監察医 朝顔2 ニュース

大竹しのぶ、意外!? デビュー47年で初の“月9”出演 「監察医 朝顔」で物語の鍵を握る人物に

連続ドラマ「監察医 朝顔」第2シーズンに出演する大竹しのぶさん(C)フジテレビ
連続ドラマ「監察医 朝顔」第2シーズンに出演する大竹しのぶさん(C)フジテレビ

 女優の大竹しのぶさんが、女優の上野樹里さん主演で、11月2日からフジテレビ系“月9”枠(月曜午後9時)で放送される連続ドラマ「監察医 朝顔」第2シーズンに出演することが10月30日、明らかになった。1973年10月から放送された連続ドラマ「ボクは女学生」(フジテレビ系)でのデビューから47年がたち、これまで多くの名作に出演してきた大竹さんだが、なんと初の月9ドラマ出演となる。「監察医 朝顔」では、第2シーズンから新たに登場する女性で、物語の鍵となる人物を演じる。

 「監察医 朝顔」は、マンガ誌「漫画サンデー」(実業之日本社、現在は休刊)で連載された作・香川まさひとさん、画・木村直巳さん、監修・佐藤喜宣さんのマンガが原作で、設定をアレンジ。東日本大震災で母が行方不明となった新米法医学者の万木朝顔(上野さん)と、朝顔の父でベテラン刑事の万木平(時任三郎さん)がかたや解剖、かたや捜査で遺体の謎を解き明かしながら、遺体から見つけ出された“生きた証し”が残された人たちの心を救っていく様を描いたヒューマンドラマ。2019年7月に第1シーズンが放送された。

 第2シーズンは、前作ラストの翌年春が舞台。各話でさまざまな事件と遺体を扱いながら、全話を通して、東日本大震災と母の死に朝顔が向かい合っていく。

 大竹さんが演じるのは、第5話(11月30日放送)から登場する奥寺美幸。美幸は、朝顔の母・里子(石田ひかりさん)が生まれ育った東北の海沿いの街で、大衆食堂を営んでいる女性。これまで朝顔も平も美幸とはまったく接点がなかったが、ひょんなことから美幸の存在を知ることとなり、やがて3人は大きく関わっていくことに。

 大竹さんが民放の連続ドラマ出演するのは、2017年7月期に放送された「ごめん、愛してる」(TBS系)以来、約3年ぶり。2クール連続放送のドラマ出演としては、2000年10月~2001年3月に放送されたNHK連続テレビ小説「オードリー」以来、約20年ぶりとなる。また上野さんとの共演は、2011年に放送されたNHK大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」以来、約9年ぶり。

 初めての月9ドラマ出演について、大竹さんは「とてもうれしく思います。頑張ります」と意気込んでいる。

(C)フジテレビ
(C)フジテレビ

 ◇大竹しのぶさんのコメント

 ――「監察医 朝顔」出演の話を聞いた際の感想を、改めて教えてください。

 まさか自分が出演するとは思っていなかったのでびっくりしましたが、とてもうれしかったです。

 ――初めての月9ドラマ出演となりますが、いかがでしょうか?

 とてもうれしく思います。頑張ります。

 ――美幸を演じていく上での役作りを教えてください。

 消えることのない悲しみを背負いながらも、なんとか明るく平穏に生きてゆきたいと願う人の心を出せたら……と思っています。

 ――上野さん、時任さんとの共演も注目ですが、撮影はいかがでしょうか?

 樹里ちゃんとも、さぶちゃんとも久し振りの共演でうれしいです。スタッフの方たちも本当に温かくて、いいチームだなと一日目から感じました。

 ――視聴者の皆さんへ見どころなどメッセージをお願いします。

 素晴らしいチームの仲間入りをさせていただいて、撮影が本当に楽しいです。ささやかに生きている美幸さんの出演自体は、それほど多くはありませんが、見てくださっている方の心に残るようなお芝居ができるように頑張ります。

