行列の女神~らーめん才遊記~ あらすじ

行列の女神~らーめん才遊記~あらすじ

 ドラマ「行列の女神~らーめん才遊記~」は、テレビ東京のドラマ枠「ドラマBiz」(月曜午後10時)で4月にスタートする連続ドラマ。女優の鈴木京香さんが主演を務める。昨年秋には「グランメゾン東京」(TBS系)でフレンチのシェフを演じた鈴木さんだが、同局の連ドラ初出演かつ初主演となる本作では、人気ラーメン店のカリスマ店主を演じる。

 ドラマは、ラーメン業界を描いた久部緑郎さん作、河合単さん画のマンガで、マンガ誌「ビッグコミックスペリオール」(小学館)で2009~14年に連載された「らーめん才遊記」が原作。人気ラーメン店「らあめん清流房」の店主で、フード・コンサルティング会社、清流企画の社長である芹沢達也と、清流企画の新入社員、汐見ゆとりがラーメン業界に革命を起こすべく奮闘するグルメマンガ。

 原作では、清流企画の社長・芹沢達也は男性だが、ドラマでは芹沢達美と女性に設定を変えて描かれる。鈴木さん演じる芹沢達美は、奇抜なアイデアと計算しつくされた手法で、街のラーメン店を次々に繁盛店へと導いていく。また、女優の黒島結菜さんが、料理の才能は秀でているが天然で空気が読めない、清流企画新入社員・汐見ゆとりを演じる。

 「LIAR GAME」や「ハゲタカ」、「イノセンス 冤罪弁護士」などの古家和尚さんが脚本を手がけ、「警部補・古畑任三郎」「僕の生きる道」などの星護さん、「相棒」「ミラー・ツインズ」などの池澤辰也さんが演出を担当する。

ドラマ「行列の女神~らーめん才遊記~」のあらすじ

<ドラマ紹介>「行列の女神~らーめん才遊記~」 ラーメンマンガ実写化 鈴木京香&黒島結菜がタッグ 第1話あらすじも

連続ドラマ「行列の女神~らーめん才遊記~」第1話の一場面=テレビ東京提供
連続ドラマ「行列の女神~らーめん才遊記~」第1話の一場面=テレビ東京提供

 女優の鈴木京香さんが主演を務める連続ドラマ「行列の女神~らーめん才遊記~」(テレビ東京系、月曜午後10時)が4月20日にスタートする。働く人をテーマに現代社会を描く「ドラマBiz」枠の新作で、鈴木さんは同局の連ドラ初出演かつ初主演。人気ラーメン店のカリスマ店主で、フード・コンサルティング会社社長の芹沢達美を演じる。原作の芹沢(名前は達也)はスキンヘッドの男性だが、ドラマでは設定を女性に変更した。

 ドラマは、マンガ誌「ビッグコミックスペリオール」(小学館)で2009~14年に連載された久部緑郎さん作、河合単さん画のマンガ「らーめん才遊記」が原作。ラーメンに関しては全くの素人だが、ズバ抜けた料理センスを持ち、芹沢(鈴木さん)も驚く新作ラーメンを作り出す汐見ゆとりを黒島結菜さんが演じ、芹沢と汐見がラーメン業界に革命を起こすべく奮闘する姿が描かれる。

 そのほか、フード・コンサルティング会社「清流企画」の職人志望の社員・夏川彩を高橋メアリージュンさん、マダムキラーな社員・白坂隼人を小関裕太さん、ラーメンオタクの社員・須田正史を前野朋哉さん、ラーメン評論家・有栖涼を石塚英彦さん、部長・河上堅吾を杉本哲太さんがそれぞれ演じる。

 第1話となる“1杯目”では、ラーメン業界をけん引する日本一の職人であり、フード・コンサルティング会社「清流企画」の社長・芹沢達美(鈴木さん)の店に女性客(黒島さん)がやってくる。しかし、一向に女性客の箸が進まない。見かねた社員の夏川(高橋さん)は、その理由を問うと「フムフムって感じ」という返答が。それは「味がイマイチ」という意味らしく、夏川は会社に戻って憤慨する。

 しかし、そこに就職の面接でやってきたのは、例の女性客・汐見ゆとりだった。話を聞けば、半年前に初めてラーメンを食べて感動し、入社を希望したという。そんなラーメンのド素人が、カリスマ・芹沢の前で「このラーメンをおいしくすることができる」と言い放つ……。

第2話のあらすじ 黒島結菜、不人気のラーメン店立て直しに参加 家族の秘密も明らかに!?

