竜の道 二つの顔の復讐者 あらすじ

竜の道 二つの顔の復讐者あらすじ

 ドラマ「竜の道 二つの顔の復讐(ふくしゅう)者」は、2015年に亡くなった白川道さんの未完の小説「竜の道」(幻冬舎)が原作。俳優の玉木宏さんが主演を務める。俳優の高橋一生さんも出演し、玉木さんと高橋さんが初共演で双子役を演じる。

 ドラマは、主人公の竜一、竜二の双子の兄弟は小さな運送会社を営む吉江夫妻に養子として引き取られ、その後、夫妻の間に生まれた妹の美佐と共に、5人家族として仲良く暮らしていた。しかし、竜一と竜二が15歳のとき、事業拡大を進める運送会社社長の霧島源平が両親を死に追いやる。顔も名前も変え、裏社会に身を投じていく竜一と、運送会社を監督する国土交通省のエリート官僚として権力を掌握していく竜二が霧島に復讐していく姿を描くサスペンス。

 ドラマ版は、オリジナルの展開と共に波乱に満ちた竜一と竜二による復讐劇の結末までを描く。脚本は、「クロサギ」シリーズ(TBS系)、映画「人魚の眠る家」(堤幸彦監督、2018年)などの篠崎絵里子さんが担当する。

 竜一は、22歳で竜二とは異なる顔を手に入れてから「斉藤一成」「和田猛」と名前を変え、裏社会でのし上がっていく。玉木さんは、竜二の前で見せる心優しい兄・竜一を含め、“一人三役”のように復讐心を抱く3人の男を演じ分けるという。一方、高橋さんは、エリート官僚として職場で見せるスマートな表の顔とは裏腹に、竜一と同様に激しい復讐心を抱く竜二の二面性を表現する。

ドラマ「竜の道 二つの顔の復讐者」のあらすじ

<ドラマ紹介>「竜の道 二つの顔の復讐者」玉木宏&高橋一生“双子”が遠藤憲一に復讐! 松本穂香、奈緒、松本まりから集結 第1話あらすじも

連続ドラマ「竜の道 二つの顔の復讐者」第1話の一場面=カンテレ提供
連続ドラマ「竜の道 二つの顔の復讐者」第1話の一場面=カンテレ提供

 俳優の玉木宏さんが主演を務める連続ドラマ「竜の道 二つの顔の復讐(ふくしゅう)者」(カンテレ・フジテレビ系、火曜午後9時)が、7月28日にスタートする。初回は午後9時から2時間スペシャルで放送。玉木さん扮(ふん)する顔、名前、心を捨てた主人公の竜一と、高橋一生さん演じるエリート官僚となった竜二の双子の兄弟が、両親を死に追いやったキリシマ急便の社長・霧島源平に復讐していくサスペンス作。松本穂香さん、細田善彦さん、奈緒さん、今野浩喜さん、渡辺邦斗さん、西郷輝彦さん、松本まりかさん、斉藤由貴さん、遠藤憲一さんらも出演する。

 2015年に亡くなった白川道さんの未完の小説「竜の道」(幻冬舎)が原作で、ドラマ版はオリジナルの展開と共に波乱に満ちた竜一と竜二による復讐劇の結末までを描く。脚本は、「クロサギ」シリーズ(TBS系)、映画「人魚の眠る家」(堤幸彦監督、2018年)などの篠崎絵里子さんが担当する。

 松本穂香さんは竜一と竜二の妹・美佐、遠藤さんは源平、斉藤さんは源平の妻の芙有子(ふゆこ)、細田さんは源平と芙有子の息子の晃、松本まりかさんは源平と芙有子の娘のまゆみ、奈緒さんは竜一をサポートするITのプロ・遠山凛子、今野さんはお調子者の砂川林太郎、渡辺さんは源平の秘書を務める大友由伸、西郷さんは、政財界とつながり、裏社会で圧倒的な力を持つ巨大ヤクザ組織の会長・曽根村始を演じる。竜一と竜二の少年時代は阪本光希さんと阪本颯希さん、美佐の幼少期は宮地美然ちゃんが演じる。

