JIN-仁- レジェンド ニュース

<SNS反響>「JIN-仁- レジェンド」のラストに「涙腺ぶっ壊れたでありんす」「神作品!」

ドラマ「JIN-仁-」で主演を務めた大沢たかおさん
ドラマ「JIN-仁-」で主演を務めた大沢たかおさん

 大沢たかおさんが主演し、TBS系のドラマ枠「日曜劇場」で2009年10月期、2011年4月期に放送された「JIN-仁-」全22話を再編集したSF医療時代劇「JIN-仁- レジェンド」の第6回(最終回)が、5月3日午後2時からTBSで放送された。第6回では、「完結編」として放送されたパート2の結末まで描かれ、SNSでは「涙腺ぶっ壊れたでありんす」「タオルがびちょびちょでありんす」「最後までボロンボロン」「本当に素晴らしいドラマでありんした」と同作に登場したおいらんの野風(中谷美紀さん)の言い回しを使って感動の声が多く上がった。

 「JIN-仁-」は村上もとかさんのマンガが原作。東都大学附属病院の脳外科医だった南方仁(大沢さん)が、幕末の江戸時代にタイムスリップしてしまい、満足な医療器具や薬もない状態で人々の命を救う中、坂本龍馬(内野聖陽さん)や勝海舟(小日向文世さん)ら幕末の英雄と知り合い、歴史の渦の中に巻き込まれていく姿が描かれた。

 第6回は、パート2の第9話「坂本龍馬、暗殺」、第10話「タイムスリップの結末…」、最終話「完結~時空の果て…150年の愛と命の物語が起こす奇跡のタイムスリップの結末」を放送。

 「この国を生まれ変わらせよう」とした龍馬の悲願だった「大政奉還」が慶応3(1867)年に成立。そんな中、仁は、現代の恋人の友永未来(中谷さん)が過去に「坂本龍馬は誕生日に死んだ」という史実を話していたのを思い出し、その暗殺日まであと1カ月だと気づく。「必ず自らの手で龍馬を助ける」と決心した仁は、咲(綾瀬はるかさん)、佐分利(桐谷健太さん)と共に龍馬のいる京都へ向け出発。その後、龍馬が歴史通り斬られてしまう。寺田屋の女将のお登勢(室井滋さん)らに見守られる中、仁は咲、佐分利の手を借りて、大手術に臨んだ。

 数日後、咲が緑膿菌(りょくのうきん)に感染していることが判明。しかし、江戸時代に緑膿菌を治療する薬がなかった。そんな中、仁はタイムスリップする直前に緑膿菌を治療する薬をポケットに入れていたことを思い出す。その夜、江戸時代にタイムスリップした場所で薬を探していた仁は、現代で出会った包帯の男が錦糸公園から病院へ運ばれてきたことを思い出し、錦糸町へと向かう。そこで堀の崖から身を投じた仁が目を覚ますと、現代にタイムスリップしていた。仁は咲の病を治す薬を手に入れ、仁が江戸時代にタイムスリップをしたときと同じようにホルマリン漬けになった胎児を抱えて、病院の外階段へと向かう……。

 その後、現代で回復した仁は恋人の未来が入院しているはずの病室を訪ねるが、未来の姿はなかった。そして、咲がどうなったのかを知るために文献を調べに図書館へと向かう……という展開だった。

 咲が病院を開いていたことや野風の子を育てていたことが分かり、ラストでは、咲の子孫から渡された咲が書いたという手紙を仁が読むシーンがあり、手紙には歴史の修正力で名前が分からなくなった仁への思いが切々とつづられていた。ラストを見届けた視聴者からSNSで、「泣きつかれた」「最良ドラマ!」「神作品!」といった声も上がっていた。

「JIN-仁- レジェンド」第6回(最終回)5月3日放送 龍馬斬られる! 仁が大手術 タイムスリップの結末は…

ドラマ「JIN-仁-」のビジュアル(C)TBS
ドラマ「JIN-仁-」のビジュアル(C)TBS

 TBS系のドラマ枠「日曜劇場」で2009年10月期、2011年4月期に放送された「JIN-仁-」全22話を再編集したSF医療時代劇「JIN-仁- レジェンド」の第6回が、5月3日午後2時からTBSで放送される。第6回は、「完結編」として放送されたパート2の第9話「坂本龍馬、暗殺」、第10話「タイムスリップの結末…」、最終話「完結~時空の果て…150年の愛と命の物語が起こす奇跡のタイムスリップの結末」を放送する。

 「JIN-仁-」は村上もとかさんのマンガが原作。東都大学附属病院の脳外科医だった仁が、幕末の江戸時代にタイムスリップしてしまい、満足な医療器具や薬もない状態で人々の命を救う中、坂本龍馬(内野聖陽さん)や勝海舟(小日向文世さん)ら幕末の英雄と知り合い、歴史の渦の中に巻き込まれていく……というストーリー。

 ◇「龍馬を助ける」と仁は京都へ向かう

 「この国を生まれ変わらせよう」とした龍馬の悲願だった「大政奉還」が慶応3(1867)年に成立。そんな中、仁は、現代の恋人の友永未来(中谷美紀さん)が過去に「坂本龍馬は誕生日に死んだ」という史実を話していたのを思い出し、その暗殺日まであと1カ月だと気づく。

 「必ず自らの手で龍馬を助ける」と決心した仁は、咲(綾瀬はるかさん)、佐分利(桐谷健太さん)と共に龍馬のいる京都へ向け出発。同じころ、恭太郎(小出恵介さん)は、上役(中原丈雄さん)から“あること”を命じられる。