 ◇金城綾香プロデューサーのコメント

 大竹しのぶさんにこの度、第2シーズンでご出演いただけて、本当に光栄です。悲しみを抱えながらギリギリのところで自分を奮い立たせて、今日も東北で生きている方をドラマで表現したいと考えたときに、最初に頭に浮かんだのが大竹しのぶさんでした。物語の中盤以降、美幸という役が朝顔さんと平さんを揺さぶっていきます。大竹さんの筆舌に尽くしがたいお力によって、美幸という役の悲しさが温度を持って目の前に現れた時には、撮影現場でこみ上げてくるものがありました。今後、上野樹里さん、時任三郎さん、柄本明さんといろんなシーンでご共演があります。早く視聴者の方にご覧いただきたいです。

上野樹里「監察医 朝顔」会見で共演者の“事情通っぷり”発揮 東日本大震災の被災地の思い伝え、涙も

11月2日スタートの「監察医 朝顔」第2シーズンの会見に登場した上野樹里さん
11月2日スタートの「監察医 朝顔」第2シーズンの会見に登場した上野樹里さん

 女優の上野樹里さんが10月24日、東京都内で行われたフジテレビ系“月9”ドラマ「監察医 朝顔」第2シーズン(月曜午後9時)の会見に、共演の志田未来さん、中尾明慶さん、戸次重幸さん、平岩紙さんらと登場。第1シーズンは2019年夏クールに放送され、この1年間に身の回りで起きた変化を聞かれた上野さんが、「戸次さんはお子さんが生まれましたよね」「平岩さんは結婚されましたよね」「中尾さんはYouTubeを最近、始めてね」、志田さんには「テレビを買ったよね」「(撮影)現場にお父さん来てたよね」などと、共演者の近況を次々と明かし、“事情通っぷり”を発揮した。

 上野さんから、子供が生まれたことについて振られた戸次さんは「第二子が誕生しまして、上野さんから、ヨダレ掛けを10個いただきました」と明かしながら、「俺たちになんでそんなに詳しいの?」と苦笑い。テレビを新たに買ったことを暴露された志田さんは「買いました。大きなことじゃなくて申し訳ありません」と苦笑いしながら、実父のことについては「実家の近くでロケがありまして、父を呼びました。撮影を見てもらう機会なんてなかなかないから」と説明した。上野さんは「ポンポンと出てくるんですよ(笑い)」と語り、笑顔を見せていた。

 ドラマは、マンガ誌「漫画サンデー」(実業之日本社、現在は休刊)で連載された作・香川まさひとさん、画・木村直巳さん、監修・佐藤喜宣さんのマンガが原作で、設定をアレンジした。東日本大震災で母が行方不明となった新米法医学者の万木朝顔(上野さん)と、朝顔の父でベテラン刑事の万木平(時任三郎さん)がかたや解剖、かたや捜査で遺体の謎を解き明かしながら、遺体から見つけ出された“生きた証し”で、残された人たちの心を救っていく様を描くヒューマンドラマ。第2シーズンは2クールで放送される。

 上野さんは、今年の3月に岩手・陸前高田を訪問し、街を見学したり、地元の人たちと交流をしたりしたといい、会見では、その時に上野さんを案内した陸前高田市議の福田利喜さんからの感謝の手紙が読み上げられた。上野さんは、実際に訪問して見た景色や人々との触れ合いを伝えながら、「放送される時期は、震災があって10年という節目を迎える。『朝顔』というドラマを通して、町が変わっていっても、変わらない心や忘れてはいけない思い、今感じる気持ちだったりを感じてもらえたら」と語った。

 さらに、自身が東北のショッピングサイトでお米などを購入していることを明かしながら「それも支援につながりますので、皆さんがこのドラマを通して、一人一人できる範囲で、生活の中に一緒に生きている感覚を持ってもらえるとうれしいです。私もこのドラマをやっていて、やりがいを感じています。皆さんの思いを乗せられたら……」と語りながら、涙を流す場面もあった。第2シーズンについては「母の死を乗り越えた朝顔の成長を感じてください」とアピールした。会見には、共演の風間俊介さん、「SixTONES(ストーンズ)」の森本慎太郎さん、板尾創路さん、山口智子さんも参加した。

 「監察医 朝顔」第2シーズンは11月2日から放送。初回は30分拡大版。

Travis Japan松田元太、「監察医 朝顔」で“月9”初出演、役作りで金髪 泣き叫ぶなど熱演も

連続ドラマ「監察医 朝顔」に出演するTravis Japanの松田元太さん(C)フジテレビ
連続ドラマ「監察医 朝顔」に出演するTravis Japanの松田元太さん(C)フジテレビ

