ネット興亡記 あらすじ

ネット興亡記あらすじ

 ドラマ「ネット興亡記」は、日本経済新聞電子版で人気の連載企画を、動画配信サービス「Paravi(パラビ)」でドラマ化。お笑いコンビ「オリエンタルラジオ」(オリラジ)の藤森慎吾さんが主演を務める。ドラマは4月29日から毎週水曜に配信。全5話。

 「ネット興亡記」は、1990年代に日本の本格的なインターネットの普及と共に次々と現れたIT起業家たちの挑戦や苦悩に迫るビジネスノンフィクション。2018年7月に一度連載を終了したが、その後も話題になり、外伝、完結編を含めると全52回の長期連載となった。

ドラマ「ネット興亡記」のあらすじ

<ドラマ紹介>「ネット興亡記」 オリラジ藤森がIT界のレジェンドに迫る 初回はサイバーエージェントに訪れた危機描く

連続ドラマ「ネット興亡記」のビジュアル(C)「ネット興亡記」製作委員会
連続ドラマ「ネット興亡記」のビジュアル(C)「ネット興亡記」製作委員会

 IT起業家たちの挑戦や苦悩に迫るビジネスノンフィクションを、お笑いコンビ「オリエンタルラジオ」の藤森慎吾さん主演でドラマ化した「ネット興亡記」が4月29日、動画配信サービス「Paravi(パラビ)」で配信スタート。初回では、「ABEMA」関連事業やインターネット広告事業を手がける「サイバーエージェント」に焦点を当てる。

 「ネット興亡記」は、1990年代に日本の本格的なインターネットの普及と共に次々と現れたIT起業家たちの挑戦や苦悩に迫るビジネスノンフィクション。2018年7月に一度連載を終了したが、その後も話題になり、外伝、完結編を含めると全52回の長期連載となった。今回は、連載から厳選した回を連続ドラマ化。藤森さんは、連載企画の担当記者・杉山を演じる。4月29日から毎週水曜に配信。全5話。

 初回「ネットバブルの攻防」は、サイバーエージェントの創業者である藤田晋社長と、同社と創業当初から深く関わりのある「USEN-NEXT HOLDINGS」の宇野康秀社長がインタビュー出演し、創業から事業拡大、会社の転換期などを振り返る。

 1998年に創業したサイバーエージェントは、「オン・ザ・エッヂ」(ライブドア)との協業によって急速に事業拡大。2000年、藤田社長は26歳という当時の史上最年少で東証マザーズに上場するも、その後ネットバブルが崩壊し、株価が低迷。同時期に発生した、「村上ファンド」による買収劇の裏側などが明かされる。

(C)「ネット興亡記」製作委員会
(C)「ネット興亡記」製作委員会
(C)「ネット興亡記」製作委員会
(C)「ネット興亡記」製作委員会
(C)「ネット興亡記」製作委員会
(C)「ネット興亡記」製作委員会
(C)「ネット興亡記」製作委員会
(C)「ネット興亡記」製作委員会

第2話のあらすじ 日本初のインターネット接続事業社「IIJ」に迫る 認可が得られなかった過去など明かされる

インタビューに答えるIIJの鈴木幸一会長(C)「ネット興亡記」製作委員会
インタビューに答えるIIJの鈴木幸一会長(C)「ネット興亡記」製作委員会

 IT起業家たちの挑戦や苦悩に迫るビジネスノンフィクションを、お笑いコンビ「オリエンタルラジオ」の藤森慎吾さん主演でドラマ化した「ネット興亡記」の第2話が5月6日、動画配信サービス「Paravi(パラビ)」で配信された。同話では、1992年に創業され、日本初のインターネット接続事業を展開した「IIJ」に焦点を当てる。

 第2話にはIIJの鈴木幸一会長がインタビュー出演。「通信=電話」が常識だった時代に、規制のため国から通信事業社の認可が得られなかった過去や、大手企業から10億円の出資を約束されていたにもかかわらず反故(ほご)にされ、厳しい船出となったことなど、創業当時の裏話などが明かされる。 

第3話のあらすじ 月間1500万人利用「メルカリ」に迫る 自称凡人の山田進太郎社長、急速成長の理由を語る

インタビューに答える山田進太郎社長(C)「ネット興亡記」製作委員会
インタビューに答える山田進太郎社長(C)「ネット興亡記」製作委員会

 IT起業家たちの挑戦や苦悩に迫るビジネスノンフィクションを、お笑いコンビ「オリエンタルラジオ」の藤森慎吾さん主演でドラマ化した「ネット興亡記」の第3話が5月13日、動画配信サービス「Paravi(パラビ)」で配信された。フリマアプリを運営する「メルカリ」に迫る。

 山田進太郎社長がインタビュー出演。月間利用者が1500万人を超え、日本を代表するアプリに成長した「メルカリ」だが、山田社長は自身を凡人だと語る。凡人がいかにして社を急速成長させることができたのか、世界一周の旅をしてたどり着いたヒント、知られざる盟友との別れなどを語る。

第4話のあらすじ LINEの突破口を開いたのはライブドア元社員たち 敗者復活の物語

インタビューに答える出澤剛社長(C)「ネット興亡記」製作委員会
インタビューに答える出澤剛社長(C)「ネット興亡記」製作委員会

 IT起業家たちの挑戦や苦悩に迫るビジネスノンフィクションを、お笑いコンビ「オリエンタルラジオ」の藤森慎吾さん主演でドラマ化した「ネット興亡記」の第4話「逆襲のLINE」が5月20日、動画配信サービス「Paravi(パラビ)」で配信された。利用者8300万人、コミュニケーションアプリの国内最大手「LINE」に迫る。

 LINEの出澤剛社長と舛田淳CSMO(最高戦略・マーケティング責任者)がインタビュー出演。SNSの巨人LINEのヒットの突破口を開いたのは、2000年代に事件を起こしたライブドアの元社員たちだった。敗者復活の物語をひもとく。

(C)「ネット興亡記」製作委員会
(C)「ネット興亡記」製作委員会

ネット興亡記動画配信サービス「Paravi(パラビ)」
2020年4月29日から毎週水曜に配信。全5話。