探偵・由利麟太郎 あらすじ

探偵・由利麟太郎あらすじ

 ドラマ「探偵・由利麟太郎」は、歌手で俳優の吉川晃司さんが主演を務める5週連続特別ドラマ。2020年6月16日スタート。吉川さんが地上波の連続ドラマで主演を務めるのは今回が初めて。元警視庁捜査1課長という経歴を持つ白髪の名探偵・由利麟太郎を演じる。俳優の志尊淳さんが麟太郎の助手の三津木俊助役で出演する。

 原作は「犬神家の一族」「八つ墓村」といった金田一耕助シリーズなどで知られる横溝正史の長編小説「蝶々殺人事件」を含む「由利麟太郎」シリーズで、同作は初の連続ドラマ化。原作のおどろおどろしい奇怪な世界観を現代のドラマとしてアレンジし、京都と舞台としたホラーミステリーが展開する。

 由利は、学生時代を過ごした京都で暮らし、殺人者の行動、心理を分析する犯罪心理学者として活躍する一方で、警察からの依頼を受け、事件の捜査も手伝っている探偵だ。捜査方法は「ひたすらに事件現場を観察し続けること」で、学生時代に米国で出会ったハンターから学んだトレース技術に基づき捜査する。弓道の心得もあり、静寂の中、弓を構え、的を見据えることで、精神を集中させ、それが難事件解決の一助になっている。見た目は白髪の紳士で、多くを語らない静かな男だが、その洞察力と論理的思考は天才的。

 由利の助手の三津木は、ミステリー小説の作家志望だが、由利を崇拝するあまり、自分の小説を書くことよりも、由利の活躍を記録するウェブサイト「由利麟太郎の事件簿」の運営に力を入れている。事件現場でも、助手として由利と共に行動し、次々と起こる怪事件を推理、ふいに事件の核心に触れたりする。由利と三津木のコンビは、物静かな「静」の由利に対して、よくしゃべる「動」の三津木という間柄だ。

 同作はプロデューサー、監督を含め、関西のスタッフで制作。撮影は東映京都撮影所(京都市右京区)などで行われ、すでに終了している。カンテレがゴールデン・プライム帯(GP帯、午後7~11時)で放送される連続ドラマを「オール関西で制作する試み」は1985年10月期に放送された「影の軍団 幕末編」以来、34年半ぶりとなる。

ドラマ「探偵・由利麟太郎」のあらすじ

<ドラマ紹介>「探偵・由利麟太郎」 “白髪の天才”吉川晃司&“助手”志尊淳が奇怪な難事件解決! 田辺誠一、豪華ゲストも 第1話あらすじも

5週連続特別ドラマ「探偵・由利麟太郎」第1話のワンシーン=カンテレ提供
5週連続特別ドラマ「探偵・由利麟太郎」第1話のワンシーン=カンテレ提供

 歌手で俳優の吉川晃司さんが地上波連続ドラマ初主演を飾る5週連続特別ドラマ「探偵・由利麟太郎」(カンテレ・フジテレビ系、火曜午後9時)が、6月16日午後9時からスタートする。ドラマは金田一耕助シリーズなどで知られる横溝正史の長編小説「蝶々殺人事件」を含む「由利麟太郎」シリーズが原作で、初めて連続ドラマ化される。京都を舞台に、元警視庁捜査1課長という経歴を持つ白髪の名探偵・由利麟太郎(吉川さん)が、ミステリー作家志望の助手・三津木俊助(志尊淳さん)とともに、数々の奇怪な難事件に挑むホラーミステリー。田辺誠一さん、どんぐりさん、「TKO」の木本武宏さんらも出演する。

 由利は、殺人者の行動、心理を分析する犯罪心理学者として活躍する一方で、警察からの依頼を受け、事件の捜査も手伝っている探偵。洞察力と論理的思考は天才的。捜査方法は「ひたすらに事件現場を観察し続けること」で、学生時代に米国で出会ったハンターから学んだトレース技術に基づき捜査する。弓道の心得もあり、弓を構え、的を見据えることで精神を集中させ、それが難事件解決の一助になっている。

 由利の助手の三津木は、ミステリー小説の作家志望だが、由利を崇拝するあまり、自分の小説を書くことよりも、由利の活躍を記録するウェブサイト「由利麟太郎の事件簿」の運営に力を入れている。事件現場でも、助手として由利と共に行動し、次々と起こる怪事件を推理、ふいに事件の核心に触れたりする。由利と三津木のコンビは、物静かな「静」の由利に対して、よくしゃべる「動」の三津木という間柄となっている。

 田辺さんは旧友の由利に事件の捜査を依頼する京都府警の等々力警部、どんぐりさんは由利に一方的に好意を抱く骨董(こっとう)品屋の波田聡美、木本さんは三津木を担当している編集者の山岸克平を演じる。

 第1話に新川優愛さんと長田成哉さん、第2話に水上京香さんと赤楚衛二さん、第3話に村川絵梨さんと浅利陽介さん、第4、5話に高岡早紀さん、大鶴義丹さん、鈴木一真さん、吉谷彩子さん、佐野岳さん、板尾創路さん、水沢林太郎さんが、それぞれゲスト出演する。 