 ジャニーズJr.の人気グループ「Travis Japan(トラビス・ジャパン)」の松田元太さんが、女優の上野樹里さんが主演するフジテレビ系“月9”ドラマ「監察医 朝顔」第2シーズン(月曜午後9時)の第1話(11月2日放送)にゲスト出演することが10月19日、分かった。松田さんが“月9”ドラマに出演するのは初めてで、約50人のオーディションでこの役を射止めたという。松田さんは、立体歩道橋で発生した群衆雪崩で妻を亡くした佐藤祐樹を演じ、役作りのため、金髪にした。

 第1話では、群衆雪崩に巻き込まれたけが人からは「異臭がした」という薬品テロを疑う声が上がり、群衆雪崩が発生する直前、人混みの中で金髪の男性が騒いでいたという証言も出る。その翌日、佐藤がニュース番組の取材に応じ「これは事故ではなく殺人だ」と訴える……という展開。松田さんは、演技で声が枯れるほど大声を出したり、汗びっしょりになるほど泣き叫ぶなど、妻を亡くした佐藤を熱演しているという。

第1話に片桐はいりがゲスト出演 上野樹里は「天才という言葉が似合う」

連続ドラマ「監察医 朝顔」に出演する片桐はいりさん(C)フジテレビ
連続ドラマ「監察医 朝顔」に出演する片桐はいりさん(C)フジテレビ

 女優の上野樹里さん主演で11月2日にスタートするフジテレビ系“月9”ドラマ「監察医 朝顔」第2シーズン(月曜午後9時)の第1話に片桐はいりさんがゲスト出演することが10月15日、分かった。片桐さんは、万木朝顔(上野さん)らが勤める法医学教室のある興雲大学の教授・松本オリビア由美子を演じる。片桐さんは、上野さんの主演特別ドラマ「のだめカンタービレ 新春スペシャルinヨーロッパ」に出演したが、実際に芝居で絡んだことがないといい、今作が実質初共演となる。

 松本は、社会心理学が専門。研究以外のことに全く興味がなく、何か気になることがあると、どんな場所だろうが、人目を一切気にせず研究に没頭する。法医学教室の主任教授・夏目茶子(山口智子さん)とも親交がある。茶子が、松本の型破りでユニークすぎる人間性に一目置いているという設定だ。

 片桐さんは、ドラマの出演に「栄えある第1話でこだわりのある面白い役をやらせていただき光栄です」と喜び、上野さんと初共演したことについては「ほわりとした中に怜悧(れいり)なものがあり、天才という言葉が似合う方だなと感じました」とコメントしている。

桑野将春、“桑マン”の次男が“月9”「監察医 朝顔」出演 実は第1シーズンにも登場していた

連続ドラマ「監察医 朝顔」第2シーズンに出演する桑野将春さん(C)フジテレビ
連続ドラマ「監察医 朝顔」第2シーズンに出演する桑野将春さん(C)フジテレビ

 “桑マン”の相性で知られる、「ラッツ&スター」の桑野信義さんの次男・桑野将春さんが、女優の上野樹里さん主演で、11月2日からフジテレビ系“月9”枠(月曜午後9時)で放送される連続ドラマ「監察医 朝顔」第2シーズンに出演することが10月9日、分かった。ドラマでは、「野毛山署強行犯係」に勤める刑事を演じる。

 将春さんは、1999年1月25日生まれの21歳。気鋭の俳優として注目を集めている。実は第1シーズンの第1話(2019年7月8日)にも登場しており、同作でテレビドラマデビューしていた。第1シーズン第1話で、初めて野毛山署強行犯係を訪れた万木平(時任三郎さん)さんの傍らで、「離せ、クソババア!」と悪態をつく不良少年を演じていたのが、将春さんだった。

 将春さんが演じた不良少年は、その後、改心をして刑事になり、5年後には野毛山署強行犯係で働いていた……という設定が物語の裏に隠されていた。第1シーズン第1話から5年が経過した設定の同第6話から、野毛山署強行犯係に将春さんが演じる刑事が登場していた。

