レンタルなんもしない人 ニュース

増田貴久、テレ東ドラマ初主演「うれしすぎてプチパニックに」 「レンタルなんもしない人」で

4月スタートの「レンタルなんもしない人」に主演するNEWSの増田貴久さん
4月スタートの「レンタルなんもしない人」に主演するNEWSの増田貴久さん

 人気グループ「NEWS」の増田貴久さんが、4月スタートの深夜連続ドラマ「レンタルなんもしない人」(テレビ東京系)で主演を務めることが1月29日、明らかになった。増田さんが同局のドラマに出演、主演するのは今作が初めて。ドラマは「死役所」「僕はどこから」などの「ドラマホリック!」枠(水曜深夜0時12分)で放送される。

 増田さんは「出演のお話をいただいたのが『死役所』を見ていたときで、同じ『ドラマホリック!』枠の主演ということで、うれしすぎてプチパニックになりました(笑い)」とコメントを寄せている。

 原作は「レンタルなんもしない人のなんもしなかった話」(晶文社)で、原作協力は「<レンタルなんもしない人>というサービスをはじめます。」(河出書房新社)。2018年6月にツイッターに現れた後、瞬く間に拡散され、1年半でフォロワー数が25万人となった「レンタルなんもしない人」の“なんもしない”仕事ぶりを描くヒューマンドラマ。

 ◇<レンタルなんもしない人>森本祥司さんのコメント

 ――ドラマ化決定にあたって。

 うれしいです。

 ――増田貴久さんの印象は?

 レンタルの依頼の中には「好きなものについてひたすら語らせてほしい」というもの(布教とも呼ばれています)があり、NEWSの布教をされたこともありました。コンサートの映像を7時間くらい見せられたあと「推しはできましたか?」と聞かれ、「増田さん」と答えた覚えがあります。すごいパフォーマンスを軽やかにやってのける姿が印象的でした。増田さんがどんなふうになんもしないのか、楽しみです。

 ◇稲田秀樹プロデューサーのコメント

 レンタルさんは今の世に現れた天使のような存在かもしれません。現代人はネットやSNSの普及によって、人とのつながりは格段に増していますが、そのつながり方は希薄だとよくいわれます。レンタルさんの活動の広がりや反響を見ていると、たしかに希薄だからこそ心地いいんだろう……と思う半面、これって本当に希薄なのか?と考えてしまう「深み」があったりもします。依頼者とのやり取りからは「人は生きてるだけで価値がある」「頑張ろうとしてもできないときはそれでいい」「人っていろんな悩みがあるんだな……」と、いろんなメッセージが自然と伝わってきます。そんな「今」ならではの薄いような濃いような、慎ましいのに大きな感動を呼ぶような、そんな作品にできればと思っています。

 週半ばの水曜深夜に思いっきり癒やされてエネルギーチャージしていただきたいです! レンタルさんのささやかな活動ぶりをポップでメジャーな存在である増田さんに演じていただくのも楽しい組み合わせだと思っています。おそらくは史上初であろう「なんもしない」主人公をどう演じていただけるのか期待しかありません。何もしないドラマですけど、それでよければご覧ください。

レンタルなんもしない人テレビ東京系 「ドラマホリック!」枠
2020年4月スタート 水曜深夜0時12分放送