おかえりモネ(朝ドラ) ニュース

清原果耶が2021年前期の朝ドラ「おかえりモネ」のヒロインに 宮城県舞台に気象予報士目指す姿描く

朝ドラ「おかえりモネ」のヒロインに決まった清原果耶さん
朝ドラ「おかえりモネ」のヒロインに決まった清原果耶さん

 女優の清原果耶さんが、2021年前期のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「おかえりモネ」のヒロインを務めることが5月27日、明らかになった。安達奈緒子さんの脚本による、オリジナル作品で、宮城県を舞台に気象予報士を目指すヒロインの姿を描く。

 “朝ドラ”第104作となる「おかえりモネ」は、「海の町」宮城県・気仙沼に生まれ育ち、「森の町」同県の登米(とめ)で青春を送るヒロインが、気象予報という「天気」にとことん向き合う仕事を通じて、人々に幸せな「未来」を届けていく物語。清原さんは、2019年に放送された第100作目の連続テレビ小説「なつぞら」で広瀬すずさんが演じたヒロインの妹役を好演したほか、2015年後期の連続テレビ小説「あさが来た」にも出演している。

 2020年の秋ごろクランクイン予定で、主なロケ予定地は、宮城県気仙沼市、登米市 東京都。制作統括を吉永証さん、須崎岳さん、プロデューサーを上田明子さん、広報プロデューサーを川口俊介さんが担当。演出は一木正恵さん、梶原登城さん、桑野智宏さん、津田温子さんらが務める。