おかえりモネ(朝ドラ) 視聴率

初回視聴率19.2% 前作「おちょやん」超えの好発進 清原果耶主演の朝ドラ

清原果耶さん
清原果耶さん

 女優の清原果耶さん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「おかえりモネ」(総合、月~土曜午前8時ほか)の第1回が5月17日に放送され、平均視聴率(世帯)は19.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録したことが分かった。20%の大台には届かなかったものの、前作「おちょやん」の初回18.8%(同)を上回る数字で、好発進した。

 第1回では、2014年春、宮城県気仙沼市の離島・亀島で育った永浦百音(ももね、清原さん)は、高校卒業を機に、内陸の登米(とめ)市の大山主・新田サヤカ(夏木マリさん)の家に下宿して、森林組合の見習い職員として働き始める。サヤカは百音の祖父・龍己(藤竜也さん)と旧知の仲で、百音は彼女の元で山や木について学んでいた。父・耕治(内野聖陽さん)は、家を離れた娘を心配して、頻繁に電話をよこすが、百音は忙しくしていて、なかなか連絡が取れない……と展開した。

初回視聴率 仙台は大台超え22.3% 制作統括「今日も一日頑張ろうと思っていただけたら」

連続テレビ小説「おかえりモネ」でヒロインの永浦百音を演じる清原果耶さん (C)NHK
連続テレビ小説「おかえりモネ」でヒロインの永浦百音を演じる清原果耶さん (C)NHK

 女優の清原果耶さん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「おかえりモネ」(総合、月~土曜午前8時ほか)の第1回が5月17日に放送され、仙台での平均視聴率(世帯)は22.3%(ビデオリサーチ調べ・以下同)を記録したことが分かった。また、関東は19.2%、関西は18.7%だった。

 制作統括の吉永証チーフプロデューサーは、「例年より約1カ月半遅れの放送スタートになりました。ご覧いただいた皆様、ありがとうございます。主人公のモネは、天気予報の可能性に目覚め、人の役に立ちたいと願って、少しずつ成長していきます。そうしたモネを、宮城県の登米(とめ)と気仙沼の豊かな風景と人々が、優しく包み、導いてくれます。視聴者の皆さんが、毎朝モネやその家族、仲間たちの姿を見て、今日も一日頑張ろうと思っていただけたら、何よりうれしいです。半年間、どうぞよろしくお願いします」とコメントを寄せた。

 第1回では、2014年春、宮城県気仙沼市の離島・亀島で育った永浦百音(ももね、清原さん)は、高校卒業を機に、内陸の登米(とめ)市の大山主・新田サヤカ(夏木マリさん)の家に下宿して、森林組合の見習い職員として働き始める。サヤカは百音の祖父・龍己(藤竜也さん)と旧知の仲で、百音は彼女の元で山や木について学んでいた。父・耕治(内野聖陽さん)は、家を離れた娘を心配して、頻繁に電話をよこすが、百音は忙しくしていて、なかなか連絡が取れない……と展開した。

第2回視聴率18.5% 清原果耶主演の朝ドラ 人気キャスター・西島秀俊がキター!

 女優の清原果耶さん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「おかえりモネ」(総合、月~土曜午前8時ほか)の第2回が5月18日に放送され、平均視聴率(世帯)は18.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録した。同回のラストでは、西島秀俊さん演じる人気気象キャスター・朝岡覚が、百音(ももね、清原さん)が働く森林組合のある施設にやってきて、SNSでは「来た!西島秀俊」「西島秀俊さんが画面から飛び出して現れたのでうれしい」「唐突に西島秀俊w」「朝から眼福」「リアル気象予報士さん!キター!」と盛り上がった。

 第2回では、百音は、サヤカ(夏木マリさん)の山の樹齢300年のヒバの木の存在を知って、心を揺さぶられる。森林組合の課長の翔洋(浜野謙太さん)は週末に登米(とめ)の伝統の能の定例会を控えて、そわそわ。百音は、能舞台を見学に行き、サヤカと川久保(でんでんさん)が、ヒバの伐採について話し合っているのを目撃する。その夜、妹・未知(蒔田彩珠さん)の水産高校での取り組みのニュースを見て、百音は妹の姿をまぶしく感じる……という展開だった。

初週視聴率18.4%で大台届かず 清原果耶主演の朝ドラ 百音、朝岡の“気象予報”に驚き!

