BG~身辺警護人~(シーズン2) キャスト

BG~身辺警護人~(シーズン2)キャスト

木村拓哉
斎藤工
菜々緒
間宮祥太朗
道枝駿佑
勝村政信
市川実日子
仲村トオル

川栄李奈、木村拓哉と初共演 「BG」第2話にゲストに “目の不自由な天才ピアニスト”の難役挑戦

連続ドラマ「BG~身辺警護人~」主演の木村拓哉さん(左)と川栄李奈さん=テレビ朝日提供
連続ドラマ「BG~身辺警護人~」主演の木村拓哉さん(左)と川栄李奈さん=テレビ朝日提供

 女優の川栄李奈さんが、木村拓哉さん主演の連続ドラマ「BG~身辺警護人~」(テレビ朝日系、木曜午後9時)の第2話(6月25日放送)にゲスト出演することが6月12日、分かった。川栄さんは木村さんと初共演で、“目の不自由な天才ピアニスト”という難役に初挑戦する。

 川栄さんが演じるのは、国際コンクールへの出場も控えているピアニストの守尾恵麻。事務所の社長である実姉の支えと戦略も功を奏し、日本クラシック界の寵児(ちょうじ)となった女性。しかし本人はハンディキャップを武器とした売り出し方などに反発し、自らの死を招き寄せるような行動にまで出る。姉の依頼で、島崎章(木村さん)は恵麻を“恵麻自身”から警護することとなる。

 ピアノの経験はゼロだという川栄さんの演奏シーンもあり、「音符も読めないし、どの鍵盤が『ド』かも分からないレベルなのに、先生から『鍵盤を見ずに弾いてください』って言われて……(苦笑い)。本当に難しかったです」と、苦労を打ち明ける。

 目の不自由な役も初挑戦となるため、視覚障害支援団体で指導を受けた。また、主演映画「武士の一分」(山田洋次監督、2006年)で失明した役を演じた経験のある木村さんからアドバイスを受けたといい、「毎回、リハーサルの後に『こうした方がいいんじゃない?』と、目線の動かし方や振り向き方を、理由と一緒に教えてくださるんです。木村さんのアドバイスがすごくありがたく、心強いです!」と語っている。

 ◇川栄李奈さんのコメント

 ゲスト出演が決まったときはすごくうれしいなって思う半面、役柄に関しては演じきれるかどうか、ちょっと不安もありました。なので撮影前に、ピアノの先生や、視覚障害の方にご指導していただいたんです。でも、どちらもすごく難しいです……! ピアノに関しては音符も読めないし、どの鍵盤が「ド」かも分からないレベルなのに、先生から「鍵盤を見ずに弾いてください」って言われて……(苦笑い)。本当に難しかったです。

 なので、とにかく練習を繰り返し、鍵盤の場所を丸暗記して、撮影に臨みました。一人でのリサイタルシーンはもう撮り終わって、あとは片手だけで弾く連弾のシーンを残すのみなので、今はホッとしちゃっています(笑い)。ただ今回挑戦して感じたのは、ピアノは繊細だってこと。でも、私は力強くてガサツな性格で、それが演奏にも出ちゃう! 向いていないなあって思いました(笑い)。これを機にピアノを習おう……とは、恐れ多くて考えられません!

 木村拓哉さんとは初共演ですが、本当にスゴい方です! 私は目の不自由な役が初めてなので、見えていないと意識して演じていても、ついつい目が動いてしまったりして、すごく難しかったんです。でも毎回、木村さんがリハーサルの後に「こうした方がいいんじゃない?」と、目線の動かし方や振り向き方を、理由と一緒に教えてくださるんです。木村さんのアドバイスがすごくありがたく、心強いです! 撮影合間にも気さくに、他愛もない話もしながら、場の空気を和ませてくださるので、すごくうれしいです。

