M 愛すべき人がいて あらすじ

M 愛すべき人がいてあらすじ

 ドラマ「M 愛すべき人がいて」は、“歌姫・浜崎あゆみ”が誕生するまで、そしてそこに秘められた出会いと別れを描いた小松成美さんの話題の小説「M 愛すべき人がいて」(幻冬舎)が、歌手の安斉かれんさんと俳優の三浦翔平さんのダブル主演で、テレビ朝日系で連続ドラマ化。インターネットテレビ局「AbemaTV」と共同制作し、4月期の土曜ナイトドラマ枠(土曜午後11時15分)で放送される。脚本は鈴木おさむさんが担当する。

 安斉さん演じるアユは、幼いころに父が蒸発して以降、福岡で母と祖母と暮らす女子高生。福岡でモデルをしていたが、一念発起し祖母と上京。高校に通いながら、エキストラのような仕事を続けるが、レコード会社「A VICTORY」の専務・マサと出会ったことで、急激に運命が動き始める。マサの指示でニューヨークに渡ってレッスンを受けるなど、歌手デビューに向けての準備が始まる。帰国後はライバルたちの壮絶な嫌がらせを受けるも、マサの言葉を信じてレッスンに取り組むうちに、いつしか信頼感が恋心に変わっていく……。

 また三浦さんは、レコード会社「A VICTORY」の設立者でプロデューサーのマサを演じる。名プロデューサー「マックス・マサ」として、音楽シーンで数々のムーブメントを生み出し、後に代表取締役社長に就任する。アユと一緒に厳しい試練を乗り越えるうちに、所属アーティストとしてだけでなく、一人の女性として愛するようになる。

 劇中では、1990年代のヒットナンバーと共に音楽業界の光と影を描く。1994年に“アジア最大のディスコ”としてオープンした六本木のヴェルファーレや、ネオンが輝く渋谷のスクランブル交差点など、90年代の流行や風俗を再現。当時流行したファッションアイテムなども、見どころの一つだという。

ドラマ「M 愛すべき人がいて」のあらすじ

<ドラマ紹介>「M 愛すべき人がいて」 “歌姫・浜崎あゆみ”の誕生を描く 安斉かれん&三浦翔平W主演 第1話あらすじも

連続ドラマ「M 愛すべき人がいて」初回の場面写真(C)テレビ朝日/ABEMA
連続ドラマ「M 愛すべき人がいて」初回の場面写真(C)テレビ朝日/ABEMA

 歌姫・浜崎あゆみの誕生まで、そして秘められた出会いと別れを描くドラマ「M 愛すべき人がいて」(テレビ朝日系、土曜午後11時15分/ABEMAで全話独占配信)が、4月18日にスタートする。原作は小松成美さんの同名小説(幻冬舎文庫)。歌手の安斉かれんさんと俳優の三浦翔平さんのダブル主演で、激動の音楽業界を駆け抜けるアユ(安斉さん)とマサ(三浦さん)の愛や葛藤を描く。

 脚本は鈴木おさむさんが担当。テレビ&ビデオエンターテインメント「ABEMA」と共同制作される。ドラマの主題歌は浜崎あゆみさんの「M」。

 安斉さん演じるアユは、後に「平成の歌姫」と呼ばれ、女性たちのカリスマとして君臨するアーティスト。楽曲だけでなく、ファッションやメイクなど全てが注目され、一大ブームを巻き起こすトップスター。三浦さん演じるマサは、レコード会社「A VICTORY」を設立し、専務取締役に就任。名プロデューサー「マックス・マサ」として、音楽シーンで数々のムーブメントを生み出す。後に代表取締役社長に就任する。

 初回は、1993年、福岡から祖母・幸子(市毛良枝さん)と共に上京してきたアユは、高校に通いながら細々とエキストラのような仕事をこなす日々を送っていた。ある日、歌手を目指す友人・玉木理沙(久保田紗友さん)から六本木のディスコ・ベルファインで、カリスマプロデューサー、マックス・マサが次のスターを探していると聞き、一緒にベルファインへ行く。

