ピーナッツバターサンドウィッチ あらすじ

ピーナッツバターサンドウィッチあらすじ

 ドラマ「ピーナッツバターサンドウィッチ」は、結婚に向けて奮闘する4人のリアルな恋愛模様を軸に、婚活をサポートする謎の組織「ピーナッツバターサンドウィッチーズ」(PBS)の姿を描く深夜ドラマ。女優の矢作穂香さんと俳優の伊藤健太郎さんがダブル主演を務める。ドラマは、伊藤修子さんも出演し、矢作さんがPBSの研究員・椿、伊藤健太郎さんが研究員の小林、伊藤修子さんはPBSを取り仕切る権田所長を演じる。

 ドラマは、女性ファッション誌「with(ウィズ)」(講談社)の公式サイト「with online」で連載中のミツコさんの同名マンガを実写化。過去の不倫経験から“普通”に執着する沙代、長年付き合った恋人となかなか次の段階に進めない美晴、流されやすくいつも体の関係で終わる美和、プライドの高さから玉のこししかありえない茜という違った結婚観を持つ4人の女子が婚活に奮闘する。ドラマ版は、婚活女子の恋愛模様の合間に、PBSによる恋愛解説やスタジオトークのような談義が挟まれるという展開のラブコメディー。

 椿は新人研究員で、PBSの存在と結婚自体に疑問を持っている“あわてんぼ系女子”、小林はデータ至上主義で、成績優秀だが人に興味がない理系男子の研究員、権田所長はピーナッツバターサンドウィッチを誰よりも愛していて常に手放さない。全くやる気がないように見えるが、時折、的を射た発言をするという設定だ。

 ドラマは、MBS深夜の「ドラマ特区」枠で放送。

ドラマ「ピーナッツバターサンドウィッチ」のあらすじ

ピーナッツバターサンドウィッチMBS 「ドラマ特区」枠
MBSで4月2日から木曜深夜0時59分放送