 恵麻はハンディキャップを武器にせず勝負しようとする自立した人。そんなこともあって、お姉ちゃんにも反発するんですよ。実を言うと、私自身にも姉がいて、今でこそ仲良しですけど、小さいころは全然仲良くなかったんです(笑い)。だから、恵麻とお姉ちゃんの温度感も理解できますし、昔の感覚を思い出しながら演じる日々です。劇中では章さんたちボディーガードのおかげで、恵麻の気持ちもスッキリとしていくんですけど、私自身も木村さんや共演経験のある斎藤工さんや菜々緒さんに優しくしていただいて、撮影を楽しんでいます。私自身も撮影が終わったら心が浄化されるんじゃないかなって思います。

テレビ朝日提供
テレビ朝日提供

岡田義徳「BG~身辺警護人~」第4話ゲスト 木村拓哉と「南極大陸」以来の共演で「やはり、粋な方」

連続ドラマ「BG~身辺警護人~」第4話の場面写真=テレビ朝日提供
連続ドラマ「BG~身辺警護人~」第4話の場面写真=テレビ朝日提供

 俳優の岡田義徳さんが、木村拓哉さん主演の連続ドラマ「BG~身辺警護人~」(テレビ朝日系、木曜午後9時)の第4話(7月9日放送)にゲスト出演する。木村さんと2011年放送の連続ドラマ「南極大陸」(TBS系)以来の共演となる岡田さんは、木村さんについて「久しぶりの再会でしたが、変わらずフランクに、かつ撮影ではストイックに接してくださいました。やはり、粋な方です」と語った。

 同話には、平泉成さんもゲスト出演。木村さんと2017年放送の「A LIFE〜愛しき人〜」(同系)以来の共演という平泉さんは「久しぶりに共演させてもらいましたが、どんな状況にあっても心と体を絞ってきていて、プロ魂を感じました。良い役者だなあ」と明かした。

 「BG~身辺警護人~」新シリーズは、2018年1月期に放送されたドラマのシーズン2。民間警備会社の身辺警護課に所属していた島崎章(木村さん)が「弱き者の盾になる」との使命を貫くため、“利益優先”の組織を飛び出し、私設ボディーガードとして奮闘する姿が描かれる。

 岡田さんは第4話でニート歴20年のアラフォー男・生田大輔、平泉さんは大輔の父の洋次を演じる。大輔が出身小学校の同窓会で「将来の夢」を書いた色紙を保管したタイムカプセルを開ける行事が行われると知り、自分の色紙だけ先に回収してもらうよう、教師に頼み込もうと決意する。外出に不安がある上、日ごろから誰かに狙われていると信じて疑わない大輔は、彰と高梨雅也(斎藤工さん)に警護を依頼する……という物語。

成海璃子「BG~身辺警護人~」で間宮祥太朗の恋人役に 木村拓哉×斎藤工の“警護”は「安心感がありました」

連続ドラマ「BG~身辺警護人~」第5話に出演する成海璃子さん(中)=テレビ朝日提供
連続ドラマ「BG~身辺警護人~」第5話に出演する成海璃子さん(中)=テレビ朝日提供

 女優の成海璃子さんが、7月16日放送の木村拓哉さん主演の連続ドラマ「BG~身辺警護人~」(テレビ朝日系、木曜午後9時)第5話にゲスト出演。間宮祥太朗さん演じる沢口正太郎の恋人で、ストーカー被害に遭っている角田凪子役を演じる。成海さんは「劇中では木村さんと斎藤(工)さんに守っていただきましたが、お二人は本当に息が合っていた」と話し、「お芝居でもお二人に守られていると、安心感がありました」と振り返っている。

 第5話では、私設ボディーガードとなった木村さんと斎藤さん扮(ふん)する島崎章と高梨雅也が、元同僚の沢口から依頼を受けて凪子の警護にあたる。「KICKS CORP.」の社長・劉光明(仲村トオルさん)の秘書として働く凪子のストーカーに迫るうちに、その背後に隠された「KICKS CORP.」の“致命的な秘密”までもが判明する……という展開。