 女優の清原果耶さん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「おかえりモネ」(総合、月~土曜午前8時ほか)第1週「天気予報って未来がわかる?」(5月17~21日)の週間平均視聴率(世帯)が18.4%(ビデオリサーチ調べから算出、関東地区・以下同)だったことが5月24日、分かった。前作「おちょやん」の初週17.8%を上回ったものの、朝ドラの初週としては4作連続で20%の大台に届かなかった。

 第1週「天気予報って未来がわかる?」は、2014年春、宮城県気仙沼市の離島・亀島で育った百音(清原さん)は、高校卒業を機に、内陸の登米(とめ)市の大山主・新田サヤカ(夏木マリさん)の家に下宿して、森林組合の見習い職員として働き始める。娘が心配な父・耕治(内野聖陽さん)は、頻繁に百音に電話をするが、百音は仕事が忙しくなかなか連絡が取れない。そんなある日、東京から人気の気象キャスター・朝岡(西島秀俊さん)が、登米にやって来て町は大騒ぎとなる。そして百音は、風向きや雨雲の様子から天気の変化を正確に言い当てる朝岡に驚く……という展開だった。

初回総合視聴率25.3% 地元・仙台地区では32.4%の高数字 清原果耶主演の朝ドラ

 女優の清原果耶さん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「おかえりモネ」(総合、月~土曜午前8時ほか)の第1回(5月17日放送)の平均総合視聴率が25.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区・以下同)だったことが分かった。録画しておいた番組を7日内(168時間内)に見たタイムシフト視聴の指標となるタイムシフト視聴率は8.1%だった。

 タイムシフト視聴率は、録画しておいた番組を7日内(168時間内)に見たタイムシフト視聴の指標、総合視聴率はリアルタイム視聴とタイムシフト視聴のいずれかでの視聴を示す指標のこと。重複視聴分は除かれる。なお、ドラマの初回のリアルタイム(平均)視聴率は19.2%を記録していた。

 ドラマの“地元”仙台エリアでは、初回の平均総合視聴率は32.4%(リアルタイム視聴率22.3%、タイムシフト視聴率12.3%)と高数字をマークした。

第2週視聴率17.1% 「いのちを守る仕事です」百音を予期せぬ事態が襲う!

 女優の清原果耶さん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「おかえりモネ」(総合、月~土曜午前8時ほか)第2週「いのちを守る仕事です」(5月24~28日)を週間平均視聴率(世帯)が17.1%(ビデオリサーチ調べから算出、関東地区)だったことが5月31日、分かった。

 第2週では、森林組合の見習いとして働く永浦百音(ももね、清原さん)は、努力のかいがあって、正式に職員として採用される。同僚たちに祝福されて、喜ぶ百音。そこに突然、父・耕治(内野聖陽さん)が、娘を実家に連れ戻そうとやってくる。久しぶりに父とゆっくり話をする百音だったが、林業を学びに来た小学生の体験学習に駆り出されて、付き添って森に行くことに。初めは天候に恵まれ順調に体験学習は進む。しかし、天気が急変、予期せぬ事態に見舞われる……という展開だった。

第3週視聴率17.1% 百音、幼なじみと久しぶりに再会 思い出す3年前の“あの日”のこと

 女優の清原果耶さん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「おかえりモネ」(総合、月~土曜午前8時ほか)第3週「故郷(ふるさと)の海へ」(5月31日~6月4日)を週間平均視聴率(世帯)が17.1%(ビデオリサーチ調べから算出、関東地区)だったことが6月7日、分かった。