 第1話は「花髑髏(どくろ)」。ある日、由利は殺人を予告する“挑戦状”を受け取る。三津木とともに指定された場所に向かうと、全身を縛られ、血を流した状態で冷凍庫に閉じ込められていた日下瑠璃子(新川さん)を発見。瑠璃子は一命を取り留めたが、瑠璃子の養父で遺伝子研究者の日下瑛造(中村育二さん)は自身の研究室で何者かに殺害されていた。由利は、遺体の傍らに置かれた血で真っ赤に染まった頭蓋骨(ずがいこつ)が気になり……というストーリー。瑠璃子を女性として愛する血のつながらない兄・瑛一(長田さん)も登場し、複雑な家族関係が描かれる。

第2話のあらすじ 吉川晃司&志尊淳、ホステスの死の真相解明へ 水上京香、赤楚衛二、柳ゆり菜がゲスト

5週連続特別ドラマ「探偵・由利麟太郎」第2話のワンシーン=カンテレ提供
5週連続特別ドラマ「探偵・由利麟太郎」第2話のワンシーン=カンテレ提供

 歌手で俳優の吉川晃司さんが主演を務める特別ドラマ「探偵・由利麟太郎」(カンテレ・フジテレビ系、火曜午後9時)の第2話「憑(つ)かれた女」が、6月23日午後9時から放送される。同話には、女優の水上京香さん、柳ゆり菜さん、俳優の赤楚衛二さんらがゲスト出演する。

 京都・祇園のクラブで働くホステスの吉岡エマ(水上さん)は、正体が分からない“黒い影”に襲われる悪夢に悩まされていた。自宅、職場に限らず、恋人の五月翔太(赤楚さん)と一緒にいるときでさえも、“黒い影”が突如目の前に現れ、その度にエマは恐怖を感じていた。

 心をむしばまれていったエマは、何かに憑かれたように意味不明な言動を繰り返し、天井から、切り落とされた女の腕が落ちてくる幻覚まで見るようになった。五月の元恋人で、同じクラブで働くホステスの神崎美沙子(柳さん)は、そんなエマを気味悪く思い、敵視をする。

 ある日、学生時代の旧友でミステリー同好会の仲間だった井出圭一(尾上寛之さん)と会っていた三津木俊助(志尊淳さん)は、道端で放心状態のエマに遭遇。井出がクラブの常連客だと知ったエマは、ドラマのオーディションで連れて行かれた洋館のバスタブに、美沙子の死体があったと言い出す。しかし、日ごろから幻覚に悩まされていたエマは、それが現実だという確証が持てなかった。

 真相を確かめるべく由利麟太郎(吉川さん)に助けを求めた三津木は、早速、洋館の場所を突き止めるが、そこには死体どころか、殺人が行われた痕跡も見当たらなかった。さらに、クラブのママの梶原絹江(山口香緒里さん)は美沙子が店に来たと証言した。エマの幻覚だったのかと思われた矢先、洋館のバスタブから、何者かに腕を切断された美沙子の遺体が発見される……というストーリー。

第3話のあらすじ 相棒の容疑を晴らせ! 吉川晃司&田辺誠一コンビが殺人事件解決へ奔走

5週連続特別ドラマ「探偵・由利麟太郎」第3話のワンシーン=カンテレ提供
5週連続特別ドラマ「探偵・由利麟太郎」第3話のワンシーン=カンテレ提供

 歌手で俳優の吉川晃司さんが主演を務める特別ドラマ「探偵・由利麟太郎」(カンテレ・フジテレビ系、火曜午後9時)の第3話「殺しのピンヒール」が、6月30日午後9時から放送される。村川絵梨さん、浅利陽介さん、島居香奈さん、金山一彦さん、阿部純子さんらがゲスト出演する。同話は、吉川さん演じる由利麟太郎と田辺誠一さん演じる等々力がコンビを組んで、事件の解決に向けて奔走する姿が描かれる。

 仮装パーティーに出演した美脚モデルの名越優美(村川さん)は、出番を終えて戻ってきたVIPブースでサンプルと思われる香水の小瓶を持ったピエロに遭遇する。モデル仲間の白川珠喜(島居さん)がその香水を浴びると、けいれんを起こし、倒れてしまう。優美は慌てて助けを呼びに行く。すれ違うようにやって来たのは三津木(志尊淳さん)。三津木は出版社の編集担当・山岸(木本武宏さん)に誘われてパーティーに参加し、会場でピンヒールを拾い、持ち主を探す中、VIPブースで目から血を流して死んでいる珠喜を発見。その後、三津木は殺人容疑で逮捕されてしまう。同じころ、優美や珠喜とモデルの仲間の川瀬文乃(阿部さん)は、踊りながら歩き去るピエロを目撃していた。

 帰宅した優美は、料理研究家志望の夫・恭介(浅利さん)にパーティーで起きた事件を話す。恭介はショックで打ちひしがれている妻を慰めようとするが、優美はうんざりした様子で恭介にきつい言葉を浴びせる。