 続投について、将春さんは「とてもうれしいです! 第1シーズン出演後、第2シーズンが始まるという報告と共に、お仕事のオファーをいただきました。またこの作品に携われると聞いた時はすごくワクワクしました!」と喜んでいる。

 「監察医 朝顔」は、マンガ誌「漫画サンデー」(実業之日本社、現在は休刊)で連載された作・香川まさひとさん、画・木村直巳さん、監修・佐藤喜宣さんのマンガが原作で、設定をアレンジ。東日本大震災で母が行方不明となった新米法医学者の万木朝顔(上野さん)と、朝顔の父でベテラン刑事の万木平がかたや解剖、かたや捜査で遺体の謎を解き明かしながら、遺体から見つけ出された“生きた証し”が残された人たちの心を救っていく様を描いたヒューマンドラマ。2019年7月に第1シーズンが放送された。

 風間俊介さん、山口智子さんらも第2シーズンに出演。前作ラストの翌年の春から描かれる。各話でさまざまな事件と遺体を扱いながら、全話を通して、東日本大震災と母の死に朝顔が向かい合っていく。

 ◇桑野将春さんのコメント

 ――「監察医 朝顔」に出演されることになり、改めて感想をお願いします。

 とてもうれしいです! 第1シーズン出演後、第2シーズンが始まるという報告と共に、お仕事のオファーをいただきました。またこの作品に携われると聞いた時はすごくワクワクしました!

 ――「監察医 朝顔』に出演されて、周りからの反響はいかがでしたでしょうか?

 初めてセリフをいただいたドラマがこの作品でした。また地上波のドラマということもあり出演シーンは一瞬でしたが、ものすごく反響はありました。

 ――2クール連続と、長丁場となる「監察医 朝顔」の撮影現場はいかがでしょうか?

 現場では毎日が勉強です! それと同時に自身、楽しんで撮影に挑めています。先輩の方々の演技を間近で学べますし、ドラマができ上がっていく流れを見るのはとても興味深いです。またスタッフさんや裏方の方々の動きも観察しています。現場では色々と吸収できることがたくさんあります。

 ――「監察医 朝顔」で、印象に残っているシーンやエピソードがありましたら教えてください。

 第1シーズンの5話です。セリフはなかったんですけど、不良少年が更正して、お世話になった女性警察官の結婚式に出席して号泣しているシーンです。このシーンがなければ、刑事にはなっていなかったのかな、なんて!

 ――意気込みなど、視聴者へメッセージをお願いします。

 引き続き撮影はあるので、記憶に残る作品にできるようキャスト、スタッフの皆さんと一丸となって誠心誠意努めてまいりますので、ぜひ!「監察医 朝顔」の今後、並びに桑野将春にご注目ください!

 ――最後に、俳優として、これからの目標を教えてください。

 俳優という職業を通して、さまざまな方に影響力を与えられるような人間になります。縁と感謝、笑顔を常に大切にする役者でいることが目標です。

ふぉ~ゆ~・辰巳雄大、バディー役で先輩・風間俊介と初共演「とにかく優しい兄さん」

11月2日スタートの「監察医 朝顔」第2シーズンのワンシーン(C)フジテレビ
11月2日スタートの「監察医 朝顔」第2シーズンのワンシーン(C)フジテレビ

 アイドルグループ「ふぉ~ゆ~」の辰巳雄大さんが、女優の上野樹里さん主演で11月2日から放送されるフジテレビ系“月9”ドラマ「監察医 朝顔」第2シーズン(月曜午後9時)に出演することが10月6日、分かった。辰巳さんは、風間俊介さん演じる神奈川県警捜査1課の刑事・桑原の後輩の富澤を演じる。富澤は、冷静な判断力と行動力で桑原をサポートするという設定。ジャニーズ事務所の先輩・後輩という間柄の辰巳さんと風間さんが共演するのは初めて。

 第2シーズンは、前作ラストの翌年の春から描かれる。各話でさまざまな事件と遺体を扱いながら、全話を通して、朝顔が東日本大震災と母の死に向かい合っていく。

 ◇辰巳雄大さんのコメント

 ――「監察医 朝顔」に出演する感想は?