 今回、木村さんと初共演となった成海さんは「木村さん自らが緊張させない空気を作ってくださったので、現場にもすんなりなじむことができました」と明かし、「誰よりも現場全体を見渡して、いろんなことを考えてらっしゃるし、何でもできる! 役に対するアプローチも本当に細やかで、やっぱりスゴい方だなあって、ビックリしました」とコメント。また、「実は今回、凪子を付け回すストーカーが意外な人物でして……。皆さんもきっと驚くはず」と見どころを語っている。

 ◇成海璃子さんのコメント

 1話限りのゲスト出演だと普通はアウェー感があったりするものですが、恋人役の間宮(祥太朗)さんとは以前から面識がありましたし、斎藤(工)さんとも映画「無伴奏」(2016年)に続いて2度目の共演だったので、少しホッとしました。その一方で、木村(拓哉)さんとは初めてご一緒するということで、撮影前はやけに緊張してしまったんです。でも、木村さん自らが緊張させない空気を作ってくださったので、現場にもすんなりなじむことができました。木村さんは誰よりも現場全体を見渡して、いろんなことを考えてらっしゃるし、何でもできる! 役に対するアプローチも本当に細やかで、やっぱりスゴい方だなあって、ビックリしました。

 私が演じる凪子は仕事熱心で向上心のある女性。そういった一生懸命な姿勢はもちろんですが、今回はストーカー被害に遭っているという設定なので、いつも怯(おび)えている感じを特に意識して演じました。劇中では木村さんと斎藤さんに守っていただきましたが、お二人は本当に息が合っていて、役柄同様いろんなことに気がつかれるんですよ。ボディーガードという職業についてもかなり熟知していらっしゃるんだろうな、と驚きました。お芝居でもお二人に守られていると、安心感がありました。

 実は今回、凪子を付け回すストーカーが意外な人物でして……。皆さんもきっと驚くはずで! 誰なのかはまだ言えませんが、演じる役者さんのストーカーぶりがすごく面白くて、私も思わず笑っちゃいそうになりました(笑い)。いろんな驚きや楽しみがあるお話になっていますので、ぜひご覧ください。

村上虹郎が“志摩”星野源の元相棒役に “相棒殺し”の真相が…

香坂義孝役の村上虹郎さん(左)と志摩一未役の星野源さん(C)TBS
香坂義孝役の村上虹郎さん(左)と志摩一未役の星野源さん(C)TBS

 俳優の綾野剛さんと星野源さんダブル主演の連続ドラマ「MIU404(ミュウ ヨンマルヨン)」(TBS系、金曜午後10時)の第6話(7月31日放送)に、俳優の村上虹郎さんがゲスト出演することが7月24日、分かった。村上さんは、星野さん演じる志摩一未の捜査1課時代の相棒で、不審死を遂げた香坂義孝(こうさか・よしたか)を演じる。

 当時、捜査1課に来たばかりの香坂は、志摩と一緒にタリウムを使った連続毒殺事件を捜査していた。しかし、ある日香坂は古いビルの下で遺体として発見される。香坂の死を調べていく中で、香坂と度々衝突していた志摩が疑われ、それ以来志摩は“相棒殺し”と呼ばれるようになってしまう。九重(岡田健史さん)からそれを聞いた伊吹(綾野さん)は真相を探るため、九重の力を借り、一緒にその事件を調べるのだが……。

 村上さんは、「今回、いただいた役が真面目な新米刑事で、とても意外でした。まさか、自分が刑事を演じるとは考えたこともなかったですし、演じるとしても30歳を過ぎてからかなと思っていたので。香坂を演じるにあたり髪を切ったのですが、気合を入れすぎて切りすぎてしまいました(笑い)」とコメント。第6話の見どころについて「なぜ志摩は現在のようになってしまったのかというところです。香坂はその原因でもあるし、志摩の闇でもある。過去の世界でバディーだった志摩と香坂の間に何があったのか、2人の距離感にも注目して見ていただければと思います」と呼びかけている。