 第3週では、山で豪雨に見舞われたことをきっかけに、気象予報士の資格に興味を持った永浦百音(ももね、清原さん)。さっそく専門書を買って天気の勉強をはじめる。やがて夏が訪れ、百音は祖母・雅代(竹下景子さん)の初盆に合わせて気仙沼の実家へ帰省。そこで、漁師になった亮(永瀬廉さん)をはじめ、仲の良かった幼なじみと久しぶりに再会する、

 中学時代の吹奏楽部の思い出や恋の話で盛り上がるが、実は故郷に対して複雑な思いを抱えていた百音。久しぶりの実家で、3年前の“あの日”のあと、幼なじみと再会したときのことを思い出す。一夜が明け、百音たちは、早朝、そろって足しげく通った浜辺を訪れる……という展開だった。

第4週視聴率16.4% 「みーちゃんとカキ」カキの研究に没頭する未知 百音の気づき

 女優の清原果耶さん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「おかえりモネ」(総合、月~土曜午前8時ほか)第4週「みーちゃんとカキ」(6月7~11日)の週間平均視聴率(世帯)が16.4%(ビデオリサーチ調べから算出、関東地区)だったことが6月14日、分かった。

 第4週では、お盆に帰省した百音(ももね、清原さん)は、妹の未知(蒔田彩珠さん)が、カキの研究に没頭する姿を見て圧倒される。そして、未知と比べて自分はどうかと自問自答。三生(前田航基さん)もまた、未知や漁師になった亮(永瀬廉さん)と自分とを比べて落ち込むのだった。一方、百音の父・耕治(内野聖陽さん)は、亮の父で、元同級生の新次(浅野忠信さん)に久しぶりに町で出会う。

 自由研究のカキが思うように育たず、落ち込んでいる未知を元気づける百音。未知も百音が気象予報士の資格に興味を持っていることを知り、応援する。さらに百音は、祖父の龍己(藤竜也さん)と話すうち、ずっと考えていたことについて、ある気づきを得る……という展開だった。

第5週視聴率17.2% 天気についてもっと知りたい百音 菅波とマンツーマンで勉強

 女優の清原果耶さん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「おかえりモネ」(総合、月~土曜午前8時ほか)第5週「勉強はじめました」(6月14~18日)の週間平均視聴率(世帯)が17.2%(ビデオリサーチ調べから算出、関東地区)だったことが6月21日、分かった。

 第5週では、お盆休みを終え、気仙沼から登米(とめ)へ戻った百音(清原さん)は、サヤカ(夏木マリさん)から、広葉樹の木材を使った新商品の開発を命じられる。ある日、百音は森林組合の課長・翔洋(浜野謙太さん)とともに、小学生に林業のことを教えに出かけたときに、新商品のアイデアを思いつく。喜んで商品開発を始める百音。ベテランの森林組合の作業員たちと山に出かけ、山の天気の変化を聞くうちに、天気についてもっと知りたいと思い始める。

 菅波(坂口健太郎さん)に気象の勉強を教えてもらうようになった百音だが、基本的なところで引っかかったり、別のところに思考が飛んで行ってしまったり、教える菅波も大変。一方、学童机のサンプルが完成するが、木材の乾燥期間を考えると教育委員会が設定する納期にとても間に合わないことが判明する。翌朝、百音は気象について勉強した内容を復習しながら、あることを思いつく……という展開だった。

第6週視聴率16.8% 「大人たちの青春」田中の力になりたい百音

 女優の清原果耶さん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「おかえりモネ」(総合、月~土曜午前8時ほか)第6週「大人たちの青春」(6月21~25日)の週間平均視聴率(世帯)が16.8%(ビデオリサーチ調べから算出、関東地区)だったことが6月28日、分かった。