 ◇斬られた龍馬を大手術

 歴史通り斬られてしまった龍馬。寺田屋の女将のお登勢(室井滋さん)らに見守られる中、仁は咲、佐分利の手を借りて、大手術に臨む。

 仁は「南方仁がおれば、坂本龍馬は死なん!」と話していた龍馬との約束を果たし、助けることはできるのか……。

 ◇新政府軍VS彰義隊が激化 恭太郎の決断 そして、仁の運命は…

  西郷隆盛(藤本隆宏さん)を中心とする新政府軍が江戸へ入ったため、徳川家に仕えていた旗本たち旧政府軍は「彰義隊」を名乗って上野に集まり、反旗を翻す機会を伺っていた。

 そんな中、恭太郎は勝からフランスへの留学を推薦されるが、龍馬暗殺のきっかけを作ってしまったことで、今後旗本としての進むべき道を悩んでいた。

 一方、体調が悪化するばかりの仁は、自らに残された時間を意識し、持っている知識を残さず「仁友堂」の医師たちに引き継ごうとしていた。

 ついに明日、新政府軍が彰義隊に攻撃を仕掛けると聞いた恭太郎は、ある決意をする。それを知った仁や咲は……。そして仁は、現代に戻ることができるのか……というストーリー。

「JIN-仁- レジェンド」第5回 5月2日放送 仁と龍馬の気持ちがすれ違い… 野風は“乳の岩”の転移とお産のため入院

ドラマ「JIN-仁-」のビジュアル(C)TBS
ドラマ「JIN-仁-」のビジュアル(C)TBS

 TBS系のドラマ枠「日曜劇場」で2009年10月期、2011年4月期に放送された「JIN-仁-」全22話を再編集したSF医療時代劇「JIN-仁- レジェンド」の第5回が、5月2日午後2時からTBSで放送される。第5回は、「完結編」として放送されたパート2の第4話「江戸から消える」、第5話「消えた体の謎」、第6話「坂本龍馬の闇」、第7話「永遠の愛と別れ」、第8話「歴史に逆う命の誕生…」を編集して放送する。

 「JIN-仁-」は村上もとかさんのマンガが原作。東都大学附属病院の脳外科医だった仁が、幕末の江戸時代にタイムスリップしてしまい、満足な医療器具や薬もない状態で人々の命を救う中、坂本龍馬(内野聖陽さん)や勝海舟(小日向文世さん)ら幕末の英雄と知り合い、歴史の渦の中に巻き込まれていく……というストーリー。

 ◇お初に触れると仁の体が消え始め…

 「JIN-仁- レジェンド」第5回は……。薩摩藩預かりの身となった龍馬は、仲間と共に海運商社「亀山社中」を設立する。さらに、同じく土佐の脱藩浪人で、長州藩の預かりとなっている中岡慎太郎(市川亀治郎さん)と意気投合し、2人で長州藩と薩摩藩の和解を目指し、奔走する。

 一方、ペニシリンの粉末化を模索していた仁のもとに、多紀玄琰(相島一之さん)が訪ねてきて、川越藩主の妻・恵姫(緒川たまきさん)のこぶの治療を依頼する。引き受けることにした仁は、咲(綾瀬はるかさん)と川越へ向かう途中でお初(畠山彩奈さん)と出会う。仁はお初と触れ合った瞬間、電気が走ったような不思議な感覚をおぼえる。その後、仁は恵姫のこぶを取り除く手術をするが、貧血の気がある恵姫は手術中に失血死してしまう可能性があり……。

 数日後、お初が折り紙で遊んでいる最中に、転んで大けがを負ってしまう。咲と共にお初の治療にとりかかる仁だったが、体が消え始め……。

 ◇仁と龍馬の気持ちがすれ違う

 その後、仁はペニシリンの普及のため長崎の精得館で講義をしていた。実は長崎に来たのは、龍馬に会って暗殺のことを伝えようと心に決めていたからだった。ようやく龍馬と再会し、喜ぶ仁だったが、そこで会った龍馬は仁の知っている龍馬ではなかった。

 龍馬はトーマス・グラバー(ウィル・ゲラックさん)から武器を手に入れ、幕府と戦争をする長州藩に武器を売って金儲けをしていた。複雑な気持ちを抱きつつ、龍馬と長州を訪れた仁は、そこで龍馬が売ったと思われる銃に撃たれた幕府軍の大量の死傷者を目撃する。

 龍馬と気持ちがすれ違ったまま、江戸に戻った仁。同じころ、恭太郎(小出恵介さん)は、上役(中原丈雄さん)から龍馬のことを探るよう命じられ、探りを入れるため、たびたび「仁友堂」を訪れていた。そんな中、仁は野風(中谷美紀さん)から、フランス人・ルロン(ジャン・ルイ・バージュさん)と正式に国際結婚できることが決まり、咲と共に婚礼に来てほしいという旨が記された手紙を受け取る。

 ◇野風が乳の岩の転移を抱えながら出産

 仁が野風に頼まれて診察すると、乳の岩の転移が見られた。また妊娠していることも分かる。仁は龍馬のことを気にかけながらも、「仁友堂」に入院してきた野風の体も心配していた。咲も野風のため、産婆のもとへと足を運び、少しでも出産の手助けができるようにと努力する。

 そんなある日、野風のおなかの子が逆子で、そのまま産むのは危険な状態だと分かる。仁は、「仁友堂」の面々と共に“整胎術”や“お灸”で逆子を戻そうと試みるが……。

 「JIN-仁- レジェンド」は4月18日から3週連続で土、日曜に6回にわたって放送中。第6回は5月3日午後2時から放送される。

「南方仁がおれば、坂本龍馬は死なん」 大沢たかお、内野聖陽らの名ぜりふで「完結編」を振り返る

ドラマ「JIN-仁-」のビジュアル(C)TBS
ドラマ「JIN-仁-」のビジュアル(C)TBS

 TBS系のドラマ枠「日曜劇場」で2009年10月期、2011年4月期に放送された「JIN-仁-」全22話を再編集したSF医療時代劇「JIN-仁- レジェンド」第4回が、4月26日午後2時からTBSで放送される。今回から「完結編」として放送されたパート2がスタート。大学病院の脳外科医だった南方仁(大沢さん)が幕末の江戸時代にタイムスリップ。病に苦しむ人々の命を救いつつ、暗殺の危機が迫る坂本龍馬(内野聖陽さん)との絆が描かれる。同作では「神は乗り越えられる試練しか与えない」「南方仁がおれば、坂本龍馬は死なん」といった名ぜりふが話題となったが、ここではパート2の名ぜりふやナレーションでストーリーを振り返る。さあ、「戻るぜよ、あん世界に!」。