(C)TBS
(C)TBS

市川海老蔵が本人役 “スマホで自撮り”演技も 木村拓哉「ユーモアに付き合ってくれて感謝」

連続ドラマ「BG~身辺警護人~」の最終回にゲスト出演する市川海老蔵さん(右)=テレビ朝日提供
連続ドラマ「BG~身辺警護人~」の最終回にゲスト出演する市川海老蔵さん(右)=テレビ朝日提供

 歌舞伎俳優の市川海老蔵さんが、木村拓哉さん主演の連続ドラマ「BG~身辺警護人~」(テレビ朝日系、木曜午後9時)の最終第7話(7月30日放送)に本人役でゲスト出演することが7月27日、明らかになった。プライベートでも親交のある木村さんと海老蔵さんの共演は、2009年放送の連続ドラマ「MR.BRAIN(ミスターブレイン)」(TBS系)、2017年公開の映画「無限の住人」に続き3回目。

 木村さんは、「BG」の視聴者でもある海老蔵さんから、同作がスタートしたタイミングで「『ゲストに呼ばれなかったのが、ちょっと残念です』と連絡が来たので、僕も『そんなことを言ってくれて、ありがとう』と返信していたんです。その後、プロデューサー陣から最終回の警護対象者は海老蔵さんだと聞いて、『マッチしたなあ!』と。うれしかったです」とコメント。
 
 海老蔵さんについては「とにかく真面目! もちろん、日本の伝統芸能を継承しているという立場もありますけど、時代劇でも現代劇でも『役を演じること』に対して真剣なんです。それは覚悟と責任感があるからこそだと思うし、そういう『本気の人』と一緒に現場に立っていると、僕も刺激を受けて楽しいんです。そんな彼が今回は本人役というユーモアに付き合ってくれて、本当に感謝しています」と語っている。

 一方、ひそかな願望がかなった海老蔵さんは「オファーが舞い込んだときは驚きました。私で大丈夫なのか……と。実際、撮影に参加させていただいたら、皆さんのチームワークは素晴らしいですし、とても温かい現場だと思いました! 短時間の撮影ではありましたけど、主要メンバーの皆さんとも全員お話しさせていただき、すごく楽しかったです」と語った。

 木村さんの印象については「ご一緒するたびに思うのですが、木村さんは役作りと申しますか……。役に対する存在の仕方や距離感が独特なんですよね。今回も、ボディーガードの木村さんと直接お会いするのは初めてでしたけど、変わらない役へのスタンスを目の当たりにして、懐かしさを感じると同時に、うれしかったです!」と話している。

 海老蔵さんは、島崎章(木村さん)、高梨雅也(斎藤工さん)、菅沼まゆ(菜々緒さん)、沢口正太郎(間宮祥太朗さん)らのチームに警護されながら、とある賞の授賞式会場に向かうというシーンに出演。

 リハーサルで、報道陣が取り囲むレッドカーペットを足早に歩いた海老蔵さんだったが、本番では、報道陣をバックにスマホで自撮り撮影したという。実は、木村さんと海老蔵さんが撮影の合間に話し合った“遊び心あふれる企(たくら)み”で、木村さんは「彼らしいアクションが一つあると面白いなと思って! 撮影合間に『市川海老蔵役なんだから、SNSにアップする写真とか撮っちゃえばいいじゃん!』と提案したら、彼もイタズラ好きだから、実際にやってくれたんですよ(笑い)。本番を撮り終わった瞬間は、2人でこっそり目を合わせてオーケーサインを出し合いました」と、明かしている。

 「BG~身辺警護人~」新シリーズは、2018年1月期に放送されたドラマのシーズン2。民間警備会社の身辺警護課に所属していた章が「弱き者の盾になる」との使命を貫くため、“利益優先”の組織を飛び出し、私設ボディーガードとして奮闘する姿が描かれる。前シリーズの最終回には、矢沢永吉さんが本人役で出演した。

 20分拡大版で放送される最終回は、“最強バディー”を組んできた高梨と決裂してしまった章が、死を覚悟して“最大の敵”劉光明(仲村トオルさん)を警護する……。