 第6週では、百音(清原さん)は、森林組合に隣接する診療所に通う、ジャズ喫茶の店主・田中(塚本晋也さん)と、言葉をかわすようになる。実は、田中は百音の父・耕治(内野聖陽さん)と知り合いだった。森の仕事をする中で、天気への興味がだんだんと募ってきていた百音は、気象予報士の資格試験を受けようと決意。菅波(坂口健太郎さん)に相談しながら、本格的に勉強を始め、最初の試験の日を迎える。そんな中、田中からの木製のテーブルの注文が突然キャンセルに。心配した百音が自宅を訪ねると、そこには病状が悪化した田中の姿があった。

 百音は菅波に何とかできないか相談するが、菅波はいつになく頑なな態度をとる。しかし、自分へのいら立ちを百音にぶつけたことを後悔した菅波は、田中に積極治療を考えてみないかと再度提案。百音もまた田中に、もう一度テーブルとイスを作らせてもらえないかと頼む……という展開だった。

第7週視聴率16.7% 「サヤカさんの木」“両立”に悩む百音は朝岡と再会し…

 女優の清原果耶さん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「おかえりモネ」(総合、月~土曜午前8時ほか)第7週「サヤカさんの木」(6月28日~7月2日)の週間平均視聴率(世帯)が16.7%(ビデオリサーチ調べから算出、関東地区)だったことが7月5日、分かった。

 第7週では、百音(清原さん)の初めての気象予報士試験は、不合格だった。百音は菅波(坂口健太郎さん)に勉強を見てもらい再チャレンジを決意するが、日々充実していく森林の仕事との両立に悩む。そんな中、サヤカ(夏木マリさん)が作業中に骨折、百音はしばらくサヤカの面倒を見ることに。

 ある日、朝岡(西島秀俊さん)が後輩の気象予報士・野坂(森田望智さん)と内田(清水尋也さん)を連れて、久しぶりに訪ねてくる。朝岡の気象情報会社への興味をいっそう募らせていく百音。しかし、菅波から自身の甘さを指摘され、気象予報士はあきらめると言い出す……という展開だった。

第8週視聴率16.7% 「それでも海は」新次と亮、父子それぞれの苦しさ…

 女優の清原果耶さん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「おかえりモネ」(総合、月~土曜午前8時ほか)第8週「それでも海は」(7月5~9日)の週間平均視聴率(世帯)が16.7%(ビデオリサーチ調べから算出、関東地区)だったことが7月12日、分かった。

 第8週では、2015年の年末 、百音(清原さん)は3度目の気象予報士試験の準備をしつつ故郷へ帰省する。実家では、亮(永瀬廉さん)の父・新次(浅野忠信さん)のことで、家族が悩んでいた。新次は耕治(内野聖陽さん)と幼なじみだったが、 震災前に買った新しい漁船の借金返済をめぐって、2人は疎遠になっていた。

 ある日、かつて自宅があった場所で酔いつぶれていたところを発見される新次。永浦家に連れて来られると、耕治や亜哉子(鈴木京香さん)、龍己(藤竜也さん)の前で、長い間抱えてきたどうにもならない苦しさを吐露する。するとそこに突然、亮が現れ……という展開だった。

第9週視聴率16.2% 「雨のち旅立ち」百音は東京行きを決意 サヤカとの別れ

 女優の清原果耶さん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「おかえりモネ」(総合、月~土曜午前8時ほか)第9週「雨のち旅立ち」(7月12~16日)の週間平均視聴率(世帯)が16.2%(ビデオリサーチ調べから算出、関東地区)だったことが7月19日、分かった。

 第9週では、百音(清原さん)に気象予報士試験の合格通知が届く。大喜びでサヤカ(夏木マリさん)に報告しようとする百音だったが、いざサヤカを目の前にすると、なぜか伝えることができない。一方でサヤカは、自分に気を使わず、夢に向かって進んでほしいと百音に伝える。

