らーめん才遊記~」が、4月20日にスタートする。鈴木さん、黒島結菜さん、高橋メアリージュンさん、小関裕太さん、前野朋哉さん、杉本哲太さんが演じる役についてや、撮影中のエピソードなどを語った。

 ドラマの原作は、ラーメン業界を描いた久部緑郎さん作、河合単さん画のマンガで、マンガ誌「ビッグコミックスペリオール」(小学館)で2009~14年に連載された「らーめん才遊記」。人気ラーメン店「らあめん清流房」の店主で、フードコンサルティング会社、清流企画の社長である芹沢達也と、清流企画の新入社員、汐見ゆとりがラーメン業界に革命を起こすべく奮闘するグルメマンガ。

 原作では芹沢達也は男性だが、ドラマでは女性に設定を変えて描かれる。主人公の清流企画社長・芹沢達美役の鈴木さんは「男性の役を私がやることによって雰囲気を変えてしまったらどうしようとちょっと思ったんですけど、私は中身がもう男の人とほとんど一緒なので、同じ気持ちで、ヒゲが生えているおじさんのつもりでやっています」と笑い、「(ラーメン作りは)撮影の時は毎回ラーメン製作の先生が丁寧に教えてくださるんですけど、一度長い時間をかけて湯切りの方法とか習ったりして、だいぶ上達しました!」と役作りについて語った。

 共演者もラーメン作りのシーンを演じており、練習を重ねたという。新入社員・汐見ゆとり役の黒島さんは「私も練習したんですけど、本番は(ゆとりという)キャラクター的にふざけた感じになっちゃって……。カッコイイ湯切りも教えてもらったんですけど、ちょっとコメディーっぽくやりました」とにっこり。

 職人志望として清流企画に入社した夏川彩役の高橋さんは「ラーメンの作り方を教えてもらったんですけど……厨房(ちゅうぼう)でもお芝居があって、フリーな時に何をするかが難しかった」と語り、マダムキラーの社員・白坂隼人役の小関さんは「このメンバーの中でも作ることが多い方と、食べることが多い方がいて、僕はコンサルティング重視な役なので、日常の中でコンサルティングについて考えることが多かったです」という。

 また、撮影現場のエピソードについて聞かれた、ラーメンオタクの社員・須田正史役の前野さんは「黒島さんがめちゃくちゃ食べる! 量っていうよりは食べるペースが落ちない。だからカメラが回っている時に食べるカットがあって、カットがかかってもそのままずっと食べているんですよ。ペース落ちずに! で、最後までペロリといっちゃう……それがすごくて感動してました」と明かした。

 部長の河上堅吾を演じる杉本さんが、「普通、本番終わったら食べない感じですけど、真逆でした! 無心で食べていたよね?」と黒島さんに聞くと、「ラーメンはもともと好きで今回うれしくて。出てくるラーメンが全部おいしいんですよ! だから……食べちゃうんです(笑い)。やっぱりだんだん苦しくなってきて、本当に本番で食べなきゃいけない時に苦しいって時もありますけど、でもおいしくいただきました」と告白していた。

(C)テレビ東京
(C)テレビ東京
(C)テレビ東京
(C)テレビ東京
(C)テレビ東京
(C)テレビ東京
(C)テレビ東京
(C)テレビ東京
(C)テレビ東京
(C)テレビ東京
(C)テレビ東京
(C)テレビ東京

LOVE PSYCHEDELICO、ドラマ「行列の女神」のオープニングテーマ担当

女優の鈴木京香さんの主演ドラマ「行列の女神~らーめん才遊記~」のオープニングテーマを担当する「LOVE PSYCHEDELICO」=テレビ東京提供
女優の鈴木京香さんの主演ドラマ「行列の女神~らーめん才遊記~」のオープニングテーマを担当する「LOVE PSYCHEDELICO」=テレビ東京提供

 今年デビュー20周年を迎えた音楽ユニット「LOVE PSYCHEDELICO」が、4月20日からテレビ東京系のドラマ枠「ドラマBiz」(月曜午後10時)でスタートする女優の鈴木京香さんの主演ドラマ「行列の女神~らーめん才遊記~」のオープニングテーマを担当することが4月3日、分かった。オープニングテーマは「Swingin’」という楽曲で、「LOVE PSYCHEDELICO」は、「自然と身体が揺れるようなこの曲のSwingin’なリズムが、ドラマの中の登場人物たちの日常をちょっぴり明るく支えることができたらうれしいです」とコメントしている。

