SUITS/スーツ2 あらすじ

SUITS/スーツ2あらすじ

 ドラマ「SUITS/スーツ2」は、俳優の織田裕二さん主演で、2018年10月期にフジテレビ系“月9枠”(月曜午後9時)で放送された「SUITS/スーツ」の続編。2020年4月から放送される。主人公・甲斐正午役の織田さん、「鈴木大輔」こと鈴木大貴役の「Hey! Say! JUMP」の中島裕翔さんが続投する。織田さんといえば「踊る大捜査線」シリーズも有名だが、いずれもスペシャルドラマや映画としての展開で、織田さんが主演を務めた地上波連続ドラマが、連ドラとしてシリーズ化されるのは、1987年のデビューから33年のキャリアの中でも今作が初めて。

 「SUITS/スーツ」は、シーズン9まで放送されている米人気ドラマ「SUITS」が原作で、続編はシーズン2が題材となる。物語は、敏腕ながら傲慢な弁護士・甲斐と“完全記憶能力”を持つ大貴がバディーを組み、難しい訴訟をさまざまな手段で解決していく姿を描く。前作のラストは甲斐が大貴に2年間の米ボストン留学に行くことを勧めるところで終了。続編は、渡米していた大貴が帰国し、2人が「幸村・上杉法律事務所」で再びタッグを組む……という展開。

 放送話数は、1987年4月に放送を開始した“月9”枠で、これまでの最長話数となる全13話を超え、7月まで放送される予定となっている(全話数は未定)。

ドラマ「SUITS/スーツ2」のあらすじ

<ドラマ紹介<「SUITS/スーツ2」織田裕二&中島裕翔の弁護士ドラマ新章 “危険な弁護士”吉田鋼太郎が登場 反町隆史ら豪華ゲストも 第1話あらすじも

連続ドラマ「SUITS/スーツ2」第1話のワンシーン(C)フジテレビ
連続ドラマ「SUITS/スーツ2」第1話のワンシーン(C)フジテレビ

 俳優の織田裕二さん主演の連続ドラマ「SUITS/スーツ2」(フジテレビ系、月曜午後9時)が4月13日、スタートする。2018年10月期に“月9枠”で放送された前作に続き、織田さんや人気グループ「Hey! Say! JUMP」の中島裕翔さん、新木優子さん、中村アンさん、小手伸也さん、鈴木保奈美さんが続投。新たに吉田鋼太郎さんが加わる。

 「SUITS/スーツ」は、シーズン9まで放送されている米人気ドラマ「SUITS」が原作。今回の続編は米ドラマのシーズン2が題材となる。物語は、負け知らずの敏腕弁護士・甲斐正午(織田さん)と“完全記憶能力”を持つ、「鈴木大輔」こと大貴(中島さん)がバディーを組み、難しい訴訟をさまざまな手段で解決していく姿を描く。前作のラストは甲斐が大輔(大貴)に2年間の米ボストン留学を勧めるところで終了。続編は、渡米していた大輔が帰国し、2人が「幸村・上杉法律事務所」で再びタッグを組む……という展開となる。

 新木さんはパラリーガルの聖澤真琴、中村さんは甲斐の秘書の玉井伽耶子、小手さんは甲斐とライバル弁護士の蟹江貢、鈴木さんは甲斐が所属する「幸村・上杉法律事務所」の代表弁護士の幸村チカを演じる。吉田さんは「幸村・上杉法律事務所」の共同代表の一人で“危険な弁護士”上杉一志(ひとし)に扮(ふん)する。

 第1話には、反町隆史さん、玉城ティナさん、加藤ミリヤさん、友近さん、野間口徹さん、森七菜さんといった豪華ゲストが出演。反町さんは1999年1月期放送の「Over Time オーバー・タイム」以来、21年ぶりの“月9”ドラマ出演となる。