 「JIN-仁-」は村上もとかさんのマンガが原作。幕末の江戸時代にタイムスリップした仁が、満足な医療器具や薬もない状態で人々の命を救う中、龍馬や勝海舟(小日向文世さん)ら幕末の英雄と知り合い、歴史の渦の中に巻き込まれていく……というストーリー。

 パート2では、明治維新を推し進めた幕末の重鎮・西郷隆盛(藤本隆宏さん)、14代将軍・徳川家茂の正室・皇女和宮(黒川智花さん)、新撰組局長・近藤勇(「THE BOOM」の宮沢和史さん)、勝海舟・吉田松陰らを教えた当代一の蘭学者・佐久間象山(市村正親さん)、オリジナルのキャラクターとして、長州藩出身の武士で龍馬の護衛となる東修介(佐藤隆太さん)といった新たな人物が登場。放送時は、江戸時代を再現した撮影セットや衣装、豪華キャストによる演技などが“本格派”と話題にもなったが、パート2からは衣装に洋風の雰囲気が加わっている。

 ◇佐久間象山や西郷隆盛を治療「歴史を大きく変えてしまうのではないか」

 「完結編」は、仁が幕末の江戸時代に迷い込んでから約2年後の世界が舞台。ある日、龍馬が、何者かに襲われて瀕死の状態となっている象山を助けてほしいと仁のもとへとやってきた。仁は、時代に影響を与えている重要な人物を助けることで「歴史を大きく変えてしまうのではないか」と悩みつつ、龍馬と共に象山のいる京都へと向かう。

 京都に留まり、長州と薩摩の戦いによってけがをした人々の治療に専念する仁だが、突然現れた新撰組によって、薩摩藩邸にいる西郷のもとへと連れ去られる。西郷は、今すぐ腹を切って手術をしなければ、命にかかわるような虫垂炎を患っていた。仁は「勝手に戦って町を焼け野原にしたあんたたちを助ける暇があれば、俺は焼けだされた子供を助けたい! でも、今ここで西郷さん、あなたを見殺しにすれば、俺はあなたたちと同じになる。命を差別する者になってしまう! だからどうか助けさせてください!」と土下座をして、目の前にいる西郷の命を救う。

 数日後、龍馬は仁に「死んでいったもんらに報いる方法は、一つしかないち思わんかえ? 『もっぺん、生まれてきたい』。そう思える国にすることじゃき」と語る。仁は心の中で「だけど龍馬さんもまた志半ばで死を迎える。運命を知っていれば、それを避けることができるかもしれない」と考え、「龍馬さんはこれからこの国を一つにするために走り回ります……」と言いかけると激しい頭痛に見舞われ、伝えることができなくなる……。

 そんな中、仁は、咲(綾瀬はるかさん)の母・栄(麻生祐未さん)が脚気(かっけ)を患っていると知り、甘いものが好物だという栄のため「道名津(ドーナツ)」を作って治療しようと試みる。数日後、仁が考案した、脚気に効くお菓子「道名津」にあんこをかけた「安道名津(あんドーナツ)」が評判となる。

 そんな折、脚気の疑いがある皇女和宮に、安道名津を献上してほしいと頼まれた仁は、咲を連れて、和宮のもとへと向かう。献上した安道名津を食べた和宮は、突然その場で倒れてしまう。仁と咲は安道名津にヒ素を塗った疑いを掛けられ、毒殺未遂の容疑で牢屋敷に入れられてしまう。龍馬らは、新門辰五郎(中村敦夫さん)に協力を仰ぎ、仁を助け出そうと幕府に働きかける。

 ◇龍馬に対して「戦だけが国をまとめる手段なんですか!」

 第4話では、薩摩藩預かりの身となった龍馬が、仲間と共に海運商社「亀山社中」を立ち上げる。さらに、龍馬は、同じく土佐の脱藩浪人で長州藩の預かりとなっている中岡慎太郎(市川亀治郎さん)と意気投合し、2人で長州と薩摩の和解を目指す。

 一方、仁は、龍馬に暗殺のことを伝えようと長崎に来ていた。仁は、ようやく龍馬と再会するが、龍馬はトーマス・グラバー(ウィル・ゲラックさん)から武器を手に入れ、幕府と戦争をする長州に武器を売って金儲けをするなど別人になっていた。そんな中、仁と龍馬は写真を撮影しに行くことに。仁が写真を撮る意図を聞くと、龍馬は「先生と撮った写真っちゅうがは、わしが明日斬られても残るがじゃろ? その方が、わしには大事なことに思える」と伝える。

 複雑な気持ちのまま龍馬と共に長州を訪れた仁は、龍馬が売ったと思われる銃に撃たれた幕府軍の大量の死傷者を目撃。戦の必要性を訴える龍馬に対して、仁は「戦だけが国をまとめる手段なんですか。そんな方法でまとめるしかないなら、政権をとったってうまくいくはずがない! うまくいかなくなったら、また戦を繰り返すだけなんです。暴力は……、暴力を生むだけなんです!」と声を荒らげるも、龍馬には届かない……。