 百音は気象にまつわる仕事に就くため東京行きを決意。そして、気仙沼の実家を訪れると「なぜ自分が島を離れたいと思ったのか」家族に語り始める。その後、再び登米(とめ)に戻った百音は、サヤカをはじめ、お世話になった人々に別れを告げる……という展開だった。

東京編スタートで視聴率16.3% “マリアンナ莉子”今田美桜が華やかに朝ドラデビュー

清原果耶さん
清原果耶さん

 女優の清原果耶さん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「おかえりモネ」(総合、月~土曜午前8時ほか)第46回が7月19日に放送され、平均視聴率(世帯)は16.3%(ビデオリサーチ調べから算出、関東地区)を記録した。同回からドラマは東京編に突入。新キャラクターの気象予報士・神野マリアンナ莉子役で、今田美桜さんが華やかに朝ドラデビューを果たした。

 46回では、ついに上京した百音(清原さん)は、下宿先の大家・井上菜津(マイコさん)に温かく迎えられる。初めての東京に圧倒されていた百音だったが、菜津の優しく朗らかな人柄にほっとする。百音は、入社面接の前に下見をしようと、朝岡(西島秀俊さん)がいる気象情報会社を訪れると、登米で出会った野坂(森田望智さん)と内田(清水尋也さん)と再会。喜ぶ百音だったが、なぜか鬼気迫る様子の野坂たちに、突然テレビ局へ連れて行かれてしまう……という展開だった。

第10週視聴率16.4% 「気象予報は誰のため?」百音、いきなり報道気象の世界で奮闘

 女優の清原果耶さん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「おかえりモネ」(総合、月~土曜午前8時ほか)第10週「気象予報は誰のため?」(7月19~23日)の週間平均視聴率(世帯)が16.4%(ビデオリサーチ調べから算出、関東地区)だったことが7月26日、分かった。

 第10週では、気象予報士の資格を取った百音(清原さん)は、晴れて上京する。面接を前に、下見で気象情報会社を訪れると、再会した野坂(森田望智さん)にテレビ局へと連れていかれる。急きょ気象コーナーを手伝うことになった百音は、莉子(今田美桜さん)のサポートをしたりする中で、報道気象の奥深さに気付いていく。

 社長の安西(井上順さん)から渡されていたパペットを駆使し、莉子と連携して仙台の強風の情報を伝えることに成功した百音。無事「ウェザーエキスパーツ」に採用され……という展開だった。

第11週視聴率16.5% 「相手を知れば怖くない」百音、ついに菅波先生と東京で再会!

 女優の清原果耶さん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「おかえりモネ」(総合、月~土曜午前8時ほか)第11週「相手を知れば怖くない」(7月26~30日)の週間平均視聴率(世帯)が16.5%(ビデオリサーチ調べから算出、関東地区)だったことが8月2日、分かった。

 第11週では、百音(清原さん)は気象情報会社に正式採用となり、いよいよ気象予報士として働き始める。朝のニュース番組の気象コーナーの制作を担当することになり充実した日々を送る百音。しかし、局地的な大雨の影響で、完成したばかりのアンダーパスが冠水する事故が起こると、水の怖さを視聴者に伝えなくてはと焦り、仕事で空回り。朝岡(西島秀俊さん)からも「自然は怖いだけではないことも伝えてもらえないか」と諭されてしまう。

 一人落ち込む百音だったが、コインランドリーで思いがけず菅波(坂口健太郎さん)と再会。百音は、少々理屈っぽくも優しさのある菅波らしい言葉に元気を取り戻す……という展開だった。

第12週「あなたのおかげで」スタート 第56回視聴率16.7% 東北に大型台風接近

 女優の清原果耶さん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「おかえりモネ」(総合、月~土曜午前8時ほか)第56回が8月2日に放送され、平均視聴率(世帯)は16.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録した。同回からドラマは第12週「あなたのおかげで」がスタートしている。