 1997年、福岡。幼い頃に実の両親に捨てられ、小さな運送会社を営む吉江夫妻の養子として引き取られた双子の竜一と竜二は、夫妻の実の娘である5歳の妹の美佐と仲良く暮らしていた。しかし、全国への事業拡大をたくらむキリシマ急便の社長・源平の悪質な乗っ取りに遭い、多額の借金を抱えた養父母は自殺。養父母が源平に追い詰められる姿を間近で見ていた竜一と竜二は、源平への復讐を誓う。

 それから7年たった2004年。22歳の竜一は、たばこの不始末による火事で突然帰らぬ人となってしまう。しかし、その数カ月後、竜二の前に、竜一を名乗る男(玉木さん)が現れる。

 その後、竜一は裏社会の人間として、竜二は国土交通省のエリート官僚として、源平やキリシマ急便の周辺の情報を探っていく。成長した美佐に本当のことを告げず、復讐計画を進めていく2人は、ついにキリシマ急便の不祥事のネタをつかむが……。

カンテレ提供
カンテレ提供
カンテレ提供
カンテレ提供

第2話のあらすじ “双子”玉木宏&高橋一生の復讐計画に狂い? “妹”松本穂香と再会

連続ドラマ「竜の道 二つの顔の復讐者」第2話のワンシーン=カンテレ提供
連続ドラマ「竜の道 二つの顔の復讐者」第2話のワンシーン=カンテレ提供

 俳優の玉木宏さんが主演を務める連続ドラマ「竜の道 二つの顔の復讐(ふくしゅう)者」(カンテレ・フジテレビ系、火曜午後9時)の第2話「妹と予期せぬ再会…秘密知った男を消す? 狂い始める復讐計画」が8月4日、15分拡大版で放送される。

 竜一(玉木さん)は、キリシマ急便の得意先企業の炎上騒動に乗じて、経営コンサルタントとして源平(遠藤憲一さん)に近付こうとする。しかし、“ある人物”に竜二(高橋一生さん)との会話を聞かれ、源平への復讐計画を知られる。このままでは全ての計画が台無しになると考えた2人は、源平の強引なやり方に反発する跡取り息子の晃(細田善彦さん)を利用する。

 そんな中、竜二に会うためにホテルを訪れた竜一は、偶然、上京が決まった妹の美佐(松本穂香さん)と再会。美佐は、竜二に知人だと紹介された竜一が死んだはずのもう一人の兄だとは知る由もない。そんな妹の成長した姿を初めて目の当たりにした竜一は……。

 その後、キリシマ急便のパーティーに参加した竜一は、竜二のアシストで晃に近付く。そして、源平にも何食わぬ顔であいさつに行くが、そこへ、兄弟の秘密を知る人物が現れる……。

第3話のあらすじ 玉木宏が遠藤憲一に接近 高橋一生は松本まりかに「甘い策略」

連続ドラマ「竜の道 二つの顔の復讐者」第3話のワンシーン=カンテレ提供
連続ドラマ「竜の道 二つの顔の復讐者」第3話のワンシーン=カンテレ提供

 俳優の玉木宏さんが主演を務める連続ドラマ「竜の道 二つの顔の復讐(ふくしゅう)者」(カンテレ・フジテレビ系、火曜午後9時)の第3話「玉木宏&高橋一生、整形双子の復讐劇!悪女を落とす復讐の罠(わな)!」が8月11日、放送される。

 竜一(玉木さん)は、源平(遠藤憲一さん)の息子・晃(細田善彦さん)の信頼を勝ち取り、計画通りキリシマ急便の経営コンサルタントの座に就く。一方、竜二(高橋一生さん)は、源平が、娘のまゆみ(松本まりかさん)の婿養子として、有力政治家を父に持つ国交省の三栗谷仁志(尾上寛之さん)を迎え入れ、晃に代わる後継者にしようとしていると知り、まゆみにアプローチする。そんな中、竜二は大臣が絡む重要なプレゼンを任される。復讐のために出世をもくろむ竜二は精力的に取り組むが、なぜか不可解なトラブルが続発。そこへ、三栗谷が訪ねてくる。それから数日後、美佐(松本穂香さん)が、SNS上での生徒のトラブルについて相談するため、“和田猛(竜一)”の会社を訪れる……というストーリー。

 同話の予告映像では、「甘い策略の誤算」「そして、竜二を襲う危機」というテロップと共に、まゆみと美佐が鉢合わせするシーンなどが収められている。

第4話のあらすじ 玉木宏の元に“記者”落合モトキが… “悪女”松本まりかが“妹”松本穂香に迫る!