 ◇野風「あちきの中には子がおりんす」

 第7話では、「仁友堂」で働いていた野風(中谷美紀さん)がフランス人のルロン(ジャン・ルイ・バージュさん)と結婚することが決まり、仁は咲と一緒に婚礼に来てほしいと言われ、横浜へと向かう。野風の結婚を祝う仁だったが、「胸のしこりが気になる」と言う野風に、がんが転移したことを伝える。すると野風は「子にはがんの毒が回りんすか。あちきの中には、子がおりんす」と告げる。仁と咲は野風の出産を支えることに。

 やがて、野風が出産直後に心肺停止となってしまい、仁は野風に「子供を抱くんじゃなかったんですか? 絶対に死なないって、そう言ったじゃないですか! 神は、神は乗り越えられる試練しか与えないんじゃないのかーっ!」と叫びながら、心臓マッサージを行った。

 ◇暗殺の日が近づき「必ず自らの手で龍馬を助ける」と決心

 数日後、「この国を生まれ変わらせよう」とした龍馬の悲願である、天皇に政権を戻す大政奉還が成立。しかし、着々と龍馬暗殺の日が近づいていた。「必ず自らの手で龍馬を助ける」と決心した仁は、咲、佐分利祐輔(桐谷健太さん)と共に龍馬のいる京都へ向け出発。京都で仁は龍馬と再会を果たす。

 寺田屋で食事をすることになった仁と龍馬たち。龍馬が「わざわざ京くんだりまで、わしを守りに来てくれたのか」と言うと、仁は「だって約束したじゃないですか」と返答。感動した龍馬は、仁がコロリ(コレラ)と闘ったことなどを振り返りながら「先生はわしにとって、夜の海に光る道しるべじゃ。わしゃ、ただそこを目指して進んじょっただけのような気がするぜよ」と熱い思いを語る。

 その直後、幕府の上役(中原丈雄さん)の命で動いていた咲の兄・恭太郎(小出恵介さん)が、龍馬たちを襲撃。第10話では、歴史通りに斬られてしまった龍馬は「南方仁がおれば、坂本龍馬は死なん……」と命を託す。仁は咲、佐分利と共に龍馬を助けるため大手術に臨む……。

 「JIN-仁- レジェンド」は4月18日から3週連続で土、日曜の各日午後2時に6回にわたって放送。第4回では、パート2の第1話「時空を超えた愛と命の物語~完結編始動!! 歴史の針が今、再び動き出す…人は人でしか救えない」、第2話「未来との選択」、第3話「さらば愛しき人」が放送される。

「JIN-仁- レジェンド」第4回 4月26日放送 完結編スタート “仁”大沢たかおの新たな戦いが幕開け 佐久間象山らが登場

ドラマ「JIN-仁-」のビジュアル(C)TBS
ドラマ「JIN-仁-」のビジュアル(C)TBS

 TBS系のドラマ枠「日曜劇場」で2009年10月期、2011年4月期に放送された「JIN-仁-」全22話を再編集したSF医療時代劇「JIN-仁- レジェンド」第4回が、4月26日午後2時からTBSで放送される。第4回は、「完結編」として放送されたパート2の第1話「時空を超えた愛と命の物語~完結編始動!! 歴史の針が今、再び動き出す…人は人でしか救えない」、第2話「未来との選択」、第3話「さらば愛しき人」を放送する。

 「JIN-仁-」は村上もとかさんのマンガが原作。東都大学附属病院の脳外科医だった仁が、幕末の江戸時代にタイムスリップしてしまい、満足な医療器具や薬もない状態で人々の命を救う中、坂本龍馬(内野聖陽さん)や勝海舟(小日向文世さん)ら幕末の英雄と知り合い、歴史の渦の中に巻き込まれていく……というストーリー。

 パート2では、明治維新を推し進めた幕末の重鎮・西郷隆盛(藤本隆宏さん)、14代将軍・徳川家茂の正室・皇女和宮(黒川智花さん)、新撰組局長・近藤勇(「THE BOOM」の宮沢和史さん)、勝海舟・吉田松陰らを教えた当代一の蘭学者・佐久間象山(市村正親さん)、オリジナルのキャラクターとして、長州藩出身の武士で龍馬の護衛となる東修介(佐藤隆太さん)といった新たな人物が登場する。

 仁が幕末の江戸時代に迷い込んでから約2年。仁は、咲(綾瀬はるかさん)と恭太郎(小出恵介さん)の母・栄(麻生祐未さん)が脚気(かっけ)を患っていると聞かされる。栄を助けたい仁は、甘いものが好物だという栄のため、「道名津(ドーナツ)」を作って治療しようと試みる。

 そんな中、仁は、龍馬から、何者かに襲われ瀕死の状態だという海舟の師、佐久間象山を助けてほしいと頼まれる。「歴史を大きく変えてしまうのではないか」と悩みつつ、仁は龍馬と共に京都に向かう。

 数日後、仁が考案した、脚気に効くお菓子「道名津」にあんこをかけた「安道名津(あんドーナツ)」が江戸で評判となる。そんな折、仁は長屋を追い出され、職を探す野風(中谷美紀さん)と再会。仁は野風に「仁友堂」で働くよう勧める。

 ある日、仁は西洋医学所の松本良順(奥田達士さん)から、脚気の疑いがある皇女和宮に、安道名津を献上してほしいと頼まれる。仁は咲を連れて、和宮のもとへと向かう。献上した安道名津を食べた和宮は、突然その場で倒れてしまう。仁と咲は安道名津にヒ素を塗った疑いを掛けられ、毒殺未遂の容疑で牢屋敷に入れられてしまう……というストーリー。