 第56回では、東北の太平洋側に大型の台風が近づいていた。百音(清原さん)は、気仙沼の実家に電話し、さまざまな対策を伝える。耕治(内野聖陽さん)や亜哉子(鈴木京香さん)は、そんな娘の様子に頼もしさを感じるのだった。そんな中、下宿先の大家・菜津(マイコさん)の祖父・肇(沼田爆さん)が、テレビでのスポーツ観戦に夢中になりすぎて、熱中症になってしまう。

 百音はとっさに、近くの病院に勤める菅波(坂口健太郎さん)に助けを求める。……という展開だった。

第12週視聴率15.5% 「あなたのおかげで」百音、ずっと前に菅波に言われたある事を…

 女優の清原果耶さん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「おかえりモネ」(総合、月~土曜午前8時ほか)第12週「あなたのおかげで」(8月2~6日)の週間平均視聴率(世帯)が15.5%(ビデオリサーチ調べから算出、関東地区)だったことが8月10日、分かった。

 第12週では、東北の太平洋側から台風が上陸しそうだ、という情報が入り、Jテレ気象班一同に緊張が走る。百音(清原さん)は、龍己(藤竜也さん)やサヤカ(夏木マリさん)など、宮城の人たちにどのような対策を取ればよいか伝える。やがて台風が去り、家族たちから「おかげで助かった」と感謝され喜ぶ百音。だが、莉子(今田美桜さん)のある一言をきっかけに、「人の役に立ちたい」という自分の目標を見つめ直す。

 ある日、朝岡(西島秀俊さん)を訪ねて、車いすマラソン選手の鮫島(菅原小春さん)がやってきて、百音は、スポーツ気象という新しい仕事にかかわることに。「100%、自分のため」と言い切って車いすマラソンの練習に臨む鮫島(菅原小春さん)の姿に心動かされる一方で、「人の役に立ちたい」という目標について、さらに思い悩む百音。洗濯のついでに汐見湯を訪れた菅波にずっと前に菅波に言われたある事について、その真意を聞く……という展開だった。

第13週視聴率16.0% 「風を切って進め」そして百音は菅波のつらい過去に触れる

 女優の清原果耶さん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「おかえりモネ」(総合、月~土曜午前8時ほか)第13週「風を切って進め」(8月9~13日)の週間平均視聴率(世帯)が16.0%(ビデオリサーチ調べから算出、関東地区)だったことが8月16日、分かった。

 第13週では、車いすマラソンの選手・鮫島(菅原小春さん)のサポートをすることになった百音(清原さん)たち。暑さに弱い鮫島のフィジカル面を改善するため、菅波(坂口健太郎さん)もその一員に加わる。しかし、思うようにタイムが伸びず弱音を吐く鮫島。百音が鮫島のこれまでのレースを今一度検証し直すと、「強い風が吹くと強い」ということが分かり、選考会当日は「強い風」と「鮫島の負けず嫌いな性格」を生かした「プランB」で勝負に出る。

 鮫島のサポートを通してお互いを少しずつ理解していく百音と菅波だったが、ある日のコインランドリーで百音は、菅波が抱えていたつらい過去に触れることとなる……という展開だった。

第14週視聴率16.3% 「離れられないもの」“初めて出会った”耕治と朝岡

 女優の清原果耶さん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「おかえりモネ」(総合、月~土曜午前8時ほか)第14週「離れられないもの」(8月16~20日)の週間平均視聴率(世帯)が16.3%(ビデオリサーチ調べから算出、関東地区)だったことが8月23日、分かった。

 第14週では、とうとう朝岡(西島秀俊さん)がスポーツ気象に専念するため、気象キャスターを降りることに。数日後、耕治(内野聖陽さん)が上京。突然、百音(清原さん)の仕事場をふらりと訪ね、そこで初めて、朝岡と出会う。世間話などをするうち、朝岡はふと、土地とそこに暮らす人々について自分が考えていることを耕治に打ち明けてしまう。朝岡が抱える後悔や悩みを聞いた耕治は、一度亀島を飛び出し、また戻った自身の経験も交えて語り始める。