 一方、会社の売り上げをカリスマプロデューサー・輝楽天明(新納慎也さん)一人が担っていることに危機感を感じているマサは、社長の大浜(高嶋政伸さん)に、ほかにもヒットを出さなければ未来はないと進言するが、大浜は聞く耳をもたない。

 その夜、ベルファインのVIPルームへ赴いたマサは、直属の部下・流川翔(白濱亜嵐さん)に「お前が売れると思うやつを連れてこい!」と指示。流川の連れてきた中に、アユの姿があった。マサが、女の子の顔を見て次々と切り捨てていくやり方に、アユは反抗的な態度を取ってしまう。翌日、アユにマサから電話が……。

第2話のあらすじ スパルタ鬼講師・水野美紀の“怪演”ぶりに注目 アユは3カ月のニューヨークレッスンへ

連続ドラマ「M 愛すべき人がいて」第2話の場面写真(C)テレビ朝日/ABEMA
連続ドラマ「M 愛すべき人がいて」第2話の場面写真(C)テレビ朝日/ABEMA

  歌手の安斉かれんさん、俳優の三浦翔平さんダブル主演の連続ドラマ「M 愛すべき人がいて」(テレビ朝日系、土曜午後11時15分/ABEMAで全話独占配信)第2話が4月25日に放送される。脚本担当・鈴木おさむさんの「奪い愛、夏」にも出演した水野美紀さんが、スパルタ鬼講師・天馬まゆみ役で出演。奇抜なファッションで大暴れする、水野さんの“怪演”ぶりに注目だ。

 プロデューサー・マサ(三浦さん)は、アユ(安斉さん)というダイヤの原石を自分の手で磨くため、中谷プロの社長、中谷(高橋克典さん)に「アユを譲ってください」と土下座。心を動かされた中谷は、移籍を認める。

 マサの設立したレコード会社「A VICTORY」から歌手デビューを目指すことになったアユは、3カ月間ニューヨークでレッスンを受けるが、鬼講師・天馬のハードなレッスンについていけない。

 その頃日本では、マサが部下の流川翔(白濱亜嵐さん)に、ガールズグループのプロデュースを任せることに。礼香(田中みな実さん)は、マサがアユに肩入れし過ぎることに不満を感じていた。

 3カ月後、帰国したアユは、流川プロデュースのガールズグループのメンバー候補たちとの合宿に参加。しかし、マサに特別扱いされているアユへの風当たりは強くなる……。

第3話のあらすじ “礼香”田中みな実が宣戦布告! “アユ”安斉かれんは作詞に挑戦

連続ドラマ「M 愛すべき人がいて」第3話の場面写真(C)テレビ朝日/ABEMA
連続ドラマ「M 愛すべき人がいて」第3話の場面写真(C)テレビ朝日/ABEMA

  歌手の安斉かれんさん、俳優の三浦翔平さんダブル主演の連続ドラマ「M 愛すべき人がいて」(テレビ朝日系、土曜午後11時15分/ABEMAで全話独占配信)第3話が5月2日に放送される。マサ(三浦さん)のアドバイスで、アユ(安斉さん)が作詞に挑戦。アユへの嫉妬に燃えるマサの秘書・礼香(田中みな実さん)が、アユに宣戦布告する。

 レコード会社「A VICTORY」の社長・大浜(高嶋政伸さん)は、流川翔(白濱亜嵐さん)がプロデュースする4人組ガールズグループにアユを追加する、と社長命令を下す。翌日、マサは会議にアユを連れて行き、アユをソロデビューさせ、売れなかったら会社を辞めると宣言する。一方、礼香は「あなたは泥棒の手をしている。私の大切なものを奪わないでね?」とアユに告げる。

 アユをアーティストとして売り出そうと考えたマサは、歌詞を書いてみるよう指示。アユが初めての作詞に四苦八苦する中、心の支えでもある祖母・幸子(市毛良枝さん)が倒れてしまう……。

M 愛すべき人がいてテレビ朝日系 土曜ナイトドラマ枠
4月18日スタート 土曜午後11時15分/ABEMAで全話独占配信