親バカ青春白書 あらすじ

親バカ青春白書あらすじ

 ドラマ「親バカ青春白書」は、2018年10月期に日本テレビ系で放送された、西森博之さんの人気ヤンキーマンガを実写化した連続ドラマ「今日から俺は!!」チームの最新作。俳優のムロツヨシさんが主演を務める。ムロさんは、ゴールデン・プライム帯(GP帯、午後7~11時)の連続ドラマで初主演を果たす。ムロさん演じる父親の娘役を、女優の永野芽郁さんが演じる。永野さんのドラマ出演は、昨年1月期に同枠で放送された「3年A組-今から皆さんは、人質です-」以来、約1年半ぶりとなる。

 ドラマは、ムロさんも出演したドラマ「勇者ヨシヒコ」シリーズなどの福田雄一さんが脚本統括、演出を担当する。同級生となった父と娘が、大学生活で絆を深める家族愛を描くオリジナル作品。

 ムロさんが演じるのは、娘が大好きすぎて、娘と同じ大学に入学してしまった親バカなシングルファザー、小比賀太郎(おびか・たろう)。職業は小説家。通称“ガタロー”は、妻を病気で亡くし、現在は父娘2人で仲良く暮らしている。永野さんは、大事な大事な箱入り娘、小比賀さくらを演じる。

 女子高育ちで、初の共学となる大学に通う娘を心配しすぎるあまりに、父親が娘と同じ大学、同じ学部に入学。40歳の父親が、ゼミ、サークル、飲み会、合コン、文化祭、バイトなどに大学の行事に首を突っ込み、青春生活を満喫する……という物語。

ドラマ「親バカ青春白書」のあらすじ