 「JIN-仁- レジェンド」は4月18日から3週連続で土、日曜に6回にわたって放送中。第5回は5月2日午後2時から放送される。

<SNS反響>“仁”大沢たかおへの思い… “咲”綾瀬はるかに「けなげすぎて泣ける」

ドラマ「JIN-仁-」に出演した綾瀬はるかさん
ドラマ「JIN-仁-」に出演した綾瀬はるかさん

 TBS系のドラマ枠「日曜劇場」で2009年10月期、2011年4月期に放送されたSF医療時代劇「JIN-仁-」全22話を再編集した「JIN-仁- レジェンド」第3回が、4月25日午後2時からTBSで放送された。南方仁(大沢たかおさん)に思いを寄せる橘咲(綾瀬はるかさん)の姿に、SNSでは「けなげすぎて泣けてくる」「咲さんのせつない思い」「こんな子がそばに居てくれたらうれしい」といった声が上がった。

 「JIN-仁-」は、村上もとかさんのマンガが原作。東都大学附属病院の脳外科医だった仁が、幕末の江戸時代にタイムスリップしてしまい、満足な医療器具や薬もない状態で人々の命を救う中、坂本龍馬(内野聖陽さん)や勝海舟(小日向文世さん)ら幕末の英雄と知り合い、歴史の渦の中に巻き込まれていく……という展開。

 第3回はパート1第9話「残酷な神の裁定」、第10話「坂本龍馬、暗殺…」、最終話「タイムスリップの果て…時空を超えた物語が今!!」が放送された。

 仁には現代に婚約者の未来(中谷美紀さん)がいることを知っている咲は、仁に引かれながらも「私の出る幕など、いつまで待ってもございませぬ」と気持ちを押し殺していた。そんな中、咲に縁談の話が。思い悩んだ末、縁談を受けることにした咲は仁の助手から身を引く。そして、咲の結納と同じ日に、仁が野風(中谷さん)の胸にあるしこりを除去する手術をすることになる。両家顔合わせの直前で咲は、野風の手術をする仁のことが気になり、結納の場を飛び出して、仁たちのもとへと向かう……という展開だった。

 身請け話を受けた野風も、仁への思いを募らせていた。野風と咲、2人の思いに気づかない仁に、視聴者からは「名医なのに女心はサッパリ」「女心が分からない南方先生が可愛いんだよな」といった声も上がっていた。

 「JIN-仁- レジェンド」は4月18日から3週連続で土、日曜に6回にわたって放送。パート2の第1~3話を再編集した第4回は4月26日午後2時から放送される。

「JIN-仁- レジェンド」第3回 4月25日放送 “仁”大沢たかおが“野風”中谷美紀の“乳の岩”に気づく “龍馬”内野聖陽は…

ドラマ「JIN-仁-」のビジュアル(C)TBS
ドラマ「JIN-仁-」のビジュアル(C)TBS

 TBS系のドラマ枠「日曜劇場」で2009年10月期、2011年4月期に放送された「JIN-仁-」全22話を再編集したSF医療時代劇「JIN-仁- レジェンド」の第3回が、4月25日午後2時からTBSで放送される。第3回はパート1第9話「残酷な神の裁定」、第10話「坂本龍馬、暗殺…」、最終話「タイムスリップの果て…時空を超えた物語が今!!」を放送する。

 野風(中谷美紀さん)に身請け話がきた。女郎という身分のため、身請け話を断ることができない野風だったが、仁(大沢さん)への思いを募らせていく。一方、仁は、佐分利(桐谷健太さん)らが作った新たな医療器具に感心していた。火消し「を組」の親分・新門辰五郎(中村敦夫さん)は、その医療器具を見て鼻で笑い、仁の医術を真っ向から否定する。

 辰五郎の素性を知らない仁は、辰五郎にひるむことなく意見し、次に火事があったとき、火事場で治療することを約束してしまう。ある日、野風からの手紙を受け取った仁は、一緒にいた龍馬(内野聖陽さん)と共に吉原へ。咲(綾瀬はるかさん)は、野風のもとへと向かう仁に切なさを募らせていた。

 数日後、野風の身請け話が決まった。野風の強い希望で最後の診察をすることになった仁は、咲と共に吉原へと向かう。仁は診察中に野風の体にある異変(乳の岩)を感じるが、その事実を伝えることができなかった。一方、仁を思う気持ちが日に日に強くなっていく咲は、自分に縁談の話が来ている事実を仁に打ち明けられずにいた。

 そんな矢先、刺客に襲われた龍馬を助けようとした仁は、そのまま龍馬と共に崖から落ちてしまう。仁が目を覚ました時、龍馬の姿はどこにもなかった。タイムスリップしてしまった時の記憶が鮮明によみがえる仁。あの日、運ばれてきた身元不明の患者は、龍馬だったのか……。

 「JIN-仁-」は村上もとかさんのマンガが原作。東都大学附属病院の脳外科医だった仁が、幕末の江戸時代にタイムスリップしてしまい、満足な医療器具や薬もない状態で人々の命を救う中、龍馬ら幕末の英雄と知り合い、歴史の渦の中に巻き込まれていく……というストーリー。

 「JIN-仁- レジェンド」は4月18日から3週連続で土、日曜に6回にわたって放送中。第4回は4月26日午後2時から放送される。

<SNS反響>“野風”中谷美紀の「ありんす」ブーム再来? 「毎話、号泣」の声も 「JIN-仁- レジェンド」第2回放送

ドラマ「JIN-仁-」に出演した中谷美紀さん
ドラマ「JIN-仁-」に出演した中谷美紀さん

 TBS系のドラマ枠「日曜劇場」で2009年10月期、2011年4月期に放送されたSF医療時代劇「JIN-仁-」全22話を再編集した「JIN-仁- レジェンド」第2回が、4月19日午後2時から同局で放送され、中谷美紀さん演じるおいらん、野風の言葉「ありんす」にちなみ、SNSには「ありんす、ブーム再来!」「ありんすにハマっているでありんす」「ありんすって言いたい病」「やっぱりJIN面白いでありんす」「毎話、号泣でありんす」「涙が枯れるでありんす」といった声が多数上がって、盛り上がりを見せた。

