アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋 視聴率

初回視聴率10.2% 石原さとみ主演の医療ドラマ ポニテ&関西弁の西野七瀬が「可愛い」と話題に

連続ドラマ「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」第1話の一場面(C)フジテレビ
連続ドラマ「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」第1話の一場面(C)フジテレビ

 女優の石原さとみさんが主演を務める、連続ドラマ「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」(フジテレビ系)の第1話が7月16日に15分拡大版で放送され、平均視聴率(世帯)は10.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録した。

 第1話は、みどり(石原さん)と副部長の瀬野(田中さん)が救急搬送された患者への投薬をサポートしていた。そんな中、患者が心肺停止に。みどりが、患者が日常的に服用している薬に気付いたのがきっかけで、心拍が回復。その様子を部長の販田聡子(真矢ミキさん)と相原くるみ(西野七瀬さん)が見ていた。薬剤師が患者を救うところを目撃したくるみは感動するが、患者の家族は医師にしか、感謝をしない。くるみは、みどりにそのことを聞くと「感謝されたいなら薬剤師は向いてない」と言われる……という展開だった。

 ポニーテールヘアで関西弁を話すくるみ役の西野さんに、SNSで「可愛すぎる」「なーちゃんがいる病院どこ?」「ポニテなーちゃん可愛すぎる問題」「関西弁可愛すぎた」といった声が上がった。ツイッターでは「#アンサング・シンデレラ」がトレンド入りするなど盛り上がりを見せた。

第2話視聴率9.8% 新人薬剤師役、西野七瀬が活躍 「ファインプレー!」と盛り上がり

連続ドラマ「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」第2話の一場面(C)フジテレビ
連続ドラマ「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」第2話の一場面(C)フジテレビ

 女優の石原さとみさんが主演を務める、連続ドラマ「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」(フジテレビ系)の第2話が7月23日に放送され、平均視聴率(世帯)は9.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録した。

 第2話は、萬津総合病院の薬剤部に厚生労働省の麻薬取締官が、病院で扱っている医療麻薬が適切に管理されているか、調査にやって来る。調査の前、薬剤部が、薬の数が帳簿と合っているか保管状況を確認するが、薬剤が足りないことに気付く。足りなくなった薬剤を探して、西野七瀬さん演じる薬剤部の新人薬剤師・相原くるみが病院内を駆け回り、薬剤を見つけることに成功した。

 SNSではくるみの活躍に「なぁちゃんファインプレー!」「くるみちゃんすごい!」「くるみちゃんナイス! 頑張った!」といった声が次々上がった。

第3話視聴率8.8% 成田凌の正体判明! 浅利陽介との共演に「コードブルーを思い出した!」の声も

連続ドラマ「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」第3話の一場面(C)フジテレビ
連続ドラマ「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」第3話の一場面(C)フジテレビ

 女優の石原さとみさんが主演を務める連続ドラマ「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」(フジテレビ系)の第3話が7月30日に放送され、平均視聴率(世帯)は8.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。

 第3話では、みどりが行きつけの中華屋「娘娘亭」で顔見知りになった小野塚綾(成田凌さん)の正体が、ドラッグストアの薬剤師ということが判明した。みどりは、搬送された新田奏佑(浅利陽介さん)が服薬していた薬について聞くために、新田の薬を処方していたドラッグストアに向かう。そこにいたのが、小野塚。病院薬剤師を嫌っているらしく、みどりにつらく当たる。

 実は、小野塚は過去、薬学部生時代にみどりの上司・瀬野章吾(田中圭さん)の研修に参加。患者を救う瀬野の姿に感銘を受けていた。しかし、奨学金の返済のため、肩代わりしてもらえるドラッグストアに就職。24時間営業の日々の仕事の中で疲弊し、理想と現実の間で苦しんでいて……という展開だった。

 成田さんと浅利さんの共演に、2人が出演していた「コード・ブルー」シリーズ(フジテレビ系)を思い出す視聴者も多く、SNSでは「成田凌くんと浅利陽介さんのシーン、コードブルーを思い出した!」「灰谷先生と藤川先生だ!」「コード・ブルーみたくなった!」などと盛り上がりも見せた。

第4話視聴率10.6% 確執を抱えた家族のため“みどり”石原さとみが奔走

「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」第4話の一場面(C)フジテレビ
「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」第4話の一場面(C)フジテレビ

 女優の石原さとみさんが主演を務める、連続ドラマ「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」(フジテレビ系)の第4話が8月6日に放送され、平均視聴率(世帯)は10.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。

 第4話では、確執を抱えた2つの家族の絆の再生のため、みどりが奔走した。みどりが通う中華料理屋「娘娘亭」店主・辰川秀三(迫田孝也さん)の娘・樹里(久保田紗友さん)が摂食障害と診断される。摂食障害は周囲の環境からも起きるため、みどりは環境に変化がなかったかを秀三に尋ねると、樹里の祖父・辰川太一(伊武雅刀さん)が、末期の胃がんで入院中だと分かった。また樹里は太一にはなついているが、秀三との仲は険悪な様子だった。

 一方、車の事故によるむち打ちで萬津総合病院に入院することになった羽倉龍一(菅原大吉さん)が、薬剤部のムードメーカー・羽倉龍之介(井之脇海さん)の父親と判明した。薬剤部一同は騒然とするが、どこか浮かない表情の龍之介。父親とはある確執を抱えていた……。

第5話は視聴率9.4% “みどり”石原さとみが末期がん患者と向き合う

「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」第5話の一場面(C)フジテレビ
「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」第5話の一場面(C)フジテレビ

