THE HEAD あらすじ

THE HEADあらすじ

 ドラマ「THE HEAD」は、ヨーロッパ有数の製作会社「THE MEDIAPRO STUDIO」主導の大型国際ドラマ。俳優の山下智久さんがメインキャストの1人として出演する。本作は世界規模での公開が決定しており、国内では2020年春に、インターネット動画配信「Hulu(フールー)」のオリジナル連続ドラマとして配信。ヨーロッパの主要放送局や、中南米、HBO Asiaが網羅する23の国と地域での放送なども予定されている。

 ドラマは、エミー賞も受賞した世界的ヒットドラマ「HOMELAND/ホームランド」のラン・テレムさんが製作総指揮を務める、南極の科学研究基地を舞台にした“極限サバイバルミステリー”。他国の俳優では、スペインのアルバロ・モルテさん、イギリスのキャサリン・オドネリーさん、米国のアメリア・ホイさんらが出演する。山下さんは、物語において極めて重要な役どころである研究員を演じる。

 南極の科学研究基地を舞台に、極限状態に置かれた人間たちの壮絶な心理合戦が描かれる。研究員たちは越冬隊の10人を残し、基地を去ることになったが、半年にわたる冬のさなかに突如、基地との交信が断絶。6カ月後に基地に行くと、ほとんどの研究員が死亡、1人は行方不明、生存者は2人になっていた……という展開。

ドラマ「THE HEAD」のあらすじ