アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋 あらすじ

アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋あらすじ

 ドラマ「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」(フジテレビ系、木曜午後10時)は、“日本の連ドラ史上初”という、病院薬剤師を主人公にした医療ドラマで、女優の石原さとみさんが主演を務める。石原さんが同局の「木曜劇場」に出演するのは、2014年10月期の「ディア・シスター」以来5年半ぶり2度目。また、同局の連続ドラマは“月9”ドラマ「5→9~私に恋したお坊さん~ 」(2015年10月期)以来4年半ぶりの出演となる。

 石原さんが演じる主人公の葵みどりは、キャリア8年目の病院薬剤師。お団子ヘアがチャームポイントのみどりは、「薬は患者の今後の生活につながるからこそ、その人自身を知る必要がある。それが、薬剤師にとって何より大切だ」という信念を持っている。

 ドラマはマンガ誌「月刊コミックゼノン」で連載中の荒井ママレさん、富野浩充さん(医療原案)の「アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり」が原作。脚本は連続ドラマ「グランメゾン東京」(TBS系)の黒岩勉さんが手がける。

ドラマ「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」のあらすじ

<ドラマ紹介>「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」石原さとみ“お団子ヘア”の病院薬剤師に “あな番”西野七瀬、田中圭、金澤美穂が同僚役

連続ドラマ「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」第1話の一場面(C)フジテレビ
連続ドラマ「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」第1話の一場面(C)フジテレビ

 女優の石原さとみさん主演の連続ドラマ「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」(フジテレビ系、木曜午後10時)が7月16日スタートする。石原さん扮(ふん)する萬津(よろづ)総合病院薬剤部・病院薬剤師の葵みどりたちが、患者の“当たり前の毎日”を取り戻すために奮闘する姿を描く。2019年4~9月に放送された連続ドラマ「あなたの番です」(日本テレビ系)シリーズに出演した西野七瀬さん、田中圭さん、金澤美穂さんが再共演する。

 ドラマは、マンガ誌「月刊コミックゼノン」で連載中の荒井ママレさん、富野浩充さん(医療原案)の「アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり」が原作。病院内にある薬剤部で主に患者の薬の調剤、製剤を行う病院薬剤師を主人公とした連続ドラマが制作されるのは初めて。タイトルの「アンサング」は「褒められない」という意味で、縁の下の力持ち(=アンサングヒーロー)として患者のために奮闘する病院薬剤師たちのヒューマンドラマだ。

 脚本は、2019年10月期放送の連続ドラマ「グランメゾン東京」(TBS系)、同年公開の映画映画「キングダム」、田中さんが主演を務めるテレビ東京のテレビドラマ「らせんの迷宮~DNA科学捜査~」(放送時期未定)などを手がけた黒岩勉さん。監督は、連続ドラマ「ディア・シスター」、「コンフィデンスマンJP」(共にフジテレビ系)シリーズなどの田中亮さんらがメガホンをとる。

 石原さん演じるみどりは「薬は患者の今後の生活につながるからこそ、その人自身を知る必要がある。それが、薬剤師にとって何より大切だ」という信念を持ち、患者一人一人と真摯(しんし)に向き合っているというキャラクターで、“お団子ヘア”がチャームポイント。石原さんは、劇中に登場する薬剤師たちのユニホームのデザインにも携わった。

 田中さんはみどりと同じ薬剤部の副部長・瀬野章吾、西野さんは薬剤部の新人薬剤師の相原くるみ、金澤さんは薬剤師の工藤虹子を演じる。井之脇海さんが同じく薬剤師の羽倉龍之介、桜井ユキさんが薬剤部主任の刈谷奈緒子、池田鉄洋さんが薬剤部副部長の七尾拓、真矢ミキさんが薬剤部部長の販田聡子、成田凌さんが、度々みどりの前に現れる謎の青年・小野塚綾を演じる。迫田孝也さん、でんでんさんも出演する。

 第1話は15分拡大版で放送。みどり(石原さん)は、副部長の瀬野(田中さん)と救急搬送された患者への投薬をサポートする。そんな中、患者が心肺停止に。みどりが、患者が日常的に服用している薬に気付いたのがきっかけで、投与する薬を変え、心拍は回復した。その様子を部長の販田聡子(真矢さん)とくるみ(西野さん)が見ていた。薬剤師が患者を救うところを目撃したくるみは感動するが、患者の家族は医師にしか、感謝をしない。くるみは、みどりにそのことを聞くと「感謝されたいなら薬剤師は向いてない」と言われる……。

 劇中では、医師が処方した薬を確認するために、スニーカーを履いたみどりが院内を走る姿が印象的。総合病院の薬剤部が舞台となり、1日で大量に処方するため薬剤師たちが入れ代わり立ち代わりでスピーディーに動くシーンは圧巻だ。また、大阪府出身の西野さんが関西弁でせりふを話すシーンも登場する。

(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ

第2話のあらすじ 薬剤部に麻取調査 医療麻薬の不足が…

連続ドラマ「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」第2話の一場面(C)フジテレビ
連続ドラマ「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」第2話の一場面(C)フジテレビ

 女優の石原さとみさん主演の連続ドラマ「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」(フジテレビ系、木曜午後10時)第2話が7月23日に放送される。葵みどり(石原さん)はいつものように、入院患者が薬をしっかり飲んでいるか、相原くるみ(西野七瀬さん)と共に病棟を回る。右腕骨折で入院している大宮清(小林隆さん)の病室へ入ると、見舞いに来ていた篠原麻利絵(大後寿々花さん)と言い争っているのを目撃する。

(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ



 薬剤部には、厚生労働省の麻薬取締官が、病院で扱っている医療麻薬が適切に管理されているかの調査に来ると通達があった。主任の刈谷奈緒子(桜井ユキさん)は調剤室にある医療麻薬と帳簿と照らし合い、薬の数が帳簿と合っていることを確認。部長の販田聡子(真矢ミキさん)は他の保管状況を調べる。

 病室外が騒がしくなり、みどりとくるみが向かうと、大宮が意識不明で倒れているのを発見。みどりは、救急処置室へ搬送される大宮に付き添う。麻薬管理室を調べていた販田たちは、薬剤が足りないことに気付く。

第3話のあらすじ 浅利陽介がゲスト “小野塚綾”成田凌の正体判明…

連続ドラマ「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」第3話の一場面(C)フジテレビ
連続ドラマ「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」第3話の一場面(C)フジテレビ

 女優の石原さとみさん主演の連続ドラマ「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」(フジテレビ系、木曜午後10時)第3話が7月30日に放送される。俳優の浅利陽介さんがゲスト出演し、葵みどり(石原さん)や相原くるみ(西野七瀬さん)の勤務先「萬津(よろづ)総合病院」へ搬送される小学校教師・新田奏佑役を演じる。

 みどりとくるみが、救急センターの調剤室で仕事中、瀬野章吾(田中圭さん)から、搬送された新田の処置を手伝うよう呼ばれる。意識を回復し、医師に入院を告げられたが拒否する新田をみどりがなだめる。

 みどりは、新田に服用薬を教えてもらうと、半分に割られて処方された錠剤に気付く。割る処方は、その薬剤では禁じられている。みどりはドラッグストアに電話して、新田の薬を出した薬剤師に問い合わせるが、白けた対応に腹が立つだけで、直接店へ。そこにいた薬剤師は、行きつけの「娘娘亭」で顔見知りになった小野塚綾(成田凌さん)だった。電話応対が小野塚だったことに憤るみどり。小野塚も病院薬剤師を嫌っているらしく……。

アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋フジテレビ系
2020年7月16日スタート 木曜午後10時放送