連続ドラマ「行列の女神~らーめん才遊記~」第2話の一場面=テレビ東京提供
連続ドラマ「行列の女神~らーめん才遊記~」第2話の一場面=テレビ東京提供

 女優の鈴木京香さんが主演を務める連続ドラマ「行列の女神~らーめん才遊記~」(テレビ東京系、月曜午後10時)の第2話が4月27日、放送される。「清流企画」に入社した汐見ゆとり(黒島結菜さん)は社長の芹沢達美(鈴木さん)の指示で、同僚の夏川彩(高橋メアリージュンさん)の仕事である人気のないとんこつラーメン店の立て直しに参加する。夏川が考案したイタリアン風ラーメンを口にしたゆとりは、表情を曇らせる。

 また、芹沢が偶然にも、ゆとりの父でカメラマンの汐見亮二(利重剛さん)の名前を見つけたことがきっかけとなり、ゆとりの家族の秘密も明かされる……というストーリー。

 第2話には浅利陽介さんと金澤美穂さんがゲスト出演。味はハイレベルだが、おしゃれな立地のせいか、まったく客が入らない「とんこつラーメンさかぐち」の店主・坂口琢磨を浅利さんが、妻の坂口恵を金澤さんが演じる。

第3話のあらすじ 黒島結菜VS松井玲奈 鈴木京香VS高畑淳子 「消えうせろ」女たちの戦い勃発

連続ドラマ「行列の女神~らーめん才遊記~」第3話の一場面=テレビ東京提供
連続ドラマ「行列の女神~らーめん才遊記~」第3話の一場面=テレビ東京提供

 女優の鈴木京香さん主演の連続ドラマ「行列の女神~らーめん才遊記~」(テレビ東京系、月曜午後10時)の3杯目(第3話)が5月4日に放送される。新たな依頼を勝手に引き受けた汐見ゆとり(黒島結菜さん)は、芹沢達美(鈴木さん)の許可を得て、依頼主のつけ麺店へ向かう。そこには、清流企画のライバル「味惑コーポレーション」の若手社員・難波倫子(松井玲奈さん)の姿があった。

 味に自信はあるものの客が入らない「つけ麺あんざい」店主・安西徳之(窪塚俊介さん)は、清流企画にコンサルを依頼していたが、徳之の妻・安西絵里(林田岬優さん)は、味惑コーポレーションに依頼したというダブルブッキング。互いに相談なく話を進めていたことでけんかを始めた2人の横で、倫子はゆとりを「消えうせろ」と一喝。ゆとりは、あまりのすごみに圧倒される。

 一方、「らあめん清流房」にはゆとりの母で、ラーメン嫌いの料理評論家・橋爪ようこ(高畑淳子さん)が来店。芹沢の手掛けたラーメンに対するようこの辛辣(しんらつ)なダメ出しに、芹沢はいら立ちを隠せない。実は、にらみ合う2人の間には因縁が……。

第5話のあらすじ コンペに苦戦する その前に現れたのは…

連続ドラマ「行列の女神~らーめん才遊記~」第5話の一場面=テレビ東京提供
連続ドラマ「行列の女神~らーめん才遊記~」第5話の一場面=テレビ東京提供

 女優の鈴木京香さん主演の連続ドラマ「行列の女神~らーめん才遊記~」(テレビ東京系、月曜午後10時)の第5話が5月18日に放送される。「清流企画」に、繁盛はしているが跡継ぎがいない中華食堂からの後継者探しの依頼が舞い込む。社長の芹沢達美(鈴木さん)は、社員全員が己の人脈で候補者を探し出し、1人を選ぶコンペを提案。新人の汐見ゆとり(黒島結菜さん)も参加を命じられるが、何の人脈もなく苦戦を強いられることになる。

