私の家政夫ナギサさん あらすじ

私の家政夫ナギサさんあらすじ

 ドラマ「私の家政夫ナギサさん」(TBS系)は、電子書籍配信サイト「コミックシーモア」から生まれた四ツ原フリコさんの同名ウェブマンガが原作で、28歳の独身女子がおじさんの家政夫を雇うことから始まるハートフルコメディーが描かれる。女優の多部未華子さんが主演を務める。多部さんは製薬会社の営業職(MR)としてバリバリ働くキャリアウーマン(バリキャリ)だが、家事は苦手で生活力ゼロのアラサー独身女子、相原メイを演じる。ウェブマンガが、TBSで連続ドラマ化されるのは、今回が初めて。

 「私の家政夫ナギサさん」は、コミックシーモアの少女マンガレーベル「恋するソワレ」で連載中。主人公メイの28歳の誕生日の夜、家に帰ると見たことのないエプロン姿のおじさん、鴫野(しぎの)ナギサが突然現れる。おじさんの正体は、家事全般をパーフェクトにこなすスーパー家政夫だった……という展開。

 ドラマは、大森南朋さんが家政夫の鴫野ナギサを演じることも発表された。また、瀬戸康史さんが、メイの仕事先のライバルとなる外資系製薬会社・アーノルド製薬のMR、田所優太役で出演する。

ドラマ「私の家政夫ナギサさん」のあらすじ

私の家政夫ナギサさんTBS系
2020年4月スタート 火曜午後10時放送