 「JIN-仁-」は、村上もとかさんのマンガが原作。東都大学附属病院の脳外科医だった南方仁(大沢たかおさん)が、幕末の江戸時代にタイムスリップしてしまい、満足な医療器具や薬もない状態で人々の命を救う中、坂本龍馬(内野聖陽さん)や勝海舟(小日向文世さん)ら幕末の英雄と知り合い、歴史の渦の中に巻き込まれていく……という展開。綾瀬はるかさん、桐谷健太さん、武田鉄矢さんら豪華キャストが出演した。

 第2回はパート1の第4話「運命と悲劇の再会」、第5話「神に背く薬の誕生」、第6話「生きてこそ…」、第7話「生きる遺言…」、第8話「歴史の針が変わる」が放送された。

 西洋医学所で医師や医学生に熱心に医術を教えることになった仁は、龍馬に連れられ、吉原へ行く。帰ろうとする仁に、龍馬は「どうしても会ってほしい人がいる」といい、鈴屋の最上級のおいらん、野風と出会う。仁は、現代での婚約者・未来(みき)の生き写しの野風を見てぼうぜんとなる。その後、仁は野風に連れられ、梅毒で苦しむ夕霧(高岡早紀さん)を診(み)るが、夕霧は手の施しようがない状態だった。仁はこの時代にはなかった梅毒の特効薬ペニシリンの精製を試みるが……という展開だった。

 「JIN-仁- レジェンド」は4月18日から3週連続で土、日曜に6回にわたって放送。第3回は4月25日午後2時から放送される。

「レジェンド」第2回 4月19日に放送 “仁”大沢たかおと“野風”中谷美紀の出会い

ドラマ「JIN-仁-」のビジュアル(C)TBS
ドラマ「JIN-仁-」のビジュアル(C)TBS

 TBS系のドラマ枠「日曜劇場」で2009年10月期、2011年4月期に放送された「JIN-仁-」全22話を再編集したSF医療時代劇「JIN-仁- レジェンド」第2回が、4月19日午後2時からTBSで放送される。第2回はパート1の第4話「運命と悲劇の再会」、第5話「神に背く薬の誕生」、第6話「生きてこそ…」、第7話「生きる遺言…」、第8話「歴史の針が変わる」を放送する。

 仁(大沢たかおさん)は西洋医学所で講義をするようになり、医師や医学生に熱心に医術を教えていた。一方、龍馬(内野聖陽さん)は勝(小日向文世さん)の一門に入門することに。ある日、龍馬は行き先も告げずに、仁を吉原へと連れ出す。帰ろうとする仁に、龍馬は「どうしても会ってほしい人がいる」といい、鈴屋の最上級のおいらん、野風(中谷美紀さん)と出会う。仁は、現代での婚約者・未来(みき)の生き写しの野風を見てぼうぜんとなる。しかし、野風は2人にまったく興味を示すことなくその場を立ち去るが……。

 その後、仁は野風に連れられ、梅毒で苦しむ夕霧(高岡早紀さん)を診(み)るが、夕霧は手の施しようがない状態だった。仁はこの時代にはなかった梅毒の特効薬ペニシリンの精製を試る……という展開。

 「JIN-仁-」は村上もとかさんのマンガが原作。東都大学附属病院の脳外科医だった仁が、幕末の江戸時代にタイムスリップしてしまい、満足な医療器具や薬もない状態で人々の命を救う中、龍馬や勝ら幕末の英雄と知り合い、歴史の渦の中に巻き込まれていく……というストーリー。綾瀬はるかさん、桐谷健太さん、武田鉄矢さんら豪華キャストが出演している。

 「JIN-仁- レジェンド」は4月18日から3週連続で土、日曜に6回にわたって放送中。第3回は4月25日午後2時から放送される。

<SNS反響>「レジェンド」放送開始と同時に視聴者歓喜 「戻るぜよ、あん世界に!」「待っていたでありんす!」

ドラマ「JIN-仁-」のビジュアル(C)TBS
ドラマ「JIN-仁-」のビジュアル(C)TBS

 TBS系のドラマ枠「日曜劇場」で2009年10月期、2011年4月期に放送された「JIN-仁-」全22話を再編集したSF医療時代劇「JIN-仁- レジェンド」の初回が、4月18日午後2時からTBSで放送された。放送開始と同時にSNSでは「戻るぜよ、あん世界に!」「待っていたでありんす!」「再放送、超うれしい!」といった声が上がり、盛り上がった。放送終了の午後5時には、ツイッターで「#JIN」が日本のトレンド1位に入った。

 「JIN-仁-」は、村上もとかさんのマンガが原作。東都大学附属病院の脳外科医だった南方仁(大沢たかおさん)が、幕末の江戸時代にタイムスリップしてしまい、満足な医療器具や薬もない状態で人々の命を救う中、坂本龍馬(内野聖陽さん)や勝海舟(小日向文世さん)ら幕末の英雄と知り合い、歴史の渦の中に巻き込まれていく……という展開。綾瀬はるかさん、桐谷健太さん、武田鉄矢さん、中谷美紀さんら豪華キャストが出演している。

 「JIN-仁- レジェンド」第1回では、パート1の1話「時空を超えた愛と命の感動物語~現代の脳外科医が激動の幕末へ…歴史の針が今、動き出す!!」、2話「命を救う事の悲劇」、3話「未来との決別…」を放送した。

 南方仁(大沢さん)には自身の手術によって植物状態になってしまった婚約者の友永未来(中谷さん)がいた。ある日、当直だった仁は、救急で運ばれてきた身元不明の男を手術する。手術は無事に終わったが、その患者が直後に病院から逃げ出そうとする。患者を捕まえようとした仁は階段から落ちて気絶してしまう。その後、目を覚ました仁は、江戸時代にタイムスリップしていた。仁は江戸ではやっていた病「コロリ」(コレラ)を目の当たりにし、咲(綾瀬さん)と共に人々を救うため奔走する……というストーリー。