連続ドラマ「竜の道 二つの顔の復讐者」第4話のワンシーン=カンテレ提供
連続ドラマ「竜の道 二つの顔の復讐者」第4話のワンシーン=カンテレ提供

 俳優の玉木宏さんが主演を務める連続ドラマ「竜の道 二つの顔の復讐(ふくしゅう)者」(カンテレ・フジテレビ系、火曜午後9時)の第4話「玉木宏&高橋一生、整形双子の復讐劇!妹に迫る悪女の罠(わな)!」が8月18日、放送される。

 霧島源平(遠藤憲一さん)は、ネット通信販売大手の「エニイウェイズ」との契約を勝ち取るため、無謀な業務拡大を加速。そんな中、竜一(玉木さん)は、源平に対して反発を強める息子の晃(細田善彦さん)に、クーデターを起こすよう持ち掛ける。そこへ、経済記者の沖(落合モトキさん)が竜一の「UDコーポレーション」を訪ねてくる。

 一方、まゆみ(松本まりかさん)からホームパーティーに招待された美佐(松本穂香さん)は、竜二(高橋さん)がまゆみとの結婚を望んでいると知る。傲慢なまゆみの態度に戸惑いながらも美佐は「私は妹にはならない」と、竜二と血のつながりがないと告白。すると、まゆみの顔から笑顔が消える。

 両親の形見の人形がキリシマ急便のグッズだったこと、そして霧島家の娘であるまゆみと竜二の不自然な関係に疑問を感じた美佐は、過去を知ろうと動き出す……。

第5話のあらすじ “竜一”玉木宏のクーデター計画 “源平”遠藤憲一が反撃へ?

連続ドラマ「竜の道 二つの顔の復讐者」第5話のワンシーン=カンテレ提供
連続ドラマ「竜の道 二つの顔の復讐者」第5話のワンシーン=カンテレ提供

 俳優の玉木宏さん主演の連続ドラマ「竜の道 二つの顔の復讐(ふくしゅう)者」(カンテレ・フジテレビ系、火曜午後9時)第5話が8月25日に放送される。

 両親の自殺の原因を知った美佐(松本穂香さん)は、竜二(高橋一生さん)に、まゆみ(松本まりかさん)に近付いた理由は「キリシマ急便への復讐が目的では?」と問い詰める。美佐の追及をやり過ごした竜二だが、美佐が密かに竜一(玉木宏さん)を頼りにしていることに気付き、胸がざわつく。

 数日後、竜二は視察名目でキリシマ急便へ出向く。国交省での自分の立場を示すことで、源平(遠藤憲一さん)にプレッシャーをかけようとする竜二に対し、源平は思わぬ反撃材料を準備していた。

 同じ頃、竜一は、晃(細田善彦さん)を使って源平を追い出すクーデター計画を進めていくが、自分の復讐計画が美佐や周りの人間を巻き込んでいくことに内心苦しんでいた。憎しみに耐えながら源平と良好な関係を築こうとする竜二を気の毒に思い、竜二に「ある提案」を持ちかける……。

第6話のあらすじ “竜二”高橋一生が裏切り? “竜一”玉木宏、“まゆみ”松本まりか、“美佐”松本穂香が会食で…

連続ドラマ「竜の道 二つの顔の復讐者」第6話のワンシーン=カンテレ提供
連続ドラマ「竜の道 二つの顔の復讐者」第6話のワンシーン=カンテレ提供

 俳優の玉木宏さん主演の連続ドラマ「竜の道 二つの顔の復讐(ふくしゅう)者」(カンテレ・フジテレビ系、火曜午後9時)第6話が9月1日に放送される。予告映像では「最大の裏切りー復讐計画崩壊か!?」のテロップと共に、竜二(高橋一生さん)が竜一(玉木さん)に「何をやっているんですか? 社長の不在につけ込むようなまねは困りますね」とにらみつける姿や、竜一の「裏切るとしたら、あいつだと思っていた」というナレーションが収められている。
 