 そして耕治は気仙沼へ戻る日、菅波(坂口健太郎さん)を汐見湯に呼び出す。百音は気が気ではなかったが、菅波は思いのほか耕治に対してきっぱりと対応し……という展開だった。

第16週視聴率16.1% 最後は菅波が百音をぎゅっ…“コインランドリーの奇跡”

 女優の清原果耶さん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「おかえりモネ」(総合、月~土曜午前8時ほか)第16週「若き者たち」(8月30日~9月3日)の週間平均視聴率(世帯)が16.1%(ビデオリサーチ調べから算出、関東地区)だったことが9月6日、分かった。

  第16週では、百音(清原さん)は長距離バスで気仙沼に帰ろうとする亮(永瀬廉さん)を引き留め、汐見湯へ連れ戻す。そこへ、明日美(恒松祐里さん)から連絡を受けた三生(前田航基さん)や悠人(高田彪我さん)も仙台から駆けつけて、久しぶりに幼なじみ6人が集結する。それぞれの思いを話し合った6人は、築地に繰り出して、つかの間楽しいときを過ごす。そして、汐見湯に戻った百音は、亮から思いもよらないことを告げられる。

 一方、前日、百音と結局会えずじまいだった菅波(坂口健太郎さん)は改めて汐見湯を訪れる。菅波から、東京を離れ、登米(とめ)の地域医療に専念するつもりだと聞かされ、百音は激しく動揺。菅波がいなくなることを嫌だと思っていることを打ち明けると、菅波は百音をさっと抱き寄せ、「あなたの痛みは、僕にはわかりません。でも、わかりたいと思っています」と告げる……という展開だった。

 同回の菅波の思い切ったアクションに対して、SNSでは「俺たちの菅波!バンザイ」「菅波先生~~~おめでとう~~~!」「俺たちの菅波ィ…完璧だぞ…100億点」「俺たちの菅波最高に紳士的ですてきだ! 赤飯と鯛だ!」「俺たちの菅波マジ良くやった!!」「俺たちの菅波最高じゃんねー」「コインランドリーの奇跡」と大盛り上がり。

 これまで「俺たちの菅波」としてSNSで親しまれてきた菅波だが、ついに「モネだけの菅波」と呼ぶ声も上がり、「俺たちの菅波からモネだけの菅波に…」「#モネだけの菅波というタグが爆誕してるw」「モネだけの菅波に昇格おめでとう」と祝福するコメントが並んだ。

第18週視聴率16.1% 「伝えたい守りたい」大型台風が日本列島に 対応に追われる百音たち

 女優の清原果耶さん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「おかえりモネ」(総合、月~土曜午前8時ほか)第18週「伝えたい守りたい」(9月13~17日)の週間平均視聴率(世帯)が16.1%(ビデオリサーチ調べから算出、関東地区)だったことが9月21日、分かった。

 第18週では、2019年、百音(清原さん)は24歳に。サポートを続けていた車いすマラソン選手の鮫島(菅原小春さん)が、ついに国際大会の代表の座を手にする。新しいビジネスに精力的な朝岡(西島秀俊さん)は、今度は一般の人から天気の情報を集めるアプリの運用を始めていた。百音は、故郷・気仙沼への思いも手伝って、社長の安西(井上順さん)に地域密着型の気象サービスの新事業を提案する。そんな中、大型の台風が日本列島に迫る。

 台風の影響で長野の河川が氾濫する恐れがあると判断した朝岡。運営するサイトにも、視聴者から次々と情報が送られてくる。そこで、朝岡は百音と共にインターネットを使って、情報を配信し始める。台風が去り、百音と朝岡が安堵(あんど)したのもつかの間、今度は、別の不穏な投稿が……という展開だった。