 龍馬が登場するとSNSでは「内野龍馬が来たぜよ!」、中谷さんが演じる野風の登場シーンでは「きれいでありんす!」と登場キャラクターのせりふにちなんだツイートがあふれた。また「不朽の名作!」「何度見ても、刺さるー」といった感想も書き込まれていた。

 「JIN-仁- レジェンド」は4月18日から3週連続で土、日曜に6回にわたって放送。第2回は4月19日午後2時から放送される。

「JIN-仁- レジェンド」4月18日からスタート 大沢たかお主演のSF医療時代劇 綾瀬はるか、中谷美紀、内野聖陽ら豪華キャスト

ドラマ「JIN-仁-」のビジュアル(C)TBS
ドラマ「JIN-仁-」のビジュアル(C)TBS

 TBS系のドラマ枠「日曜劇場」で2009年10月期、2011年4月期に放送された「JIN-仁-」全22話を再編集したSF医療時代劇「JIN-仁- レジェンド」が、4月18日午後2時にスタートする。

 「JIN-仁-」は、東都大学附属病院の脳外科医だった南方仁(大沢たかおさん)が、幕末の江戸時代にタイムスリップしてしまい、満足な医療器具や薬もない状態で人々の命を救う中、坂本龍馬(内野聖陽さん)や勝海舟(小日向文世さん)ら幕末の英雄と知り合い、歴史の渦の中に巻き込まれていく……という展開。綾瀬はるかさん、桐谷健太さん、武田鉄矢さん、中谷美紀さんら豪華キャストが出演している。

 村上もとかさんのマンガが原作。脳外科医役の大沢さんは、劇中に登場する手術シーンに対して、事前に綿密な取材をし、吹き替えなしで臨んだという。そんな並々ならぬ主演の意欲で医療シーンにリアリティーを持たせ、また撮影セットや衣装など、高いクオリティーで江戸時代を再現。本格派のキャストや舞台装置がそろい、見応えのある重厚なドラマに仕上がっていた。放送時には仁の「神は乗り越えられる試練しか与えない」といった名ぜりふも話題となった。

 その結果、パート1の最終回の平均視聴率は25.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)、瞬間最高視聴率29.8%を記録。パート2の最終回の平均視聴率は26.1%、最高視聴率は31.7%を記録。日本民間放送連盟賞テレビドラマ部門最優秀賞など国内外の賞を43冠獲得する破格の大ヒットとなった。

 「JIN-仁- レジェンド」第1回では、パート1の1話「時空を超えた愛と命の感動物語~現代の脳外科医が激動の幕末へ…歴史の針が今、動き出す!!」、2話「命を救う事の悲劇」、3話「未来との決別…」を放送。

 南方仁(大沢さん)には自身の手術によって植物状態になってしまった婚約者の友永未来(中谷さん)がいた。ある日、当直だった仁は、救急で運ばれてきた身元不明の男を手術する。手術は無事に終わったが、その患者が直後に病院から逃げ出そうとする。患者を捕まえようとした仁は階段から落ちて気絶してしまう。

 仁が目を覚ますと林の中にいた。歩き回っていると、まげ姿の男たちが斬り合いをしている現場に巻き込まれる。橘恭太郎(小出恵介さん)に助けられ、その場を逃れるが、仁をかばい、恭太郎は傷を負っていた。仁は恭太郎の自宅で、手術道具がままならない状況の中で緊急手術を行い、恭太郎の命を救う。恭太郎の妹、咲(綾瀬さん)はそんな仁に興味を抱く。仁は江戸時代にタイムスリップしたことを確信し、現代に戻ろうとするが、そんな仁の前に坂本龍馬(内野さん)が現れ……というストーリー。

 「JIN-仁- レジェンド」は4月18日から3週連続で土、日曜に6回にわたって放送。第2回は4月19日午後2時から放送される。

<特集>「神は乗り越えられる試練しか与えない」 大沢たかお主演大ヒットドラマを名ぜりふで振り返る

ドラマ「JIN-仁-」で主演を務めた大沢たかおさん
ドラマ「JIN-仁-」で主演を務めた大沢たかおさん

 俳優の大沢たかおさんが主演し、TBS系のドラマ枠「日曜劇場」で2009年10月期、2011年4月期に放送された「JIN-仁-」全22話を再編集した「JIN-仁- レジェンド」が4月18日からスタートする。大学病院の脳外科医だった南方仁(大沢さん)が江戸時代にタイムスリップし、満足な医療器具や薬もない状態で人々の命を救うため奮闘する姿を描いた大ヒット作。放送時には、江戸時代を再現した撮影セットや衣装、豪華キャストによる演技など“本格派”と話題になった。「神は乗り越えられる試練しか与えない」といった名ぜりふも多い今作。ここではパート1を彩った名ぜりふやナレーションでストーリーを振り返る。

 ドラマは、村上もとかさんのマンガが原作。パート1では、幕末の江戸時代にタイムスリップした仁が、坂本龍馬(内野聖陽さん)や勝海舟(小日向文世さん)ら幕末の英雄と知り合い、「コロリ」(コレラ菌)との戦い、梅毒の治療に使うペニシリンの開発などに奔走した。綾瀬はるかさんが橘咲、小出恵介さんが橘恭太郎、桐谷健太さんが佐分利祐輔、武田鉄矢さんが緒方洪庵を演じ、中谷美紀さんは野風と友永未来(みき)の二役を演じた。