 去年、テレビの前で入り込んでいた「監察医 朝顔」の世界に役者として飛び込めることに幸せを感じています。月9で刑事役を演じられると聞いた時はすぐいろんな人に報告したかったですが、今日まで我慢しました。辰巳雄大、月9で刑事役やります! スッキリしました。

 そしていつかドラマで共演しようと話していた風間くんとの共演は本当にうれしいです。長年の目標をまた一つ達成した気分です。「監察医 朝顔」はどの役者さんも味があって欠かせないキャラクターばかりなので、自分もそんな役になれたらなと思っています。

 ――風間俊介さんとはドラマ初共演となりますが、撮影現場はいかがでしょうか?

 やっぱり芝居に熱かったです。バディーのような役柄なので台本に書かれていない部分を撮影前に細かいところまで話したりしました。そして、とにかく優しい兄さんです。朝顔チームにすんなり入れるように現場でスタッフさんや役者さんに紹介してくれたり。時には「辰巳は芝居を愛しているのでどんな役でもやれます。今後もよろしくお願いします」とマネジャーさんみたいなこともしてくれましたよ(笑い)。本当にこのタイミングで共演できてよかったです。

 ――視聴者へのメッセージをお願いします。

 私、辰巳雄大は風間くん演じる桑原刑事と一緒に捜査をする刑事の富澤を演じさせていただきます。2人のシーンは特に見てほしいです。ジャニーズで20年以上一緒にいる先輩との絆はいい意味で役に反映できたと思います。視聴者としても楽しみにしていた「監察医 朝顔」の第2シーズン。朝顔一家がどんな人生を歩んで行くのか気になります。今年も「監察医 朝顔」の世界にどっぷりハマりましょう。

「監察医 朝顔」続編に山口智子、志田未来、中尾明慶、戸次重幸、SixTONES森本慎太郎ら続投

「監察医 朝顔2」の出演者たち ※写真は合成 (C)フジテレビ
「監察医 朝顔2」の出演者たち ※写真は合成 (C)フジテレビ

 女優の上野樹里さん主演で、2019年夏クールにフジテレビ系“月9”枠(月曜午後9時)で放送された連続ドラマの続編「監察医 朝顔2」に、前作に引き続き、志田未来さん、中尾明慶さん、戸次重幸さん、平岩紙さん、板尾創路さん、山口智子さんらが続投することが7月28日、分かった。「SixTONES(ストーンズ)」の森本慎太郎さん、藤原季節さん、斉藤陽一郎さん、坂ノ上茜さん、田川隼嗣さん、宮本茉由さん、杉本哲太さんも引き続き出演する。ドラマは当初、今年の夏、秋クールに放送される予定だったが、新型コロナウイルスの影響で今年秋、来年冬クールの“年越し放送”に変更されることも発表された。

 志田さんは法医学者の安岡光子、中尾さんは検査技師の高橋涼介、田川さんはアルバイトの法医助手・熊田祥太、平岩さんは法歯学者の藤堂絵美、板尾さんは法医学者の藤堂雅史、山口さんは興雲大学法医学教室の主任教授・夏目茶子、戸次さんが野毛山署強行犯係を束ねる係長・山倉伸彦、杉本さんが検視官の丸屋大作を続投。強行犯係の刑事・森本琢磨と岡島浩司、愛川江梨花は、森本さん、斉藤さん、坂ノ上さん、鑑識の沖田宗徳と渡辺英子は、藤原さんと宮本さんが演じる。

 「監察医 朝顔」は、マンガ誌「漫画サンデー」(実業之日本社、現在は休刊)で連載された作・香川まさひとさん、画・木村直巳さん、監修・佐藤喜宣さんのマンガを原作に、設定をアレンジ。東日本大震災で母が行方不明となった新米法医学者の万木朝顔(上野さん)と、朝顔の父でベテラン刑事の万木平(たいら、時任三郎さん)がかたや解剖、かたや捜査で遺体の謎を解き明かしながら、遺体から見つけ出された“生きた証し”が残された人たちの心を救っていく様を描いたヒューマンドラマ。母が亡くなった穴を少しでも埋めるかのように肩を寄せ合う父娘が、笑顔と涙を繰り返しながら、平と同じ刑事の桑原真也(くわはら・しんや、風間俊介さん)との結婚や、一人娘のつぐみ(加藤柚凪ちゃん)の誕生を経て新たな家族を形作り、家族とともに少しずつ悲しみを乗り越えていく姿なども描かれた。