 晃(細田善彦さん)が、キリシマ急便の取締役の半数以上を味方につけ、源平(遠藤憲一さん)追放に向けたカウントダウンが始まった。そんな中、源平と晃の関係悪化に胸を痛める芙有子(斉藤由貴さん)が病に倒れ、源平は動揺する。

 同じ頃、まゆみ(松本まりかさん)は竜二との真剣交際を決め、美佐(松本穂香さん)との親交を深めていく。そんなある日、まゆみ、美佐、竜一、竜二、晃の5人で食事をする。竜二が復讐のためにまゆみに近付いていると疑う美佐の前で、竜一と竜二は「ある作戦」に出る。しかし、会話は思わぬ方向に進んでいく。

 数日後、源平は、芙有子の傍らで完全に精気を失っていた。竜一はチャンスだと考え、取締役会を決行するが、その当日、思わぬ事態が起きる……。

第7話のあらすじ “双子”玉木宏&高橋一生の復讐劇、最終章へ “美佐”松本穂香が竜一生存に気付く?

連続ドラマ「竜の道 二つの顔の復讐者」第7話のワンシーン=カンテレ提供
連続ドラマ「竜の道 二つの顔の復讐者」第7話のワンシーン=カンテレ提供

 俳優の玉木宏さん主演の連続ドラマ「竜の道 二つの顔の復讐(ふくしゅう)者」(カンテレ・フジテレビ系、火曜午後9時)の第7話「玉木宏&高橋一生、双子の復讐劇最終章へ!ついに暴かれる秘密」が9月8日に放送される。

 源平(遠藤憲一さん)は、妻の芙有子(斉藤由貴さん)を失い、悲しみを打ち消すかのように、以前にも増して仕事に没頭。何としても大手通販会社との契約を勝ち取ろうと躍起になる。

 源平の焦りに乗じて、竜一(玉木さん)と竜二(高橋一生さん)は、曽根村(西郷輝彦さん)の手を借り、復讐の最後を飾るにふさわしい計画の実行へ。計画は、キリシマ急便に恨みを持つ人物を利用し、源平を“殺人者”に仕立て上げて社会から抹殺するというものだった。しかし、“ある人物”の裏切りで竜一が窮地に追い込まれる。

 そんな中、美佐(松本穂香さん)は、ふるさとの親族から、竜一が生きているかもしれないと聞かされ、言葉を失う。さらに、東京で「和田猛」と出会ってからのことを思い返す……。

最終話スペシャルのあらすじ “竜一”玉木宏が“竜二”高橋一生に銃を向ける…

連続ドラマ「竜の道 二つの顔の復讐者」最終話のワンシーン=カンテレ提供
連続ドラマ「竜の道 二つの顔の復讐者」最終話のワンシーン=カンテレ提供

 俳優の玉木宏さん主演の連続ドラマ「竜の道 二つの顔の復讐(ふくしゅう)者」(カンテレ・フジテレビ系)の最終第8話が9月15日午後9時から54分拡大版で放送される。

 竜一(玉木さん)は、源平(遠藤憲一さん)の殺人教唆の証拠を手に入れられず、打つ手が無くなった。沖(落合モトキさん)から“矢端竜一”が生きている証拠を突き付けられた上、沖が美佐(松本穂香さん)に近付いていることも知り、焦りを募らせる。

 同じ頃、「エニイウェイズ」との契約内定を取り付け、悲願だった運送業界トップの座が視野に入ってきた源平は、一層言動に狂気を帯びていく。

 竜二(高橋一生さん)は、これ以上、竜一に危険なことをさせたくないと考え、ある計画を持ち掛けようとするが、その前に竜一は、ある決意を胸に美佐の元へ向かっていた。その翌日、異変を感じた竜二が竜一のところに駆け付けると、竜一が「もうお前は要らねえ」と、竜二に銃口を向ける……。

竜の道 二つの顔の復讐者カンテレ・フジテレビ系
2020年7月28日午後9時から放送