大江戸もののけ物語 ニュース

岡田健史×本郷奏多“妖怪時代劇” NHK「土曜時代ドラマ」で9月スタート

ドラマ「大江戸もののけ物語」で妖怪・天の邪鬼を演じる本郷奏多さん (C)NHK
ドラマ「大江戸もののけ物語」で妖怪・天の邪鬼を演じる本郷奏多さん (C)NHK

 俳優の岡田健史さん主演で昨年、NHK・BSプレミアムで放送されたドラマ「大江戸もののけ物語」(全5回)が、同局の「土曜時代ドラマ」枠(総合、土曜午後6時5分)で9月11日にスタートすることが分かった。「妖(あやかし)」と人間とのファンタジックな交流を描く、妖怪時代劇で、岡田さんが仲間や家族との絆で成長していく主人公の新海一馬を演じ、一馬との交流を通じて自身の運命に立ち向かう妖怪・天の邪鬼(あまのじゃく)役で、本郷奏多さんが出演する。

 ドラマの妖怪監修は荒俣宏さん。山田杏奈さん、森川葵さん、青山美郷さん、平尾菜々花さん、イッセー尾形さん、石丸謙二郎さん、石井正則さん、高田翔さん、宮本裕子さん、酒向芳さん、池内万作さん、藤本隆宏さん、甲本雅裕さんも出演し、語り(ナレーション)を歌手の美輪明宏さんが担当する。

岡田健史、主演“妖怪時代劇”メインビジュアル解禁 “語り”に美輪明宏を起用

NHK・BSプレミアムの特集ドラマ「大江戸もののけ物語」メインビジュアル (C)NHK
NHK・BSプレミアムの特集ドラマ「大江戸もののけ物語」メインビジュアル (C)NHK

 俳優の岡田健史さん主演で、7月17日にスタートするNHK・BSプレミアムの特集ドラマ「大江戸もののけ物語」のメインビジュアルが6月8日、公開された。「妖(あやかし)」と人間とのファンタジックな交流を描く、妖怪時代劇で、ビジュアルには、仲間や家族との絆で成長していく主人公・新海一馬を演じるちょんまげ姿の岡田さんを中心に、本郷奏多さん、山田杏奈さん、森川葵さんら共演者をちりばめた。また語り(ナレーション)を歌手の美輪明宏さんが担当することも発表された。

 エンディング曲はつるの剛士さんと、お雛役でドラマに出演する平尾菜々花さんによるオリジナル楽曲「大江戸もののけ音頭」に決定。石丸謙二郎さん、石井正則さん、高田翔さん、宮本裕子さん、酒向芳さん、池内万作さん、藤本隆宏さん、甲本雅裕さんの出演も明らかにされた。

岡田健史、時代劇初挑戦 「大江戸もののけ物語」に主演 共演に本郷奏多ら

NHK・BSプレミアムの特集ドラマ「大江戸もののけ物語」に出演する岡田健史さんと本郷奏多さん
NHK・BSプレミアムの特集ドラマ「大江戸もののけ物語」に出演する岡田健史さんと本郷奏多さん

 2018年10月期に放送された連続ドラマ「中学聖日記」(TBS系)に出演し、注目を集めた俳優の岡田健史さんが、7月17日にスタートするNHK・BSプレミアムの特集ドラマ「大江戸もののけ物語」で主演を務めることが3月13日、明らかになった。共演は本郷奏多さん、山田杏奈さん、森川葵さんらで、岡田さんは「初めての時代劇ということで戸惑うこともたくさんありましたが、すてきなキャストの方々と、頼もしいスタッフの皆さまのお陰で乗り越えることができました」と振り返っている。

 ドラマは、寺子屋で教える新海一馬は、気は弱いが心は優しい旗本の次男坊。わんぱくな子供たちに手を焼きながらも、気が強くおてんばなお雛に助けられながらの寺子屋稼業の毎日を送っていた。ある日、不思議なまが玉に触れた2人の前に、妖怪・天の邪鬼(あまのじゃく)が現れ……というストーリー。岡田さんは仲間や家族との絆で成長していく主人公の一馬、本郷さんが一馬との交流を通じて自身の運命に立ち向かう“天の邪鬼”を演じる。

 「妖(あやかし)」と人間とのファンタジックな交流を通して、成長していく2人の姿が感動を与える物語で、妖怪監修を荒俣宏さんが担当する。岡田さんも「この物語には妖怪が出てくるのですが、ある意味今までの時代劇にはなかった表現の仕方に挑戦しているので、そこに注目していただけると幸いです。ぜひご覧ください」と呼びかけている。

 「大江戸もののけ物語」は、7月17日から毎週金曜午後8時に放送。全5回。

大江戸もののけ物語NHK・BSプレミアム
2020年9月11日から毎週金曜午後8時に放送。全5回。