 江戸時代にタイムスリップし、傷を負った恭太郎の命を救った仁は、「俺はこのとき、ある可能性に気づいた。本当だったら死んでいたはずの人の命を救う。もしかしてこれは、歴史を変えるという、神をも恐れぬ行為なのではないだろうか」と葛藤するところから始まる。

 しかし、恭太郎の妹の咲が、コロリを患った少年の前で臆する仁に「医者が人を助けてはならぬ道理とはどのようなものでございますか! 罪もない子供を見殺しにせねばならぬ道理とはいかなるものにございますか!」と奮い立たせたことで、仁はコロリで苦しむ人たちのために立ち上がる。一方で、祈ることしかできなかった咲だが、仁の力となり人々を救うために発した「私の戦なのでございます!」とせりふに胸を打たれた視聴者も多かったはずだ。

 第4話で、仁は自身の手術によって植物状態になってしまった現代の婚約者・未来とうり二つのおいらん・野風と出会う。そこで「未来、信じてもらえないだろうが、俺はそのとき、とんでもないものを見たんだ。吉原で出会ったんだよ。もう一人の君と……」と、この後の仁と野風との関係性を現代に向けてつぶやく。

 その後、吉原で蔓延(まんえん)する梅毒の特効薬となるペニシリンを江戸時代で開発した際に、喜びにあふれる仁だったが、心の中では「歴史上、まだこの世に存在するはずのないこのペニシリンを、それを作り出してしまった。俺のこの手で……。でも、これは本当に許される行為だったのか」と戸惑いも見せる。

 戸惑いつつもペニシリンで江戸の人々の命を救ってきた仁は「仁友堂」という病院を開き、ペニシリンの精製に着手する。江戸の町で火事が起こったときも咲と共に人々の救助にあたる。そんな中、野風に身請け話が浮上。仁は野風が乳がんにかかっていることに気づく。

 一方、龍馬と親交を深めてきた仁は暗殺の日が迫っていることに気づくも、それを告げることで歴史を変えてしまうことへの迷いもあった。だが、龍馬は刺客に狙われていることに気づくも「けんど、先生がおるんじゃろ。わしゃ、斬られても助かるのじゃろ。南方仁がおれば、坂本龍馬は死なん! ほうじゃろ」と町中に聴こえるような大声で語り、仁に対して医者としての全幅の信頼を寄せる。仁も「助けますよ、俺が、この手で」と熱く応える。

 第9話では、仁に思いを寄せるもかなわないことを知っている野風は「こうすれば(野風の)顔見れん」とそっと抱き寄せる龍馬に身を預け、「雪になりとうありんす。雪になれば、いつなんどきでも先生の肩に落ちてゆけるでありんしょう」と切ない思いを口にする。

 そして乳がんを手術することになった野風は、仁に「この命、お預けしんす」と託し、手術は成功。最終回第11話のラストシーンでは新たな一歩を踏み出す野風が「これからは、己の足で、行きたいところに行くでありんす。そこで誰かと出会い、誰かを慕い慕われ、誰よりも、幸せになるでありんす。南方先生の手で、生まれ変わらせていただいたのでありんすから」と力強く語り、去っていく後ろ姿に感涙した視聴者も多かっただろう。

 「JIN-仁- レジェンド」は4月18日から3週連続で土、日曜の各日午後2時に6回にわたって放送。第1回では、パート1の1話「時空を超えた愛と命の感動物語~現代の脳外科医が激動の幕末へ…歴史の針が今、動き出す!!」、2話「命を救う事の悲劇」、3話「未来との決別…」が放送される。第2回は4月19日午後2時から放送される。

「JIN-仁-」再編集特別編「JIN-仁- レジェンド」3週連続放送 大沢たかお「神は乗り越えられる試練しか与えない」

「JIN-仁-」のビジュアル=TBS提供
「JIN-仁-」のビジュアル=TBS提供

 TBS系のドラマ枠「日曜劇場」で2009年10月期、2011年4月期に放送された「JIN-仁-」を再編集した「JIN-仁- レジェンド」が、同局で4月18日から3週連続で土、日曜に放送されることが分かった。

 主人公・南方仁を演じた大沢たかおさんは「南方仁は、幕末の江戸にタイムスリップしてしまう医師です。彼はその現実を受け入れ、医療従事者として次々に襲う困難に懸命に立ち向かっていきます。同じ時代に生きる仲間たちと支え合い、皆で試練を乗り越えていく姿をぜひご覧ください。神は乗り越えられる試練しか与えない。ドラマ『JIN -仁-』に関わったスタッフ、キャストを代表して」とコメントを寄せている。

 「JIN」は、村上もとかさんのマンガが原作。大学病院の脳外科医だった南方仁(大沢たかおさん)が、幕末の江戸時代にタイムスリップしてしまい、満足な医療器具や薬もない状態で人々の命を救う中、坂本龍馬(内野聖陽さん)や勝海舟(小日向文世さん)ら幕末の英雄と知り合い、歴史の渦の中に巻き込まれていく……というストーリー。綾瀬はるかさんや小出恵介さん、桐谷健太さん、武田鉄矢さん、中谷美紀さんらも出演した。

 2009年の10月期の放送では、第5話で同クールの連続ドラマ初の平均視聴率20%超え(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)を果たし、最終回は平均視聴率25.3%を記録。2009年度連続ドラマの最高視聴率となった。2011年4月期には完結編を放送。最終回の平均視聴率は26.1%を記録し、民放ドラマの視聴率では、前作の最終回以来となる25%超えとなった。東京国際ドラマアウォード、ギャラクシー賞、橋田賞、カンヌMIPCOM・バイヤーズ・アワード、ソウルドラマアワーズなどに選ばれるなど国内外で高い評価を得た。

 「JIN-仁- レジェンド」は2009年10月期、2011年4月期の全22話を再編集する。4月18、19、25、26日、5月2、3日午後2時に放送。

TBS提供
TBS提供