親バカ青春白書 視聴率

初回視聴率10.3%で2桁発進 ムロツヨシGP帯連ドラ初主演作 新垣結衣も浴衣姿で登場

ムロツヨシさん
ムロツヨシさん

 俳優のムロツヨシさん主演の連続ドラマ「親バカ青春白書」(日本テレビ系、日曜午後10時半)の第1話が8月2日に放送され、平均視聴率(世帯)は10.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録し、2桁スタートとなった。

 第1話は、さくらが共学大学に通うことを心配するあまり、同じ学部に入学したガタロー。人生2度目の大学生気分を満喫するガタローは、さくらと共にサークル選びへ。サークル選びを楽しむガタローに、さくらは自分の家は異常なのかも、と感じ始める。そんな中、テニスサークルのインカレパーティーのチラシを渡されたさくらは、父親に内緒で参加するよう誘われる……という展開だった。

 また、ガタローの妻でさくらの母である幸子役の新垣結衣さんも浴衣姿でワンシーンのみの登場。SNSでは「ガッキーの使い方がぜいたくすぎる」「浴衣姿のガッキー可愛過ぎてヤバイ」などの声が視聴者から上がった。

最終回視聴率は9.5% ムロツヨシめぐり永野芽郁&小野花梨がバトル

ムロツヨシさん
ムロツヨシさん

 俳優のムロツヨシさん主演の連続ドラマ「親バカ青春白書」(日本テレビ系、日曜午後10時半)最終回が9月13日に放送され、平均視聴率(世帯)は9.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。

 最終回は、ガタロー(ムロさん)をめぐってさくら(永野芽郁さん)と同級生・美咲(小野花梨さん)のバトルが勃発。そんな中、さくらの異変にいち早く気付いたガタローの母・多恵(高畑淳子さん)が香川から上京してくる。さくらは多恵から、亡母・幸子の衝撃的な過去を聞き……という展開だった。