 「監察医 朝顔2」は、前作ラストの翌年春が舞台。各話でさまざまな事件と遺体を扱いながら、全話を通して、東日本大震災と母の死に朝顔が向かい合っていく。

 新型コロナウイルスの影響で中断をしていた撮影は6月下旬に再開されたという。

 ◇出演者のコメント

 ・上野樹里さん

 --撮影の再開と共に放送期間が変更になりましたが、改めて意気込みを教えてください。

 ドラマをご覧になられる皆さんと一緒に年末年始を迎えられることをうれしく思います。共演者、スタッフみんなですてきなドラマになるよう精いっぱい作品作りに励み、無事最後まで皆さんの元へお届けできることを願っています。

 ・志田未来さん

 --再び、さらに長丁場となる中、光子を演じていく意気込みを教えてください。

 最初は医学部生のアルバイトだった光子も、すっかり先生になりました。法医学教室の皆さんと再会できたことがとてもうれしいです! 半年間、体調に気をつけて撮影頑張ります。

 ・中尾明慶さん

 --再び、さらに長丁場となる中、高橋を演じていく意気込みを教えてください。

 高橋が研究室は少しでも日常的に明るく、そして解剖室ではしっかりと先生たちのサポートをしながら高橋なりに命と向き合い、皆様にすてきな作品をお届けできるよう演じていきたいと思います。

 ・「SixTONES」の森本慎太郎さん

 --再び、さらに長丁場となる中、森本を演じていく意気込みを教えてください。

 森本(慎太郎)と森本(琢磨)が森本らしく輝けるように全力で森本していき、第2シーズンの森本も、見てくださる方の憎めない存在になれたらなと思います。

 ・藤原季節さん

 --再び、さらに長丁場となる中、沖田を演じていく意気込みを教えてください。

 一人の人間の生と死を真面目に描いたドラマなので、特にご遺体の解剖シーンの撮影では現場が独特な緊張感に包まれています。上野さんら法医学チームは解剖に使う医療器具やその扱い方もすでに熟知していて、そばで感動しながら背中を追いかける日々です。恐ろしくてかなしい出来事が今日も続いている日本で、心が少しでも前向きになれるような豊かなドラマを届けられるよう、朝顔チーム一丸となって頑張ります。たまに鑑識の沖田くんにも目をかけていただけると幸いです。明日も頑張ろう!

 ・斉藤陽一郎さん

 --再び、さらに長丁場となる中、岡島を演じていく意気込みを教えてください。

 長い自粛期間を経て、こうしてまた「監察医 朝顔」のメンバーと再会できた喜びをマスクの下でかみ締めています。さまざまな事件はもちろん、刑事部屋の強烈なキャラクターの面々に翻弄(ほんろう)されながらも岡島らしい真面目さといい加減さで、最後まで完走したいと思っています。すてきな作品をお届けできるよう、とにかくまずは健康第一で頑張ります!

 ・坂ノ上茜さん

 --再び、さらに長丁場となる中、江梨花を演じていく意気込みを教えてください。

 「監察医 朝顔」の温かい世界にまた帰ってこられることをうれしく思います。前回よりもサバサバした江梨花にも注目していただけたらと思います(笑い)!

 ・田川隼嗣さん

 --再び、さらに長丁場となる中、熊田を演じていく意気込みを教えてください。

 また熊田くんを演じることができ、本当にうれしい気持ちと感謝でいっぱいです。最初は右も左も分からなかった熊田くんが、時がたち朝顔メンバーの中で、またここでも奮闘する姿をお届けできたらうれしいです。あとは、体調万全にして頑張ります!

 ・宮本茉由さん

 --再び、さらに長丁場となる中、英子を演じていく意気込みを教えてください。

 新しい撮影様式の中、慣れないこともたくさんありますが、とても楽しく大好きな現場なので、また皆さんと一緒にお仕事できることがとても幸せです! 個性豊かで優しい俳優さんたちからたくさん吸収していきたいです。少し大人になった渡辺の姿も楽しみにしていてください!