高橋メアリージュン、小関裕太、石塚英彦らが出演

女優の鈴木京香さんの主演ドラマ「行列の女神~らーめん才遊記~」に出演する(上段左から)高橋メアリージュンさん、小関裕太さん、前野朋哉さん、(下段左から)石塚英彦さん、杉本哲太さん(C)テレビ東京
女優の鈴木京香さんの主演ドラマ「行列の女神~らーめん才遊記~」に出演する(上段左から)高橋メアリージュンさん、小関裕太さん、前野朋哉さん、(下段左から)石塚英彦さん、杉本哲太さん(C)テレビ東京

 4月20日からテレビ東京系のドラマ枠「ドラマBiz」(月曜午後10時)でスタートする女優の鈴木京香さんの主演ドラマ「行列の女神~らーめん才遊記~」のレギュラーキャストが3月9日、発表された。高橋メアリージュンさん、小関裕太さん、前野朋哉さん、石塚英彦さん、杉本哲太さんが出演することが分かった。

 高橋さんは、芹沢のようなラーメン職人を目指して奮闘する夏川彩役、小関さんは、マダムキラーのイケメン・白坂隼人役、前野さんは、気弱だが筋金入りのラーメンオタク・須田正史役を担当。石塚さんは、清流企画に頻繁に出没するラーメン評論家の有栖涼、杉本さんは、清流企画の部長で、芹沢の良き理解者・河上堅吾を演じる。

 また、ドラマ主題歌は、4人組ロックバンド「THE イナズマ戦隊」がドラマのために書き下ろした「WABISABIの唄」に決定した。4月8日にシングルが発売予定。

(C)テレビ東京
(C)テレビ東京

鈴木京香、“ラーメンのカリスマ”役でテレ東の連ドラ初主演 人気マンガ「らーめん才遊記」が原作

4月にスタートする連続ドラマ「行列の女神~らーめん才遊記~」で主演を務める鈴木京香さん(左)と共演の黒島結菜さん (C)熊谷貫(C)テレビ東京
4月にスタートする連続ドラマ「行列の女神~らーめん才遊記~」で主演を務める鈴木京香さん(左)と共演の黒島結菜さん (C)熊谷貫(C)テレビ東京

 女優の鈴木京香さんが、テレビ東京のドラマ枠「ドラマBiz」(月曜午後10時)で4月にスタートする連続ドラマ「行列の女神~らーめん才遊記~」の主演を務めることが1月28日、明らかになった。昨年秋には「グランメゾン東京」(TBS系)でフレンチのシェフを演じた鈴木さんだが、同局の連ドラ初出演かつ初主演となる本作では、人気ラーメン店のカリスマ店主を演じる。

 ドラマは、ラーメン業界を描いた久部緑郎さん作、河合単さん画のマンガで、マンガ誌「ビッグコミックスペリオール」(小学館)で2009~14年に連載された「らーめん才遊記」が原作。人気ラーメン店「らあめん清流房」の店主で、フード・コンサルティング会社、清流企画の社長である芹沢達也と、清流企画の新入社員、汐見ゆとりがラーメン業界に革命を起こすべく奮闘するグルメマンガ。

 原作では、清流企画の社長・芹沢達也は男性だが、ドラマでは芹沢達美と女性に設定を変えて描かれる。鈴木さん演じる芹沢達美は、奇抜なアイデアと計算しつくされた手法で、街のラーメン店を次々に繁盛店へと導いていく。また、女優の黒島結菜さんが、料理の才能は秀でているが天然で空気が読めない、清流企画新入社員・汐見ゆとりを演じる。

 「LIAR GAME」や「ハゲタカ」、「イノセンス 冤罪弁護士」などの古家和尚さんが脚本を手がけ、「警部補・古畑任三郎」「僕の生きる道」などの星護さん、「相棒」「ミラー・ツインズ」などの池澤辰也さんが演出を担当する。

 鈴木さんは原作を読んだ感想を「とても面白く、一杯のどんぶりで完結するラーメンという料理の奥深さを感じました」とコメント。芹沢達美を演じるにあたって、「生き生きと華やかな芹沢ではありますが、一転、仕事への取り組み方はとてもシビアでクールです。口ひげを生やしたビジネスマンのような気持ちで演じます」と意気込みを語っている。

行列の女神~らーめん才遊記~テレビ東京 ドラマ枠「ドラマBiz」
2020年4月にスタート