あの子が生まれる… ニュース

森田望智「全裸監督」女優がドラマ初主演 鈴木光司新作ホラー「あの子が生まれる…」で

FODオリジナルドラマ「あの子が生まれる…」で主演を務める森田望智さん=フジテレビ提供
FODオリジナルドラマ「あの子が生まれる…」で主演を務める森田望智さん=フジテレビ提供

 Netflixドラマ「全裸監督」で注目を集めた若手女優の森田望智(みさと)さんが、7月18日から配信されるFODオリジナルドラマ「あの子が生まれる…」でドラマ初主演を務めることが5月9日、分かった。ドラマは、郊外のとある病院・新生病院が舞台のホラー作品で、森田さんは、主人公の新生病院の看護師・今泉菜央を演じる。

 ドラマは、「リング」「らせん」などの原作者である鈴木光司さんが書き下ろしたオリジナルのホラー作品。由緒ある病院として人々から愛されていた新生病院が、あることをきっかけに歯車が次第に崩れ始め、次々と闇が明らかになる……という内容。

 森田さんは「初めてのドラマ主演ということで、驚きと不安と同時に、これから始まるんだという期待で胸がドキドキしました」と明かし、「そして、私が小さいころトラウマになるほど恐怖を覚えた作品たち。その作品を生み出している鈴木光司さんが脚本だと知り、いい意味で背筋がゾッとしました」と語っている。

 また、謎の女・英子役で小倉優香さん、主人公の菜央の彼氏、汐月勇馬役で「劇団番町ボーイズ」の松本大志さん、新生病院の2代目院長・河本潤一郎役で羽場裕一さん、潤一郎の妻であり麻酔科医である和代役で山下容莉枝さん、潤一郎の娘・河本美恵役で芦名星さん、美恵の夫・秀明役で市川九團次さんが出演。また、おぞねせいこさんと赤座美代子さんの出演も発表された。

 ◇鈴木光司さんのコメント

 「リング」「らせん」「ループ」の3部作は、1970年代に姿を消した恐るべき天然痘ウイルスが、貞子の怨念(おんねん)と神秘の力を得て、“呪いのビデオテープ”となってよみがえり、その後、突然変異を起こして“リング・ウイルス”“転移性ヒトガンウイルス”となって世界にまん延するも、主人公の犠牲的行為によってウイルス発生のメカニズムを突き止め、パンデミックが収束へと導かれる物語である。小説を読むことによって、意識に変革が起こり、読者は目に見えない因子をしょい込んでしまったような感覚を覚えるだろう。対岸の火事でない、読者巻き込み型の恐怖を描いたつもりである。

 今回のドラマ「あの子が生まれる…」にも、映像という媒体を介して同じトリックを仕込んでおいた。原作・脚本担当としては、より多くの人に見てもらいたいのはやまやまだが、そうもいかない。驚がくのラストまで付き合っていただくには、それなりの覚悟が必要であると、警告を発するにとどめておこう。

フジテレビ提供
フジテレビ提供
フジテレビ提供
フジテレビ提供
フジテレビ提供
フジテレビ提供
フジテレビ提供
フジテレビ提供
フジテレビ提供
フジテレビ提供
フジテレビ提供
フジテレビ提供