 翌朝、等々力(田辺さん)から、三津木逮捕の知らせを受けた由利(吉川さん)は、早速、珠喜を毒殺した真犯人を捕まえるべく殺人現場に向かう。「久しぶりのタッグだ」と、うれしそうな表情をする等々力とともに、犯人が残した痕跡を追っていく。一方、留置場の三津木は、今回の事件について整理しながら由利との出会いを思い出していた。同じころ、ピエロを目撃した文乃の家に何者かが忍び寄っていて……というストーリー。

第4話のあらすじ 吉川晃司が“スター女優”高岡早紀殺害事件の真相へ 吉谷彩子、佐野岳、板尾創路らゲスト出演

5週連続特別ドラマ「探偵・由利麟太郎」第4話のワンシーン=カンテレ提供
5週連続特別ドラマ「探偵・由利麟太郎」第4話のワンシーン=カンテレ提供

 歌手で俳優の吉川晃司さんが主演を務める特別ドラマ「探偵・由利麟太郎」(カンテレ・フジテレビ系、火曜午後9時)の第4話「マーダー・バタフライ前編」が、7月7日午後9時から放送される。高岡早紀さん、大鶴義丹さん、鈴木一真さん、吉谷彩子さん、佐野岳さん、板尾創路さん、水橋研二さん、水沢林太郎さんらがゲスト出演。元警視庁捜査1課長の白髪の名探偵・由利(吉川さん)が、周囲の人を魅了するオペラ界のスター女優・さくら(高岡さん)が殺害された事件の真相を探る。中心舞台は小説と同じ国の重要文化財・大阪市中央公会堂(大阪市北区)。今年2月に同所で撮影された。

 さくらは、弟子で若手歌手の相良千恵子(吉谷さん)、テノール歌手の小野竜彦(佐野さん)、マネジャーの土屋恭蔵(鈴木さん)と助手の雨宮順平(水沢さん)、オーケストラの楽団員らとともに、大阪へと向かっていた。その翌日、会場に集まった一同は、さくらがいないことに気付く。同じころ、見知らぬ女の子に手紙を渡された小野は、中を見た瞬間に顔色を変えて出て行ってしまう。

 そんな中、一行のもとに東京からの荷物が届く。コントラバス奏者の川田良介(佐渡山順久さん)の楽器ケースの中から、バラの花に覆われたさくらの遺体が発見される。さくらの夫の聡一郎(大鶴さん)に誘われ、三津木(志尊淳さん)とともに会場を訪れていた由利は、絞殺されたさくらの遺体から砂が落ちたことに気付く。また、千恵子がさくらに頼まれて代わりにホテルにチェックインしたことが判明する。

 さらに、さくらの持ち物から、暗号化された読めない楽譜が発見される。それは、同じ楽団のバリトン歌手・志賀笛人(水橋さん)の弟子で、当時新人歌手だった藤本章二(池岡亮介さん)が殺害されたときに、楽譜を手にしていたという事件をほうふつとさせた。その後、メンバーの間でさくらの亡霊がたびたび目撃されるようになる……というストーリー。

最終回のあらすじ 吉川晃司が解決 “スター女優”高岡早紀殺害事件 犯人は? 亡霊の正体は…

5週連続特別ドラマ「探偵・由利麟太郎」第5話のワンシーン=カンテレ提供
5週連続特別ドラマ「探偵・由利麟太郎」第5話のワンシーン=カンテレ提供

 歌手で俳優の吉川晃司さん主演の特別ドラマ「探偵・由利麟太郎」(カンテレ・フジテレビ系、火曜午後9時)の最終第5話「マーダー・バタフライ後編」が、7月14日午後9時から放送される。元警視庁捜査1課長の白髪の名探偵・由利(吉川さん)が、オペラ界のスター女優・原さくら(高岡早紀さん)殺害事件を解決する。

 由利はさくらの遺体を確認したが、楽団員たちはさくらの亡霊を見たと口をそろえた。さくらの亡霊の謎が解けぬ中、さくらのマネジャー・土屋恭蔵(鈴木一真さん)の助手・雨宮順平(水沢林太郎さん)が宿泊先のホテルで亡くなった。

 4階のさくらの夫の原聡一郎(大鶴義丹さん)の部屋の窓が開いていたことから、雨宮は転落死したと思われたが、遺体を確認した由利は痕跡から絞殺だと確信する。

 聡一郎の部屋を検証した由利は、助手の三津木俊助(志尊淳さん)らと5階の衣装部屋へ。室内を調べた由利は「雨宮君はここから落とされた」と告げる。嵐が原因でホテルが停電した中、雨宮は4階の部屋で殺害された後、5階に運ばれて落とされたと語る。事件の一部始終を説明しようと由利が等々力警部(田辺誠一さん)を呼び出すと、楽団員の小野(佐野岳さん)が重い口を開く……。

 さくらと雨宮を殺害した犯人は同一人物なのか。さくらの亡霊の正体、楽団員たちの複雑な人間関係と知られざる過去などが明かされる。前編に続き、吉谷彩子さん、板尾創路さん、水橋研二さんらがゲスト出演する。