 ・戸次重幸さん

 --再び、さらに長丁場となる中、山倉を演じていく意気込みを教えてください。

 山倉は当初、係長ということもあり、割とカッチリとした役どころだったんですが、回を重ねるにつけ、現場でどんどんコミカルな役どころに変化していきました(まあ、完全に監督の平野眞さんの演出が影響してるんですが)。ただ、ともすれば重くなりがちなテーマを扱う作品ですので、そういった息抜き(とまでは言いませんが)パートも全体のアンサンブルを考えると必要だったのかなと思っています。ですから今回も、いい感じで硬く、いい感じでゆるゆるなスタンスで、この作品に貢献できたら幸いです。

 ・平岩紙さん

 --再び、さらに長丁場となる中、絵美を演じていく意気込みを教えてください。

 過去に経験のない状況ですが、スタッフの方々の丁寧な管理とお気遣いの下で大切に撮影させていただいております。心が通じ合い信頼あるチームで、また取り組めることに感謝して、ひたむきにすがすがしくしく歩めたらと思います。見てくださる皆様の心に、この作品の優しさが響けばと思います。

 ・杉本哲太さん

 --再び、さらに長丁場となる中、丸屋を演じていく意気込みを教えてください。

 前回は途中からの参加でしたが、今回は初回から参加させていただきます。暑苦しい丸屋全開で、暑さに負けず寒さにも負けず走り抜けられればと思っております。

 ・板尾創路さん

 --再び、さらに長丁場となる中、藤堂を演じていく意気込みを教えてください。

 監察医チームには、なくてはならない藤堂になれるよう、事務所総出で頑張ります!

 ・山口智子さん

 --「監察医 朝顔」放送決定の話を聞かれた際の感想を、改めて教えてください。

 何気ない毎日が、かけがえのない奇跡のような瞬間であることを、心によみがえらせてくれる。それがドラマ「監察医 朝顔」です。“死”から目を背けず向き合うことで、今ある命をさらに輝かせる力を生む。いつの世も変わらぬ大切なテーマを秘める「監察医 朝顔」に、再び関われることがとてもうれしいです。

 --再び、さらに長丁場となる中、茶子を演じていく意気込みを教えてください。

 唯一無二の人生を誰よりも濃く楽しみ、自分ならではの個性で世界のお役に立ちたい! そう願ってやまない茶子の精神に、私も続いていきたいです。

 ◇金城綾香プロデューサーのコメント

 --放送期間が変更になり、改めて制作における意気込みをお願いします。

 新型コロナウイルスの影響で、この作品も撮影中断を余儀無くされましたが、2020年3月11日に追悼式を中止せざるを得なくなった被災地の方のお気持ちを思うと、胸が苦しくなります。日々悲しいニュースが続き、心がくじけそうになる方も多いと思います。こんな時期だからこそ、キャスト・スタッフ一同心を一つにして、見てくださった方の心を少しでも柔らかくできる作品を、物語を、紡いでいきたいと思います。

上野樹里、娘役の加藤柚凪ちゃんにサプライズ出演オファー 反応は!?

上野樹里さん(左)と加藤柚凪さん(C)フジテレビ
上野樹里さん(左)と加藤柚凪さん(C)フジテレビ

 女優の上野樹里さんが、今夏から2クール連続で放送されるフジテレビ系“月9”ドラマ「監察医 朝顔2」(月曜午後9時)の放送決定を、子役の加藤柚凪(ゆずな)ちゃんに告知したサプライズの様子が、同局のYouTube(ユーチューブ)公式アカウントで3月9日、公開された。

 柚凪ちゃんは、昨年の夏に放送された前作の「監察医 朝顔」で、上野さん演じる主人公・朝顔の4歳の娘・つぐみ役を演じ、今作でも続投が決定。今回の動画では、クランクイン前に、上野さん自らが柚凪ちゃんに何も伝えないまま直接会って「監察医 朝顔2」の放送が決まったことを伝え、出演をオファーする模様が収められている。

 前作のラストで、悲しみは完全に癒えずとも前へ一歩踏み出し、母が被災した東北の海辺の街を再び訪れることができた朝顔。今作は、その翌年の春を舞台に幕を開ける。朝顔の父・平(時任三郎さん)、夫・桑原(風間俊介さん)、娘のつぐみ(柚凪ちゃん)とともに過ごす万木家の日常は、これからずっと同じように続いていくと思われていた矢先、とあることがきっかけで朝顔は、平の代わりに母の遺体を探すため一人で東北の地を訪れることになる……というストーリー。