 女優の石原さとみさんが主演を務める、連続ドラマ「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」(フジテレビ系)の第5話が8月13日に放送され、平均視聴率(世帯)は9.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。

 第5話は、みどりら薬剤部のメンバーが、入院中の辰川太一(伊武雅刀さん)と摂食障害に苦しむ孫の樹里(久保田紗友さん)に向き合う姿が描かれた。入院中の太一の容体が急変。幸い安定はしたものの、末期がんの太一は衰弱していく一方で、みどりは抗がん剤治療を太一に薦める。太一は入院せずに家族と過ごしたいと思っているといい、治療を拒否するが、みどりは抗がん剤治療には休薬期間があるので、自宅で過ごすこともできると提案する。太一は家族との話し合いで治療を決めることになる。

第8話は視聴率9.3% “みどり”石原さとみ&“小野塚”成田凌が在宅医療研修 “瀬野”田中圭に異変も…

連続ドラマ「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」第8話の一場面(C)フジテレビ
連続ドラマ「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」第8話の一場面(C)フジテレビ

 女優の石原さとみさんが主演を務める、連続ドラマ「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」(フジテレビ系)の第8話が9月3日に放送され、平均視聴率(世帯)は9.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。

 第8話では、葵みどり(石原さん)と小野塚綾(成田凌さん)が在宅医療に特化した笹の葉薬局で研修することになる。みどりと小野塚は、在宅医療を学ぶため、薬局代表の仁科敦夫(東根作寿英さん)とさまざまな高齢患者宅を回る。ある末期がん患者の家に行ったみどりたちは、そこが薬剤部の荒神寛治(でんでんさん)の家で、患者は荒神の妻・泰子(大塚良重さん)だと知る。

 同じ頃、薬剤部の相原くるみ(西野七瀬さん)はアレルギー性鼻炎の増田航平(田中幸太朗さん)に服薬指導をしていた。くるみは服薬量が多いことが気になるが、増田は気にせず帰ってしまう。そんなやり取りを見ていた瀬野章吾(田中圭さん)は、航平と一緒に来ていた息子の翔太(川原瑛都君)が気にかかる。だが、そんな瀬野も自身の体調の異変に気付く。

第10話は視聴率9.2% “瀬野章吾”田中圭の恐怖 エンディングでは…

連続ドラマ「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」第10話の一場面(C)フジテレビ
連続ドラマ「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」第10話の一場面(C)フジテレビ

 女優の石原さとみさんが主演を務める連続ドラマ「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」(フジテレビ系、木曜午後10時)の第10話が9月17日に放送され、平均視聴率(世帯)は9.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。

 ドラマは、マンガ誌「月刊コミックゼノン」で連載中の荒井ママレさん作、富野浩充さん医療原案のマンガ「アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり」が原作。石原さん演じる萬津(よろづ)総合病院薬剤部・病院薬剤師の葵みどりが、患者に真摯(しんし)に向き合う姿を描く。

 みどり(石原さん)は、薬剤部の上司でがんを患った瀬野章吾(田中圭さん)の担当薬剤師になる。瀬野には、効果を期待できる既存薬の投与が始まるが、数週間後も改善しなかった。有効な手立てが見つからないみどりに、薬剤部副部長の七尾拓(池田鉄洋さん)が、海外に副腎がんへの有効性が認められる薬があると伝える。しかし、みどりたちの勤める萬津総合病院でその治験薬を使うには、院内の治験審査委員会の承認や、瀬野本人の同意など幾つかの課題があった。

 瀬野は、治験を拒否する。自身の母親が同じ病気で苦しんだ末に助からなかった過去と、自身の闘病生活を重ね、恐怖と戦っていた。瀬野はみどりに「もう生きているのが辛い」と漏らす……。またこの日のエンディングでは“2年後”が描かれた。

最終話は視聴率9.7% 萬津総合病院を離れた“みどり”石原さとみは…

連続ドラマ「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」最終話の一場面(C)フジテレビ
連続ドラマ「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」最終話の一場面(C)フジテレビ

 女優の石原さとみさんが主演を務める連続ドラマ「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」(フジテレビ系、木曜午後10時)の最終話が9月24日に放送され、平均視聴率(世帯)は9.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。

 最終話は、葵みどり(石原さん)が、瀬野章吾(田中圭さん)に抗がん剤治験薬の投与を始めてから2年が経過。みどりは萬津総合病院薬剤部を離れ、産婦人科医院で働いていた。ある日、薬剤部の小野塚綾(成田凌さん)がみどりを訪ねてきて、元々、入院患者だった簑島心春(穂志もえかさん)が研修に来ていることや、瀬野が不在なので自分が救急薬剤師を任されていることなどを話し、萬津総合病院に戻ってくるよう促すが、みどりは、今の仕事が大事だと断る。

 その後、てんかんの既住を持つ妊婦・向坂千歳(土村芳さん)の出産を手伝った葵のもとに瀬野が現れる。瀬野はリハビリを経て、来月から萬津総合病院に復帰することになったとみどりに告げ、「小野塚の誘い断ったんだってな。(薬剤部の)皆、待ってるみたいだぞ」と話す。みどりは産婦人科医院で学ぶことがまだあるといい、「理想の薬剤師に近づくことができたら戻ろうと思います」ときっぱり。そして月日は流れ、みどりは、瀬野、小野塚、相原くるみ(西野七瀬さん)ら薬剤部のメンバーと共に患者のために働く。

アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋フジテレビ系
2020年7月16日スタート 木曜午後10時放送