 初回は30分拡大スペシャル。「幸村・上杉法律事務所」のパートナー弁護士の甲斐は、誰にも相談せず、ボストンにいたアソシエイトの大輔を突然呼び戻す。甲斐は、復帰のリハビリだと言って、大輔に大手出版社の元契約社員・吉野麻帆(玉城さん)がアイデアを盗用されたとベストセラー作家の桜小路都(さくらこうじ・みやこ、友近さん)を訴えた案件を任せる。

 同じころ、甲斐はクライアントの一つでロケットや航空機の技術開発をしている「フューチャースカイ」の社長・三津谷聡(反町さん)から呼び出される。そこで三津谷は、新開発した無人航空機制御システムの売却をしたいと甲斐に告げる。全米最大の宇宙ロケット開発会社との業務提携を進めようとしている三津谷は、宇宙事業に一本化する方針を固め、新システムの売却益もそこにつぎ込む予定だ。三津谷は、「今後も顧問料を払い続けるかどうかのテストだ」と言って最低売却価格を100億円に設定する。

 そんな中、かつて、甲斐とチカが事務所から追い出した上杉が、復帰への意欲をのぞかせ……というストーリー。

 加藤さんは全米進出を夢見るアーティストグループ「Bradbury」のミズナ、野間口さんは大手航空会社「新日空」の重役・竜崎慎吾、森さんは上杉の娘の夏美を演じる。

第2話のあらすじ “甲斐”織田裕二VS“最強看護師”黒木瞳 “聖澤”新木優子にキスされた“大輔”中島裕翔は解雇に?

連続ドラマ「SUITS/スーツ2」第2話のワンシーン(C)フジテレビ
連続ドラマ「SUITS/スーツ2」第2話のワンシーン(C)フジテレビ

 俳優の織田裕二さん主演の連続ドラマ「SUITS/スーツ2」(フジテレビ系、月曜午後9時)第2話が4月20日、15分拡大版で放送される。女優の黒木瞳さんと佐戸井けん太さんがゲスト出演する。黒木さんは賃上げを「東京国際記念病院」に要求する看護師長・安田佐緒里、佐戸井さんは同病院の院長・長谷川雄一郎を演じる。予告映像では「敵は最強の看護師」「禁断の恋 そして大輔解雇」というテロップと共に、甲斐(織田さん)が佐緒里に「プロが本気になったら思い知りますよ」と告げる姿や、聖澤(新木優子さん)が大輔(中島裕翔さん)にキスをするシーンなどが収められている。

 「幸村・上杉法律事務所」に共同代表の上杉(吉田鋼太郎さん)が復帰。上杉は、全スタッフの前で、節操がなく強欲だったかつての行いをわびると、妻の死をきっかけに「人を思いやることの大切さを学んだ」とアピールし、あっという間にスタッフの心をつかむ。チカ(鈴木保奈美さん)は、上杉に弱みを握られる前に無資格の大輔を解雇するよう甲斐に命じる。しかし甲斐は「大輔を辞めさせるなら自分もクビにしてほしい」と答える。

 ある朝、チカたちが事務所にやってくると、上杉の指示で内装工事が行われていた。その陣頭指揮をとっていた蟹江(小手伸也さん)は、上杉から事務所の全案件をまとめた資料も作るよう指示されていた。蟹江からその許可を求められたチカはオーケーするが……。

 甲斐は、難航している東京国際記念病院と看護師組合の労使交渉をまとめるよう、チカに命じられる。同病院は、元々は上杉が獲得したクライアントでもあった。だがチカは、重要な案件は上杉に任せないつもりでいた。

 東京国際記念病院では、待遇に不満を持つ看護師たちが組合を結成し、賃上げを要求していた。それが受け入れられない場合は、内閣官房長官の心臓バイパス手術日に合わせて一部業務のストライキをすると宣言。甲斐は、大輔と共に組合をまとめる看護師長の佐緒里に会いに行く。甲斐は、平均5%の給与アップを提示するが、佐緒里はそれを拒否。病院側が50億円もの投資をしてAIオペシステムの導入を進めていることを理由に、15%の賃金アップを要求してくる……というストーリー。