私たちはどうかしている キャスト

私たちはどうかしているキャスト

浜辺美波 横浜流星

浜辺美波&横浜流星がW主演 ドロドロな愛憎劇

連続ドラマ「私たちはどうかしている」でダブル主演の浜辺美波さん(左)と横浜流星さん=日本テレビ提供
連続ドラマ「私たちはどうかしている」でダブル主演の浜辺美波さん(左)と横浜流星さん=日本テレビ提供

 女優の浜辺美波さんと俳優の横浜流星さんがダブル主演を務める。浜辺さんは和菓子職人の花岡七桜(はなおか・なお)、横浜さんは老舗和菓子屋のクールな跡取り息子、高月椿(たかつき・つばき)を演じる。

 七桜は、母親の才能を受け継ぐ和菓子職人。人の心をつかむ、斬新で思いやりのあるお菓子を作る。和菓子愛が強すぎて、周りが戸惑うほど熱く語るなど“和菓子バカ”の一面もある。光月庵の跡取り息子である椿は、一見クールで傍若無人だが、和菓子や店に対する強い思いを持っている。母や祖父から、家族としての愛情を受けてきておらず、実はとても不器用というキャラクター。

 ◇浜辺美波さんのコメント

 今回のお話をいただいて初めて原作を読んだのですが、少女マンガでもあり、本格的なミステリーでもあるというすごく異色なストーリーに加え、椿と七桜の関係の変化や展開の目まぐるしさに、何度も衝撃を受け一気に読み進めてしまいました!

 私が演じる七桜は、常に複雑で切ない思いと葛藤しながら椿と、そして和菓子と、向き合う女性です。亡き母への思い、和菓子への思い、そして椿への思い、たくさんの思いを重ねる七桜の気持ちを想像して誰よりも理解してあげられるよう寄り添いたいと思います。

 横浜さん演じる椿をはじめ、監督、スタッフ、キャストでどんな「私たちはどうかしている」のドラマの世界が出来上がるのか今からすごく楽しみです。私にとって、挑戦となるシーンもたくさんあるので、丁寧に、激しくそして豊かに作り上げていけたらなと思います。

 ◇横浜流星さんのコメント

 この度、老舗和菓子屋「光月庵」の一人息子・高月椿を演じることになりました。椿は、亡き父を尊敬していて父の言葉を信じ、光月庵を大切に思い、立て直そうと信念を貫き、奮闘するカッコいい男です。

 そんな椿を演じさせていただくことにプレッシャーを感じていますが、皆さんの期待に応えられるように、椿と向き合い、光月庵や和菓子に対する情熱や思い、孤独さや苦悩を繊細に演じられればと思います。

 父が亡くなったことがきっかけで生まれた七桜とのいびつな関係も物語の魅力的な部分だと思っています。“どうかしている”2人が行き着く先を、ハラハラドキドキしながら毎週楽しみにしていただけるとうれしいです。また、和菓子作りも始めました。繊細な作業で難しいですが、とても楽しいです。少しでも多くの方に和菓子の魅力も伝えることができればいいなと思っています。お楽しみに!!