 ゆとりが後継者探しに苦戦する中、さすがに新人には不利ということで、芹沢は人材探しも兼ねて、ゆとりに「清流企画」が手掛けるラーメン屋のアルバイトの面接を担当させる。しかし、候補者とはかけ離れた人材しか現れず、ゆとりは絶望。結局、ゆとりだけ候補者が見つからないまま、コンペの日を迎える。不戦敗にはさせまいと奔走するゆとりの前に、鷹野研次郎と名乗る酔っ払いの男が現れ、突然「候補者になってやる」と話しかけられる……という内容。

 鷹野は、演劇ユニット「TEAM NACS(チーム・ナックス)」の音尾琢真さんが演じる。またアルバイトの面接に来る人物たちを、お笑い芸人の鳥居みゆきさん、お笑いコンビ「納言」の薄幸さん、「土佐兄弟」の土佐有輝さん、「まんじゅう大帝国」の竹内一希さん、元「ブリリアン」のコージ・トクダさん、俳優の佳久創さんが演じる。

第6話のあらすじ “難波倫子”松井玲奈が再び “ゆとり”黒島結菜&“白坂”小関裕太と対決

連続ドラマ「行列の女神~らーめん才遊記~」第6話の一場面=テレビ東京提供
連続ドラマ「行列の女神~らーめん才遊記~」第6話の一場面=テレビ東京提供

 女優の鈴木京香さん主演の連続ドラマ「行列の女神~らーめん才遊記~」(テレビ東京系、月曜午後10時)の第6話が5月25日に放送される。第3話で登場した、女優の松井玲奈さんが演じるライバル会社「味惑コーポレーション」社員の難波倫子が再登場する。

 第6話では、「清流企画」社長の芹沢達美(鈴木さん)に、ラーメン業界最大手のチェーン店を経営する蒲生博昭(マギーさん)から新メニュー開発の依頼が舞い込む。2社で争うコンペ形式で、相手は以前もコンペで争った「味惑コーポレーション」の難波倫子(松井さん)だという。芹沢は、汐見ゆとり(黒島結菜さん)を担当に、白坂隼人(小関裕太さん)をサポートに付け、蒲生の依頼を受ける。「無難な味で見た目がインスタ映えするぐらいがちょうどいい」という白坂に対し、ゆとりは「メニュー開発を依頼された意味がない」と反論。2人の意見は真っ向から食い違ってしまう……という展開。

最終回のあらすじ 最終回は鈴木京香VS高畑淳子&岡本健一 どうなる…

連続ドラマ「行列の女神~らーめん才遊記~」第8話の一場面=テレビ東京提供
連続ドラマ「行列の女神~らーめん才遊記~」第8話の一場面=テレビ東京提供

 女優の鈴木京香さん主演の連続ドラマ「行列の女神~らーめん才遊記~」(テレビ東京系、月曜午後10時)の最終回となる第8話が6月8日に放送される。ゲストに俳優の岡本健一さんと人気グループ「ふぉ~ゆ~」の福田悠太さんが出演。岡本さんは鈴木さん演じる清流企画の社長・芹沢達美に復讐(ふくしゅう)するべく宣戦布告する、麺獄グループ代表の安本高治、福田さんは安本の部下・下平をそれぞれ演じる。

 清流企画が手掛けるラーメン店・清流房の全店舗の近くに、名前も味も明らかに清流房の看板メニュー“濃口醤油”とそっくりなラーメンを出す店「たかじ」が出現。清流房よりも値段が150円安いため、あっという間に客を奪われてしまう。さらに不幸は続き、芹沢が責任者に任命された世界的な日本食イベントでのラーメン部門中止の連絡が入る。芹沢とラーメンを敵視する橋爪ようこ(高畑淳子さん)からの横やりは明白で、芹沢は汐見ゆとり(黒島結菜さん)と共にようこに抗議しに行く。ようこは「ワクワクさせるラーメンを用意できたら撤回する」と言い出すが……。さらに、清流房に、たかじを展開する麺獄グループ代表の安本高治が来店。実は芹沢とは因縁がある間柄で「あの時の恨みは晴らさせてもらう」と宣戦布告する。

行列の女神~らーめん才遊記~テレビ東京 ドラマ枠「ドラマBiz」
2020年4月にスタート