上野樹里主演ドラマ「監察医 朝顔」の続編決定 今夏から“月9”初の2クール連続放送

連続ドラマ「監察医 朝顔2」に出演する(左から)時任三郎さん、上野樹里さん、風間俊介さん、加藤柚凪ちゃん=フジテレビ提供
連続ドラマ「監察医 朝顔2」に出演する(左から)時任三郎さん、上野樹里さん、風間俊介さん、加藤柚凪ちゃん=フジテレビ提供

 女優の上野樹里さん主演で、2019年夏クールにフジテレビの“月9枠”(月曜午後9時)で放送された連続ドラマ「監察医 朝顔」の続編が、今年の夏クールと秋クールの同枠で放送されることが3月8日、明らかになった。タイトルは「監察医 朝顔2」。“月9”ドラマが2クール連続放送されるのは約33年の歴史で初めてで、同局の連続ドラマでは2009年10月~10年3月に放送された「不毛地帯」以来、約10年ぶりとなる。

 「監察医 朝顔」は、マンガ誌「漫画サンデー」(実業之日本社、現在は休刊)で連載された作・香川まさひとさん、画・木村直巳さん、監修・佐藤喜宣さんのマンガを原作に、設定をアレンジ。東日本大震災で母が行方不明となった新米法医学者の万木朝顔(上野さん)と、朝顔の父でベテラン刑事の万木平(たいら、時任三郎さん)がかたや解剖、かたや捜査で遺体の謎を解き明かしながら、遺体から見つけ出された“生きた証し”が残された人たちの心を救っていく様を描いたヒューマンドラマ。母が亡くなった穴を少しでも埋めるかのように肩を寄せ合う父娘が、笑顔と涙を繰り返しながら、平と同じ刑事の桑原真也(くわはら・しんや、風間俊介さん)との結婚や、一人娘のつぐみ(加藤柚凪ちゃん)の誕生を経て新たな家族を形作り、家族とともに少しずつ悲しみを乗り越えていく姿なども描かれた。

 全11話の平均視聴率は12.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)で、2019年夏クールの連続ドラマにおいてトップを獲得。“月9”ドラマとしては「コード・ブルー-ドクター・ヘリ緊急救命-THE THIRD SEASON」以来、約2年ぶりに全話2桁を達成した。

 「監察医 朝顔2」は、前作ラストの翌年春が舞台。各話でさまざまな事件と遺体を扱いながら、全話を通して、東日本大震災と母の死に朝顔が向かい合っていく。

 本作はすでにクランクインしており、最初の撮影は家族旅行中の万木家の4人というシーンで、一面銀世界の群馬県内で行われた。この日、久しぶりの再会を果たした4人。柚凪ちゃんは降り積もった雪を見るのは初めてだったといい、大はしゃぎ。撮影ではアドリブを交え、4人とも全身雪まみれになる場面もあったほか、雪の上をどうやって歩くか分からない柚凪ちゃんを、上野さんが抱きかかえて連れていき、時任さんや風間さんが「大丈夫?」と気遣うという一幕もあった。

 上野さんは「作品を終えると、普段はなかなかお会いする機会がないので、『監察医 朝顔2』で再び皆さんと集まれることを幸せに思います。本当に実力のある方々なので、前回の自分の反省を生かして、より良い共演ができるように努められたらと思います」、時任さんは「皆さんとの再会を楽しみにしていますが“じぃじ”役としては特につぐみの成長が楽しみです」、風間さんは「みんなに会えるのが楽しみなのですが、やはり朝顔、平さん、そして何より、つぐみに会えるのが楽しみです。ちょっと大きくなったつぐみに早く会いたいです」、柚凪ちゃんは「ママとパパとじぃじにずーっと会いたかったよ! つぐみちゃんの後に行った撮影のお話とか教えてあげたいの」とクランクインを控えての心境をそれぞれ述べていたという。

 ドラマは、「監察医 朝顔」「グッド・ドクター」などの金城綾香さんがプロデュース。「ショムニ」シリーズ、「HERO」シリーズなどの平野眞さんが演出を務める。他の出演者は後日発表予定。